活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2012年5月30日(水) クワガタのシーズンです。

活動報告

 現在、面白い事をやっている齋藤(兄)です。


 昨日になります。和光大学1年の後輩が何と「クワガタ」がお好きとの事だったので
和光大学の地元、岡上でもたくさんの昆虫が見つかると教えた所・・・


 是非捕まえてみたいです!!(°∀°)

 の一言!!そろそろ「コクワガタ」や早ければ「カブトムシ」も動き出すので
下見次いでに後輩に岡上の案内をしながら、昆虫採集に挑みました!!

 しかしこの日の予報は雨!!クヌギの樹液を1本だけ覗いて
早々に引き揚げました。

 場所は岡上!!

いざぁ!!

 aDSCN5013.JPG 道中に「ナナフシモドキ」の子供に遭遇!!「ナナフシ」は別名で
本名は「ナナフシモドキ」と言います。

 「ナナフシ(七節)」は「枝」のこと。即ち「枝っぽい虫」で
「ナナフシモドキ」です。迂闊に触ると※自切(じせつ)して足を無くしてしまうので
触る時は腕に直接乗せるようにしましょう(^-^)

 子供ながら、腕を畳んで枝のマネをして見せますが、いかんせん場所が場所なので
バレバレです(^-^;)もう少し頑張りましょう!!(°∀°)

DSCN4970.JPG
 風が強くなったので早めに樹液が出ているクヌギを覗くと
チョウやケシキスイの仲間が何匹か来ているものの、クワガタやカブトの姿は
見えず・・・。今年はまだ早かったのだろうか・・・?

aDSCN4972.jpg あ!(°☐°)

 これってクワガタでは!?クワガタでは!?(°∀°)はは~ん?

 早速、ピンセットでコヤツを傷つけないように慎重に取り出しますが相手は
中々に手ごわい!!


格闘すること5分!! (´・ω・`)意外に短い・・・。

aDSCN5014.JPG ん~!!ナイスでーす!!(°∀°)

 出てきたのは「コクワガタ」でした!!3㎝もない小さい個体ですが、後輩と
「2012年初クワガタだ!!(°∀°)」と大いに盛り上がりました!!

このコクワガタは5分で取り出せましたが
「オオクワガタ」や「ヒラタクワガタ」になると
何時間も掛る事もあるんだとか!!(´Д`;)恐ろしい事です。

 これから6月!!クワガタやカブトはもちろん!!色んな生き物たちが
山、川、海で大いに賑わいます!!

 今年の夏はどんな出会いがあるのか!!楽しみでなりません!!


 次回は新企画!!「知ってどうする!?」のコーナー!!

※自切(じせつ)・・・ザリガニなどが良くやる行動。
ピンチになると自ら自分の足などを切り離して逃げようとする行動。

投稿者 yoshinobori : 21:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日(日) 何ということか!?

活動報告

 好きな食事は「油そば」!!

齋藤(兄)です。

 何と前回の記事で今まで書いた記事が「300件」に突入してました!!

 (´∀`)ノシ やっちゃったZE!?

 長かったような...あっという間だったような...。
ここまで続けられたのも他でもない皆さまの応援があったからこそでございます!!
 
 どうか今後とも当ブログを御ひいきにして頂ければ
この上ない喜びと同時に感激の極みでございます。m(_ _)m

 それでは!!「300件突破企画!!」と致しまして...

 誕生日に頂いた「トレッキングシューズ」を自分の足に慣らすべく
和光大学周辺を歩いてみる事にしました!!
その時に出会えた生き物を紹介します!!

 それでは慣れぬ靴でのぎこちないスタートで・・・

いざぁ!!(°∀°)

 季節は間もなく6月!!この時期になると昆虫はもちろんのこと、鳥や魚などが
大きく動き始めます!!

 aDSCN4964.jpg まずはじめに現れたのは日本一大きなサギの仲間「アオサギ」です。全身が灰色っぽいので
この子はまだ「若鳥」です。


 毎年、夏に近づくと若いアオサギがこのように川の中でじーっとしているか、慣れない狩りの真っ最中!!なんて光景をよく目にします。

 巣立ったばかりで歩くのが慣れないのか、よく転んでしまう光景もまた
見かける機会が多いです・・・。私だけ?(^^;)
SANY2920.JPG 過去の写真。河底の段差を踏み外し、思い切り転んで川へ落ちてゆくアオサギの若鳥。
(°∀°)ミラクルショット!!

DSCN4943.JPG 早渕川で撮影。こちらは少し大人のアオサギです。
目の上に黒い眉毛模様があるのが分かります。

aDSCN4983.jpg カエルも冬眠から覚めてきたようです(^^)

 このカエルは「トウキョウダルマガエル」と言います。かつて「トノサマガエル」と呼ばれていたカエルで、最近になって「西日本」と「東日本」で別種扱いされることになったのです。

 西が「トノサマガエル」、東が「トウキョウダルマガエル」になります。大まかですが・・・。

 和光にいた頃は岡上でこのカエルを見たことがありませんでしたねぇ・・・。
一体どこからやってきたのやら?(´Д`;)

 aDSCN4985.jpg オケラちゃーん!!(°∀°)

 この日は何と「オケラ」こと「ケラ」に会えました!!最近の大雨で出てきたんですね!!
雨が降った日に田んぼや池の周りを探していると、水面を忙しく泳ぎまわっている様子を
見ることが出来ます。(^^)

 陸はもちろん空も飛べて水面も泳げてしまう昆虫界の「移動」のエキスパート!!
こんな姿ですが、実は「コオロギ」の親戚。なので夜中に「ジーッ」と鳴きます。

 aDSCN4980.jpg これは「森の掃除屋」と呼ばれる「シデムシ」の仲間。「オオヒラタシデムシ」かな?

 動物の死肉を好んで食べます。森で動物の死骸を見かけにくいのは彼らが死骸をキレイに食べてくれているからなのです。(^^)

 写真の子も「何か」を食べている最中・・・。(´Д`;)ウヒー

DSCN5006.JPG 最後は「アサザ」の花!!これは2年ほど前に「麻生川合流点」で根と茎を残した状態で川に流されていた所を保護して自宅で飼育してるメダカのトロ箱に植えたものです。

 最初はどうなるかと思いましたが、今では立派な花を咲かせてくれています(^^)
しかしこの花もこの日限りで夜には萎れてしまいます。そうして新しい蕾が別の所から生えてきます!!「月下美人」ならぬ「日下美人」という訳です。ドヤァ!!(°∀°)

 
 

投稿者 yoshinobori : 23:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日(金) 日本一関わりたくない生き物。

活動報告

 80過ぎの祖父がこの前放った一言。


祖父:「最近老けたと感じるのはねぇ・・・(・谷・)」

 この後の話が耳に入らないくらい驚いた!!(°ω°;)

 さすがだぜ!!じぃちゃん!!(°∀°)

齋藤(兄)です。

 私を「自然」の世界に導いて下さった素晴らしいおじい様なのです。

 (°∀°)どやぁ!!

 さて、今回は「麻生川合流点」で魚捕りをしてきました!!(°∀°)いざぁ!!

 今回の魚捕りでは「ナマズ」をターゲットに魚捕りに挑みますが・・・

 ナマズはおろか、ヨシノボリの1匹も捕れない!!
しばらく昆虫に力を入れてしまって鈍った?(°ω°;)マサカ?

 ヤバい!!これは非常にYABAI!! シャキーン!!

このままでは※坊主だ!!と焦った所に救世主!!

DSCN4926.JPG ん~!!ナイスで~す!!(°∀°)

 大きな、非常に大~きな「モクズガニ」です!!ドヤァ!!
主に中流~下流で多く見かける彼らですが、上流部にまで昇ってきます。
時には源流域にまで姿を現すそうです。

 モクズガニが川の流れに逆らいながら源流まで昇った場合で
鶴見川の長さが「東京湾」~「小山田」間で42.5km!!
 このカニも相当な長旅をされたのですね!!(^-^)
このカニは大学の水族館で展示される予定・・・。

ナマズは捕れませんでしたが・・・成果は上場だろう!!

 一回休憩入れてもう一回ナマズに挑もうか?と思った矢先・・・。
麻生川の上流の方から何やら「ヒモ?」が流れてくるのが見える。
それは「ヘビ」だと遠目でもシルエットですぐに分かった。


 伊達に人並み以上、川に入っていませんよ?(´∀`)ハハァ~ン?

この辺りで見かけるヘビは「アオダイショウ」!!
先日もアオダイショウが川を泳いでいるのも確認済み!!

 しかし、「ちっちゃい」蛇だなぁ~子供かな?
弱っているのか動きが鈍い。
 私は足で「通せんぼ」して引っ掛けて見てみると・・・

イメージ図↓
mmaus.jpg 上手い絵ではありませんがお分かりですか?

マムシです。(´∀`)

 
 「マムシだ!!Σ(°Д°;)」

・・・と頭で理解する前に既に本能で体が先に動いていました!!
(本当にこういうことがあるんだと後に驚いた。)

引っかけた足を退けて川の中で猛ダッシュで逃げる。

 「水上走」なるスポーツがあれば間違いなく歴史の残る記録だったに違いない。

マムシもコチラに驚いたか、泳いでコンクリの壁に張り付く↓
DSCN4924.JPG コチラが問題の「マムシ」。日本の「毒蛇」の代名詞ともいえるヘビですね!!
 アオダイショウの※幼蛇も、この模様に似ているらしいのです。
マムシに擬態しているつもりなら、この蛇が自然も認める危険な生き物ということを
物語っているのではないでしょうか!?

 なんだかんだで実物を見るのは人生初!!「これは記事にせねば!!」
という思いで膝をガクガクさせながら撮った1枚でした!!

この写真を「Facebook」で投稿した所・・・

 何と東京都では「絶滅危惧種」になっているというのです!!
非常に危険で貴重な出会いだったんですねぇ~・・・。(^-^;)

 もう魚捕りする気力がマムシに全部持ってかれたので、この日は魚捕り初めて以来
すぐに魚捕り終えて引き上げました・・・。

 ※坊主・・・釣り用語。1匹も釣れないこと
 ※幼蛇・・・「ようだ」と読む。蛇の子供。

投稿者 yoshinobori : 18:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日(木) 昨日の今日!!

活動報告

 遅れましたが、昨日は私の誕生日でした(^-^;)
多くの方々から、お祝いのお言葉を頂きました!!
改めまして、この場をお借りしてお礼申し上げます!!m(_ _)m

 ありがとうございます!!(^-^)ノシ

 今日は暑かったですね~・・・。もう夏はすぐそこで足踏みしているようです。
しかも台風が近づいているんですか!?これが過ぎたら
きっと本格的に「夏」になるのでしょうね(^-^)

 昆虫を追いかける方!

  魚を追いかける方!!

   鳥を追いかける方!!!

    植物を追いかける方!!!!

     空を追いかける方!!!!!

装備は万端ですか?(・∀・)+キラーン


 今日は予告通り、「飼育日記」です。自宅で飼育している生き物を
少しだけ紹介したいと思います。(^-^)

 さっそく前回、紹介した「カミキリの幼虫」に変化が現れました!!
前回の記事を覗いてから、この続きを見ると良いかもしれません!!

 準備OK!!な方は・・・いざぁ!!
aDSCN4941.JPG きっちり蛹になっていました!!(°∀°)ドヤァ!!
 「飼育日記やります!!」と予告した途端これですからなぇ・・・。
恐るべき空気の読み!!(・谷・)歪みないね!!
aDSCN4940.JPG 横になった蛹。カミキリムシの蛹を見るのは人生初です!!

蛹の状態では特有の長~い触角はこのようにプールで使われていないホースのように
丸まっているんですねぇ・・・。

 蛹の段階でも何のカミキリかは分かりませんねぇ・・・。
パッと見ですが「〇〇ゴマフカミキリ」とかかなぁ・・・?

 この子の蛹の期間が分かりませんが、コクワガタと同じくらいなら約1カ月...。
そうだとすると...


 今度は弟の誕生日!?Σ( ̄☐ ̄;)
                          6月23日

投稿者 yoshinobori : 18:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日(火) カミキリムシの幼虫に異変が・・・!!

活動報告

 2~3日くらいにと言っておいて次の日に参上してしまいました!!(°∀°)ドヤァ!!

齋藤(兄)でございます!!

 突然ですが、オオクワガタが☆になりました・・・。標本作成中・・・
(´・ω・`)ションボリ・・・

 朝起きたら動かなくなっていました・・・落ち込みましたよ~(°ω°;)
「欠陥品」という扱いでしたが人生初めてのオオクワガタでした!!
オオクワ飼育の「貴重な体験」と「卵」をありがとう!!(°∀°)
aDSCN4909.JPGオオクワガタの標本作製中。
この子は生涯において最高のオオクワガタです!!(°∀°)これは歪みねぇ!!


 さて本日・・・というよりはココ数日にかけて我が家で飼育中の
「カミキリムシ」の幼虫の様子が変なのです!!(°Д°)ナンデストー!!

 どのように変かと言うと・・・
aDSCN4918.JPG 見にくい写真ですが、1週間くらい前だろうか?容器の蓋の方に出てきてしまい
普段よりも「太く短く」なってしまったのです。(・・;)何だこれは?

 しかもコチラが容器に触ると、「C」の時になって暴れるのだ!!
今までコンナ動きは見せたことが無い!!(・ω・)

 「ダニ」でもついたか?とも思ったのですが、そういう様子でもない・・・。

ハッ!!Σ(°Д°;)


これは!?(°Д°;)


もしや!!?(°Д。;)


 「前蛹(ぜんよう)」ではないか!?(°∀°)
「前蛹」というのは、幼虫が蛹になる一個手前の状態を指します。
う~ん・・・短距離走で言う所の「クラウチング」の状態でしょうか?
「もう蛹になれるぞ!!」という状態です。

 分かりにくい例えでしたら申し訳ございません・・・m(_ _;)m

 もしかしたらこの子は弱っているコトが無い限りは・・・

蛹になるかもしれません!!(°∀°)

 何分、朽木を割ったら出てきた幼虫なので、「何カミキリ」なのか
全く分かりません!!(・谷・)

 分かる人は幼虫の段階でも区別出来るそうですが
私の目はそこまでには至っていません・・・。

 なのでココはコヤツを見守り、成虫の姿を拝んで見せようではないか!!

次回は検討中ですが、「飼育日記」をする予定です!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 18:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日(月) 鶴見川の生き物に出会う。

活動報告

 現在、「ホソコバネカミキリ」を飼育中です!!

  まだ細かい同定はまだです!!


   齋藤(兄)です!!

 昨日、弟のお誘いで鶴見川の上流部で魚を捕りに行きました!!
久々の魚捕りなので、どんな生き物に出会えるか楽しみです!!

 それでは・・・いざぁ!!

 場所は弟が最近通ってる場所で「アブラハヤ」を狙うとハシャイでいたのですが・・・
 DSCN4852.JPGのサムネール画像 工事でもあったのか、キレイになっており、アブラハヤが隠れているポイントまでが
なくなっていた!!

 弟はすっかりモチベーションを下げてしまったが
とりあえず何がいるか調べてみる事に!!

ココまで来るの結構時間喰うからね!!(`・∀・´)

 DSCN4853.JPG まず現れたのは、「カワトンボ」かな?沢山飛んでいました(^-^)

 オレンジ色の羽根をヒラヒラさせながら川の周りを飛ぶ姿はキレイでした!!
aDSCN4857.JPG 川の中では「メダカ」を確認!!コイに続く「キング・オブ・淡水魚」ですね!!
自宅の人工池にいるメダカも今日も元気です!!
aDSCN4861.JPG この枝キレのような虫は「ハグロトンボ」のヤゴですね!!
先ほど紹介した「カワトンボ」の仲間で彼らは子供の頃
このようなヒョロっとした姿のヤゴになっています。
 SANY6157.JPG コチラが去年撮影した「ハグロトンボ」の成虫。名前通り羽根が真っ黒です。

 このトンボはキレイな水でなければ暮らせないので
鶴見川はキレイな川であるコトが伺えますね(^-^)

 このトンボは夏の時期に川の周りをチョウのようにヒラヒラ飛びます。
aDSCN4863.JPG 先ほどのヤゴとは違いガッシリとしたいかにも「ヤゴっぽい」ヤゴですね(^-^)
触ると死んだふりをするので「ミルンヤンマ」のヤゴと思われます。
カッコイイですね!!まだ成虫は見たことないです。(・へ・)
aDSCN4864.JPG死んだふり~(・∀・)♪
aDSCN4867.JPG こっこれは!?(°Д°;)

 「クロスジヘビトンボ」の幼虫!?人生で2回しか見たことないです!!
まさかココで出会うとは!?「トンボ」とありますが
トンボの仲間ではありません。成虫はこんな格好してます↓
DSCN4741.JPG 写真だと分かりにくいですが・・・

 怖い!!! ((´Д`;))ガクガク

「風〇谷」にいそうな姿をしています!! (・ω・)蟲笛を持ってこい!!

 10㎝くらいある大~きな虫で威圧感が尋常でないのです!!

幼虫は非常に凶暴で迂闊に触ると大あごで噛みつきます!!

aDSCN4869.JPG 「サワガニ」も見られました!!まだ子供です。(^-^)
aDSCN4873.JPG まだ小さいですが、「コヤマトンボ」のヤゴかな?と思います。
クモのような姿をしているので先ずヤゴと思われません。

「エヴ〇ンゲリオン」にこんな感じの敵がいましたね(^-^)

aDSCN4879.JPG 今度は「ホトケドジョウ」ですね!!ドジョウにしてはずんぐりした体形で
どちらか言うとメダカやフナのような姿をしています。

 その姿から、「お地蔵さんが魚に化けた」という言い伝えがあり
「ホトケドジョウ」という名前になったそうです。
※名前の由来は他にも諸説あります。

 aDSCN4880.JPG 一生を淡水で過ごすハゼの仲間。「カワヨシノボリ」です。
この魚は1年中。石の下などで沢山捕れる為
鶴見川上流部の魚捕りにおける入門種ですね!!簡単かつ沢山捕れます!!
aDSCN4882.JPG コチラが普通の「ドジョウ」。他の種類のドジョウと区別するのに
「マドジョウ」とも呼ばれています。

 DSCN4870.JPG デデデ・・・デカァーイΣ(°Д°;)!!!!

 この子は「カマツカ」というコイの仲間!!15㎝くらいはあるでしょうか?
大型になると20㎝になるのでこの子は大きい方でしょう!!

 「鎌の柄の部分」に似ているのでこの名がついたとされていますが・・・

そう見えるかなぁ・・・。(・ω・;)

 少なくとも当時の人にはそう見えたんでしょうか?

因みに「カマツカ」という木も存在します(^-^)

DSCN4874.JPG 最後はコチラ!!「シマドジョウ」です!!
鶴見川には3種類のドジョウが生息しているので
何と今回でドジョウ3種コンプリートしてしまいました!!

 \(゜∀\)(/∀゜)/ ヤンヤ!!ヤンヤ!!

 シマドジョウは川の上流部の水がキレイな場所を好みます。
そして白地に黒いキレイな模様をしていることから
「ゴマドジョウ」とか「シミズドジョウ」など様々な呼ばれ方をしています。
体の縞模様も産地によって異なり、しかも関東と関西で大きさも異なる
不思議なドジョウです。関東では小型、関西では大型になります。

 いやぁ~楽しかった!!(°∀°)やはり川の中には

 「面白い」のオンパレードです!!

 暑くなって来たら是非!!川の自然を堪能しましょう!!

でもケガや事故に出食わさないように気をつけましょう!!
コレ大事!!(°∀°)

 次回は・・・再び2~3日を目安に参上したいと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 12:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日(月) 緊急速報!! 金環日食の日に・・・。

活動報告

 どうもこんにちわ!!齋藤(兄)です!!

 えぇ~皆さん!!見れましたか?「金環日食」。(°∀°)
私は残念ながら見る事が出来ませんでした!!

悔やまれる!!非常に悔やまれますよ!!(°皿°;)

 昨日、早めに起きておこうと6時半に目覚ましをセットして
今朝、目覚ましは時間通りに鳴り、私も起きる事が出来たのですが・・・

誰だよ...こんな時間にセットしたの...(´Д`)

 言ってまた寝てしまったのです!!完全に忘れていました!!Σ(°Д°;)
目覚まし時計が目まぐるしい活躍をしてくれたというのに何たる不覚!!

 傷も癒えぬまま、いつも通り生き物たちにエサを与えたり健康チェックも終えて
さぁブログ更新だ!!と思った時にふと思い出したのです。

蛹どうしてるかな?(・へ・)

 蛹というのはこのブログでも紹介した「コクワガタ」の蛹です。
ウチで産卵させてようやく蛹にこぎつけました。

 予想では私の誕生日である5月23日に羽化する予定だったのですが
そろそろかな?と思い少し様子を見る事に
DSCN4888.JPG あれ!!?Σ(°Д°)

 蛹の姿がない!?いや!!見えない!!これはロシア!?(もしや!?)
慎重にビンの中をマイナスドライバーでせっせと掘って行くと・・・
DSCN4890.JPG Congratulation(°∀°)!!!!

 やったー!!(°∀°)ノシ 無事に羽化してくれました!!
齋藤家初の※ブリード個体!!長かった...!!本当に長かった!!!

 DSCN4894.JPG 改めましてコチラが今回、羽化したコクワガタのメス。
予想通り大きさはピッタリ3㎝!!メスとしては中々なサイズでしょう!!
しばらくは単独で飼育して落ち着いてきたらコクワケースに入れようかな?
と検討中。

 羽化したばかりなのに取り出すなり
いきなり噛みついてくるわんぱく娘です(^-^)

あと羽化したのはこの子だけではありません!!
DSCN4417.JPG
DSCN4464.JPG
DSCN4537.JPG まだ名前は同定出来ていませんが、以前赤枯れした朽木から割り出した小さな幼虫が
羽化しました!!2㎜くらいで「ハムシ」の仲間かな?と踏んでいますが
未だに正体は不明・・・。

※ブリード個体・・・野生で捕まえた個体でなく、飼育下で手に入れた個体のこと。

 次は川の生き物を紹介!!ではぁ!!

投稿者 yoshinobori : 11:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日(日) 昆虫採集結果

活動報告

 ルリカミキリを採集した日に先輩と共に出会ったカミキリを紹介!!
aDSCN4786.JPG 中国原産のカミキリムシ「ラミーカミキリ」です。この時期に「カラムシ」という植物に集まります。
胸の模様が「ガチ〇ピン」に似ているということでテレビに出たことがあるんですよ!!
知ってましたか?

aDSCN4790.JPG 私が愛してやまないカミキリ!!「ベニカミキリ」!!
竹林の近くのヒメジョオン?に停まっていました。
写真はつがい。

aDSCN4818.JPG これは初めて見つけました!!同定の結果「ツマグロハナカミキリ」!!
寄生植物はクヌギやコナラ。ヤナギ類など様々。
 はじめ見た時は「ジョウカイボン」かと思って危うく見逃す所だったのです!!

危ない所だったです!!(°Д°;)

DSCN4887.JPG 標本ですが、コチラが「ジョウカイボン」。パッと見では先ず気付きにくいです!!

写真はまだまだ尽きませぬ!!次回は弟と久々に魚捕りに行ってきました!!
現在写真を整理中!!
 

投稿者 yoshinobori : 21:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日(土) 夜〇け前より瑠璃色なカミキリ

活動報告

 さぁ!!写真が溜まりに溜まっているので本日2回目の更新ですよ!!

 齋藤(兄)でございます!!

 実は先日、私をカミキリムシの世界に引き込んだ※「カミキリ屋」の先輩と共に鶴見川の上流部の方で虫捕りに行ってきました~!!(≧∀≦)ノシ

しかし、先輩が最寄り駅で足止めを受けている為に待ち合わせより
遅れてしまうというので、その隙に行く予定のルートから
少し離れた所で「あるカミキリ」を探してみるコトに!!

 今の時期、八百万のカミキリ、強いては他の昆虫たちも大いに賑わっているので期待が大きい!!それでは参ります!!

 いざぁっ!!(°∀°)
DSCN4684.JPGレッドロビン↑
 皆さまは「レッドロビン」という木をご存じでしょうか?「セイヨウベニカナモチ」とも
呼ばれていて主にマンションや一軒家の垣根などに植えられている植物です。
恐らく見たことがある方は多いと思います。

 実はこの植物に寄生するカミキリムシがいるのです!!
名前を「ルリカミキリ」。名前の通り瑠璃色に輝くキレイなカミキリで
聞いた所では「大変に愛らしいカミキリ」だと言うのです!!
珍しい種類では無いのですが、神奈川では見つけにくい種類だという・・・
これは是非拝まねば!!(°∀°)

 カミキリ探しの基本は2つ!!寄生植物と食跡(しょっこん)を探すこと!!
カミキリは種類が多いので必ずしもこの探し方が正解とは限りませんが
少なくとも「ルリカミキリ」を探す時はこれに尽きます!!(^-^)

 まず寄生植物を探す!!これが無ければ話になりませんが、今回訪れた場所には
レッドロビンは探すまでもなく道路沿いや家の垣根など
たっくさん植えられていたので、これはクリアー(^-^)

 問題は2つ目。食跡を探す!!ルリカミキリは葉っぱを食べるタイプなので
葉っぱの真ん中の芯の部分がなくなった葉っぱがあれば、食べた跡になるので
高確率で近くにいる事になります(・へ・)

 早速探索に入りますが、10分を経過してもルリカミキリ所か
食跡も見つからない・・・。

 やはり神奈川ではあまりいないのだなぁ・・・

aDSCN4783.JPG !!!(・へ・;)!!!

 これは食跡!?近くにいるのか?近くにいるのか!?一気に緊張が走る・・・!!
5分程辺りを探すと何処からか小さな虫が飛んできて・・・
aDSCN4782.JPG Σ(°Д°;)


 齋藤(兄)が落ち着くまでしばらくお待ちください・・・


いっいた!!いました!!これが・・・

ルリカミキリだ!!(°∀°)
aDSCN4802.JPG 「キラキラした折り紙」の青のような色で写真では分かりにくいですが
太陽の光にギラギラ反射して、これはキレイ!!(°∀°)

 そして愛らしいのはこの子の顔!!
aDSCN4779.JPG 今まで見てきたカミキリの中でダントツにつぶらな瞳!!
 見たことある顔だなーと思ったら「ぼ〇ぼの」に似ている気がしませんか?
「い〇らし〇きお」さんにカミキリムシを描かせたら・・・
こんな感じになるんでしょうかね?(・へ・)

 今日はもっと更新したかったのですが写真の整理がつかず、記事作成中にフリーズしたり記事が飛んだりしてしまい思った以上に更新出来なかったので今日はこのくらいで!!明日また更新します!!ではノシ

※「カミキリ屋」・・・虫捕りの間でたまに聞く言葉。主にカミキリムシを専門に昆虫採集する人。クワガタならクワガタ屋など、お店のコトではない。

投稿者 yoshinobori : 18:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日(土) 切手になったカメムシ

活動報告

 約4日ぶりの更新になります齋藤(兄)です!!

 今、外では「日食(にっしょく)」が騒がれていますね(^-^)
何でも25年?ぶりなんだとか!?これは是非拝んでみたいもんですな!!(°∀°)

 話が急展開しますが、この4日間。色々なコトがありました~・・・。
皆さまにお伝えしたいことが2万とあります!!
3万まで行くと自信がありませんが・・・。

 色んな生き物に出会えました!!余りに数が多いので
ゆっくり紹介していきたいと思います!!

 今日、紹介するのはタイトルにもございます・・・

 切手になったカメムシ(°∀°)!!

これに和光大学の地元「岡上」で再び出会うことが出来ました!!

 カメムシと言いますと洗濯物について匂いがついてしまう!!とか
散歩中に服についてしまい大事なデートが台無しに!!
な~んてコト多いかと思われます。

 あまり良い印象を受けにくい・・・
むしろ悪い印象をお持ちの方が多いでしょう!!

 しかし!!今回紹介するカメムシは切手になる程の
美しいカメムシ
なのです!!

それでは!!ご覧頂きましょう!!写真はコチラ!!

aDSCN4776.JPG なっ何じゃこりゃ!!(°Д°;)

 初めて見た「あなた」の言葉を代弁してみましたよ!!
どやぁ!!(°∀°)

 これは「アカスジキンカメムシの幼生(ようせい)」即ち「子供」の時期。
大きさを見るに※終令(しゅうれい)で、次の脱皮で成虫になります。

 私としてはパンダのような模様で「可愛い」という印象ですね!!
この模様は「鳥の糞」に擬態している為なんだそうです。(°へ°)

 今、この2匹を飼育中で飼育方法は簡単です!!
DSCN4761.JPG 容器は普通の飼育ケースでOK!!写真は100均のCDケースを代用。
エサは「植物の汁」でフジを好みます。
 以前紹介した「キクスイカミキリ」と同じやり方で
水差ししたフジの葉を入れておくだけで大丈夫です!!
たまに霧吹きで湿度管理したり枯れたフジの葉を交換するのも
キクスイカミキリと同じです。(^-^)

 最近の彼らはこんな感じ↓
aDSCN4768.JPG この「パッ〇ンチョ」みたいな丸い体系が災いしたか
コロコロ転がってしまうも植木鉢にしがみついたはいいのですが
この子はこう言いたかったに違いない・・・

 這いあがれない・・・(´Д`;)と!!

 足一本で踏ん張っている状態で、どうにか足をバタバタさせますが
事態は一向に変わらない・・・。

 手詰まりを悟ったか動かなくなってしまったので、ティッシュに停まらせて
(手で触るとクサイ液を出すので注意!!)
葉っぱの上に乗っけたのですが・・・。
aDSCN4770.JPG 今度はティッシュに同じ足を引っ掛けてしまい・・・
降りられない!!Σ(°Д°;)

 天才か!!お前は!!(°∀°)

aDSCN4772.JPG 最終的に坂を転がるおむすびのように
落っこちてしまいました・・・。出直してきたまえ(°∀°)

 この子らの様子を「Youtube」にて動画配信中!!
タイトル:「アカスジキンカメムシの幼生」

URL:http://www.youtube.com/watch?v=ViRiCGkKrDo

牛のようにトックラトックラ歩くのが可愛いです!!

 あと危なく忘れる所でしたが成虫になるとこんな姿になります!!
aP5251274.JPG 写真ですとこのキレイさが伝わりきれないのが惜しくてなりません!!
成虫になるのが楽しみです!!

 では!!ノシ 

※終令(しゅうれい)・・・虫の用語。幼虫の成長ぶりを現す。1令から始まり脱皮して大きくなったら2令、そして成虫になる一歩手前になると終令になります。

投稿者 yoshinobori : 16:44 | コメント (0) | トラックバック (0)