活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2010年3月 2日(火) 自分に指令!!バンの写真を撮れ!!

 魚捕りに行く機会が少なくなりました・・・。
斎藤です。
 ここしばらくバンという鳥の写真を撮りたいと思い、通学路の鶴見川で見かけるバンの写真を撮ろうと頑張ってみますが、バンは警戒心が強いのでなかなか人前に出ず、見つけてもすぐ草むらの中に隠れてしまうので悪戦苦闘!!手ごわい鳥です!!
 そこで新兵器の折りたたみ式のイスに座って出てくるのをひたすら待つ事に。しばらく待ってると草むらからそーっと出てきては引っ込んでを繰り返しながら出ては来るのですが、こちらに気づくとすぐに隠れてしまう・・・。(目がいいのだろうか?)
 そこでバンが隠れる草むらの真上にイスを置いて出てくるのをじっと待つことに!するといなくなったと思ってかすんなり顔を出してくれました。その時の写真↓
SANY0008 - コピー.JPG
草が邪魔してますが、はっきりバンの姿をとらえました。何枚か撮りましたが、なかなかピントが合わず手動にしても合わせてる間にまた隠れてしまうのです。なかなかの強敵です。
 バンはカモの仲間と間違う人もいますが実はツルの仲間なんです。泳ぐ際に首を前後にひょこひょこ動かすのが特徴です。他にもバンの子育ては変わっていて、人で言うところの長男に次男の世話を手伝わせるそうで、これを「ヘルパー」と言うそうです。家族同志で助け合う、素晴らしい事です。
 SANY0011 - コピー.JPG
 しばらく写真を撮っていると、こちらに気づいたのかあわてるようにバンが飛んでいこうとするのであわててシャッターを切った写真がこちら!奇跡的にもピントが大きくずれなくて何よりでした。これからもこのバンとは長い付き合いになりそうです。

投稿者 yoshinobori : 22:47 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日(火) カワセミ夫婦

 知らないおばあちゃんに声をかけられ、「すみません。息子にそっくりで・・・。」
とおっしゃるので「さぞかしいい男なんですね!」と言ったら
 「・・・。いやぁ・・・そうでもないねぇ・・・。」
私どころか息子さんにも二次災害が・・・。
 斎藤です。
ここ最近、和光大学のすぐ近くを流れる鶴見川の「大正橋」付近に何とカワセミのつがいが見られるようになりました。
P1270699.JPG上にいるのがメスで下にいるのがオスです。この写真を撮る時、友人とほふく前進しながらカワセミに気付かれないように接近!道行く人々に見守られながら(寒く感じたのは気温のせいだと思います。)撮影に成功しました。
P1270703 - コピー.JPG
こちらがメスです。メスはクチバシの下が赤くなっています。
 P1270678 - コピー.JPG
遠くて写りが悪いですが、仲よく寄り添っている写真です。私もこんな事をしてみたいものですな。オホホ・・・。私の場合はお昼時にこの夫婦を見かけますが朝にも見られるそうです。運が良ければ並んでる姿が見られるかも知れません。是非探してみてはいかがでしょうか?
 P1270676 - コピー.JPG
カワセミたちのハネムーン(?)中に大騒ぎしているモノたちがいました。真ん中の黒い鳥は「鵜吞み」の語源にもなっているカワウとその周りを取り囲むコサギです。この写真ではわかりませんがこの時、コサギの数は6羽以上いました。
 何でもコサギはカワウと一緒に動く事があるそうです。カワウが水中に潜って魚を追いかけると隠れてた魚たちがびっくりして出てきてしまい、パニックになった魚たちをコサギは食べるんだそうです。賢いですね。この後、カワウが飛び去ると、コサギの群れもついていくように飛んで行きました。その光景はカワウを先頭にした暴走族のようでした。

投稿者 yoshinobori : 21:09 | コメント (0) | トラックバック (0)