活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

夏に気を付けたい生き物!!

2012年6月30日(土)|活動報告

 これから夏!!少しすれば「夏休み」がやって来ますねぇ!!
皆さんは今年の夏は何処か行かれるでしょうか?

 「海」、「キャンプ」、「登山」、「田舎の親戚の家」など
行かれる方も多い事でしょう!!

 しかし!!(・☐・)

 夏の自然は「楽しい発見」が溢れている半面、「危険なコト」もあります!!
それにより事故に巻き込まれて大けがをしてしまう方も少なくありません!!

 そこで今日の記事の最後は・・・

 「この夏!!気をつけたい!!危険な生き物たち!!」

 ・・・を出来る限り紹介いたします!!

 このブログで、ほんの少しでも危険な生き物を知って頂き
楽しく夏を満喫できる手助けが出来ればと思い、この企画を実行した次第!!

それでは・・・私が過去に出会った危険な生き物を紹介しましょう!!

いざぁ!!(°☐°)

aDSCN5243.JPG これは過去の記事でも紹介しましたが改めてご紹介!!
「カミキリモドキ」です。写真は「アオカミキリモドキ」と言います。

 この虫の体液には「毒」があり、捕まえたり、潰してしまうと体液が出ます。
その体液に肌が触れてしまうと「皮膚炎」を起こしてしまいます。

 雑木林ある所に多く、昼でも活動しますが特に夜、園芸種の花の周りに
沢山集まります。また、灯火にもよく集まるので人家にもやって来ます。

 対処法としましては特に凶暴という訳ではないので、何もしなければ
何の問題もないね!!(°∀°)

 もしもうっかり潰してしまって体液がついてしまった場合は
体液がついた場所を水で洗えば大丈夫ですが、もし症状が出てしまった場合は
抗生物質とステロイド成分が入っている外用薬を塗ります。

 aP1180512.JPG 違う種類ですがコチラも以前に紹介しました「ハネカクシ」です。

 写真は「アオバアリガタハネカクシ」です。コチラも「カミキリモドキ」と同じで
体液に毒があります。体液が肌に触れると「水ぶくれ」が起こります。

 主に湿った場所に多く、田んぼや池の周り、薄暗い林などで見かけます。
灯火にも集まるらしく、人家にも入って来ます。

 対処法は「カミキリモドキ」と同様で触らなければ何もしないし
もし体液がついた場合は水で洗います。もし症状が出てしまった場合は
抗生物質とステロイド成分が入っている外用薬を塗ります。

 aDSCN5249.JPG 危険な生き物の代名詞ですね。「スズメバチ」です。写真は「オオスズメバチ」です。

 ハチは自分を守る為に攻撃をするので
迂闊に近づいたり、ちょっかいを出さないようにします。

  ハチは「動くモノ」に反応するので、もし出会ってしまっても
手で追い払わないようにします!!これによりハチは「攻撃された!!」と思うので
「反撃せねば!!」とコチラを攻撃してきます。

 なので見つけても、その場から居なくなるまでしばらく待ちます。
それでも離れないようなら近くに巣がある可能性があるので
その場からそっと離れます。

 他にも「匂い」に反応します。香水などの匂いはハチにとって
「興奮剤」のようなモノなので、山などに赴く際は香水などの類の使用は控えます。

 あとは甘い飲み物や食べ物も危険です!!
私が小さい頃、「ファン〇グレープ」を飲みながら公園で遊んでいた時のことです。
 ジューズを置いて虫捕りをして、またその飲み物を飲もうとしたら・・・

缶の中に無数の「アシナガバチ」が!!(°Д°;)

 幸い、刺されはしませんでしたが、そういうこともあります!!(経験済み!!)

まとめますと・・・

1・見つけたら何もせずその場を離れる!!
2・甘いモノや香水は山に持ち込まない!!
3・巣がありそうな所には近づかない!!
4・巣にちょっかい出さない!!

aDSCN5656.JPG コチラは「サシガメ」。写真は「ヨコヅナサシガメ」。

 口が「口吻(こうふん)」と呼ばれる鋭い針のようになっており
これで他の虫の体液をエサとする「森の吸血鬼」!!

写真はガを捕まえた所。

 迂闊にさわったり刺激を与えると、この口吻で刺してきます。

最初に言っておく!!

 これは、か~な~り!!痛いです!!(´Д`;)

 釘を打たれたような痛みです・・・。

 この虫は主に樹木の幹や植物にくっついている事が多いです。
見つけたら直接触らないようにします!!

DSCN4924.JPG コチラも危険!!毒蛇の「マムシ」です。

 マムシを含め、蛇の仲間は川や池、山道で見かけます。
特に雨が降ったあとに見かける機会が多い気がします。

 あまり見かけないですが、出会ってしまってもハチと同様で
その場からそっと離れます。ヘビも自分より大きな人がおっかないので
ヘビの方から一目散に逃げますが、ここで追いかけて捕まえようとすると
ヘビは自分を守ろうとするために噛みつきます。

 アオダイショウなど毒のないヘビもいますが、ネズミなどを食べているので
口の中は雑菌だらけ!!噛まれたらそこからばい菌が入り
体調を崩してしまいます!!
aDSCN5728.JPGアオダイショウ

 コチラでもハチと同様!!

 見かけたら何もせずにその場を離れる!!これに尽きます!!

 他にも危険な生き物が多くいます!!山や海に行く際は十分に気をつけて
今年の夏も良い思い出になりますようにお祈り申し上げます!!

  m(_兄_)m m(_弟_)m

投稿者 yoshinobori : 14:05
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント