活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

我が家の生きもの事情

2017年3月 1日(水)|活動報告

 年度末は何かとザワザワな日常を送る齋藤(兄)です。
おかげで更新がバレンタイン以来という事態になってしまいました・・・。(´・ω・`)

 今回はお約束の我が家の生きものたちを紹介します!!
だんだん暖かくなってきたので爬虫類組みも少しずつ顔を出すようにはなりましたが
アオダイショウに関してはまるで初対面であるかのような反応・・・(´・ω・`;)

 聞けば飼育されたカナヘビは人に慣れると飼い主のことが分かり、手乗りなんか
しちゃうというのですが越冬するとそれまでの記憶がなくなるのかまた初対面みたいな
態度で飼い主を警戒するんだそうです。少し前に1週〇フレンズが流行りましたが
まるでその延長のよう・・・。でも数ヶ月も眠っていてはさすがに忘れちゃうんですかねぇ?

 IMG_1273.JPG まずは爬虫類の話題が出たのでニホンヤモリから!寒くなると隠れ家に隠れてほとんど動きませんが天気が良くて気温が高い時には写真のようにひょっこり出てくることがあります。

 餌は上げても反応するだけで食べるまでに至りません。
餌を食べ始めるにはもう少し先やもしれません。
IMG_1493.JPG こちらはアオダイショウ。寒くなってからめっきり姿を見なくなりましたが、ようやく姿を現しました。
もう少し暖かくなってケース内を徘徊するようになったら餌を与える予定です。

IMG_1277.JPG お次は金魚たち。寒くなると動きが鈍く不活発になります。
なので餌は少なめにしてます。

IMG_1278.JPG お次は淡水魚水槽。掃除をほとんどしていないのでコケだらけです!今度掃除しなくては魚の様子は金魚と変わりません。

 今のところはこんな感じです。5月くらいになったらまたフィールドに出る予定です。
今年はどんな生きものに出会えるか楽しみであります!

 今回はここまで!次回は今回ほどではありませんが更新が少し遅れるかもしれませんが
お付き合いいただけたらと思います。ではm(_ _)m

投稿者 yoshinobori : 15:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインはいかがでしたか?

2017年2月15日(水)|活動報告

 どうでしたか?齋藤(兄)です。
私が学生の頃は女子→男子にチョコを渡すという印象でしたが
最近は友人同士で渡したり、逆に男子→女子へ、あとは仕事場の方に渡すなど
時代と共にこういったイベントも多種多様に変化してきているんだなぁ。
と思う今日このごろでございます。

 このブログもいい意味で何か変化をつけたいと思っては忘れるという
体たらくな私がお送りする今回は性懲りもなく野鳥写真です。

 前回では中々見る機会がないタシギを見ることができました。
今回は近々野鳥観察の講師役を頼まれましてその下見に出向いた際に出会った
野鳥たちを紹介します。

 IMG_1005.JPG おぉおう!?Σ(゚д゚lll)

 マジすか!?いきなりタシギですか!!?コース料理でいきなりメインディッシュが出てきたような衝撃です!
ご覧のとおり長いくちばしを水の中にいれて何やら探しているような感じでした。
こうやってエサを探しているのでしょうか?

 IMG_1018.JPG お次はエナガが見られました。日本で見られる野鳥の中ではかなり小さい部類の小鳥で、その重さは約5g程度!
名前の由来は丸っこい体に長い尾羽の姿から手酌に似ていることから柄が長いという
ことでエナガと名が付いたそうです。

 身近な野鳥ではあるのですが小さい上にすばしこく、双眼鏡は愚かカメラに捉えるのも
少し難易度が高いです。

 IMG_1027.JPG 最後になってしまいますがトリはカワセミです!
これから暖かくなり草花が芽吹き、樹木に緑が戻ると保護色で見つけるのに苦労する
時期がまたやってきます。しかしカワセミのスケジュールを把握できていれば見つけるのは
難しくありません。

 他にもカワウやカモ類など約十数種類に会うことが来ましたがここで全部紹介すると
当日のネタバレになるやもしれないので今回はここまで!!

 当日も多くの野鳥が多く見られるよう祈りつつ次回は我が家の生きものたちを紹介したい!
・・・っていうとまた野鳥の記事になってしまいそうで怖いですが、次回こそは!!

 ではノシ

投稿者 yoshinobori : 12:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにタシギが現れた!

2017年2月 9日(木)|活動報告

 今日の麻生区は朝から粉雪がサラサラと降っておりました。
みなさまもどうか寒さ対策に加え、雪で足をとられてケガをしませんよう
お気をつけいただければと思います。

 雪が降りますと私の家は階段がボブスレーコースのようになってしまいますので
この時期は家を出るにもイ〇テQ顔負けの一人モンブランごっこが始まります。

 今回は私がいつも愛用するコース、実家~和光大学までを鶴見川に沿って歩き
見つけた野鳥を紹介していきます。

 IMG_0937.JPG まずはツグミですね。暖かい時期はロシアなどの寒い地方にいて冬になると日本に移動する冬鳥で、日本に来た直後は集団で樹上で過ごし、そこからしばらくすると単独で動くようになり、原っぱや畑、公園など開けた場所で虫なんかをついばんでいます。

 今回は珍しく水辺で見かけることができました。水でも飲みに来たのかもしれません。
IMG_0942.JPG お次はカイツブリ、いつも1羽でウロウロしているのに今回はなんと3羽もいたので「これは珍しい!」とカメラを向けると
、こちらに警戒し始めたので焦ってシャッターを切ってしまった結果がこの様です。
IMG_1129.JPG お次はシメ。遠目にはスズメのような鳥ですが、実際はスズメより一回り大きくおっかない顔つきでペンチのような大きくて太い嘴が特徴です。
主に樹上で木の実をついばんでいる印象ですが、たまに地上に降りて木の実を拾う姿を見ることができます。
IMG_0953.JPG 最後はタイトルでネタばれしてますが、そう!タシギです!!
私が歩くコースではいるらしいという噂を聞くぐらいでしたがここ最近は見かける機会が
多くなりました。大きさはハクセキレイよりも大きく、特徴は箸のような長ーいクチバシと
複雑で綺麗な模様の羽根!きっと保護色の役割があるのでしょうが、なんとも美しい模様
です。カワセミやルリビタキとはまた違った魅力があります。このあとすぐにどこかへ飛ん
でいってしまいました。またお会いできるのを楽しみにして今回はここまで!!次回は
昆虫採集の下見に赴きましたのでその時の様子をご紹介します!!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 09:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥だって寒いのだ。

2017年2月 7日(火)|活動報告

 最近、誰かが言ったらしい「マジ、ヤバタニエン」というギャグ?で不覚にも笑ってしまった
齋藤(兄)です。・・・年かねぇ?

 随分更新が空いてしまい誠に申し訳ありませんでした!!m(_ _)m
今回は買い出し行った際に出会ったハクセキレイのお話!

 先日、スーパーで買い物を済ませて引き上げようとしたところにハクセキレイが1羽
スーパーの裏の脇で小さく縮こまっていたところを偶然目撃しました。

 その時の写真がこちら↓
IMG_0883.JPG 巣立ったばかり・・・と言うはずはないと思うのですが、私が近づいても逃げようとしません。
カメラを向けても首をかしげるばかりです。
IMG_0905.JPG 首をかしげるハクセキレイ可愛いですねぇ(´・ω・`)
恐らく日向ぼっこをしているのでしょう。鳥でも寒い時は日に当たるんですね。
アオサギの日光浴は変わった姿勢で行うので見ていて面白いですよ。ヽ(´▽`)/

 今回はここまで!次回は早めに参上します。次回も野鳥を取り上げていきます!!
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始に出会った生きもの

2017年1月11日(水)|活動報告

 最近、猛毒を持つ鳥がいるという話を聞いて驚いている齋藤(兄)です。
どこから毒出すんですかね?やはり口とか爪でしょうか?

 新年になりしばらく経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか?
お受験の方ですと追い込みの時期かと思います。

 追い込みすぎてインフルエンザや風邪など体調を崩さないように
していただきたいと思います!体調管理も受験勉強の内だと私の恩師は
言っておりました。今日の記事が少しでも何らかの形で皆さまのお力になれれば
この上ない喜びと同時に感動の極みです!!

 今回は、2016年~2017年の間の年末年始に出会った生きものたちを紹介します!

 場所は私の地元麻生区周辺!!いざぁ!!

IMG_0693.JPG 冬だというのに1発目から昆虫の登場です!
この虫はウバタマムシというタマムシの仲間。

 タマムシというと煌びやかな色合いで有名ですが、こちらは地味な色をしています。
たまにこちらをタマムシのメスと誤解する人もいるみたいです。

 ウバタマムシのウバは姥(うば)、つまりお婆さんという意味。
地味でシワシワの模様は確かにお年寄りのように見えます。
タマムシはエノキの木を好みますが、こちらは松を好み害虫とされる場合もあります。
他にもこのウバタマムシは成虫で越冬することが知られています。

 恐らくこの個体も成虫で越冬しようとしていたのでしょう。見つけた場所は
和光大学の入口にそびえる長~い坂で裏返しになっていました。

 どこから降ってきたのか?(´・ω・`)?
IMG_0717.JPG お次は鳥!!雑木林や公園でお馴染みのキジバトです!!
フクロウのような声で鳴くため、稀に誤解されることがあります。
キジを思わせるウロコ模様の翼が特徴。
駅前にウジャウジャいるドバトと違い木々がある場所を好みます。
IMG_0718.JPG こちらがドバト。こうして見ると模様が違うことが分かるかと思います。
ドバトは断崖絶壁がある環境を好むのでビルがそびえる駅前や都会っぽいところを好みます。
IMG_0724.JPG こちらはドングリですが穴があいています。ゾウムシかな?ゾウムシの仲間も種類が豊富で
その生態も様々で、同じゾウムシとは思えないようなゾウムシもいるようです。
毎年、ゾウムシ調べてみようと思ってもどうしてもカミキリに目がいってしまう・・・。

 IMG_0737.JPG お次はシジュウカラ。スズメかな?と思いきや本種だった!なんてことがありますね。
スズメと比べるとこちらは自然度が高く、ヤブが周辺にあるようなところで見かける印象です。
よく駅前の植え込みに羽根が落ちていることがあります。

 大体、シジュウカラを見つけると近くにメジロがいることが多いです。なぜでしょう?
IMG_0749.JPG最後はこれ!倒れた竹に小さな穴が空いていますね。
これは私が愛するカミキリの中でも思い入れがあるベニカミキリが出てきたあと!
さすがにこれは昔のものでしょうが、今年の春も出てきてくれることでしょう!!

 冬の野鳥を楽しみつつ、春の昆虫たちと出会えるのを楽しみにしながら今回はここまで!
次回は未定ですが今週末は鶴見川を源流から中流まで歩くというイベントがあるので
来週に登場する予定です!!それまでしばしお待ちいただければと思います!!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 15:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

新年になりました!!

2017年1月 6日(金)|活動報告

 明けましておめでとうございます!!齋藤(兄)です。
年末年始は如何お過ごしだったでしょうか?

 私のところではひたすら食って寝るの寝正月に加えた食正月でした・・・。
おかげで腹がパンパンです。

 昨年は家事と生きもの探訪の両立が上手くいかず、更新する機会が
うんと少なくなってしまったことが反省点ですかねぇ・・・(´・ω・`)

 これからも更新が不定期&遅い更新になるかもしれませんが
暖かい目で見ていただけたら幸いです。なるべく更新できるように頑張ります・・・。

IMG_0729.JPG

 写真は年末年始行事の合間に撮れたシロハラです。藪から中々出てこなくて
出るまでじっと待ち続けたかいがありました!!

 今年も沢山の生きものに出会える年になるといいなぁ・・・。
今回はここいらで新年のご挨拶とさせてください!

 次回は来週に年末年始に撮った写真をご紹介したいと思います!!
それでは2017年もよろしくお願い致します!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 16:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年ももう終わります(´・ω・`)

2016年12月29日(木)|活動報告

コントジボワール・・・じゃなかった(´・ω・`)

 今年も終わりますね!早かったような、長かったような・・・。
毎年、そんなことを言っている齋藤(兄)です。

 今年最後の更新ということで色々と振り返ってみたいと思う今日このごろでございますが
まずは更新回数が激減してしまったことは自分の中でも反省しております・・・(´・ω・`;)
実家を出て岡上に引っ越して生活リズムが上手く掴めず中々写真を取りに行く時間と
家事をする時間のコントロールが上手くできなかったのが要因の1つかなぁと思っております。
現在は年末は実家で過ごすので、この記事を書き終えたらまた写真を撮りだめに鶴見川の
各所に出没する予定ですので、そこで巻き返しができたらと思っております!!

 飼育日記も撮りだめ中ですが、少しだけお話しますとオオクワガタの幼虫が
今年はメスの比率が多いように思います。前回はオスの70mm超え祭りでしたが
今回はメス祭りになりそうな予感がしております。ヽ(´▽`)/

 そしてチョクチョクですがクワガタの下見を少しずつ準備を進めております!!
今年も多くの情報を入手したのでそれを頼りにまだ見ぬ新種を見つけてみたいと思います!

 そして爬虫類たちはこの時期もあってか全く仕事をしません!ヘビは寝床で丸くなり
ヤモリも巣穴に篭もりっきりです・・・。仕方ないね(´・ω・`;)

 最近、次回予告に信憑性が失われつつあるので、あまりアレコレいうのが恐縮ですが
予定では1月の頭に参上したいと思う次第です!目標としましては1月の第一週内には
出てこれるんじゃあないかな?と思っております!!

 文章ばかりで申し訳ないので最近撮ったカワセミで締めくくりたいと思います!
IMG_0047.JPG 最近、虫捕りばかりしてるせいか川沿いを歩いた際のカワセミを見かける機会が減った気がします・・・。
目が鈍ったかなぁ?また精進せねば・・・!

 それでは長くなってしまいましたが、風邪などに気をつけて新年をお迎えください!
良いお年を!!(´・ω・`)ノシ

投稿者 yoshinobori : 14:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトムシ幼虫飼育 経過報告

2016年12月13日(火)|活動報告

 最近、寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
私の周りではインフルエンザが流行っておりますが皆様もどうか体調管理には
十分にお気をつけください!

 今回はカブトムシの幼虫の様子を見てみたいと思います!
今年の夏に当フォーラムにて展示、飼育していたカブトムシが無事に卵を産みました。

 卵が孵化するまで風通しの良い静かなところに置いておいたのですが
最近忙しいこともあって全く様子を見ることができていませんでした・・・。

 しばらくぶりに覗いてみると表面にはスイカの種ぐらいの大きさの糞がチラホラ
どうやら卵は孵っていたようです。

 少し掘り返してみると・・・

IMG_0076.JPG 当たり~(´・ω・`)♫
軽く掘って6匹出てきました。まだ小さいのでここから腐葉土を足して
さらにほったらかします。

 1週間くらいを目安に覗いて表面に糞が出てくるようならまた交換します。
今回も立派なカブトムシになることを願って今回はここまで!次回は
我が家の生きものたちを紹介します!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

初確認!!百舌の早贄!!

2016年12月 6日(火)|活動報告

 いつも50円玉と100円玉の策略に引っかかる齋藤(兄)です。
あった!と思ったら100円玉でないというね・・・。

 今回は、竹林で竹きり作業中にスゴイものを一緒に作業していた後輩が発見しました!
IMG_0069.JPG 竹の細い枝にアマガエルでしょうか?それが突き刺さっています。
これは間違いなくモズの早贄ですね!

 早贄とはモズという鳥が捕まえた獲物を枝やフェンスの尖った所に突き刺しておく
という彼ら独自の行動です。今回はカエルですが、他にもトカゲや昆虫、場合によっては
自分の体よりも大きな蛇を襲って早贄にしてしまうこともあります。

 スズメを倍にしたくらい小さな鳥ですが狩りをさせれば猛禽類に引けを取らない
優れたハンター、それがモズです(´・ω・`+)

 この早贄をする目的としては、餌の貯蔵、縄張りを主張するためなど様々な話が
ありますが、具体的にコレ!という理由はよく分かっていないようです。

 あとは衝動的に狩りをしたら空腹でないので、とりあえず刺した。とか
獲物を食べるには足の力が弱いので枝に刺して食べるという話もあるようです。

 今年はまだモズに出会えていないので・・・ていうかまだコガモ、マガモくらいしか
冬鳥に会えていないので、今週末に行けたらいいなぁ・・・と思っております・・・。

 この早贄は当フォーラムにて展示しております!興味のあるかたは是非一度
見に来てください!!今回はここまで!!次回は飼育中のカブトムシの様子を見ます!
ではノシ
 

投稿者 yoshinobori : 11:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

フライングだよ・・・これは・・・!

2016年12月 2日(金)|活動報告

 しばらくぶりの更新でございます。齋藤(兄)です。
わけあってしばらく家に帰れない日が続いており、更新がままならない状態でした。

 今回は我が家の生きもの解説をしよう!とカメラの充電器も無事に見つかったことで
俄然やる気になっていた矢先に事件が起きました。

※ここから長ーいナナフシトークが始まります。
 しんどい方はすっ飛ばしてください(*`・ω・)ゞ


 遡ること数ヶ月前の2016年の夏。当フォーラムでナナフシモドキを飼育していました。
普段目に付くことがないせいか見に来てくださる方からも大変好評で文字通り人気者でした。
SANY5816.jpg ナナフシモドキは見た目通り、枝のような格好していることが大きな特徴で枝に似せるために前足をまっすぐ伸ばして枝のふりをしたりユラユラと体を揺らして風に揺らぐ枝の前をしたりと面白い行動を見せてくれますが意外と知られていないのはその繁殖方法!!
彼らは「処女生殖(しょじょせいしょく)」と呼ばれる方法で子孫を残します。
これはオスと交尾しなくてもメスのみでも卵が産めてしまうというものです。
そのため、見つかるナナフシモドキの多くはメスでオスは見つかるだけで新聞騒ぎに
なったこともあるくらい、珍しいそうです。

 IMG_7726.jpg こちらが産んだ卵です。ちなみにこの写真あと、倍ぐらいの数を産みました。
ナナフシたちの卵はどれも植物の種のような格好をしています。種類によってはドングリに
瓜二つなものまで見られます。さらに卵から幼生が孵る姿は種から芽が出るかのようにも
見えます。その姿を見ると「実は虫でなく虫のように進化した植物なのではないか?」
とさえ思える程に彼らの擬態能力は、かなりレベルが高いと実感しました。

 そして今回産まれたこの卵、ナナフシの幼生の飼育は大変難しいとのことだったので
じゃあ、これは春になって孵化したら逃がしてあげよう!と思い保管していたのですが

 時間を早送りして今週の月曜日・・・私がフォーラムに出勤し、デスクに座ると・・・
IMG_0077.JPG ・・・(´・ω・`)・・・?


(;つд⊂)ゴシゴシ


(つω⊂)・・・・・。


(´・ω・`;)≡サッ!

 ・・・・・・・(´・ω・`)・・・・・・。


 Σ(´・ω・`;)!!?


 なんてこと!?孵化してるやん!?まだ12月だで!??
それともこういう時期に孵るものなの?と調べてみると、やはり春先とのこと・・・。
だったらなぜだ?確かにここ最近は冬というにはやや暖かい気もするが・・・。

 もう少し調べを進めて見ると、とんでもないことが書いてあった。
室内で卵を置いておくと室温が春先の気温に近い場合、孵ってしまう場合があり
そういう場合は冷蔵庫で保管する・・・とあったのです。

 これかー(ノд`)アチャー

 そりゃそうですよね・・・暖かくするもんね室内。勘違いしますよねそりゃあ・・・。
うろたえても仕方がない!孵ったからにはしっかり面倒を見ます!!(´・ω・`)頑張るぞい!

 まず室内で孵って来たということは温度は大丈夫でしょう!!
基本的な飼い方は親のナナフシである程度は心得ているので
問題はエサです!ナナフシモドキのエサは主にバラ科の葉です!

 私の場合、サクラ、コナラ、クヌギの葉などをあげてました。ブナ科も食べるようです。
しかし個体によって好みがあるようで同じのしか食べないものや、ローテーションさせないと
食べないこともありました。

 とりあえず私の経験した中では1番ハズレがないサクラの葉・・・でもこの時期は当然
サクラの葉など生えているハズもなく・・・さらに調べてみると幼生は花びらや花粉、新芽
を食べるというのです・・・・。

 (´・ω・`)・・・ん?詰んだか?

 とりあえず水をあげると飲むようです。とにかく花粉かぁ・・・どうしたものか・・・。
考察を練りながら今回はここまで!

 次回は・・・って言っても最近、予告どおりに出来ていないのですが(´・ω・`;)
とりあえず紹介したいものがあるのでそれを紹介したいと思います!!ではノシ!!

投稿者 yoshinobori : 11:29 | コメント (0) | トラックバック (0)