活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2011年11月30日(水) 今日は色んな出会いがありました。

活動報告

 自転車で走っている小学生たちの中に最低1人は自力で走っている子がいるのは何故なんでしょうか?

 齋藤(兄)です。

 今日、和光大学に用事があったので、ついでに道中で出会えた生き物を紹介したいと思います。久々の・・・

「ひとり生き物ツアー!!」の開催です!!(°∀°)

 カメラ片手に特派員は鶴見川で何を見るのか!?それでは早速参りましょう!!
 rurityann gannbaru.jpg
 さぁ!!どんな生き物に出会えるのか!?楽しみです!!

SANY7347.JPG まず最初に現れたのは「コガモ」の群れです。場所は恩廻し公園付近。毎年冬になると、ここには沢山のコガモたちが集まります。他にも「オナガガモ」や「カルガモ」もこの群れに紛れていることがあるのですが、今日はコガモだけでした。私以外にもこのコガモの群れの写真を撮っている人が沢山来ていました(^-^)。
 SANY7349.JPG コガモのアップ!!このカメラではこれが限界のようです・・・。オスは茶色と緑色の渋い色合いが特徴です。
キレイですよね(^-^)
 SANY7354.JPG 川へ降りて見ると、コサギの群れを確認!!冬になると、この光景を河川のいたる所で見られます。なんでだろう(・へ・)?
 SANY7359.JPG 川へ降りて先ほどのコガモたちがいるトコへ。用心深いのか中々近づけさせてくれません。(・へ・;)
SANY7360.JPG 何とか近くでコガモの写真を撮ってみましたが、草に顔が隠れてしまいましたm(_ _;)m
SANY7430.JPG コガモたちがいたトコを探索するといくつか羽根を拾いました。コガモのだろうか?
SANY7362.JPG 上手く撮れませんでしたが、「ハクセキレイ」です。広い範囲で見られ、時には駅前を忙しく歩き回っている姿を見かけることがあります。
SANY7370.JPG 恩廻し公園多いなぁ・・・。今度は「カワウ」です。言葉を「鵜吞みにする。」の語源になっている鳥です。因みに、テレビなんかでやってる鵜飼漁(うかいりょう)で魚を捕っているのは「ウミウ」という別の種類です。
 SANY7382.JPG 恩廻しから少し上流へ向かった所で白くて大きな「ダイサギ」に遭遇!!名前の通りその姿は大きく、ゆっくり歩く姿は美しさが感じれます。(^-^)
SANY7392.JPG こちらは白くて小さな「コサギ」です。写真は石の下に足を入れて魚を追い出して捕まえようとしている様子。
SANY7393.JPG コサギ&ダイサギの写真を撮っていると自転車のハンドルに「ナミテントウ」がとまってきました。そろそろ冬眠に入る頃なのでこれが見収めになるかもしれません。
 SANY7395.JPG さらに上流を目指すと何やら水面に出ては引っ込んでを繰り返している生き物を確認。「カワウかな?」と思いきや、体が随分小さい。カメラを向けると垂直に素早く潜ってしまったので出てくるまで、待っていると草陰にその姿を現しました!!それがこちらの「カイツブリ」です。鶴見川ではあんまり見たことが無いのですが、最近は恩廻し付近で見かけます。
SANY7398.JPG さらにしばらく様子を見ていると、少しだけ出てきました。キュウスみたいな形でとても可愛いです。(^-^)
SANY0020.JPG 2年くらい前に恩廻し公園付近で撮影した「カイツブリ」です。コロッとした体系がとても可愛いですね。(^-^)
SANY7404.JPG 開戸親水ひろば付近で、再びコサギの群れを確認。しかし1羽だけ「ダイサギ」が紛れています。どこでしょうか?
SANY7411.JPG カルガモがお昼寝している所を確認!!気持ちよさそうですね(^-^)
 多くのカモたちはオスとメスの見分けがつくのですが、カルガモのオスメスは分からないです・・・。
SANY7416.JPG アオサギも見られました。日本最大の名に恥じぬ大きく立派なアオサギでした。(^-^)
SANY7428.JPG 最後のトリを占めるのは川の青い宝石!!「カワセミ」です!!辺りが暗かった為、ピントが上手く合わなかったです・・・。(-.-;)
 撮影中、近所のおばちゃんと、カワセミの話でしばし談笑した後、家路につきました。

 では空腹の為、今回はここまで!!また何かありましたらご報告させて頂きます!!
ではノシ
rurityann smile.jpg

投稿者 yoshinobori : 17:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日(火) オサムシ 冬眠

 光ファイバーがウチに来ました。おかげで作業がはかどる×2!!

 齋藤(兄)です。

 昨日の朝、アオオサムシにエサをあげようとしたらこんな格好をしていたのです。
SANY7341.JPG
 いつもの樹皮の下に隠れていますが、今回はエサをあげても触角をピクリとも動かさず、小さくうずくまっています。死んではいないようなので、冬眠なのかもしれません。弱っているのか?しかし、本当に冬眠なら下手に起こすわけにも・・・。
 まぁ、何事も様子を見て行きたいと思います。(^-^)
少なくとも弱っている様子は今のところなさそうです。アオオサムシ 寝ます 2.jpg こんな感じで教えてくれたらいささか助かるんだが・・・。(-_-;)

投稿者 yoshinobori : 01:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日(木) オサムシという虫

活動報告

 こうも乾燥した空気になると静電気がおっかない時期になりますな。

 齋藤(兄)です。

 今日は和光大学キャンパス内で捕まえた「アオオサムシ」を紹介したいと思います。
SANY7228.JPG
 アオオサムシは名前の通り、キレイな緑色をした「オサムシ」の仲間です。あの漫画界の巨匠「手塚治虫」のペンネームである「治虫」はオサムシから来ているという話を聞いたことがあります。(^-^)

 オサムシの仲間は羽根が退化している為、飛ぶことが出来ません。主に彼らは石の下や落ち葉の中を走り回り、生き物の死肉や小さい昆虫を捕えて食べます。空にはエサになるものが無いので羽根は必要ないということなのかも知れません。
 そしてこのアオオサムシの最大の武器は鋭い大アゴ!!これに噛まれると非っっっ常~~~に痛い為、迂闊に触ると大けがをします。

 体験例というか私が小学校の時に、山を歩く授業か何かで、クラス全員で山の中トコトコ歩いていると、体育会系の先生が素手でオサムシを「ギュッ!」と握って・・・

「おーい!!お前ら!!オサムシだぞ!!(°∀°)」

などと大きな声をあげてこちらに大接近。その後すぐに先生が小さい声で・・・

   「痛ぇ」

 と言いながらオサムシを投げ捨てたのです。子供たち(この時は私も含まれる)が近寄って見ると、先生の手のひらにはナイフで切ったような切り傷が!!

 2、3秒前まであんなに元気だった先生が、一気に落ち込んでしまい、クラスの何人かが先生を励ましていたのを思えています。あの思い出がココで役立つとは・・・。ありがとう先生・・・m(_ _)m
 
SANY7340.JPG エサの乾燥アカムシを探している様子の「アオオサムシ」ちゃん。

 話を戻しまして・・・先に述べた通りアオオサムシは石の下や落ち葉に潜るので、土を敷いて、隠れ家はクワガタに使ってた木や樹皮の一部を入れて様子を見ています。
 飼育は思ったほど難しくなくエサは乾燥アカムシや昆虫ゼリーなど、何でも食べるようです。今のところ順調です。(^-^)。↓
SANY7339.JPG アオオサムシは「冬眠」しますので、これで越冬してくれればいいなぁと思っております。
 
 しかし隠れ家を入れてからというもの、中々この子の全身の写真が撮れなくなってしまいました・・・。この写真でも運が良かった方です・・・。

 エサの最中は出てくるのですが、カメラを向けるとすぐさま穴に隠れてしまいます。どうやら臆病な性格なようです。でもアゴは怖い・・・。

aoosamusi.jpg 毎度のイラストです・・・。良く見るとアオオサムシには縫い目のような模様があります。セーターみたいな格好をさせて見ました。臆病ですが、近づくとケガをします。この子が死肉を食うトコは見たくないなぁ・・・。
 

投稿者 yoshinobori : 18:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日(木) 珍種!?青いドジョウ

 一歩外に出て見れば、もう辺りはクリスマスムードですね!!皆さんはどんなクリスマスを過ごしますか?
 私はペットショップとかで金魚コーナーで大好きな金魚を探したりしてましたが、今年は昆虫にもハマっているので、どんなクリスマスになるだろうか?
 
齋藤(兄)です。

 まず皆さまにこれを見て頂きたい!!
SANY7317.JPG 写真に写っているのは「ドジョウ」です。しかし・・・

この子、体が青いのDESU・・・(´Д`;)

 ヒゲから尾ヒレまで全身真っ青!!言うなれば「アオドジョウ」!!この子は元々こういう色ではなく、「メチレンブルー」という病気になった魚に使う薬品の色がついてしまっただけです・・・。
 半月ほど前に、このドジョウが「白点病(はくてんびょう)」という病にかかってしまったのです・・・。この病気は名前の通り体に白い点がついたようになる病気で、魚を飼育すれば、必ず一度は経験する病気の一つです。

 主に「白点虫(はくてんちゅう)」という寄生虫が魚の表面につくのが原因です。水かえ不足などによる水質悪化が要因だそうですが、私の水質管理に抜かりは無かったはず・・・どこか見逃している所があったようです・・・。

 最初はヒレなどに1、2箇所くらいつきます。この程度なら水かえすれば治る事がほとんどなのですが、これを見逃すとドンドン全身に広がり、エラに達してしまうと魚はお陀仏になってしまいます。
 SANY0924.JPG 全身に白点虫がついてしまった「カワムツ」。この子は翌日、完治しました。

 さらに厄介でこの病気は伝染しやすいので、発症した子が出てきたらすぐに他の子たちと分けてメチレンブルーで治療します。これを投与すると水が真っ青になり、1週間くらい置いておくと、先ほどのアオドジョウのように体が青くなってしまうのです。しばらくすれば色が落ちるのでご安心を・・・。
SANY7322.JPG ホトケドジョウと2ショット。ドジョウとは変わらんのだよ!!ドジョウとはぁ!!!

傘とか・・・.jpg まだまだネタは尽きませんよ!!とりあえずはここまで!!ではまたノシ

投稿者 yoshinobori : 00:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日(火) 色んな夫婦の形

活動報告

 最近、昼と夜の温度差が大きいように感じます。おかげで毎日風邪をひきそうになるから困ったモノです。外に出る時は温度管理がしやすい格好にしましょう。(^-^)

 齋藤(兄)です。

 今日は11月22日、「いい夫婦の日」です。この日に結婚式をあげる新婚さんが多いそうですよ。そこで今回は色んな夫婦を紹介したいと思います。中には季節ハズレなモノもおりますがどうかご容赦下さい。

 ⑨-5オナガガモ(ペア).JPG トップバッターは「オナガガモ」の夫婦です。オスは名前の通り、黒くて長い尾羽がありますが、メスにはありません。今の時期、河川や湖の至る所で沢山見かけます。あまり人に警戒しないので、エサをもらってる子は向こうから近付いてくる事もあります。

 しかし、何かを持って近づくとエサがもらえると思って、多数いる場合には攻め入りが始まるので注意が必要です。私も羽根を入れとく袋を持ってたら、一斉に走ってきておっかない目に会いました・・・。(^-^;)

SANY3390.JPG 逃げながら撮った「攻め入り」・・・むしろ「追撃」の方が適しているかもしれない・・・。さらに「ユリカモメ」も頭の上をスレスレで飛んでくるので本当に大変でした・・・。
 P1270678 - コピー.JPG お次は「カワセミ」の夫婦です。赤い〇がしてある所にいます。
P1270678 - コピー (2).JPG 見にくいですが、アップです。実に仲が良さそうですな。(°∀°)
P1270699.JPG 同じカワセミの夫婦。向こう岸に渡って撮影。気付かれないようにほふく前進しながら撮った為、上手く撮れなかった・・・。見にくいですがクチバシの下が赤い方がメスで、上下ともにクチバシが黒いのがオスになります。この写真だと上がメスで下がオスになります。

 オスはメスにプロポーズをする際、魚を捕まえてそれをメスにプレゼントします。受け取れば成立、逃げてしまえば不成立になります。

 カワセミ達は決まった時間に、決まった場所にやってくるので、それを把握すれば見ることが出来るかもしれません。
 SANY3755.JPG お次は「オカヨシガモ」の夫婦です。上がメスで下がオスです。鶴見川では私は1回しか見たことがありません。最初に発見した時、カルガモかマガモかなぁと思って撮影して家に持ち帰った時に違う種類と発覚・・・。

 撮影した場所は鶴川駅付近の「開戸親水ひろば」で撮影。

P7261849.JPG 種類は違えど、仲が良かった「バリケン」と「アヒル」です。以前は写真のように仲が良かったのですが、オスのアヒルが冬に渡来してきたマガモのメスと浮気をしてしまい、それに激怒したバリケンがアヒルに猛攻撃を与えた末、現在は別居中なんだとか・・・。
 詳しくは、当ブログの2011年7月24日の記事をご覧ください!!

 今はどうしているだろうか・・・(・へ・;)
  
SANY3975.JPG 今度は「キジバト」の夫婦です。キジバトはペアで仲よく一緒にいる為、稀にこんな光景を目にします。この写真は麻生区の公園で撮影。一緒に水浴び中です。(^-^)

 彼らは駅前にいる「ドバト」と違い、雑木林のような場所を好むので、木がたくさんある公園や川沿いを歩いていると出会えます。↓
SANY0032(2).JPG撮影場所:開戸親水ひろば
SANY2963.JPG撮影は鶴川駅付近です!!
SANY4234.JPG 真福寺川で撮影しました。
SANY4294.JPG 鶴川駅付近で撮影しました。
SANY3487.JPG 恩廻し公園で!!
 
SANY6228.JPG 今度は昆虫の王者!!カブトムシです。またコイツらに会いたいなぁ・・・。
SANY6680.JPG 恐らくなじみ深さNo1ではないでしょうか?オンブバッタ夫婦です。名前の通り、オンブしている姿が可愛いですね(^-^)。小さい頃によく祖父にオンブされてた(させてた?)頃を思い出します。

SANY3135.JPG オンブするバッタは何も「オンブバッタ」だけではありません!!基本的にほとんどのバッタの仲間のペアはオンブします!!こちらは多分「ハネナガイナゴ」のペアではないかと踏んでおります。

 P1030104.JPG オイカワのペアです。はじめはオスもメスも全身が銀色なのですが、オスは産卵の時期になると「婚姻色(こんいんしょく)」と言う色に染まり、大変に色鮮やかになります。メスは銀色のままです。

 オイカワはペアだけで飼育すると結構すんなりと産卵します。オスとメスが底の方に並んでお互い体をブルブルさせて産卵します。まるでサケのようなスタイルで産卵するようです。
 あとオイカワのオスの尻ビレが大きいのは、流れのある川で生活している為、精子がすぐに流されないようにせき止める役割があるそうですよ。進化ってスゴイね!!
(°∀°)
IMG_1800 - コピー.JPG そして最後は夫婦写真ではありませんが、夫婦といえば外せないのが「オシドリ」です。鶴見川で見かけたのはこの1回だけで、これ以降、鶴見川でオシドリを見ていません。
 仲のいい夫婦を「おしどり夫婦」と呼びますが、その語源になっている鳥です。オスは実に派手な模様をしています。おしどり夫婦の語源になっている通り、確かにオスとメスで仲よく一緒にいる姿を目にしますが、実際はオス、メス共に相手をとっかえひっかえするんだそうでずっと一緒にいる事は無いそうです・・・。
 そこで私は提唱したい!!(°Д°)
本当に仲のよい夫婦の事は「キジバト夫婦」と呼びましょう!!

投稿者 yoshinobori : 17:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日(土) ヤゴのエサやり風景

活動報告

 雨降るとダニが出てくるから困ったモノです。特に標本に集まるから達が悪い!!

 齋藤(兄)です。

 さて今日は生憎の天気なので今回は最近主流になり始めている我が家の生き物飼育状況を報告致します。m(_ _)m

 今回は「ヤゴ」のエサやりを紹介したいと思います。ウチではペットショップなどで売られている「冷凍アカムシ」を解凍させたモノを与えています。

 彼らは「動くモノ」に反応するので、そのまま与えてもエサとして見てくれません。そこでピンセットでアカムシを摘まんで、目の前をチラつかせると食べてくれるのです。(°ー°)b

SANY7297.JPG 今回のエサをあげるのはこの子「コオニヤンマ」のヤゴです。小判のような平べったい姿をしています。果たして食べてくれるでしょうか?

SANY7298.JPG アカムシ投入!!ココからしばらくの間、ヤゴの目の前でアカムシを生きてるかのように動かします!!数分後・・・。

SANY7299.JPG んお!?近づいてきた!!これでヤゴの「アゴを伸ばしてエサを捕まえる」瞬間をカメラに収めます!!
 SANY7305.JPG よし!!食った!!!


はっ早えぇ!?


      Σ(°Д°;)

 まるで居合抜きのようだ!!これはもうカメラの性能うんぬん以前の問題だ!!(°皿°;)
何度も試しましたが、似たような写真ばかり・・・。あまつさえお腹いっぱいなのか食べなくなったので「アゴを伸ばす瞬間」は撮れず・・・。
 しかし食べてる時に隠れてるアゴをチラッと見せてくれたので、今日の所はこれで・・・
SANY7306.JPG 普段はゆっくりとした動きで「ホントに肉食?」と思っていたのに・・・エサを食べると鋭いキバをむき出しにしてムシャムシャと食べます。やっぱり肉食の生き物っておっかないなぁ・・・。ガクガク((°A°;))ブルブル 
寝る.jpg 雨なので日向ぼっこ的な(^-^)

投稿者 yoshinobori : 12:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日(木) クワガタの幼虫が現れた!!

活動報告

 寒くて体の調子が崩れています・・・。齋藤(兄)です。皆さまもどうかお気をつけ下さい・・・。(-.-;)

 さて今回、和光大学周辺で「割り出し」という作業に挑戦してみました。木を割って中にいるクワガタやカミキリムシの幼虫、または冬眠している成虫を探す作業なのですが、初めての作業なので緊張しました・・・。(- -;)
 しかしやりすぎると環境によろしくないので、今回は倒れた朽木の一箇所だけにしました。
早速マイナスドライバーで木を割ってみると・・・
SANY7287.JPG おぉ!!なんか出てきた!!見た感じ「コガネムシ」とか「カブトムシ」の幼虫に似た姿・・・

 こいつはもしや「クワガタ」じゃなイカ!?(°へ°;)

 和光大学周辺で見られるクワガタは今のところ、「コクワガタ」か「ノコギリクワガタ」の2種類なので少なくともこのどちらか、もしくは未確認の種類か!?ではないかと思います。期待が高まります!!

 すぐさま引き上げて早速飼ってみよう!!・・・のその前に・・・

 クワガタの幼虫ってどう飼うの??(´Д`;)

 ネットや本で調べたり、ペットショップの店員さんに聞き込みをした所、「発酵マット」というキノコの菌?があるマットを使うんですって。特に「菌糸ビン」というモノで飼育すると大きい個体になりやすいのだそうです。

 何事も経験だ!!という事で、とりあえず1個「菌糸ビン」を買ってみました。最初はこの小さいのから始めるんだそうな。↓
SANY7291.JPG この中にあの幼虫が入ってます。大変デリケートに扱わないといけないらしく、不用意に振動などショックを与えてしまうと大きくならなかったり、羽化しないで死んでしまう事もあるらしい!!クワガタの幼虫飼育も大変だ・・・。(°Д°;)

 ウチのコクワガタたちも産んでないかな?そして幼虫になっていたりするのだろうか?自宅に戻り、木を割ってみると・・・

SANY7295.JPG おぉ!!いたいた!!Σ(°Д°)

 成虫たちは冬眠?中だったので1本だけ。もしかしたら他の木にもいるかもしれないがビンに入れられるのは1つに1匹!!この子は急遽発酵マットをコーヒービンに入れたモノに入れておきました・・・。どっちが大きくなるのか?こうご期待!!・・・しかし迂闊に手を出せないので中の様子はわからない為、面白味はないかなぁ・・・。しかしそのせいもあってかスンゴイ楽しみ!!(^-^)

投稿者 yoshinobori : 18:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日(水) おぉ!!バンですよ!!

活動報告

 どうも!!おばんです!!齋藤(兄)です。

先日、シェンロンの様子を見に行くべく、小机の「鶴見川流域センター」へ赴いたのですが、休館日なのをすっかり忘れてしまい、行ったら閉まっていました・・・。
 
 この前、宣伝したばかりなのになぁ・・・私(_ _;)

 しかし手ぶらで帰るのにはあまりにも惜しい!!ましてその日は「大安」!!

何か!!何かある筈だ!!(°皿°;)

 と、川沿いを自転車で走っていると、水面を優雅に泳いでいる水鳥を発見!!キンクロハジロかな?と思いきや・・・
SANY7233.JPG おぉ!!「オオバン」だ!!(°∀°)

 小机周辺で何回か見たことはあるけど、人生初のオオバンの写真撮影に成功!!普通の「バン」に比べて体が一回り大きく、クチバシが白いのが特徴。(普通のバンは赤い。)

 SANY2427 - コピー.JPG こちらが普通の「バン」。この子は恩廻し公園にて撮影。

 バンもオオバンも警戒心が強いのか、どんなに離れていてもカメラを向けるだけで、すぐさま茂みの中へ隠れてしまうので中々撮れる機会が少ない・・・。この写真も出てくるまで、1時間くらい粘って撮った貴重な1枚です。(^^;)

 「バン」も「オオバン」も家族で行動します。親は最初に生まれた子供の面倒は見ますが、次に生まれた子供は、大きくなった最初の子が世話をします。人間で言う所、長男に次男の世話をさせる感じでしょうか?
 これを「ヘルパー」と呼び、他にも「オナガ」などがこういった行動をするらしいですよ!!鳥の世界でも子共の育て方は種類によって様々というわけですね(^^)。
 SANY7236.JPG しばらく見ていると何ともう1羽「オオバン」が!!ペアかな?と思いきや・・・
SANY7239.JPG           おぉ!!(°Д°;)
SANY7240.JPG           おぉお!!!Σ(°Д°;)
 なっ・・・な・・・

^^^
^^^
^^^
^^^
^^^
^^^
^^^
^^^
^^^
(・ω・) 何と!

 合計5羽!!こんなにオオバンを見たのは人生初です!!彼らはもしかしたら家族なのかもしれないですね。仲良さそうで見ていてとても和みました。(^ー^)
 最後にいつも「カモ」の写真を撮りいく所でこんな写真が撮れました。「オナガガモ」と「ヒドリガモ」の大行進です!!
SANY7268.JPG

投稿者 yoshinobori : 17:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日(火) 書き溜めたイラスト

活動報告

 今回は今まで描いてきた虫のイラストをひたすら紹介させていただきます。m(_ _)m
まだまだ練習中なのでどうかご容赦を・・・。(^^;)

シロスジ 開.jpg シロスジカミキリ。日本最大なので他の子たちより背が高い。クヌギの木に穴を開けます。アゴで!!
シロスジ.jpg ベニカミキリ、ルリボシカミキリと戯れるシロスジカミキリ。シロスジカミキリだけ年上とかそういうのは無いです。
ノコギリカメムシ&アオオサムシ.jpg 久々に描いたノコギリカメムシと今自宅で飼育中のアオオサムシ(案)です。ウチのアオオサムシはエサの時以外はどこかに隠れてしまう為、恥ずかしがりっぽくしてみたりしてます。
ベニ ルリ 桜.jpg 春よ来い!!

投稿者 yoshinobori : 22:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日(火) コカマキリをトコトン撮ってみる。

活動報告

 最近、自宅でアオオサムシを飼育しています。あんまりじっくり見たことがありませんでしたが、いざ飼育してみると、これが中々・・・(´∀`)

 齋藤(兄)です。

 ある日、唐突に「コカマキリ」を思いっきり撮りたいという衝動に駆られてしまい、コカマキリを探すべく、和光大学へ!!
 普段はそんなに探そうとしなくても、何となく見かけていた種類ですが、いざ探してみようとすると、これが中々見つからない・・・。(´・ω・`)
 探しに探して30分!!(こんなにかかるとは・・・。)ついに見つけました!!「コカマキリ」!!
SANY7174.JPG 今日のモデルはこの子に決定!!早くもカメラ目線を頂きました。(^^)
 自分の中で、「コカマキリ」はカマキリの仲間の中で1番好きな種類で、小さい時によく飼ってました。(´∀`)
 コカマキリは他のカマキリに比べると小柄な姿で、ショウリョウバッタのような大きな獲物も捕まえられない・・・しかし!!小さい虫にそっと近づいて狩りをしている姿が一人前のカマキリなのが、どこか可愛いと自分は考えています。(^Д^)
 SANY7193.JPG 横から。体が小さい分、近くで大きく写すと面白いですね。(^Д^)
 SANY7199.JPG 後ろ。自分のカマキリの写真は、このアングルが多いです。このアングルが好き・・・というよりは、前から撮ろうとすると、必ず飛びつかれて噛まれるのでビビって後ろからそーっと撮っているだけです・・・。
 昔は前足(カマ)を畳んでいる様子を神様にお祈りをしているような姿に見えたことから、「拝み虫」と呼ばれていたそうですよ(^^)
 英名では「MANTIS」、ギリシャ語で「預言者」という意味なんですって!!
 コカマキリ.jpg またまたイラストを描きます。「コカマキリ」です。「僧侶」のような姿をイメージしてみましたが、やはり難しいですね・・・。(´▽`;)
 小さくても頑張り屋で立派なカマキリです。

投稿者 yoshinobori : 20:24 | コメント (0) | トラックバック (0)