活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2010年7月26日(月) ウナギ展示!!

 今日、鶴見川で魚捕りをしていましたら、近くの釣り人に「やめろ!!コイがかわいそうじゃないか!」と怒られました。アナタが持ってるその長い棒は何なのさ!!(°谷°)と心の中で叫びながら引き上げてきました齊藤です。本日は土用の丑!ウナギを食べて夏を乗り切ろう!という日でございます。しかも最近では「ウナギの完全養殖」の話題なんかも騒がれております!そんな訳で地域流域共生センターでもウナギを展示する事になりました。もちろん鶴見川で捕れたウナギで、食べれません。
 SANY2343.JPG こちら新しい羽と書いて「新羽(にっぱ)」という所で捕まりました。大きさは約30㎝くらいで中々大きい・・・と思いきや、何と最大で1m近くまでなられるそうです。何とナマズよりデカイではないか!
 ちなみに和光大学周辺の「岡上」の地元の方によれば昔は和光大学近くの鶴見川でウナギをよく捕って食べていたんだそうです。今では見られませんが鶴見川の下流域では比較的よく見られる魚なんだそうな!
 ここで地域流域共生センターでのウナギエピソード!ウナギは過去に2回(この子を含めると3回。)展示をした事があるのですが・・・。2回とも次の日の朝になると水槽の外に飛び出してミイラのようになってしまいました・・・。何とか打開策を考えねば!と小机にあります「鶴見川流域センター」でお話をお伺いした所。布製のガムテープで穴という穴を塞ぐと良いという事なので早速試してみました。
SANY2344.JPG 少し不格好になってしまいましたが、今の所、脱走しておりません!あとこの子自体があんまり暴れまわる事が無いので非常に助かっています。普段は物陰に隠れてあまり姿を見せませんが、その物陰に身を潜める姿は中々見ごたえがあります!是非一度ご覧になってくださいm(_ _)m

投稿者 yoshinobori : 17:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日(水) カナヘビ孵化!!

 昼と夜とでは感性が違う齊藤です。
遡る事、1か月程前!和光大学の学生(私の所属するサークルの後輩)がおなかがパンパンに膨れたカナヘビを地域流域共生センターに連れてきた。
 「卵を産むかもしれない!」としばらくそのカナヘビを観察することに(もちろんお世話は後輩たち)、何日かカナヘビは卵を産んだのです。ハイ。5個。
 大きさは薬局で売られているカプセル状のお薬くらいはあったでしょうか。形もソル○ックのようなカプセル・・・。調べれば生まれるまでに40日かかるそうではないか。
 またまたしばらくして生まれる10日前くらいでしょうか。卵の形が変わっているのです。
ソル○ックからキ○ロちゃんのチョコボールくらいに大きくなられている・・・・。調べると卵の段階では土の水分を吸って、卵の状態で大きく成長するのだそうな。大したもんだ(°A°)
 そして昨日、事件は起きた。
SH3G0187.jpg みなさん。おわかり頂けるだろうか?卵の右上から小さなカナヘビが鼻先を出しているのが・・・。会場は大パニック!!気分はジ○ラシックパーク!しかもすべての卵が孵っちゃうもんだから、地域流域共生センター内はもうお祭り騒ぎ!!!
 SH3G0183.jpg 卵から無事に出る事が出来たカナヘビベビー!大きさはおよそ6㎝ほどで姿かたちは親に瓜二つ!!全部飼育するのは大変なので飼育する分以外は逃がしたそうです。今後もこのカナヘビくんがどのように大きくなるのか!楽しみであります!ちなみに名前はまだ決まっていないご様子。何か動きがありましたらばまた報告いたします。

投稿者 yoshinobori : 13:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日(水) 開戸親水広場の生き物たち

 夏に絶対外せないのは「打ち上げ花火」です。私は無類の花火好き!
齊藤です。
 ここしばらく、私の通学路である、開戸親水広場で毎日、ずぅ~っと川の上から写真を撮っていたのでいくつか紹介したいと思います。
 SANY1765 - コピー.JPG 
1枚目はアオサギです。日本最大のサギで有名な大きな鳥です。青みがかった灰色と頭の黒くて太い眉毛のような模様も特徴です。オイカワを仕留めた所を撮影、いつ見ても迫力満点。まるで恐竜のようです。待ち伏せをするために一切動かず、獲物が近づいて来た一瞬の隙をついて捕えるその様はまさに侍の「居合抜き」を連想させます。
SANY2057 - コピー.JPG「アオサギが飛んでる所を撮ってみよう!」と思い、飛び去るの待っていましたが、ずぅ~っと立ったまま動かないので、「びっくりさせたら飛ぶかな?」と思い接近を試みますが、なんと歩いてこちらから距離を置いてくるもんだから大変です。と思った時に散歩中の犬(リードなし)がアオサギ目掛けて突っ込んで来たからそれこそ大変!アオサギは慌てたのか大急ぎで飛ぶ!私も慌てて大急ぎでシャッターオン!で撮れた写真がこれです。
SANY2080 - コピー.JPG 何日か粘ってたら撮れました!前向きがよかったのですが、とりあえずはこれで満足です。ちなみに1枚目とこの写真のアオサギは別人(鳥?)です。2枚目はぼやけてしまっているので判別できず・・・。
SANY1908 - コピー.JPG お次は黄色いセキレイでキセキレイです。魚捕りして一休みしていたら近づいてきました。こんなに近くで見たのは初めてだったのでマジマジと見てみるとこれが中々かわいいモンですハイ。首をかしげる仕草が、たまりません!!
SANY1790 - コピー.JPG 黄色の次は黒!てな訳(?)でセグロセキレイです。ハクセキレイにそっくりですが、鳴き声がハクセキレイよりも濁ったような鳴き声なのとハクセキレイは目の前後に黒い眼鏡をかけたような模様があるのに対し白い眼鏡をかけているのがセグロセキレイです。川で見かけたら是非見てみてください!
SANY2138 - コピー.JPG この子開戸親水広場にいつもいるマガモです。これを家畜化したものが「アヒル」です。本来ならば冬鳥なのですが冬鳥でないカルガモとつがいになると渡らない事があるそうです。
 写真の通りカメラを向けても逃げる事無く、むしろ「クゥ~ッ、クゥ~ッ」と鳴きながら、しっぽをプリプリ振りながら近づいてくるのです。餌付けされているようだ・・・。(_ _;)
SANY2143 - コピー.JPG お次はドラム缶の蓋!ではなくスッポンです。よく中華料理に出てくるアレです。普段あまり姿を現しませんが、天気が最高にいい日だと甲羅干しするために陸に上がってはこうやって日向ぼっこをしているわけです。隠れるのがうまいので、気付かない所にヒョッコリいたりします。晴れた日に目を凝らして探してみると会えるかも知れません!

投稿者 yoshinobori : 11:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日(水) 織姫と彦星ですか・・・。

活動報告

 ジブリ作品では「耳を澄ませば」が大好きな斎藤です。ここしばらくバタバタしていて更新が遅れました!申し訳ありませんm(_ _)m
 さて!いきなりですがここでお知らせです!本日は織姫と彦星が年に1度会う事が出来る日!そう!七夕のなのです!外を見渡せば様々な家やお店などで短冊や飾りがぶら下がった笹が至る所に飾られているではありませんか!
 ならばこちらも何かせねば!
ということで半月くらいかけて作りました!その名も七夕水槽!!
SANY2167.JPGのサムネール画像 水槽の中に笹(本物ではありません。)を入れて、地域流域共生センターに来てくれた方々に短冊を書いて頂き、それをラミネート加工したモノを笹にぶら下げました!あとは水槽の中の石の位置をずらしたり、自宅の金魚の水槽で使ってないアクセサリーを入れてそれらしくしてみました!中身を紹介!
SANY2168.JPG 金魚用だったアクセサリーの水車(エアー車?)です。彦星の家(何かで見た時こんなだったような気がする・・・。)をイメージしてみました。エアーポンプの泡でクルクル回る水車は見ていてどこか愛くるしい(と思う・・・。)手前のお地蔵さんはいつ買ったのか覚えがなく、いつも倉庫で眠っていたので今回思い切って出してみました。
 どういった御利益があるのかは謎です・・・。
SANY2170.JPG こちらは橋、灯篭(名前があやふや)、鳥居を使った背景、こちらは織姫の華やかさ(個人的なイメージです・・・。)をイメージしたかったのですがなかなかいいアクセサリーが近所のペットショップで置いてなく、少し物足りなさが残りますが、それでも、今手持ちにあるもので全力を出して見ました!SANY2179.JPG そしてこの水槽の主役はこのオイカワのオス!この時期はオイカワの繁殖期なので、オスはメスの気を引くために、このような「婚姻色」(こんいんしょく)という派手な色に染まるのです。これがホントの「色男」というわけです!
 m(_ _;)m お粗末さまでした・・・。
それはさておき!早くも「華やかでいいですね!」「オイカワがキレイ!」とお声を頂いております!この水槽は7月いっぱいまで展示する予定ですので、もしよろしければ、和光大学A棟一階へ是非!ご覧下さい!色男(魚?)が男に磨きをかけてお待ちしております。
 と!いうことで、もうすぐ夏休み!セミの声が聞こえてきてます!いよいよ夏、本番と!なってきております。体に気をつけていただきたいと思います。
 最後になりますが、今後とも地域流域共生センターをよろしくお願いいたします!
         m(_ _)m

投稿者 yoshinobori : 10:37 | コメント (0) | トラックバック (0)