活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2010年4月20日(火) 弟写真集2

活動報告

 最近、我が家に「アシダカグモ」というゴキブリが大好物の恐ろしく大きなクモが出てきました。写真??壊れてますねん・・・。(°A°;)
 齊藤です。
デジカメが壊れる前日に弟が撮った写真を私が撮ったのも織り交ぜながらまたいくつか紹介したいと思います。
SANY0651.JPG 1枚目はドバトです。柿生駅で撮影。平和の象徴と言われるだけあって何とも心地よさそうに寝ています。
SANY0684.JPG2枚目はコサギです。撮った場所は覚えていないそうです。飛び立つ瞬間を偶然とらえたこの1枚。シャッターを切るのとほぼ同時だったそうです。もう少しピントが合っていれば・・・。
SANY0688.JPG3枚目はコサギとカワウのコンビです。鶴川駅付近の川井田人道橋から少し下流へ下った所にある開戸親水広場で撮影。コサギはカワウの後をついていく事があります。カワウが水中に潜り魚を追いかけ、魚がパニックになった所をコサギは狙って食べるのです。賢い!!
P1270677.JPG 私が撮影。場合によっては1羽のカワウにこんなにたくさんのコサギがついてくる事も・・・。
 右にカワウ そしてたくさんのコサギたち
SANY0699.JPG4枚目はカワセミです。弟の人生初カワセミ写真です。鶴見川と真福寺川の合流した所で撮影。撮った本人はえらい大はしゃぎでした。とても緊張したそうです。普段では考えられないテンションで私にエピソードを語ってくれました。
 何より何より(^~^)
SANY0718.JPG5枚目は私が撮りましたコゲラというキツツキの仲間です。静かな山道を歩いているとよく木をつつく音が鳴り響きます。このコゲラは和光大学の周辺の岡上の山を探索していて発見。白と黒のシマシマ模様と「ギュ-!ギュ-!」と鳴くのが特徴です。割と身近な所で見られたりするので木がたくさんある公園などで探してみるといいかもしれません。
SANY0733.JPG 最後はダイサギです。弟が撮影。以前紹介したようにダイサギは暖かくなるとクチバシの色が黒く変色します。黒いクチバシのダイサギを見るのは兄弟そろって今回が初めてだったので非常に興奮しました。
SANY0138 - コピー.JPG ちなみにこれは私が撮った寒い時期に撮ったダイサギ。クチバシは黄色です。なんで色が変わるのか不思議ですね~。(°A°)

投稿者 yoshinobori : 00:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日(火) A棟水槽模様替え!!

 突然ですが事件発生です。愛用していたデジカメが壊れました・・・。(°~°;)
スイッチを入れても、うんともすんとも言わないし(ただの電池切れではないのです。)運よくスイッチが入っても、液晶画面が、某ホラー映画に登場する井戸にお住まいの髪の長~いあの人が出てきそうな映像になっちゃったりでさあ大変!修理に出したら3週間はかかるんですって!!
 涙は出ません!直るまで!長々と書いてしまいました齊藤です。
和光大学のA棟にございます1m水槽がこの度模様替えを行いました。季節は春!暖かくなる大学のすぐ近くを流れる鶴見川では色んな生き物がにぎわいだしております。
 中でもオイカワの稚魚がたくさん群れをなしてあたかも春の訪れを知らせるかのように泳ぎ回っております。そこで!!今回は色んな魚の稚魚の水槽を作って見ました。
写真がこちら!!
SANY0537.JPG こちらが稚魚水槽です。中にはオイカワとモツゴの稚魚とカワヨシノボリが展示されています。稚魚と一口に言っても大きさは様々で、大きさによって集まる場所が違うのが見どころです。比較的小さい稚魚は水面の近くに、大きいサイズの稚魚は下の方に集まっています。魚の種類は少なめでも中々見ごたえのある水槽になっておりますので是非1度ご覧になってください。まだあります。
SANY0466.JPG こちらはナマズ水槽です。見にくいですがゴザの後ろに隠れてます。ゴザを上から斜めに立てかけただけのシンプルな水槽になりました。というのも前回はゴザを使って少し手の込んだディスプレイにしていたのですが、お気に召さなかったのか時間をかけて少しずつ壊してくれた(この子なりの優しさなのかただ単に捻くれてるのか・・・。)ので今回はスッキリとしたカンジに仕上げて見ました!今のところ壊してる素振りは見せてません。気に入ってくれたなら、嬉しいのですが・・・。

投稿者 yoshinobori : 00:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日(金) 弟の写真集!!

活動報告

 この前、歯を磨いて口をすすいだらば、全く知らない虫が出てきた!!
「いっいつからだ!?」Σ(°Д°;)とどこかの刑事ドラマみたいな体験をした齊藤です。
 昨日、弟(晴れて和光大学1年生!)にデジカメを渡して、通学路である鶴見川を歩いてもらい写真を撮ってもらいました。
 その中からいくつか紹介したいと思います。お付き合い頂ければ兄弟共々幸いです。
     m(_ _)m m(_ _)m
        兄     弟
最初の写真はこちら SANY0481 - コピー.JPG 1枚目はカルガモです。撮影場所は真福寺川で、昼寝をしていた所を撮ろうとしたら、気づいて起きてしまった所です。おしい!!  カモの仲間は大体は冬鳥で、暖かくなってくると姿を見せなくなるのですが、カルガモは1年中見られるカモです。このような鳥を留鳥(りゅうちょう)と言います。
SANY0487 - コピー.JPG 2枚目は前回、私が悲惨な目に合ったツバメです。この写真を見た時、「そうか!その手が!!Σ(°Д°)」と関心しました。滑稽だなぁ・・・。私(_ _;)
 遠くて分かりにくいかもですが何と2羽並んで電線に止まっています。夫婦かも知れませんね。鶴見川と真福寺川が合流した所で撮影。
SANY0490 - コピー.JPG 3枚目はカワウです。「鵜吞み」の語源にもなっているように、水中を素早く泳いで魚を丸呑みにします。泳いだ後は写真のように翼を広げて乾かします。撮影場所は鶴見川と麻生川の合流した所の鶴見川の方で、晴れた日には比較的よく見かけるので運が良ければ出会えるかも知れません!
SANY0495 - コピー.JPG 4枚目は再びカルガモです。桜の花びらが舞うように流れる麻生川の中を優雅(?)に泳いでおります。風情だねぇ~(by弟)
 撮影場所はカワウと同じくでこちらは麻生川の方で撮影しました。ちなみに、この時カモたちの横で無数のコイが桜の花びらをむさぼるように食べていたそうです。花より団子・・・?でも花だしなぁ~・・・。
SANY0504.JPG 5枚目はコガモです。先ほども書いた通りコガモは冬鳥なのでもう少ししたらシベリアなど寒~い所へ旅立ちます。卒業生のように・・・。まぁ冬になったらまた帰ってくるのですが・・・。(^_^;)それまではしばらくの間、お別れです。(^0^)まだ見てない&写真撮ってないという人はお早めに!!撮影場所は恩廻し公園です!
SANY0512.JPG 最後の6枚目はキセキレイです。黄色がキレイなキセキレイ(ややこしい)。鶴見川ではあまり多くは見られず、見つけても1羽で忙しく飛び回ってハクセキレイに追っかけられているのですが(大学付近の鶴見川の場合)、この日は珍しく2羽!最初はじっとしているキセキレイを1羽確認して連写して撮っていたら偶然もう1羽が近くに!まさにキセキ!!(by弟)

投稿者 yoshinobori : 23:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日(水) 新年度早々無謀な挑戦の巻・・・。

トピックス

 エイプリルフールでも正直者でした。斎藤です。
4月になり、桜の花びらが舞い、冬鳥が見られなくなってくると同時に石焼きイモ屋さんもいなくなり、春がやってきました!(°▽°)
 春になって暖くなっても風が冷たかったり、曇りだと急に寒くなったりとまだまだ油断ならぬ状態が続きますね。おかげで若干、風邪気味です(。。;)
 さて暖かい季節になりますと「ツバメ」がやってきます。現在和光大学のすぐ近くの鶴見川でも、せわしなく飛び回っています。あくる日、単なる好奇心かはたまた春のせいで頭がどうかしたのか私は弟にこんな提案をしました。
   「ツバメの写真を撮ってみようか。」
この後は後悔の連続でした・・・。ツバメはご存じの通り、恐ろしく速い!(°Д°)
 肉眼でとらえるのでも若干神経を削ります・・・。しかも私の使うデジカメはツバメの飛んでる姿が撮れる程お利口な性能ではありません・・・。
 それでもがんばってみた結果がこちらです。
SANY0259.JPG これが最初の1枚です。真ん中にぼんやりしているのがツバメです。7割くらい勘で撮るくらいの状態でした。(°_°;)
 しばらくこんな写真が続きますが最後までお付き合いくだされば幸いです。これでもがんばっておりますので・・・。ご勘弁ください。m(_ _;)m
SANY0260.JPG 2枚目。危うくツバメが水面と同化しそうな写真です・・・。こういう写真はどのようにして撮るのでしょうか???いかんせん写真に関しては素人ですので専門的な知識は皆無です・・・。これを機に写真の撮り方の本を買ってみようかと考えたくなる1枚でした・・・。
SANY0263.JPG 3枚目。もはや本を買うどころの騒ぎじゃなくなりました。恐ろしいスピードです・・・。ツバメに「恐怖」を感じたのは今回が初めてでした。もう無理だと諦めかけ次で終わろうかと思ったその時!!奇跡が起きた!?
SANY0262 - コピー.JPG4枚目!!ピントは今までよりは合ってはいますが・・・。後ろ姿ですね・・・。有名人の後頭部の写真を撮ったような悔しさがあります。このあと何枚か撮りましたが、その写真を載せてしまうと、とんでもない事故(上の3枚のような写真)が起こるので後味がいい所でここまでにしたいと思います。というよりはこれ以上は無理です・・・。
 ツバメの恐ろしさを思い知った1日でした。   m(_ _)m降伏 

 

投稿者 yoshinobori : 21:44 | コメント (0) | トラックバック (0)