活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2012年3月31日(土) 和光大学の通学路で見られる小さな酔っ払いご夫婦。

活動報告

 う~ん・・・、疲れて家に帰り眠りについてしまったらしい・・・。起きたのが夜の3時・・・また寝れる訳もなく。Facebookやら何やら色々更新してたらこんな時間・・・。今晩は無事に寝れるかが心配DA!!

 齋藤(兄)です。

 最近は春風1番ですかね(^-^)風が強い日が続いております。私も自転車で何回か転びかけました!!(°Д°;)自転車乗りにはチュライ時期ですね~。

 そうでなくとも風が強い日は何かとご不便!!昨日なんかは道ばたに沢山の洗濯物と思しき衣服が乱れるように落ちていました!!その場で脱ぎ捨てたということでもない限りは風で飛んだと考えるのが妥当と言えます。(・へ・)

 ニュースを見ると木が倒れる事故も起きたそうです。こういった時期は特に事故が起きやすいので皆さまも外へ出かける際は是非とも気をつけて頂きたいと思いますm(__)m


 さて話が変わりまして今回は和光大学のす最寄り駅である小田急線「鶴川駅」から和光大学の間を流れます鶴見川の大正橋にてこの時期に見られる可愛いご夫婦を紹介したいと思います!!(´∀`)

 それでは大正橋へ・・・いざぁ!!

SANY8042.JPG ココが鶴見川、大正橋です。今写真に写っている橋が「大正橋」です。春~夏の暖かい時期なると冬まで鶴見川で見られた「カモ」や「ジョウビタキ」などの「冬鳥」になり代わり、「ツバメ」や「キアシシギ」などの「夏鳥」が鶴見川を賑わせます。早い所ではもうツバメが飛んでいますね(^-^)1年中見られるツバメもいるそうですが、それはまた違う記事で追々紹介したいと思います。
 今回、私が紹介したい夏鳥はコチラ↓
DSCN2917.JPG2.jpg 何だ!!この可愛い生き物は!?

 このブログでも何回かご紹介させて頂いております「コチドリ」というスズメより一回り大きいくらい・・・それにしたって小鳥である事実は歪みません。

 目の周りが黄色く縁どられているのが特徴です。夏鳥とありますが地方によっては1年中見られたり、冬鳥である所もあります。タイトルに「酔っ払い夫婦」とありますが、これについては後で紹介いたします。

 毎年暖かくなりだすこの時期からココ鶴見川大正橋に、このコチドリがやって来ます。一歩ずつ歩いてはフリーズ!!を繰り返しながらいつもエサか何かを探し周っています。普段は1羽で見かける事が多いのですが、たま~に相方と一緒に現れることがあります。

DSCN2922.JPG2.jpg こちらが「酔っ払い夫婦」です。相方といる時はいつも一緒にくっついて行動します。片方がどこかへ行くと、もう片方がチョコチョコ走って追いかける姿は思わずニヤけてしまう光景です。(^ー^)

 そして気になる「酔っ払い」ですが、皆さんは「千鳥足」って言葉をご存じですか?主に酔った人が足元がおぼつかずにフラフラ歩く様子の指します。このブログを長く見て下さっている方や勘の良い方はもうご存じかもですが、この千鳥足の語源になっているのが、このコチドリ含めた「チドリの仲間」です。

 彼らは地上に浅い窪みを作って巣を作ります。巣にいる雛鳥がカラスや猫などの天敵に狙われると、親鳥があたかも傷ついたようにフラフラ歩くことで、天敵に狙われることで注意を親鳥に逸らさせて、雛鳥を守ります。この行動は「偽傷(ぎしょう)」と言います。子供を守るのに命がけです!!(・へ・;)

なので「酔っ払い」という単語は不適切ですね・・・。ではこれから彼らを何と呼ぼうか?

 狙われた親鳥は巣からある程度遠ざけたら芝居をやめてさっさと逃げます。巣に帰る時は巣の在り処がバレないように遠回りして帰ります。

 ココで私はその間にまた他の天敵に狙われたりしないだろうか?と思うのですがいかがでしょうか?

コチドリ別アングル↓
DSCN2926.JPG2.jpg

DSCN2927.JPG2.jpg

DSCN2913.JPG2.jpg

 このコチドリは和光大学の近くの鶴見川で見られます!!実際に見ると本当に可愛いので、興味持たれた方!!デジカメ片手に会いに行かれてはいかがでしょうか?

 あと最強生物探しに行きたいのですが、いかんせん時間が割けない・・・。申し訳ないです・・・。

投稿者 yoshinobori : 06:36 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月30日(金) 和光大学 気仙沼・大島支援プロジェクト in 青物横丁

活動報告

どもです。齋藤(弟)です。

今回は和光大学 気仙沼・大島支援プロジェクトからの立場なんですよ~。
( ̄∀ ̄)ノシ ドモドモ~

先日、和光大学の学生で東京の品川にある「青物横丁」に行って来ました。そこでは今、気仙沼大島のアンテナショップが開店しています。

Image410.jpg

地元の特産品、海産物が毎日かわるがわるやって来ます。この日は毛ガニが入って来ました♪新鮮すぎてまだ生きています♫やっぱり甲殻類ってカッコ良くてかわいいですね☆
(//▽//) ヘヘヘ...

Image413.jpg

青物横丁は一言でいうと「暖かい街」でした。人も雰囲気も活気があって、どこか和やかなところがあって、新たなお気に入りスポットですかね。また行きたいなぁ...。

そこで皆さんに重要なお知らせです。このアンテナショップ...。

今月一杯の営業なのです!

あと2日間しかない!
Σ(゜Д゜;) エライコッチャ!

そんなこんなで私はアンテナショップはもちろん、この青物横丁も大好きです。皆さんも是非、アンテナショップがある内に青物横丁を訪れてはいかがでしょうか?

いつも慌ただしい次男からのお知らせ、報告でした。ではでは~。
(-ω-)ゞ デハデハ~

投稿者 kamatsuka : 03:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日(火) スギカミキリ捕獲作戦の成果・・・。

活動報告

 クワガタにダニが現れ出してきた・・・。これは厄介・・・。

 齋藤(兄)です。

 本日、以前より予告していた「スギカミキリ捕獲作戦」を決行!!既に下見の段階でターゲットを捕まえているのですが、予告をしたからには行ってきました!!
 それでは岡上へ・・・いざぁ!!

 DSCN2940.JPG 岡上のヒノキ群落に到着!!下見では場所確認だけで手を出さなかった所なので期待に胸膨らむ思いで・・・

いざぁ!!(°∀°)

DSCN2944.JPG いきなり現れたのわぁああぁああぁぁ!!!Σ(°Д°;)

 ヤモリですね。冬眠中だったのだろうか?だとしたら申し訳なかったm(_ _)m
元に戻して次の場所へ向かいますが、羽脱孔はいくつか見つかるものの残念ながらカミキリの姿は見えず・・・。

 しかし!!その代わりに、こんな虫が沢山見られました。
DSCN2946.JPG カメムシの仲間、「エサキモンキツノカメムシ」です。12文字です。覚えにくい名前でしょう~?
 このカメムシの特徴は何と言っても背中に「ハートマーク」がついている何ともオシャレイ〇ムなカメムシです。

 このカメムシをFacebookで紹介した所、「そのカメムシも臭いですか?」と聞かれたのですが、当時は不覚にも鼻が詰まっていた為、確かな答えが言いだせなかったのですが、今ならその問いに答える事ができます!!

 確認するまでもなく・・・

  臭い!!(´ノ`;)ノシ

 とにかく臭い!!カメムシ独特の青臭~い匂い!!見た目が可愛らしい分より一層達が悪い!!見た目で物事を判断するなというカメムシからのありがたい教訓として受け取らせて頂く今日この頃なのでした・・・。

DSCN2952.JPG 「春告鳥」が鳴き、岡上にも春がやってきましたよ~!!(°∀°)次は花見の時期にまたスギカミキリを探すとしよう!!とりあえず昆虫採集はココまで!!次回は地球上で最強とうたわれる生物に会いに行きます!!果たしてその生物とは!?そして出会うことができるのか!!待ぁて!!次回!!(°☐°)

投稿者 yoshinobori : 22:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日(日) スギカミキリ捕獲作戦の下見。

活動報告

 そろそろ魚捕りに赴きたい!!

 齋藤(兄)です。

 遡る事3月23日・・・この日は少し大事な用事があったのですが、急きょ午前中はフリーになったので・・・

 「スギカミキリ」の下見にいくか!!(´∀`)

 3月27日に「スギカミキリ」を捕獲することにしたのです。一応綿密な下見をしているのですが、開花時期が近付いている事もあり少し様子を見てみようと思ったのだ!!しかも今回は仲間(主に後輩)を募集したので、危なくないような道を確認しようとも考えた次第です。しかしどうも予定があるらしく恐らく当日は1人になりそうです・・・。

 用事の時間に間に合うように急ぎ岡上へ!!

いざぁっ!!(°∀°)

 予告でも書きましたが、まずはスギカミキリがあけた「羽脱孔(うだつこう)」を探す!!これがなければスギカミキリがいない事になります。
 彼らの羽脱孔は「楕円形」をしているということで目に映る彼らのホスト(寄生する木)である「ヒノキ」を眺めていると・・・

DSCN2810.JPGあ!!(°☐°;)

 あった!!あった!!これだ!!確かに楕円形です!!ということは岡上にはスギカミキリがいる!!(°∀°)

 朝の眠気が一気に覚める!!ココを中心に樹皮の下を覗いてみますが穴の近くにはいませんでした・・・。場所を変えて探すことに!!(・へ・)

 DSCN2808.JPG ポイントを変えてみました。何とこのヒノキには何やら「黄色い液体のようなモノ」が流れているのに気付く。これが「ヤニ」というヤツなのだろうか?スギカミキリの仕業(エサは針葉樹)なのかもしれないと、辺りと探索して見ると・・・

DSCN2809.JPG ややっ!!大きく捲れた樹皮が!!中を覗いてみた所・・・

DSCN2813.JPGイヤァアァァァァァァァ!!!!Σ(°Д°;)

 イヤァァァアアァァァァァァァァアァァァァァァ!!!!(°Д。;)

 でっ出た!!これがスギカミキリ!!調べた通りに見つかると気持ちがいいモノですが、これは格別!!岡上にも「スギカミキリ」がいました~!!(≧∀≦)ノシ

 この容器だと分かりにくいので自宅で撮影したモノ・・・↓
DSCN2817.JPG改めまして、こちらが「スギカミキリ」です。針葉樹に寄生します。材木を扱う所では「害虫」扱いされます。針葉樹に寄生するのに、見られる時期が桜の開花時期の間のみという不可思議なカミキリです。

 2012年初カミキリ!!岡上では約38種類ほど確認出来ました!!採集目標の50種まで行けるのか!?

 見つけた時の時間は1時過ぎ・・・マッハで家路につきました・・・。

投稿者 yoshinobori : 21:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日(日) 岡上ふれあい祭りに参加!!

活動報告

 今日も朝のエサやり30分~。

現在、齋藤家で飼育してる生き物は・・・
 ・金魚(デメキン×2、リュウキン×2、ワキン×2)

 ・淡水魚(ギンブナ×2、アブラハヤ×3、ドジョウ×8、シマドジョウ×6、ヒドジョウ×2、トウヨシノボリ×2、ヌマチチブ×1、ギバチ×1)

 ・クロベンケイガニ×1

 ・昆虫(コクワガタ×7、オオクワガタ×2、スギカミキリ×1)

 ・カミキリの幼虫(種類不明)×1、コクワガタの幼虫×2
 
 ・ビオトープ(メダカ×8、ドジョウ×5)

 ・・・です。

 齋藤(兄)です。
今日、和光大学の地元である「岡上」で「岡上ふれあいまつり」が開催されました!!私も遊びに行きました!!

 DSCN2828.JPG 私が来た時には会場は大盛り上がり!!フリーマーケットやうどん、焼きそばなど出店もあれば歌も流れてまさしくお祭り騒ぎ!!和光大学・かわ道楽もブースを展開して活躍しているので合いに行くことに・・・
 DSCN2823.JPG 「和光大学気仙沼大島支援プロジェクト」の皆さんによる「椿カレー」の販売!!私も食べましたが、とても食べやすく、大変美味しい(´∀`)お世辞などではない!!
 因みに仁王立ちして子供に笑顔を振りまいているのは弟です。弟もこのプロジェクトのメンバーなのです!!

 DSCN2835.JPG こちらでは「鶴見川水族館」と「ホトケドジョウについての紙芝居」をしておりました!!私がいた頃よりもパワーアップしていると思いました!!(^-^)
 DSCN2831.JPG お祭りが終わりに近づいた頃。他にも和光大学のOBが遊びに来ていたのですが、なんと最近「カメラ」に目覚めた模様・・・。久しぶりに岡上を歩いて何か撮りたい!!ということでしばらく岡上を歩いて回りました(^-^)今日は実に充実した1日でした!!

投稿者 yoshinobori : 21:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日(金) クワガタケースに異変発生!!

活動報告

 もうパニック状態!!齋藤(兄)です!!

 今!!家に帰宅して、オオクワガタとコクワガタの家をチェックした所、マットの上にこんなモノが!!
 DSCN2726.JPG 真ん中にある黄色くて丸いヤツです。これは卵なのだろうか?大きさは1㎜以上はありそうなので、コクワガタのモノではなさそうです。(・へ・)?

 だとすればオオクワガタなのだろうか・・・?

因みに、このブログを初めて見て下さっている方の為にココで説明させて頂くと、コクワガタは和光大学の地元である岡上で採集した個体なのですが、オオクワガタはペットショップで欠陥がある為に格安で売られていたのを購入したモノなので岡上のオオクワガタではないです・・・。詳しくは少し前の記事をご参照くださいm(_ _)m

 話がそれましたが本題へ・・・。

 しかしまだオオクワガタは飼育を始めて一週間経っていない。それなのにもう産卵してしまうのだろうか?ましてマットの上に直接産んでしまうことがあるのでしょうか?(本来は朽木に産むらしいのです。)

 とりあえずインターネットでオオクワガタの卵の写真を見てみると、やはりこれと同じように見える・・・とすればやはり卵なのか・・・?とりあえず↑の写真のようにプリンカップに幼虫のエサとなる発酵マットを詰めて卵?を入れてしばらく様子を見る事にしました。
(・へ・;)
 もはや卵なのかも定かではないですが、とにかく様子を見る!!これにつきます。現在この卵について調べを進めている最中!!
 
 子供の頃に誕生日にもらったプレゼントの中身が何なのか分からないで開ける時のような、このワクワク感を感じれるのが、生き物飼育のだいご味なのですね!!(°∀°)

 調べによれば卵は約3~4週間くらいで孵るようなので、この記事の続きはその頃にまた更新致します!!ではノシ

 次回は「岡上スギカミキリ捕獲作戦の下見の様子」をお知らせいたします!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 19:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日(木) 予告のお話・・・。

活動報告

 齋藤(弟)だと思った!?残念!!(兄)でした!!

 弟は何やら急に忙しくなってしまったようです。

 さて、ようやく寒い時期も少なくなりました!!ウチの前のウメの花もようやく咲き乱れています(^-^)

 そして今年の開花予想は今月末~4月の頭だそうです。桜の下で団子でも一串やりたいもんです!!

 それまでは待つのみです!!「果報は寝て待て」ですね(^-^)

 しかぁ~し!!(°☐°)クワワッ!!

 寝るのは惜しい!!踊らにゃ損だ!!←(平成〇合戦のアレです。)

 ココで私、皆さまにひとつ久々の企画を予告をしておきたいと思います!!
今回行う企画は何と2つ!!(°∀°)V

 ~①スギカミキリ捕獲作戦!!~
  その名の通り「スギカミキリ」というカミキリムシを和光大学の地元「岡上」で捕まえに行きます!!口で言うのは簡単でもコヤツの捕まえるのは一筋縄ではいきません!!

 まず彼らは名前から察しがつく通り、スギやヒノキなどの「針葉樹」に寄生する種類です。なら針葉樹を探せばうまくいくかというとそうは問屋が下ろしません!!

 厄介なのは主に2つ。最初の1つは「短すぎるシーズン」です。カミキリムシの多くの種類は約2~3ヶ月くらい見かける事が出来ます。ベニカミキリなら4月~6月くらいまで見る事が出来ます。

 ところがスギカミキリは桜の花が見られる時期のみ!!Σ(°Д°;)ガーン!!

 こっこれは短い!!詳しくはまだ分かりませんが、彼らの発生時期は桜の開花とほぼ同じだと言うのです。即ち1番見られるのは満開時。桜が散ると同時にいなくなるというのです。変な虫がいたモノですね!!

 2つ目はあまり外を出歩かないということ!!あまり行動的でないらしく針葉樹の樹皮の裏に隠れているというのです。その為、ただ見て回ったのでは到底彼らに出会うことが出来ません!!

 探し方は彼らの羽脱孔という成虫になったカミキリが外へ出る為にあける穴を探すということから始まります。その穴を見つけたらその近くの樹皮をめくってみる事が探し方のポイントになるらしいのです。

 探し方をリサーチしたし!!岡上中を歩き回って綿密な下見をした我々が今!!「スギカミキリ」に勝負を仕掛ける!!果たして!!スギカミキリをゲットなるのか!!
 現在は「気象庁」の桜開花予想を見ながら計画中です!!


ようやく~②鶴見川で魚捕り再会!!~
 暖かくなり、魚も人も動きやすくなったので鶴見川で魚捕りを行います!!和光大学地域流域共生センターの水族館に魚を搬入する目的も含まれています。
 場所は現在、弟と打ち合わせ中!!果たして何が捕れるのか!?これもまたドキドキの企画です!!

 

投稿者 yoshinobori : 19:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日(水) 素敵なお買いもの+カミキリムシの幼虫をチェックしました!!

活動報告

 今、時間は夜中の1時40分を過ぎたあたり・・・。齋藤家の前では・・・

ハクビシンが何かと戦っている・・・。

(´Д`;)

 ハクビシンというのはイタチのような出で立ちの外来種で農作物なんかを食べまくってしまう困ったさんです。かつて「SARSの原因」と世間を騒がせたこともあります。夜行性で夜中に木の上を歩いている姿を見かけます。目が緑色に光るので見ればすぐに分かります。

 さぁ話を戻しまして、私の家ではかつて野良猫が沢山いたのですが、最近は家の近くに「ハクビシン」が棲みついていたようで、猫たちを追い払っているようなのです。

 毎晩この時間になると「ギィイイィヤアアアァァァアァ!!!!」と悲鳴のような鳴き声で家の前の駐車場で猫かなにかと格闘しているようです。

 この記事を書いている間もあの悲鳴が聞こえる・・・。寝不足にこれはチュライチュライ!!

 長くなりましたが・・・齋藤(兄)です。

 最近弟がよく更新しているようですね~(・へ・)

「明日も更新するから!!」

 とか言ってました!!どんな記事を書くのか乞うご期待ですな!!

 それはともかく、遡る事3月20日の夕方・・・。私は飼育している「カブトムシの幼虫」のマット(エサとなる土のようなモノ)を交換する為、新しいマットを買いに行きつけのペットショップに行きました。
 そこで「オオクワガタのペア」が格安で売られていたので衝動に駆られつつ、30分悩んだ末に買ってしまいました!!
DSCN2707.JPG こちらが買ってしまったオオクワガタ♂
 何故に格安だったかというと、「足がかけている」 「大型個体でない」 「売れ残り」という3拍子が揃っていた為に格安で売られていたのです!!

 人生初のオオクワガタなので、手に乗っけた時はもう手が震えました。大きさは6㎝いかないくらいで我が家のコクワガタたちの倍くらいの大きさです。「大型個体でない」とはいえやはりこれは大きい!!何より重い!!コクワガタ慣れしている私にとってこれは重い!!容器がすぐに用意出来なかったのでコクワガタのケースに同居させてみた所・・・。
 DSCN2708.JPG ドスン!!と音が聞こえそうなくらいドッシリとコクワケースにオオクワがいる・・・。スゴイ光景だ・・・!!
 DSCN2710.JPG 奥さんと2ショット。メスはやはり大きさは違えど他のクワガタのメスと形に大きな違いは無いんですね(^-^)
 ヘラクレスオオカブトのメスを見た時はすごく驚いたもんです!!あれは是非見て頂きたい!!本当にビックリします。

DSCN2711.JPG 奥さんはすぐさま潜ってしまった(左上)。奥さんが潜った事でコクワガタ♂が驚いて出てきたので、オオクワガタ♂と並んで頂いた。デケェー(´~`;)これで小さいというのだから驚きだ!!
 しかもお互いケンカが起きるかと思いきやオオクワガタはコクワガタに興味が無い様子で樹皮の裏に潜っていった。これからよろしくね!!オオクワガタ夫婦!!

 あと2、3ヶ月くらい前に朽木の中で捕まえた「カミキリムシ」の幼虫(種類は不明)の様子を見ました!!捕まえたばかりの頃は大きさは約5㎜!!あれから半年くらいかな?になります。大きくなっているかな?
DSCN2712.JPG おぉ~!!(°∀°)

 写真だと分かりにくいですが確実に大きくなっています。伸び縮みするので確かな大きさは分かりませんが、1㎝以上はあります。倍くらいの大きさに成長していました!!

 うむ!!首尾は上々なのではないだろうか!?しかしこの子は一体何カミキリ何だろう?割り出した朽木も樹皮がボロボロに剥がれていたので何の木に寄生していたのか分からないのです。今思えば周りの木から判断出来たかもしれません・・・。でもまぁ分からなければ飼って調べるしかない!!ということで何カミキリなのかは成虫になるまでのお楽しみです!!
DSCN2719.JPG次会う時までに大きくなっていておくれ~(^-^)ノシ

 さぁて明日は弟が何か記事を書くようなのでお楽しみに!!あとFacebook、pixivから見に来て下さっている方、ありがとうございます!!今後も御ひいきにして頂けたらと思います。m(__)m

 ではノシ
次回の私はまた2、3日以内に参上いたします!!

投稿者 yoshinobori : 01:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日(月) 卒業キジ出てパニック夫婦

活動報告

 「おはぎ」と「ボタモチ」は同じでいいのだろうか?

齋藤(兄)です。

約束の1週間を過ぎてしまう所でした!!危ないトコだったです~(・へ・;)危うく頭からキノコが生えるとこでしたよ!!

 さて本題に入りまして!!遡る事1年程前、忘れもしない3月11日に東北を襲った大地震。あの地震で私の代、2011年度に卒業した和光大学の学生は「卒業式」がありませんでした。和光大学のみならず他の学校、大学でも同じことが起こっているというのを聞きました。

 その頃は後輩や先輩方が卒業祝いの宴会を開いて下さったのですが、何と今日、2011年度卒業生含めた卒業祝いのパーティをするというので行かせて頂きました(^-^)

 DSCN2680.JPG 大学へ向かう途中で遭遇。「カワセミ」です。和光に入学して初めて近所にこのような鳥がいたと知った時は感動したモノです。今はこの鳥がいつでも見られている事に感動するばかりです(^-^)

 DSCN2686.JPG 卒業パーティの様子。この日は懐かしい同期に出会えたし、後輩、先生交えて沢山話せたので楽しい時間を過ごせました(^-^)生き物とばかり触れ合っていると人との関わりがすごく恋しくなります(^-^;)私だけかなぁ・・・?

 しばらくしてサークルのメンバーだけで飲み会を開き、ワイワイやった後少しだけ和光大学の地元である岡上を弟と探索しました。今年は弟も昆虫採集に参加するので虫捕りポイントの伝授と今年のターゲットである「スギカミキリ」が見られそうな木の下見をしました。

 あらかた歩き回ってさぁ帰ろうかと思った矢先・・・事件は起きた・・・。

DSCN2688.JPG 畑の奥の方に何かいる・・・。はじめは丸まって見えたので「猫か何かか?」と思ったのですが、次の瞬間それは突然動き出して・・・
 DSCN26872.JPGウェエエェェエエェェエェェェェエエェェェェエエエエェェエエェェエエェェェエエイ!!!!!!!!!!!(0w0;)

 キジだよKIJI!!\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

 もう弟とパニック状態!!岡上で「ケーン!!ケーン!!」と鳴き声はよく聞いていたのですが、ココまでハッキリと姿を見るのは初めてでした!!

 落ち着いて膝を若干震わせながらカメラを向けますが、遥か遠くいたにも関わらずキジは完全にこちらに気づいている様子で、警戒してかすぐさま山へ帰って行きました・・・。
 DSCN2689.JPG これが「国鳥」か・・・。実際に見てみると鬼退治に抜擢されるだけあるスゴイ迫力でした!!・・・遠かったけど・・・。

 無事に大学へ帰り、しばし友人たちと談笑した後、弟と一旦別れて私1人で家に引き上げる事に、そして「恩廻し公園」に差し掛かった時に最近会っていない「カイツブリ夫婦」が気になり、様子を見に行きました。
SANY0020.JPG 2~3年くらい前からココ「恩廻し公園」にいつも↑の写真のように1羽でポツンと寂しそうにしていたのですが・・・
DSCN0642.JPG 今年の1月にめでたく夫婦になっていたのです!!(^-^)写真は夫婦発覚直後の写真。これ見た時は本当に涙が出かかった・・・(ノД`)。°
 話を戻して現在彼らは元気にしているだろうか?

  昨日の雨で流されてはいないだろうか?

   猛禽類とかに食べられていないだろうか?

 などと心配しながらそっといつもいる左岸の草が溜まった所に目をやると・・・
DSCN26982.JPG い~た~よもう!!(´∀`)これ見つけた時はもう・・・

とにかく嬉しかった・・・!!(´∀`)もう!!

 なんて微笑ましい光景だろうと思いましたねぇ!!最初の頃よりも仲よくなっているような気がしました!!最初のポツンと一人ぼっちの頃を見てきているモノとしては自分の事のように嬉しかったです(^-^)

 今後もチョクチョクこの夫婦の事は出来る限り見守って行きたいと思います!!そしてこの記事を見ている方も是非!!足を運んで見て頂ければと思います!!「恩廻し公園調節池」の横を流れる鶴見川の左岸の少し上流の所で彼らは今も草陰で仲よく泳いでいます(^-^)

 ※彼らは非常に警戒心が強いので脅かさないようにしましょう!!(・へ・)

投稿者 yoshinobori : 22:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日(月) やすこ、目覚める~!

活動報告

 どもです。齋藤(弟)です。

 昨日、センターの水槽を掃除しているとスッポンの「やすこ」が冬眠から目を覚ましていました!
( p Д‐)。o0 フアー

Image371.jpg

 おはようございます。
( _ _)

 スッポンを飼育したことがない私としては初めての越冬だったので「室内で冬眠するのかな?」「何も食べないけど平気かな?」と不安な毎日でした。無事に冬を越せたようでなによりです。
(; ̄3 ̄) フー

 やすこが目覚めて、冬鳥が姿を消してきて... 生き物を通じて春を感じております。ただ、まだまだ寒い日が続きますね。風邪、花粉症には十分お気をつけ下さい。
 もうすぐ春ですか...。新年度もよろしくお願いします。
(つuωu)つ ドウゾドウゾ

Image372.jpg

投稿者 kamatsuka : 00:38 | コメント (0) | トラックバック (0)