活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2012年9月29日(土) ネットがつながらない!?

活動報告

 やはり引越しやら家具の運搬、新しい家具の調達、プロパンガスの何やかんやで・・・
加えて携帯損失!!機種変更!!弟の風邪が伝染!!なんかもう・・!!

挫けそうです・・・。(´д`;)

 あまつさえネットを新居に繋ぐ関係でしばらくネットが使えなくなります。
なので更新するのが難しくなりそうです!!

 とは言っても10月の頭には参上出来るようなのでその頃に参上したいと思います。
今回、ご紹介するのは私人生初!!鶴見川流域で「ニゴイ」に遭遇!!

DSCN8468.JPG こちらが「ニゴイ」普段見かける「コイ」に比べて口がとんがっていて
細い印象があります。

 「ニゴイ」という名前は漢字にすると「似鯉」と書くように
コイに似ている為、ということらしいのですが・・・
 

それ言ったら他にも似たようなのはいる気がするぞ・・・!!(´ω`;)

 と思うのは私だけでしょうか?いるよね?

投稿者 yoshinobori : 23:44 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月28日(金) ハッピーバースデー!!

活動報告

 大変です。大変なコトが起こりました・・・!!

何と・・・

 

ギラファノコギリクワガタが羽化しました〜!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 まずは写真をご覧頂きたい!!
DSCN8511.JPG どうも左が頭のようです。やはりメスっぽいです。
羽化した直後のようでまだ羽根も白っぽいです。
しばらく安静にすれば時期に体も固まり、黒くなってゆくハズ!!
後は羽化不全が起こらないコトを祈るばかりです!!

 羽化してから2〜3ヶ月は安静にしていなくてはならない為
掘り起こすのはまだ先です。他の子はまだかなぁ・・・?
まだ気持ちの落ち着きと引越しの作業が続いているので、今回はここまで!!

最後に生き物の棚が新居に移った為、少しだけ公開!!
我が家の生き物たちはこんな感じです。
DSCN8493.JPG次回は早ければ明日にも参上できるかなぁと思います!!ではノシ

おまけ!!お月見なので1枚描かせて頂きました!!
つきみ.jpg

投稿者 yoshinobori : 12:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日(木) 冬鳥確認!!

活動報告

 ヒドイ風邪をこじらせました・・・。(´Д` ;)ゲッソリ・・・
喉が傷むのです。鼻がもう大洪水なのです・・・。
季節の変わり目ですから皆様もどうか体調管理には気をつけましょう!!

 齋藤(兄)です。

 本日、鶴見川の中流部にて冬鳥を確認!!(((o(*゚▽゚*)o)))
写真がコチラ!!
aDSCN8475.JPG 少し遠かったのですが、恐らく「ヒドリガモ」かな?
彼らは夏の間はシベリアなどの寒い所で暮らし
冬になると日本に渡ってくる「渡り鳥」です。

 彼らがやってきたということは間もなく!!

バードウォッチングのシーズン到来!!o(^▽^)o

 冬は野鳥の観察がしやすく沢山の冬鳥がやって来るので
バードウォッチングを始めてみようかな〜と思っている人は・・・

これからの時期が非常にオススメです!!

 その辺りの解説は現在、風邪で目眩が尋常でない為、今回はここまで!!
2〜3日以内に参上できるようにこの風邪と決着をつけてきます!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 01:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日(月) そこにロマンはあるのか?

活動報告

 aDSCN8455.JPG撮影:麻生川 柿生駅周辺

突然ですがコメントにお応えします!!

ーーーーー2012年9月 5日(水)クワガタ日和!!ーーーーー
(曲は※ン〇カマーチ)

うーん、私は、グンカンまーちかと思ったのですが、これでは違うなあ。......それともタンタカマーチ? なんやそれ?(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 コメントどうもです!!ヒント!!
原作は「なかよし」に連載していた漫画ですよ!!


 どうも!!齋藤(兄)です!!最近は雨がよく降りますね〜(´・ω・`)

 気温もだいぶ落ちてきましたね。私は長袖を出しました!!

ここ最近、引越しの作業が忙しくて中々更新ができなくて申しわけございません!!

今日は変な生き物+謎のクワガタに出会いました!!

 今朝方、弟が「外に変な生き物がいるので見て欲しい。」と言うので
見に行ってみると・・・

aDSCN8452.JPG 

確かに変だ・・・Σ(´Д` ノ)ノ ヒエー

 なんじゃコリャ!?気味の悪い模様のイモムシですね〜(°ω°;)

 調べた所、「スズメガ」というガの幼虫のようです。
スズメガは沢山の種類が存在し、どの幼虫も色彩が多種多様!!

 まるで絵の中から出てきたかのような不思議な色ばかり!!
その中には、まるで「ヘビ」のような姿に擬態している種類もいます!!
恐らくこの子もヘビに姿を似せているのかもしれません。 (´-ω-`)フムフム

DSCN8453.JPG 成虫はどんな姿なのか飼育できるなら飼って調べてみようと思いましたが

母からの大変強い要望によりこの子は逃がしました・・・。

 仕方ないね!!

 そして今日、行きつけのペットショップで「あるクワガタ」に出会いました。
DSCN8461.JPG 「メコンクワガタ」という名前。

 初めは特に気にも止めていなかったのですが、外産クワガタを飼い始めてからは
色々と外産クワガタについて調べていました。

 しかし・・・

 

メコンクワガタという名前が出てこない!!Σ(´-ω-`;) ナントナ!?
 

読んできた本にはこの名前のクワガタが出てこず、終いにはネットで調べても

 

メコンクワガタという名前のクワガタがない!!Σ(´-ω-`;) ナンヤテ!?

 もうこのクワガタに興味が湧き、店員さんに話を伺うことに・・・

私:メコンクワガタって何ですか? (・ω・) 

店員:メ・・・メコン?・・・少々お待ちください。(´-ω-`;

 調べること数分・・・

店員:何なんでしょう?(´-ω-`;)

私:Σ(°ω°;) エーーー!!!

 すると増援の店員さんが来て話を伺うと、どうやら「ツヤクワガタ」という
種類らしいが、ツヤクワガタと呼ばれる種類は沢山いたのだ!!
結局メコンクワガタが何者なのか謎のまま・・・。

 その話を昆虫屋の先輩F氏に報告した所、是非飼育してみたい!!
との事でした!!彼は現在※「タランドゥス」のブリードに挑戦中!!

 F氏ならコヤツを羽化させて正体を暴いてくれるかも!?
そして私も飼育に挑戦してみます!!

 2匹購入し、1匹ずつ飼育してみたいと思います!!

メコンクワガタ・・・果たしてお前は何者なのか!?

 そして羽化させたら、そこに「ロマン」はあるのだろうか!?
乞うご期待!!ノシ

※「タランドゥス」・・・タランドゥスオオツヤクワガタの事。
アフリカ最大のクワガタで、真っ黒なボディーに
まるでスポーツカーのような艶のある光沢が特徴。

繁殖が難しく玄人向きのクワガタ。

投稿者 yoshinobori : 20:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日(木) お詫び&コメントお返事!!そして最〇コクワ採取!!

活動報告

 えぇ〜・・・ココで皆様にお詫びがございます(-.-;)
岡上のコクワガタ、最大サイズは47mmとお知らせしたのですが

やはり45mmでした・・・。(´Д` ;)

 安物の定規で測ったのが良くなかったようです・・・。
ということで、岡上最大のコクワガタは45mmです・・・。

 誠に申し訳ございませんm(_ _)m


そこで!!(*゚▽゚*)

今日はクワガタ採集日和だったので再びコクワ採集に趣ました!!
しかも今回は少し趣向を変えての採集です!!

が!!

 その前に何と当ブログにコメントが!!しかも2件!!
ただでさえコメントが少なく、スパムさえ来やしないこのブログにコメントが!?

ありがたいことですm(_ _)m

 まずはそちらの方にお応えしたいと思います!!ノシ

ーーーーー2012年9月16日(日)みんなで虫捕り!!ーーーーーー

 齋藤さん、"Ⅰ"です。
昨日はあいにくの天気の中、ありがとうございました。
帰ってから調べましたが、ゾウムシは「トホシオサゾウムシ」、
用水路にいたちっちゃいのは「チビゲンゴロウ」ですね。
毛虫とカメムシはあまり趣味ではありませんので調べてない
です(笑)。

岡上、本当に素敵な環境が盛りだくさんでした。
シーズンが待ち遠しいです。またご一緒させてください!
よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 まずはコメントありがとうございます!!(*゚▽゚*)
トホシオサゾウムシですか!!私の図鑑では載っていませんでした・・・。
ありがとうございます!!

 毛虫は似たような種類が多くて悪戦苦闘です・・・。

 是非!!5〜7月の岡上を歩きましょう!!ヽ(´▽`)/
私もそれまでカミキリ図鑑でターゲットの目星をつけておきます!!


ーーーーー2012年9月17日(月)お前は太陽の子!?ーーーーー
お久しぶりです。
色が違うだけでも漂う高級感、流石「殿様」と言った所でしょうか。
いわゆる「飛蝗」とは違うのですかね?(そうだとしたら大変ですが...)
何はともあれ珍種発見おめでとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ありがとうございます!!発見したのは私ではないのですが
それでも素敵な出会いでした!!
 

しかも!!(´・ω・`)

 発見者の方から何と羽化したとの吉報が!!
あの黒のままで成虫の姿になるのか!!

 今度、取材に行く予定です!!Σd(´・ω・`)


 ハイ!!ココからはコクワガタ雪辱戦です!!
ここ最近の雨、そして今日はピーカン照り!!
この日の夕方はコクワガタがよく捕れます!!満月だったら尚いい!!(・∀・)

 もちろん!!目指すは大型個体!!ですが今回は・・・

最小個体も探してみます!!(・∀・)

 大きくなるのに限界があるならば、小さくなるのにも当然、限界があるはず!!
というわけで、探します!!岡上チビギネス!!

 さっそく樹液を探すと・・・
DSCN8373.JPG 

いきなり大型個体!?Σ(°Д°;)

メスに求愛中!!しかし大きいなぁ・・・でもまぁ45mmかな?

大きさを計ってみると・・・

 ジャスト45mm!!(´・ω・`)

 そしていました!!ちびギネスになるであろう!!小さいコクワガタ!!

DSCN8384.JPG 

小さい!!これは小さい!!

大きさは21mm!!ほぼ2cmですよ!?2cm!?
これはもうアレですよ・・・

すんません・・・

特に思いつきませんでした・・・。(´Д` ;)

 何より小さいのは大アゴですよ!!
もはや"大"の字をとっぱらって、ただの「アゴ」ですよ!!

あまりの小ささにメスと間違えかけた程ですよ!!

 これはオオクワ、ヒラタでは出来ない荒業でしょう!!
※ドルクス系と呼ばれる中でも小型に位置するコクワガタならではの楽しみ方かも?

 そして、これはやるしかないだろう!!ということで
弟が容易く捕まえて見せやがった2012年暫定最大コクワ(45mm&幅広!!)と
暫定チビギネスと比較してみました!!

 DSCN8393.JPG どうですか〜?奥さん!!(´・ω・`)

これ同じコクワガタですよ?24mmの差があります!!

 あと3cm足らずでチャンピョンになれなかったボクサーがいるくらいですから
この2cmちょっとだって、きっと大きな数字なんですよ!!(*゚▽゚*)

 これは50mmを目指したいなぁ!!

次回はまた2〜3日以内に参上します!!ノシ

 
※ドルクス系・・・オオクワガタの仲間の総称。
ドルクス系の特徴は黒くて平たく、寿命が長い種類が多い。

 オオクワ、ヒラタ、コクワ、ヒメオオクワ、スジ、アカアシなど

投稿者 yoshinobori : 23:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日(月) お前は太陽の子!?

活動報告

 今、ゲームセンターCXをボックスで視聴中・・・。

齋藤(兄)です。

 みなさん「ファミコン」やったことある人いるでしょうか?
私は「マリオ〇ラザーズ」とか「ドン〇ーコング」、「ゴエ〇ン」
「ボン〇ーマン」など色々やってました(´・ω・`)

 さて今回は人生で初めて見る世にも奇妙な生き物に出会いました。
場所は鶴見川の下流部でそれはバッタの仲間。

恐らく「トノサマバッタ」の子どもかなぁと思いますが、ただのトノサマでは
なかったのです!!まずは写真をご覧頂きたい!!

aDSCN8322.JPG 

真っ黒!!Σ(´・ω・`)

 余すことなく見事に黒い!!夕日に照らされる姿はまさにブ〇ック・サン!!
これを見つけた方は新種ではないか?病気ではないか?など

様々な意見が浮かび上がった!!

 こちらでも調べてみた所、トノサマバッタやクルマバッタなどには
「黒化型」という極稀に真っ黒な個体が出てくるのだという。
その要因は※アルビノ個体の黒い版!!とか「ある条件」になると
黒い個体が生まれる!!など確かな理由はわかりませんでしたが

 やはり見かける機会は非常に少ないようです!!(*゚∀゚*)

分かりやすく言うなれば色違いのレアポ〇モンですね!! (´∀`)HAHAHA!!

 何のき無しにスゴイものに出くわしてしまったのではないか!?
そのバッタは採集した方が調べる為に持って行きました。(°∀°)

 行き慣れている所にもこのような出会いがあるのだから
足ともの自然もバカには出来ない!!ということですね!!

 ※アルビノ・・・色素欠乏個体のことで、いわゆる色が抜けてしまった個体です。
特徴として全身真っ白で目が赤い!!身近な例をあげると
幼稚園などにいるウサギなどがそれです。

投稿者 yoshinobori : 18:11 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月16日(日) みんなで虫捕り!!

活動報告

 温泉とか行きたいなぁ・・・。

齋藤(兄)です。

 本日、当ブログをご贔屓下さっている I さんと岡上探索をすることになりました!!
 I さんは親子で虫捕りをされておりカミキリ、水生昆虫をされているとの事!!

 今回は生憎の雨だった為、虫取り!!というよりも歩きながら
岡上を案内しました。(´∀`)

 雨とあっても色々見つかり、しかも私が探していた虫にも出会えました!!
何がいたのか?

 それでは・・・いざぁ!!

aDSCN8351.JPG 待ち合わせ場所へ向かう途中で撮影!!「カワセミ」です。
ここで紹介するのは随分久しい気がします(´・ω・`)
そろそろ葉っぱが無くなり彼らを発見しやすくなる為、また撮影しに行こうかな?
DSCN8360.JPGのサムネール画像 Iさん親子と合流し、いよいよ岡上昆虫探索開始〜(*゚▽゚*)

aDSCN8358.JPG トップバッターは「クロカナブン」ですね(´・ω・`)
普通のカナブンよりも出てくる時期が遅いので今の時期でも姿を見ることができます。

 幼虫がどこにいて、どのような生活をしているのか謎が多い不思議な虫です。
ブリードされている方のブログなどを拝見すると腐葉土で産卵するのですが
幼虫が大きくなりにくく羽化しても種親よりも大きくならないそうです。

誰か幼虫飼育を確立しておくれ〜!!ヽ(;▽;)ノ

aDSCN8359.JPG ピントがズレた!!「キボシカミキリ」です。
雨だというのにイチジクの木にワラワラといました・・・。

 農家の方はこの光景に困り果てているのだろうなぁ・・・。(´・ω・`)

DSCN8362.JPG んお!?何だこれは!?現在同定中ですが
ガの幼虫とかかなぁ・・・(´・ω・`;)

DSCN8365.JPG またこのパターン・・・。これはカメムシ?アブラムシ?

全くわからんヽ(´▽`)/

 現在同定中・・・。

aDSCN8366.JPG 今回は見たことない虫が多いなぁ・・・(´・ω・`;)
「カツオゾウムシ」に似ていますが、こんな模様だったかなぁ・・・。

aDSCN8368.JPG 

これですよ!!これ!!o(^▽^)o

 私が見たかった虫!!名前を「シリアゲムシ」という!!
名前の通りお尻がサソリのように反り返っています。

 しかもこのお尻の先端はハサミのようになっており
ひょうきんな名前の割にカッコイイ姿をしています!!

 さらにこのシリアゲムシ。英名だと「スコーピオンフライ」。

カッコイイ!!Σd(´・ω・`)

aDSCN8369.JPG 最後にIさんの得意分野!!水生昆虫!!写真はどう頑張っても姿がハッキリ見えんかったので白い丸で・・・。

 チビゲンゴロウか、ガムシの類とのことでした!!
私も水生昆虫やってみようかなぁ・・・。

 ここで雨が本格化したので解散!!
今回は私が分からない虫が多く、まだまだ岡上の生き物の奥深かさを
思い知りました・・・。(>_<)

 そして本日岡上を探索してくださいましたIさん!!
この場をお借りして改めてお礼申し上げます!!

ありがとうございました!!m(_ _)m

 また虫トーク、昆虫採集にいきましょう!!
5月〜7月あたりに、また岡上に遊びに来てください!!ノシ

 写真編集が終わったモノからドンドン紹介します!!では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 21:57 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月12日(水) 齋藤家のクワガタの模様替え!!

活動報告

 今、外はハロウィンに染まっていますね!!
皆さんは「仮装」されたことはありますか?
私は小さい頃、弟と「スー〇ーマ〇オ」の兄弟をやりました(´∀`)
背丈の関係で私がル〇ージ、弟は太っていたのでマ〇オでした!!

 ルイージ役は誰か?齋藤(兄)です!!

 2〜3日の更新を目標にしているのに何たる不覚!!

 今日は自宅で飼育中のクワガタたちのケース内の模様替えをしました!!
成虫飼育の場合、普通のマットの飼育では「ダニ」が発生してしまい
クワガタにくっついてしまうので、私は「水苔(みずごけ)」を使用してます。

 水苔はダニに必要な栄養が少なく暮らしにくい為、発生しにくく
転倒防止、保湿、汚れたら手洗い出来る。

 ・・・と成虫管理がしやすいのでウチでは水苔を使用しています。
しかし数ヶ月使っていると黒ずんで細くなるので、その時は新しい苔に
交換します。

 DSCN8281.JPG 最初は夏の人気者!!「ノコギリクワガタ」です。
大きさは67mmで中々のサイズです!!

 大きい個体はこのように大アゴが湾曲します。このような個体を
「水牛(すいぎゅう)」といいます。水牛の角に似ている為でしょうか?

 闘う姿はさながら闘牛ですがケンカは強くなく、カナブンに敗れる
という良い子にはとてもお見せ出来ない光景を見たことがあります。(´Д` ;)

 しかし気性は人一倍(虫一倍かな?)荒く、人間相手にも果敢に威嚇しますが
この気性が災いして、夜中に鳥の餌食になっているコトも多いようで・・・。

 DSCN8287.JPG お次に交換したのは日本のクワガタの基本!!

「コクワガタ」です!!(´∀`)ノシ イェーイ

 私はこのクワガタが滅法好きで、家で多数飼育しています。
このクワガタは都会の公園でも姿を見せる超〜身近なクワガタで
大きさも2〜3cmくらい。いわゆる「小物」な目で見られる事が多い種類。
しかし、あの「オオクワガタ」に近い仲間で大きい個体になると
50mmを超えるオオクワガタ並のコクワガタも存在します!!

 写真は岡上で採集した40mmクラスのコクワガタ!!
ココまで来ると「小物」のレッテルはキレイに剥がれます(`・ω・´)
この辺りからオオクワガタらしい風格も少しずつ出てくるので
見ごたえは十分!!(*゚▽゚*)
DSCN8288.JPG ノコギリクワガタを多頭飼育するとケンカが始まり最悪の場合
片方が死ぬまで戦いますが、コクワガタはメス、エサの取り合いがなければ
殆ど喧嘩しない大人しい種類です。(´∀`)

 猿山みたいに上下関係を決めるようで、最初のウチは多少のケンカが起き
しばらくするとケンカが強いボス?が初めにエサを食い、その後で負けた子が
エサを食うようです。まるで相撲部屋です・・・(´∀`;)・・・。
 これは個人的な感想です・・・。

 しかも越冬して3年は生きるのでかなり長寿!!
繁殖も容易なので、クワガタ飼育の入門種といっても過言ではありません。
産卵する場所を除けばオオクワガタに近しい生活を送る為

コクワガタを極めし者はオオクワガタを極められるのです!!
   DSCN8293.JPG 皆さんご存知!!「オオクワガタ」です。 かつて「森の黒ダイヤ」と呼ばれて何十万という恐ろしい額で取引されていましたが 今では飼育方法も確立、容易になったことで値段も下がり今では手軽に手に入ります。 「コクワガタ」とは違った意味で「身近なクワガタ」になったクワガタです。 DSCN8294.JPG かつては東京でも普通に見られたそうですが、元々数が少ない上に 生息域が減ったこともあって野生の個体は非常に少ないです。 野生下ではクヌギなどの樹皮の隙間や洞(うろ)など狭い所に隠れる習性があり 昼間はそこで夜まで寝ています。飼育下でも樹皮の下や人口の洞に隠れます。

 水苔の中にもドンドン潜ります。写真はメスが潜った時に生じた隙間に
隠れている様子でこのように夜中になると潜水艦が水面に出てきたような迫力で・・・

ヌ〜・・・(・ω・)

 と出てきます。潜る姿はさながらクジラです。(笑)

 この子たちは就活で、とあるペットショップに面接に行った際に
オオクワブリーダーの店員さんと意気投合して頂いた個体です。(^_^)
縁とは面白いものですね(*´ω`*)

DSCN8305.JPG こちらは現時点で岡上採集最大個体の47mmのコクワガタ。
ヒラタクワガタ?ってくらいの大きさです。個人的な見解ですが
こういった大型のコクワガタは9〜10月に捕れる気がします。

 去年捕まえた45mmの大型コクワを捕った時も10月の頭!!
コクワガタは5月〜10月まで見られ5〜6月から姿を見せますが
7〜8月はカブトムシが雑木林を牛耳るのでコクワガタの影が薄くなります。
9〜10月はカブトムシもおらず、コクワガタは樹液を独占できる!!

 

TU〜MA〜RI〜♪(´∀`)

 

ココからが正念場・・・!! 

という訳ですね!!目指すは50mm採集!!家では50mmを作成の為
自宅で生まれた幼虫を飼育中!!
 コクワ飼育。これがどうして面白い!!

 

投稿者 yoshinobori : 20:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日(土) 一山超えてとなりの支流へ・・・。

活動報告

 昨日、ギラファノコギリクワガタの蛹を覗いたらメスの可能性大だった・・・。
メスの大きさは30mm〜40mmくらいだから・・・

60mm近かったら中々大きいんでない?(´∀`)

 これは大型のオスも期待が持てるかもしれない!!

 期待に胸膨らます私は・・・齋藤(兄)です。
でもメスに見間違うくらいのオスだったらへこむなぁ・・・。


 今日、ひょんな理由で鶴見川の「市ヶ尾水辺の広場」そして鶴見川の支流である
早渕川の「早渕川親水広場」にお邪魔しました!!

 この日はこの2箇所で「定例活動」が行われており、草刈り作業や魚捕りをしました。
今回はこの2箇所で獲れた生き物やその道中で出会った生き物を紹介します!!

 

それでは・・・いざぁ!!

DSCN8177.JPGのサムネール画像 最初は市ヶ尾水辺の広場!!鶴見川の上流に位置するココは
ヤゴの仲間やオイカワ、モツゴ、ヌマエビの仲間など
淡水ので暮らす生き物で賑わいます。

aDSCN8113.JPG この「とんがった口」を持つのは「クチボソ」という別名で知られる「モツゴ」です。
川魚として知名度が高い魚ですが「釣魚」としてはあまり好かれない魚です。
その小さい口で器用に少しずつ食べる為、知らぬまにエサがなくなるのです・・・!!

aDSCN8125.JPG お次はこの魚!!「タモロコ」とも思ったのですが、何か違和感が残った為
自宅で図鑑を広げるも「〇〇モロコ」は似た格好ばかりで悪戦苦闘!!

 そこでFacebookで質問してみた所「コウライモロコ」ではないか?
とのことでした!!(`・ω・´)

あとで手持ちの図鑑に「コウライモロコ」が載ってなかったコトが発覚!!
 

(´Д`;)

aDSCN8141.JPG コチラは「ヨシノボリ」というハゼの仲間。
本来ハゼは海と川を行ったり来たりしますがヨシノボリの仲間は
一生を淡水で過ごすモノもいれば海へ行かなくても平気なモノもいます。

 写真に写っているのはカワヨシノボリ(左)とトウヨシノボリ(右)です。
鶴見川ではトウヨシノボリは少し珍しいのですが、この日この場所では何匹か
見られました!!
aDSCN8133.JPG これは「テナガエビの仲間」の「スジエビ」です。
名前の通り腹の部分に三本の黒い筋が入っています。
鶴見川の広〜い範囲で見られますが、見られる機会は少ないです。
探そうとすると会えず、なんのき無しにヒョッコリ現れる。

そんなエビです。はい。


aDSCN8139.JPG これはヌマエビの仲間ですが・・・赤い!!(°へ°)
自分で若さ故の・・・とか言っちゃうアノ人が駆るモビ〇スーツのようだ!!

 「ミゾレヌマエビ」の赤くなった個体ではないか?ということでした。
エビの違いはよく分からないなぁ・・・。

 aDSCN8170.JPG なんてキレイだろう!!「キアゲハ」ですね!!
とにかく羽根をパタパタするので、あまり慣れない「連射」で撮影!!

 ・・・と市ヶ尾で見られたのはココまで!!お次は早渕川へ!!いざぁ!!

・・・今、ココで「いざぁ!!」と簡単に次のステップを踏みましたが
自転車でお隣の川に行くというのは一山超えねばならない!!このコトを・・・

忘れないでね!!(´Д` )
DSCN8178.JPG ココが早渕川親水広場!!

 センター北、南駅の間に流れる早渕川に位置しますココは、原っぱが
広がっており、バッタやキリギリスの仲間や多数のチョウも見られます。

aDSCN8180.JPG いきなり「ショウリョウバッタモドキ」が見られました。
見かける機会が少ないバッタでバッタ好きから愛されるコトが多い種類です。

 aDSCN8183.JPG これは「イトトンボの仲間」ですね!!名前の通り細ーくて小さい為
これ見つけたられのはラッキーでした。さらに写真は他のイトトンボを捕食中!!
トンボは詳しくありませんが恐らく「アオモンイトトンボ」かな?と
思っています。キレイなのにおっかない!!それがトンボ。

aDSCN8185.JPG 早渕川の主役!?とにかく沢山いる「スミウキゴリ」です。
他にも「ウキゴリ」もいるのですが今回は見られませんでした。

 ゴリというのは「ハゼ」という意味でこのハゼは浮き袋をお持ちのようで
フナやコイのように水中を浮きながら泳ぐことができます。

 なので「浮くハゼ」で「ウキゴリ」という訳です。ハイ。

aDSCN8188.JPG 何とココでも「トウヨシノボリ」が!!?
しかもココでトウヨシノボリが見つかったのは何と数年ぶりとのコト!!

 aDSCN8190.JPG 大きな「モクズガニ」も見られました。
鶴見川で見られるカニの中では最大のカニで、中には子どもの顔面くらいある
大きなモクズガニが見られます。鶴見川全域で見る事ができます。

aDSCN8194.JPG 「ギンヤンマ」のヤゴが見られました。
ギンヤンマはヤゴの状態で何と5年も過ごすのだという!!

(°□°;)何・・・だと・・・!!

 今回は以上です!!早渕川では写真には収められませんでしたが
あの「アユ」の姿も見る事ができました!!

 帰りに私の愛読している漫画「スケッチブック」の新刊を買って
家路につきました。
DSCN8196.JPG 美術部の高校生が織り成す日常4コマ漫画で
日常のほんのちょっとしたコトやムシや魚、植物や鳥など様々な生き物が
出てくるので生き物が好きな人、思わずホッとしたい方にぜひ勧めたい一冊!!

投稿者 yoshinobori : 22:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日(土) 汚い仕事と言わないで!!

活動報告

 aDSCN8096.JPG どうも!!齋藤(兄)です。
今回は特別ボヤく事が無かったので自宅のコクワガタを1枚。
この子は形、光沢がキレイで気に入っています(^-^)大きさは43mmです。
お店に出回る事が殆どない種類ですが、このかっこよさ!!
根強い人気があるのも頷けます(°へ°)

 今は彼らのシーズンピーク!!(のハズ・・・。)近所の雑木林で探してみよう!!

 しかし今回はコクワガタの記事ではなく、さらに突然ですが昨日のことです。
和光大学の後輩と昆虫トークをしていたのですが・・・

 後輩をカミキリ、クワガタ屋に仕立てよう!!(°∀°)ニヤリ

 ・・・とあの手この手でカミキリ、クワガタトークをしたハズなのに・・・
 

後輩は「糞虫(ふんちゅう)」に覚醒!!(°Д。)アレ〜??

 そして・・・
 

あろうコトに私もハマってしまう始末!!(°Д。;)アレ〜!?

 糞虫というのは読んで字の通り、動物の糞や死骸をエサにする森の掃除屋。
有名なので言えば糞をボールのように丸めて運ぶ「フンコロガシ」の仲間です。

 探し方はエサである動物の糞の周りを探すか、腐った肉を設置しておびき寄せるなど
方法は様々ですが、腐った肉を公園に放置したら、もれなく近所のご迷惑!!

 今はとりあえず動物の糞(犬のがメイン)を探しています。
しかし最近の犬を飼われている方はマナーがよろしいようで・・・

糞がどこにもない!!(´Д` )

 本来は良いコトなのですが、これでは糞虫が・・・

 MI☆TU☆KA☆RA☆NA☆I!!!!

 そして今私が探しているのは「ツノコガネ」という動物のサイのような
大きな一本角を持つコガネムシを探しているのですが・・・

 これが中々見つからない・・・(´・ω・`)

 話によれば都心部の公園にある犬の糞にワラワラといるようなド普通種
ということなのですが、残念ながら私の周りでは見つけにくいようです・・・。

 しかし後輩と晴れて糞虫デビューを決意してすぐに空気を読んでか
糞虫の代表格である「センチコガネ」が大学の灯りに飛来してきた!!
aDSCN8104.JPG こちらが「センチコガネ」。普通のコガネムシに比べて丸っこく
足もカブトムシのようにギザギザしています。

 色はメタリックパープルで写真ではわかりにくいですが、これが大変キレイ!!
色彩変異が多いようで、他にも黄や緑、青など様々な色のセンチコガネが
見られるそうです。岡上で見たのはこの色と黄色かなぁ・・・。
 

さっそく持ち帰り飼育に挑戦!!(´∀`)

 飼育方法はカブトムシのそれとあまり変わりませんが
エサだけは他のコガネムシと異なります。

 何しろ糞や死骸を食うタイプなので昆虫ゼリーの類は全く食べません。
もはやエサとも思っていないくらいノーリアクションです!!(´・_・`)

 そこで私の家では「金魚のエサ」と「ザリガニのエサ」をブレンドして
水で溶かしてペースト状にしたモノを与えています。

 どうも「臭い匂い」に反応するらしく
今回こさえたエサも鼻が曲がりそうな悪臭!!( ´艸`;)

 しかしその匂いに誘われるようにして現在はこんな感じです↓
DSCN8111.JPG 写真では伝わらないんだよなぁ・・・この匂い・・・。
悪いムシが来ると厄介な為、ビニールを蓋に挟んでいます。

臭いモノに蓋をしたいというのもある!!(`・ω・´)

 エサの交換で蓋を開ける時はちょっと臭うので、沢山飼うのは
ちょっと厳しいです(>_<)

 そんなセンチコガネの飼育日記でしたノシ

投稿者 yoshinobori : 00:05 | コメント (0) | トラックバック (0)