活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

鶴見川の生き物に出会う。

2012年5月21日(月)|活動報告

 現在、「ホソコバネカミキリ」を飼育中です!!

  まだ細かい同定はまだです!!


   齋藤(兄)です!!

 昨日、弟のお誘いで鶴見川の上流部で魚を捕りに行きました!!
久々の魚捕りなので、どんな生き物に出会えるか楽しみです!!

 それでは・・・いざぁ!!

 場所は弟が最近通ってる場所で「アブラハヤ」を狙うとハシャイでいたのですが・・・
 DSCN4852.JPGのサムネール画像 工事でもあったのか、キレイになっており、アブラハヤが隠れているポイントまでが
なくなっていた!!

 弟はすっかりモチベーションを下げてしまったが
とりあえず何がいるか調べてみる事に!!

ココまで来るの結構時間喰うからね!!(`・∀・´)

 DSCN4853.JPG まず現れたのは、「カワトンボ」かな?沢山飛んでいました(^-^)

 オレンジ色の羽根をヒラヒラさせながら川の周りを飛ぶ姿はキレイでした!!
aDSCN4857.JPG 川の中では「メダカ」を確認!!コイに続く「キング・オブ・淡水魚」ですね!!
自宅の人工池にいるメダカも今日も元気です!!
aDSCN4861.JPG この枝キレのような虫は「ハグロトンボ」のヤゴですね!!
先ほど紹介した「カワトンボ」の仲間で彼らは子供の頃
このようなヒョロっとした姿のヤゴになっています。
 SANY6157.JPG コチラが去年撮影した「ハグロトンボ」の成虫。名前通り羽根が真っ黒です。

 このトンボはキレイな水でなければ暮らせないので
鶴見川はキレイな川であるコトが伺えますね(^-^)

 このトンボは夏の時期に川の周りをチョウのようにヒラヒラ飛びます。
aDSCN4863.JPG 先ほどのヤゴとは違いガッシリとしたいかにも「ヤゴっぽい」ヤゴですね(^-^)
触ると死んだふりをするので「ミルンヤンマ」のヤゴと思われます。
カッコイイですね!!まだ成虫は見たことないです。(・へ・)
aDSCN4864.JPG死んだふり~(・∀・)♪
aDSCN4867.JPG こっこれは!?(°Д°;)

 「クロスジヘビトンボ」の幼虫!?人生で2回しか見たことないです!!
まさかココで出会うとは!?「トンボ」とありますが
トンボの仲間ではありません。成虫はこんな格好してます↓
DSCN4741.JPG 写真だと分かりにくいですが・・・

 怖い!!! ((´Д`;))ガクガク

「風〇谷」にいそうな姿をしています!! (・ω・)蟲笛を持ってこい!!

 10㎝くらいある大~きな虫で威圧感が尋常でないのです!!

幼虫は非常に凶暴で迂闊に触ると大あごで噛みつきます!!

aDSCN4869.JPG 「サワガニ」も見られました!!まだ子供です。(^-^)
aDSCN4873.JPG まだ小さいですが、「コヤマトンボ」のヤゴかな?と思います。
クモのような姿をしているので先ずヤゴと思われません。

「エヴ〇ンゲリオン」にこんな感じの敵がいましたね(^-^)

aDSCN4879.JPG 今度は「ホトケドジョウ」ですね!!ドジョウにしてはずんぐりした体形で
どちらか言うとメダカやフナのような姿をしています。

 その姿から、「お地蔵さんが魚に化けた」という言い伝えがあり
「ホトケドジョウ」という名前になったそうです。
※名前の由来は他にも諸説あります。

 aDSCN4880.JPG 一生を淡水で過ごすハゼの仲間。「カワヨシノボリ」です。
この魚は1年中。石の下などで沢山捕れる為
鶴見川上流部の魚捕りにおける入門種ですね!!簡単かつ沢山捕れます!!
aDSCN4882.JPG コチラが普通の「ドジョウ」。他の種類のドジョウと区別するのに
「マドジョウ」とも呼ばれています。

 DSCN4870.JPG デデデ・・・デカァーイΣ(°Д°;)!!!!

 この子は「カマツカ」というコイの仲間!!15㎝くらいはあるでしょうか?
大型になると20㎝になるのでこの子は大きい方でしょう!!

 「鎌の柄の部分」に似ているのでこの名がついたとされていますが・・・

そう見えるかなぁ・・・。(・ω・;)

 少なくとも当時の人にはそう見えたんでしょうか?

因みに「カマツカ」という木も存在します(^-^)

DSCN4874.JPG 最後はコチラ!!「シマドジョウ」です!!
鶴見川には3種類のドジョウが生息しているので
何と今回でドジョウ3種コンプリートしてしまいました!!

 \(゜∀\)(/∀゜)/ ヤンヤ!!ヤンヤ!!

 シマドジョウは川の上流部の水がキレイな場所を好みます。
そして白地に黒いキレイな模様をしていることから
「ゴマドジョウ」とか「シミズドジョウ」など様々な呼ばれ方をしています。
体の縞模様も産地によって異なり、しかも関東と関西で大きさも異なる
不思議なドジョウです。関東では小型、関西では大型になります。

 いやぁ~楽しかった!!(°∀°)やはり川の中には

 「面白い」のオンパレードです!!

 暑くなって来たら是非!!川の自然を堪能しましょう!!

でもケガや事故に出食わさないように気をつけましょう!!
コレ大事!!(°∀°)

 次回は・・・再び2~3日を目安に参上したいと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 12:05
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント