活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

リクエストにお答えいたします。

2012年6月18日(月)|活動報告

 ふひ~(。。;) 色々とゴタゴタしてしまい更新が遅れてしまいました!!
申し訳ございません・・・。

 齋藤(兄)です。

 今日は沢山の出来事が多すぎて1回では紹介しきれない!!
もういち早くお伝えしたいコトが多いです~!!

 しかし!!慌てず1個ずつ紹介していきますの!!


 今回はリクエストにお答えしたいと思います!!
このブログをある方にご紹介した所・・・

 ナナフシの飼い方を教えて下さい!!

 というリクエストを頂きました!!(°∀°)わーお!!

このブログはコメントの方でなく、私に直接お話しが来ることに定評があります!!

(°∀°)歪みないね!!

 早速「ナナフシ」の飼い方を紹介したいと思います!!

それでは・・・・いざぁ!!
SANY5545.JPG↑ナナフシモドキ

 ~ナナフシの飼育法~

用意するモノ

 ・虫ケース・・・虫の大きさに合わせたモノを用意。
 ・キッチンペーパー・・・ケースの下に敷きます。
 ・植物・・・エサになります。これは後に紹介します。
 ・鉢&小瓶・・・植物を植えるのに使います。
 ・ナナフシ・・・これがいなければ話になりません!!

 ナナフシと一口に言っても様々な種類が存在します。
これにより、飼い方が少し異なる場合がありますが
今回は一般的な※「ナナフシモドキ」で紹介します。

 まず、容器は縦にして置きます。エサの植物を置きやすくする為とナナフシは
高い所を好むモノが多い為です。(地面を這う種類もいます。)
 
 縦に置いたケースに糞を回収しやすくするためにキッチンペーパーを敷き
エサとなる植物を入れます。

 エサの好みも種類によっては好き嫌いがありますが
大体の種類は「バラ科」の植物やクヌギ、コナラの葉を食べます。

エサの入れ方は2パターンあります。

1・花屋でバラを購入し植木鉢ごとケースに入れる。
花は食べないので、切ってしまっても大丈夫です。

2・コナラやクヌギの小枝を拾って水差しをする。

 1の場合はバラの面倒を見ればエサの交換をする手間が省けますが
お金が掛ります!!さらにバラの面倒を見る事になります・・・。

 2ではこれの逆で、交換するのに枝をイチイチ拾いに行かなければいけませんが
エサ代はほとんど掛りません。(^-^)

 写真ですと、こんな感じで大丈夫だと思います。写真は水差しの場合です↓
DSCN5723.JPG ケースが汚れていて中が見にくい為
蓋を外した状態です・・・。ごめんなさいm(__)m

 下に置いてるビンにクヌギやコナラの枝を水差しすれば
十分に飼育できると思います。

気になる飼育費(水差しの場合)
 ケース・・・写真のケースは980円
  ビン・・・       100円
 エサ代・・・        0円(但しエサを探す労力はあります。)
 合計 ・・・      約1080円+α

参考URL
 http://www.stickinsect.info/allabout/keeping_inside.htm

※ナナフシモドキ・・・「ナナフシ」は別名。本名は「ナナフシモドキ」と言います。
枝=七節(ななふし)で枝っぽい虫なのが名前の由来。

投稿者 yoshinobori : 23:19
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント