活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2012年7月30日(月) コメント反映&ハッピーバースデー!!

活動報告

 自動エサやり機が欲しいなぁ・・・。

 齋藤(兄)です。

 ブログ更新は2〜3日以内にするということを目標にしていましたが・・・

油断しました・・・(>_<)

 夏の暑さで更新も体力もバテバテです・・・。皆様は夏バテ対策は大丈夫でしょうか?

 さて!!このブログに久しくコメントが!!
あまりに久しくて驚いた反動で首筋を痛めました!!HAHAHA!!

 それではコメントの方にお応えしたいと思います!!

「2012年7月13日(金) 夏の岡上!!昆虫採集大収穫祭!!」にて・・・

 うーん、とても臨場感あふれる報告。カミキリ・ラヴにはついていけませんが(笑)、これをやるとどの筋肉が筋肉痛になるのかはちょっと興味あります。

 まずはコメントありがとうございます!!
カミキリムシは得意、不得意がハッキリしますからね〜(´ω` ;)
どこの筋肉が筋肉痛になるかという事ですが、岡上は坂がとにかく多いので、
足腰がメインです。そろそろ湿布が恋しい感じです・・・。
 
 「2012年7月25日(水)神田川攻略線!!〜第3夜〜」にて

クワの木にいるのは「イモリ」ではなく「ヤモリ」ですね(笑

 お世話になっておりますm(_ _)m
これに関しては齋藤(兄)最大の失態です・・・!!
言い訳しますと、基本このブログは夜中にコソコソ書いているので
たまに寝ぼけながら書いてしまいます・・・。

 このヤモリの文章を打っている時に、これだけは覚えているのですが
イモリとヤモリは間違えないようにしよう!!と思いながら書いてました・・・。

 すでにあの段階でひっくり返っていたことに気づいてなかったんですね・・・。
大変失礼致しました・・・。修正させて頂きます・・・。


 そして!!×2 (°∀°)

この度!!齋藤家のコクワガタが・・・!!

幼虫が誕生しました〜!!(°∀°)ノシ

「カブトムシの幼虫は見たことあるけど、クワガタの幼虫って見たことない。」

・・・という方もいらっしゃると思います。

 カブトムシとクワガタの幼虫は住んでいる所が違うのです。
カブトムシは腐葉土(ふようど)などに住みますが
クワガタの幼虫の多くは朽木で暮らします。

 その為、クワガタを産卵させようとしたら「朽ちた木」が必要になります。
ペットショップなどで「産卵木」であるクヌギ、コナラを調達して
それを水に半日浸けます。その後、半日陰干ししたら朽木の完成です!!↓aDSCN5998.JPG 出来上がった朽木を飼育マットに半分埋めて、高タンパクなエサと
メスを投入して半月程放置!!すると・・・
aDSCN6238.JPG このようにコナラの朽木がボロボロになります!!
これで産卵できたハズ!!このあと更に1ヶ月放置したら
マイナスドライバーなどで幼虫を傷つけないように慎重に崩していきます!!

 aDSCN7023.JPG そして!!割り出せた幼虫がこちら!!
大きさはBB弾くらいで非常に小さいです。

 取り出した幼虫はプリンカップなどの小さい容器に発酵マットを詰めて
真ん中に幼虫が入りやすいように穴をあけて幼虫を入れればOK!!

5匹くらい出てきた時までは嬉しかったのですが・・・

 最終的に20匹も出てきてさぁ大変!!一本の木に
こんなに出てくるとは・・・!!さすがはコクワガタ!!

 あとは1ヶ月くらい放置して大きくなってきたらビンに移します。
目指すは50mm!!行けるかなぁ・・・。

投稿者 yoshinobori : 11:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日(木) 神田川攻略線!!〜最終夜〜

活動報告

 そろそろコクワガタの幼虫が孵るかなぁ・・・。ドライバー出さなきゃ!!ゴソゴソ

齋藤(兄)です。

 今回で「神田川攻略戦!!」最終回です!!あまり伸ばしすぎると
時期がズレてしまいますのでね!!

 前回は「源流域」である井の頭に到着した!!という所で眠気に勝てずに
一旦終わりました。

 さぁ!!最後の神田川の旅へ!!
DSCN6949.JPG

いざぁ!!

aDSCN6953.JPG これは「コシアキトンボ」ですね!!
お腹と胸の間が白くなっており、腰だけ空いているように見えるのが
名前の由来です。

 井の頭では多く見られるようです。沢山飛んでいました(`・ω・´)

DSCN6950.JPG ナナホシテントウもいました。
リンゴのような赤に黒い点が7つ。
日本で馴染み深いテントウムシと言えますね(^-^)

 他にも「トホシ」や「ジュウシホシ」「ニジュウヤホシ」といった強者もいる。

aDSCN6961.JPG 「スッポン」も見られました。噛み付かれたら雷が落ちるまで離さない。
と言われるくらい、スッポンは顎の力が強いです。見つけても手は出さないように!!

まさかこんな所でもスッポンが見られるとは!!

 晴れた日に川を覗くと、このように甲羅干ししている姿を見ることが出来ます。

DSCN6966.JPG さすがかな源流域に来ると川の雰囲気も大分変わります。
 近くで子どもたちがザリガニ釣りをしていました(^-^)
ウチの近所でもこのような光景があったんですけどねぇ・・・↓
DSCN6967.JPGのサムネール画像
DSCN6971.JPG 井の頭公園に到〜着ゥ〜!!!
そして出会ったのが、「アブラゼミ」です。これが出てきたら夏本番ですね!!

そしてそして・・・

 皆さん、アブラゼミが近くにいて携帯での会話が阻害されたことあります?
試しに携帯の録音機能を使って、アブラゼミの鳴き声を録音してみてください!!

 不思議な事が起こりますよ〜?(´∀` )

DSCN6979.JPG この池!!このアヒルちゃんボート!!初期の「G.T.〇」に出てきた池だ!!

 井の頭公園です!!

 せっかくなので前回行けなかった動物園に行っちゃう?(´Д` )
行ってみちゃう??ココまできたのなら行くしかない!!

DSCN6978.JPG 定休日ぃ〜?hahaha・・・(´∀` )

嘘だと言ってくれよおぉおぉ!!!

 

(°Д°;三°Д°)


仕方ないね・・・まずは湧き水へ行ってみよう・・・。
DSCN6995.JPG ココが神田川の湧き水・・・でいいのかな?
とにもかくにも・・・

神田川上流部攻略!!
(((o(*゚▽゚*)o)))

 いやぁ〜ブログで4分割になるくらいの長旅でした!!
鶴見川の自然とはまた違った自然の姿を見れた気がします!!

 皆さんも自分の近所の川沿いを歩いてみてはいかがでしょうか?
しかし!!帽子と水分を忘れずに!!

 帰りに近くのかき氷屋でかき氷を食べて電車で帰りました!!
さらば!!神田川!!

 次回は検討中です!!ノシ
 

投稿者 yoshinobori : 21:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日(水) 神田川攻略線!!〜第3夜〜

活動報告

 今日、「ニジイロクワガタ」がどうしても見たくて、普段通わないペットショップに
電話して・・・

 私:ニジイロクワガタっています?

店員:はい!!ございますよ!!

 やったね!!と思いお店に向かうとそこにはニジイロクワガタの幼虫が
並んでいた・・・。もしかして成虫はシーズンオフ??

 諦めん!!見るまでは!!
DSCN6884.JPG
齋藤(兄)です。

 前回は神田川の源流が、あの「井の頭公園」にあるということで終わりました!!
今回はそこからさらに上流を目指します!!

 早速、始まっちゃうぜぇ?(´∀`)

 ↑写真の絵が弟の寝顔にそっくり!!アイツ最近出番ないなぁ・・・。

 

いざぁ!!

aDSCN6885.JPG まずは地図!!これを見ると、井の頭までは大分距離があります。
しかし!!鶴見川の源流〜河口までを制覇している私にとっては
大した距離ではない!!
aDSCN6888.JPG 「コサギ」が見られました。足を使って隠れている魚を探している所。
時にカワウの後をついて行っておこぼれに預かる事もある。
DSCN6889.JPG コイの群れ!!錦鯉も紛れていました。
鶴見川に比べると、錦鯉を見かける数&機会がココ神田川では多いですね(^-^)
DSCN6894.JPG クワの木に「ヤモリ」が隠れていました。夜行性な為
昼間は木の隙間や戸袋に隠れています。
夜になると窓にくっついて明かりに集まるガを食べます。
DSCN6900.JPG さらに上流へ進むと川沿いの近くに神社が!!
子どもの頃、神社はちょっとした遊び場でしたが、今この場に立つと
空気が変わるような感覚がしますね!!
DSCN6898.JPG 近くには御神木と思われる大〜きなマツの木が!!
10mは確実にありそうな気がします!!
aDSCN6908.JPG 神社の近くに「ジャノメチョウ」がいました!!
名前の通り、羽根に目玉のような模様があります。
DSCN6912.JPG ウワォ!!(°∀°)
 これは「ハグロトンボ」ですね!!羽根が黒い「カワトンボ」の仲間。
幼虫であるヤゴはキレイな川に棲む為、このトンボがいるこの川は・・・

 とってもキレイな川ということなのですね!!ヽ(*´∀`)ノ

DSCN6917.JPG これは井戸でしょうか?と〇りのト〇ロで
このような井戸を見たことがあります。

さぁ!!さらにのぼりますよ!!
DSCN6920.JPG 川の雰囲気が再び変わります!!周りは団地などが見え
商店街や車の露店などでとても賑やか(^-^)
aDSCN6921.JPG 三毛猫ですね(^-^)
三毛猫は決まってメスになるそうですよ。(・へ・)

 カメラを向けても知らんぷり・・・というより
何かを気にしている様子・・・。
aDSCN6928.JPG 誰やお前!?(`・ω・´)

 首輪が見えるので飼い猫だろうか?
何となくですがオスかな?って気がします。
DSCN6930.JPG 対峙する2匹。なんだか「もの〇け姫」みたいな構図ですね〜・・・。
この後、激しい取っ組み合いの末、三毛猫は何処かへ去ってゆきました・・・。
DSCN6932.JPG これは「ゴミグモ」の仲間でしょうか?
巣の中にゴミをくっつけてゴミに紛れます。
真ん中にいるのがクモです。
DSCN6940.JPG 「ミシシッピーアカミミガメ」がいました!!
 DSCN6945.JPG 川の雰囲気がどんどん変わってゆき
電柱には「井の頭」の文字が!!

 とうとう源流域到達か!?

 続きは齋藤(兄)の睡魔が限界に達したため。今回はここまで!!
次回はこの企画も最終回です!!ではノシ

 
 

投稿者 yoshinobori : 20:53 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月24日(火) 神田川攻略戦!!~第2夜~ お団子片手に1人旅

活動報告

 今日、ニジイロクワガタを買おうか悩んでいたら・・・売り切れていた・・・。
仕方ないね・・・。
DSCN6816.JPG
 齋藤(兄)です。今回は前回の続きを書いて行きます!!余り長引かせてしまうと
時期がズレてしまわないか?とか読者を飽きさせないようにとか試行錯誤と焦りが
入り混じりながらの更新です!!

そもそもこの企画自体が無謀だったのではないか?

というご意見は・・・お断りします!!

 それでは・・・いざぁ!!

因みに↑の象は「かんがえる像」という名前です。
aDSCN6826.JPG ご存じの方も多い事でしょう!!「モンシロチョウ」ですね!!(^-^)
キャベツや菜の花に集まります。幼虫はこれらの葉を食べます。

 人の目ではオスもメスも同じ模様に見えてもモンシロチョウはオスとメス
がハッキリ区別が出来る目を持っています。
生き物によって見える世界は生き物それぞれ・・・。
aDSCN6836.JPG お次は「ウリ科」の植物を食べている最中でした。
その名もズバリ「ウリハムシ」です。

 「グリーンカーテン」でお馴染みの「ゴーヤ」や「キュウリ」などの
葉っぱを食べます。

 因みに「クロウリハムシ」というウリハムシの黒い版のような虫も見られ
畑や花壇の近くで見る事が出来ます。(^-^)

 aDSCN6837.JPG 今度は鳥です!!「ハシブトガラス」というカラスの仲間。
そっくりな「ハシボソガラス」に比べてクチバシが大きく、おでこが出っ張ります。

 鳴き声も異なりますので機会がありましたら聞き比べてみて下さい(^-^)
ヒントは「゛」ですb

DSCN6842.JPGaDSCN6843.JPG
 お次は「ツマグロヒョウモン」という「タテハチョウ」の仲間。
幼虫は「スミレ」を食べます。何故か植木鉢の中でコソコソ。
何をしていたのかは不明・・・。(´ω`;)
DSCN6844.JPG おぉ!!(°∀°)

 これは見事な花ですね!!「オニユリ」というヤツでしょうか?
自宅の大家さんの家にも植えられていたのを覚えています。

 コレを見ていると「打ち上げ花火」が上がった瞬間を連想させるので好きです!!
齋藤(兄)は「打ち上げ花火」が、たまらなく好きなのだ!!

aDSCN6846.JPG 地図なし川沿い散歩の醍醐味はこれですな!!
こういう案内板を見て、行き先を知りながら川を歩くと
自分がどのくらい進んだか!!この先に何があるのか!?をこの看板1枚を
頼りに進むと、とてもテンションが上がります!!

 地図を見る限りスタートからさほど遠くまで進んではいないようです。
最初に降りた「代田橋駅」がまだ近い・・・。

 もう少し上がってみましょう!!(°∀°)b
DSCN6863.JPG 少し上流へのぼると、川の雰囲気が大分変わりましたね。川の中に植物の姿が目立つようになりました。

 ココで食べてたお団子がなくなった!!そこで近くの自販機で紅茶を購入!!
川辺の自販機は安い自販機が多いのだ!!多分!!

DSCN6867.JPG 「アオダイショウ」ですね~!!
建物ばかりの所でも彼らは姿を見せてくれます(^-^)

 毒もなく大人しいヘビで、かつては家の鼠から穀物を守ってくれることから
「守り神」とされたり縁起が良いモノとされたりもしたようです。

 また『日本一長いヘビ』でもあり「長い」というものまた縁起が良いと
されていたのかも知れませんね(^_^)
DSCN6873.JPG コチラは「カワウ」!!「鵜吞み」の語源になっていたり
「鵜飼い(うかい)」のお祭りなどで知名度が高い鳥といえるでしょう!!

 因みに!!鵜飼いで飼われている鵜は、この「カワウ」でなく「ウミウ」という
別の種類の鵜なんだそうな。(・へ・)ソーナノカー

DSCN6874.JPG カワウの横でお昼寝中の「カルガモ親子」です。
カモの仲間は夏にシベリアなどの北の方へ渡ってしまうのですが
カルガモは1年中日本にいるので、このような親子の風景を見る事が出来ます。
DSCN6879.JPG さぁさぁドンドン行きましょう!!お次に見えますはこの植物!!
良く見ると葉っぱが何者かに食べられています!!

 犯人はこの写真の中に「5匹」隠れています!!
画像をクリックして探してみよう!!m9(°∀°)

全て探せた人から次の写真へ「いざぁ!!」して下さい!!
aDSCN6880.JPG 犯人はコイツです!!「アオドウガネ」です。色んな植物の葉っぱを食べます。
そのせいか色んな所で見かけます。駅前でも見かけます。
DSCN6882.JPG 川沿いにはカルタを連想させる可愛らしい絵と詩が!!
良く見ると文章の中に「井の頭公園を源泉として・・・」とある

井の頭公園!?(°Д°;)

 あそこが源泉だったのか!!これは良い事を聞いたぞ!!
つまり私は今、井の頭公園へ向かっていると言うことですね!!

 何だか旅が楽しくなって来ました!!今回はとりあえずココまで!!
次回はさらに上流を目指します!!ノシ

 ところでこの絵、どこかでみたような・・・?

投稿者 yoshinobori : 22:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日(月) 大型企画!!神田川をのぼる!!第1夜

活動報告

 最近、このブログの名刺を持ちました♪

齋藤(兄)です!!

 今回は久々に「企画」を実行致しました!!

 その企画発表の前に本日、諸事情で杉並区の「代田橋」に行ってきました!!
見渡す所、は建物ばかり!!

 そしてこの近くに私がこよなく愛するモノが!!
aDSCN6780.JPG 川!!そしてこの川は・・・
「神田川」です!!

 今回はこの川をひたすら登ります!!

題するならば!!

 「神田川攻略作戦!!」

 今回は鶴見川を離れ、他の流域の「足元の自然」に触れてみたいと思います!!
かなりの写真が撮れたので、何分割かに分けて紹介したいと思います!!

 それでは・・・いざぁ!!

aDSCN6786.JPG 記念すべき最初に現れたのは「ドバト」です!!
皆さん「鳩胸(はとむね)」という言葉、ご存じでしょうか?

 大きく胸を張る様子を指す言葉ですが、この言葉の語源になっているのが
このハトたちなんです。写真右のオスが、左のメスに求愛する為に
胸を大きく膨らませてますが、私はこれをやって成功している所を

見たことがありません・・・(´ω`;)

 もしかしたら求愛でない別の行動なのかもしれません・・・。
aDSCN6794.JPG こちらも御存じの方は多いでしょう!!「ハシボソガラス」です。

 都会で見かける「ハシブトガラス」に比べ、クチバシが小さいことで
区別が出来ます。主に開けた畑や原っぱで見かけます。

aDSCN6796.JPG コイも見られました。鶴見川で見かけるコイに比べると・・・

 明らかにデカイ・・・!!

 どの子もパッと見ですが、80cmはあるんではないか?
と言えるくらいに大きい!!エサをたっぷりもらっているからか?

aDSCN6813.JPG 園芸の花を食べている最中。「ノミハムシ」の仲間ですね。
ノミハムシと呼ばれる虫の後ろ足はバッタのようになっていて
ピョンピョン跳ねる事が出来ます。跳ねるというよりむしろ消えます。
 この足で花を管理されている方から上手い事逃げているのでしょうか?
実際この虫を捕まえるのはチョイと難しいです。
何せ消えますからねぇ・・・ドラゴン〇ールばりにピュンピュン消えます。
aDSCN6820.JPG 今度は「スズメ」です。写真は砂浴びをしている様子。
「砂浴び」は体についた虫を払う為にします。そして砂浴びを終えた後
このように小さなクレーターなるモノが出来ます。
 公園の砂場などでよく見かけます。
DSCN6804.JPG お!!団子ですか!!齋藤(兄)は団子さらには餡子(つぶあんに尽きる)が
大好きなのですよ!!(°∀°)にぱー
DSCN6806.JPG
 ここらで一本買って一服。(´~`)フヒ~
コレを食べるたびに「日本に生まれてよかった~。」と思いますね。

 今回は企画発表ということでココまで!!
次回はココからさらに上流を目指します!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 22:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日(月) 空の蝉ではない!!

活動報告

 今日!!アブラゼミの幼虫を見つけました~(^-^)

見つけた所は・・・

道路のど真ん中!!Σ(°Д°;)

 これは危ないと、近くの桜の木にとめてあげました。慌てる様子もなく
まるで何事もないようにせっせと登ってゆく・・・
 立派な成虫になっておくれ(^-^)
DSCN6769.JPG セミの幼虫は7年もの間、土の中で過ごします。

 この子が卵から孵化したはもちろん7年前・・・。
7年前、皆さんは何をしていましたか?

 次回は!!久々の大型企画を実行しました!!
鶴見川の流域を離れて、今回は新たなフィールドへと赴きました!!
果たして何処へ!?そして何を見たのか!!

 編集中です!!それまでしばらくお待ちください!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 20:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日(金) 今、ヤマユリに会いに行きます。

活動報告

 コクワガタ40㎜サイズの壁の厚さに手こずる齋藤(兄)です☆

 今日は雨がスゴイ1日でした~・・・。皆さまは大丈夫だったでしょうか?
私は雨男!!こういう微妙な天気で外に出れば間違いなく降る!!
それを予測して玄関にレインコートを起き、傘も用意した!!

 しかし!!私の雨男スキルは私が思っていた以上に厄介でした・・・(°~°;)

 ①レインコートを忘れる。 

 ②傘を電車に置き忘れ。

 ③案の定、土砂降り満喫コース!! Σd(°∀°)

 ④家に着くと雨は止んだ・・・。

 毎回、このパターンで雨にやられてしまうのはもう日常ちゃめしごと!!
私は雨に好かれているんですかなぁ・・・。この際、雨を防ぐ方法よりも
風邪をひきにくい体を作った方が早い気がしてきました・・・。

 さて!!前置きはこの辺りでお開きにして、早速タイトルにふさわしい
文章を打って行きたいと思います!!

 それでは・・・いざぁっ!!
DSCN6487.JPG クワガタ&カミキリを探しに行こうとしたらこのような旗が!!

 これは・・・

 行くしかないだRO~?(´∀`)

 そうなんです!!この時期は「ヤマユリ」のシーズン!!
花は大きく、スゴイ模様でとてもきれいなユリの仲間!!
その美しさたるや!!たるや!!

 そんな訳でヤマユリの撮影開始!!
DSCN6496.JPG 毎年、見て来ましたが・・・

やはりキレイですのだ!!(´∀`)

 他のユリに比べて大きい花を持っている為、飼育されたヤマユリは大抵
頭の重さに耐えられず、折れてしまうコトが多いのです。

 しかし!!野生下のヤマユリではそのようなコトはないそうです!!
不思議ですね~(・へ・)

 土が大きく関与しているんでしょうかね?

 まだヤマユリはキレイな花を咲かせています!!
興味がありましたら足を運んでみてはいかがでしょうか?

次回は・・・色々検討中!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 21:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日(木) 野鳥1人旅

活動報告

 今日、大学の先輩から再び「カミキリ」を頂きました~!!
現在細かな同定中~!!

 齋藤(兄)です。


 今回、昆虫記事が多かったので、野鳥写真を撮ってみたいと思います!!
今回は鶴見川の本流を小机まで下って出会った野鳥を紹介します。

 タイトル通りです。1人旅です・・・


べっ別に寂しくなんかないんだから!!


 それでは・・・いざぁ!!

aDSCN6379.JPG トップバッターです。「セグロセキレイ」ですね。
水辺があって開けた所を好みます。ハクセキレイに似ていますが
顔の白の割合が少ないので区別が出来ます。
後ろにいる灰色のは恐らく「若鳥」ですね。

 ずっと一緒にいたので、親子だったりするのかもしれません!!

撮影場所:開戸親水広場

aDSCN6522.JPG 「千鳥足(ちどりあし)」の語源になった鳥。
「コチドリ」です。一歩ずつ歩く姿がとても愛らしい小さな鳥です。

撮影:恩廻し公園付近

aDSCN6526.JPG 当ブログの「野鳥部門」における高い出席率を誇るのが
この「アオサギ」です。1年中見られて、しかも大きいので見かける機会が
多い気がします。日本最大のサギの仲間。

 撮影:恩廻し公園付近
aDSCN6607.JPG 川で野鳥の撮影をしようとしたら

この鳥を忘れてはいけないよNE☆(^-^)

 「カワセミ」です!!

 一応1年中見られるのですが、夏場は緑が生い茂っている為に・・・

カワセミの発見が非常に困難!!(´Д`;)

 なのでカワセミを撮りやすい季節はやはり冬場ですかねぇ・・・。

撮影場所:真福寺川合流点

aDSCN6713.JPG 早渕川でも見たことがあります!!「アオサギの日光浴」。
直立して羽根をダラーンとして日光浴をします。

 いつ見てもおかしな格好ですね・・・。

撮影場所:鴨居付近
aDSCN6729.JPG 最後は「キジバト夫婦」です。オレンジ色でウロコ模様の羽根が特徴です。
夫婦で行動するので、下手をすると「オシドリ夫婦」でお馴染み「オシドリ」よりも
素敵な夫婦のように見えます。因みにオシドリは雌雄ともに浮気症のようですよ!!

梅雨明けの暑さにキジバトも木陰に隠れるのです。(^-^)

 夏にしか姿を見せない「夏鳥」という鳥もいますが
先程のカワセミ同様、探すのが困難な種類が多いので
夏の野鳥たちは難易度が高いです。(・へ・)

 次回は検討中ですが、写真の編集が済んだモノから紹介します!!
標本作製も追いつかない!!

 忙しいのですが、何とか気長に待って下さればと思います。
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 22:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日(水) カミキリムシ日和!!

活動報告

 最近、疲れが抜けない感覚がします・・・。

 「疲れてる」ではなく「憑かれている」なんてことないよなぁ・・・

(((°~°:)))ガクガク

齋藤(兄)ですよ☆

 先日、毎度昆虫を提供して下さっている先輩から連絡が来たのです!!

「よくわからないカミキリがいたんだけどいる?」写真つき!!

600109_138746776263215_1761768956_n.jpg撮影:t先輩

 写真を見させて頂くと、〇〇サビカミキリの類!!
齋藤(兄)はこの手の種類のカミキリの同定がとても苦手!!

 だって似通った種類が多すぎるんだもの!!(´・ω・`)

 写真では同定できないので、先輩の家へ赴きカミキリを頂きついでに同定しました!!
持ち帰り調べてみた結果・・・。
 
aDSCN6603.JPG 「ワモンサビカミキリ」でした~!!(多分・・・)
 体の横っ腹に白っぽい半月?の模様があるのが特徴です。

 去年も採集しましたが、2012年初採集です!!

(´∀`) That's Great !!!!

 そして先輩と共に先輩宅を後にしながら

私:「岡上ではまだ生きたノコギリカミキリを捕まえていないんですよねぇ・・・。」
 
先輩:「捕まるといいなぁ・・・。」

 と階段で会話(これが本当の会談!!ドヤァ!!)していると階段を降りた先に黒く蠢く虫が!!

私:「ゴキ〇リだろうか?」

先輩:「ノコギリカミキリだったりしないか?」

私:「そうですかなぁ・・・」
aDSCN6530.JPG (°Д°;(°Д°;)ウワーォ・・・。

 何と本当に「ノコギリカミキリ」でした!!噂をすればKAGE!!
捕まえた時は元気だったのですが、捕まえた途端に衰弱・・・。

 私はダイ〇ラボッチですか・・・?(´ω`;)

この後さらにもう1匹ノコギリカミキリの死骸を見つけました!!Fantastic!!

この子たちは持ち帰って現在標本作成中・・・。DSCN6621.JPG コチラが弱ってますが「ノコギリカミキリ」です。

 見た目はスンゴイおっかないです!!しかも結構な速さで動きまわるので
分からない人が見ると「ゴ〇キブリ」に見えてしまいます。

 寄生する木は主に「アカマツ」などの針葉樹で、夕方にヤブの中を飛び回ります。
灯火にも集まります。その為、マンション、団地の階段やベランダに落ちていることがしばしば。

 因みに、「ニセノコギリカミキリ」というノコギリカミキリに瓜二つのカミキリが
いるらしいのです。寄生する木も殆ど変わらないので、もしかしたら岡上にもいるかも?
最近、ようやく見分け方を知ったので、見つけたらご報告します!!<(°へ°)ピッ!!

 去年は「オニグモ」の巣に引っ掛かっている死骸を1匹拾っただけだったので
今年は「ノコギリカミキリ」の当たり年ではなかろうか?と思います。

 次回はそろそろ野鳥成分が欲しいな~ということで!!
野鳥観察に行ってきたことをご報告いたしますよ!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日(土) 趣味のイラストが・・・!!

活動報告

 最近、不眠症です!!ちっとも寝れません・・・!!

齋藤(兄)です。

 今回は私の趣味でやっている需要があるのか謎極まる「イラスト」を
いくつか紹介したいと思います。

 このブログを初めて見て下さった方に誤解が無いように言いますと
当ブログでは、みなさんの近所にある「足元の自然」を知るきっかけを作る為に
 様々な生き物や植物などを紹介するというモノであるということを・・・

覚えておいて下さい!!(`・ω・´)キリッ!!


 そしてもう一つ!!

 私のイラストには「昆虫を小人っぽく」描いたイラストです。

 そういう表現が苦手という方は「目に虫が入った」と思いながら
お付き合い下さればと思います。m(_ _)m

それでは・・・いざぁ!!
ヒメツチハンミョウ.jpg まずは「ヒメツチハンミョウ」です。
名前に「ハンミョウ」とありますが、全く別の種類の昆虫です。

 体の色は濃い青色で大きなお腹が特徴。実際の姿は少し「グロテクス」です・・・。
大きなお腹には「卵」がぎっしり入っており、産卵は地中で行われます。

 幼虫は花に集まり、花に来た「ハナバチ」の足にくっついて巣に侵入します。
ハナバチの巣に入れなければ、みんな死んでしまうのでツチハンミョウの仲間は
1匹でも生き残れるように沢山の子どもを産みます。

 イラストにも書いた通り、「カンタリジン」という毒を持っています。
その為、素手で触るのは大変危険!!

名刺?2.jpg お次は私が愛してやまない「カミキリムシ」たちです!!

・ラミーカミキリ
 中国原産の外来種。中国の「ラミー」という植物に寄生しますが
 日本では「カラムシ」に寄生します。

・ルリボシカミキリ
 切手になってる美しい青が特徴の日本固有種。
 ブナの木に寄生する。知名度がイマイチ・・・。

・シラホシカミキリ
 白いドット模様が愛らしい小さいカミキリ。様々な広葉樹に寄生し
 広い範囲で見られるらしいのですが、岡上ではまだ未確認・・・。
 (´~`;)

・ベニカミキリ
 私が一番好きなカミキリ!!鮮やかな赤が特徴で竹に寄生します。
 春になると竹林周辺の花の蜜や花粉を食べる姿が見られる。

・ウスバカミキリ
 昼間は樹木の洞に隠れて姿を見せない夜行性のカミキリ。
 大型のカミキリですが、落ち着きなくシャカシャカ動き回る為
 「ウスバカ」と呼ばれているらしい・・・。岡上では未確認。

・キクスイカミキリ
 春、ヨモギの群落にひっついている約1㎝くらいの
 小さいカミキリ。ヨモギがあれば何処でも見られる。
 しかし小さすぎる為、影は非常に薄い。

黒.jpg コチラは「クロカミキリ」です。
前回の「クロカミキリ捕獲記念」で描きました(^-^)

 このイラストは「某イラスト投稿サイト」で「クロカミキリを描いて下さい!!」
というリクエストを頂いて描いた子です。


 そしてそして・・・そのイラスト投稿サイトでお知り合いの方から
「ベニカミキリを描かせて下さい!!」とコメントが!!

aベニカミキリ.jpg 私が描く「ベニカミキリ」はコチラ。


そして!!

 描いて下さったイラストがコチラ!!
28596755.png とても素敵なイラストを描いて下さった「気髄者」さま!!

 この場をお借りして改めて御礼申し上げます!!m(_ _)m

 次回は・・・「生き物」を紹介いたします・・・。(^-^;)

投稿者 yoshinobori : 22:21 | コメント (0) | トラックバック (0)