活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2012年10月29日(月) 齋藤家のクワガタ事情。

活動報告

 ようやくオオクワガタの大アゴから開放されました。
あの更新の後から5分ちょっとは掛かったですかね?

 5分といえば音楽を大凡一曲聞いたくらいでしょうか?
しかしですねぇ!!楽しい時間は早く感じ、しんどい時間は長く感じるモノです。

今回の私の一件がどっちだったか?というのはこれは言わずもがなでしょう!!

 前回、少しだけ書きました。我が家で飼育中の「ニジイロクワガタ」のお引越しと
コクワガタの産卵木を割ってみました!!
DSCN9501.JPG
 まずニジイロクワガタ!!7月くらいに購入したので大体3ヶ月くらい?
のお付き合いとなっております。大分大きくなりました。

 幼虫でいる期間はおよそ6ヶ月〜8ヶ月くらいですかね?
長ければ20ヶ月掛かるギラファノコギリクワガタに比べてニジイロクワガタは
幼虫の期間が短いんですね。ギラファが長すぎるのもあります・・・。

 ニジイロクワガタは900ccのビンに飼育するのが良いようです。
現在入っているのは500ccだったと思います。

 このままではこれ以上大きくならないで小さい成虫になってしまう!!
それはちょいと困るので今回900ccのビンに移しました!!

 そして今回はそれだけじゃあないのです!!
どこのクワガタの飼育日記を見ると皆さん「重さ」を表記しているんですね!!
そこで私もようやく買いました!!
DSCN9502.JPG 洗濯バサミと比較
DSCN9503.JPG体重計で重さを計る。重さは8g。

 他の飼育日記を見ると19gの人もいるのでまだ小さいですね。
これから大きくなってくれるでしょうか?

 そして・・・オスは・・・※羽化してくれるか?(´・ω・`;)
現在2匹で飼育中でこの子はオスだろうと踏んでおります。

 そして、コクワガタ&オオクワガタが産卵したであろう産卵木を割ってみました!!
DSCN9507.JPG まずはコクワガタ。木に無数の傷があります。
これはコクワガタの産卵痕!!これは期待大!!続いてオオクワですが

ココで事件発生!!

DSCN9509.JPG 

NANIーー!!!!Σ(´Д` ;)

 お前はコクワガタ!?オオクワの産卵木にコクワが紛れていた!!
何たる失態!!これでは出てきた子がどっちか分からない!?

 とりあえず割り出して幼虫がある程度大きくなったら分別しよう・・・。

できれば!!ですが・・・。

 そして気になる結果ですが・・・
DSCN9512.JPG 幼虫はやはりたっくさん出てきました!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 もうどっちか分からない状態ですが・・・

合計15匹の幼虫が生まれました!!これをプリンカップにマットを入れて
幼虫を入れたのがコチラ。↓

 DSCN9516.JPG 多い人は80個になるそうですよ!!大きくなっておくれよ〜・・・!!

まさかこれ全部メスなんて事はないよね?(´∀`)HAHAHA!!!

そして気になる謎多きクワガタ「メコンクワガタ」!!
初挑戦は全滅でしたが今回はいかがか?
DSCN9266.JPG 

生存者アリー!!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 ケースの底をウロウロ。元気でした!!
やはりカブトマットが1番いいみたいです。

 この調子で成虫になりメコンクワガタの正体を暴いてみたいと思います!!

カブトムシも元気です!!寒さのせいか最近動きが活発ではありませんが・・・。

 次回は明日〜2日以内にお会いしましょう!!ではノシ

 ※メス・・・齋藤家は何かの呪いか、羽化するクワガタ皆メスばかりで
オスの羽化どころか蛹も見たことがないのです!!

 この前もコクワガタの大型になりそうだったオスが死んでしまうし!!
ウチは大奥か・・・?(´Д` ;)

 

投稿者 yoshinobori : 21:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日(月) 帰ってまいりました!!

活動報告

DSCN9267.JPG どうも!!初めましての方は初めまして!!
いつも見てくださっている方はどうも!!ありがとうございます!!

 齋藤(兄)でございます!!

いきなりですが・・・

 現在、オレ大ピンチ!!ヽ(´Д` ;)ノ

 遡る事2日前、静岡へ齋藤家3人(+2匹)1泊2日で行ってきました。
と言いますのも、この度静岡の従兄弟がめでたくも結婚する事になったのです(^-^)

 静岡の叔母とはFacebookでお友達で、私のコクワガタの写真を
シェアして頂いたのがキッカケで今回の長旅にオオクワ(70mm)、コクワ(45mm)が
同伴することに。

 今度見せて!!という事だったのでいい機会だったのと・・・

 すごく久しい再会になるので何を話せばいやら!!(°□°;)

 ・・・な状態だったので話のキッカケ作りも兼ねていたのですが・・・

何と新婦さんは虫の類が苦手だった!!(´Д` ;)

 
 なので虫たちは一部の方のみに紹介しました。(^-^)
DSCN9315.JPG昼、式会場到着時の写真。タクシーから。

 夕方の7時くらいに式も終わり、電車に揺られて約3時間!!
家につくなり我々3人はバタリ→夢の中!!

 そして今日、ニジイロクワガタの引越し&産卵木の割出しを終えて
オオクワたちを元の広いケースに戻そうとしたらば、普段大人しいハズの
オオクワガタが急に暴れだして私の指をガブリ!!
それで最初の写真の有様です・・・。

 恐らく帰宅しても放ったらかしだったのが気に入らなかった様子。

 旅の最中は多少狭い容器でもいつもどおりだったので間違いないのだ!!↓
DSCN9285.JPG旅初日の夕方
 ビジネスホテルでゼリーを丸々1個を独り占め状態でたらふく食べた後
朝まで爆睡するオオクワガタ。↑

 初めてのビジネスホテルに緊張してる我々一家を差し置いて結構な満喫ムード。

まさかこの旅を1番満喫してたのがお前だったとは・・・(´・ω・`)

 どこまでもマイペース・・・それがオオクワ。(^_^;)

 ちなみに今も離してくれません。片手でこの記事書いてますwww
もちろん痛みを伴いながらの更新です。

 「ニッパー+大人の力」で握られてる感じです。えぇ痛いです。
そりゃあもうメチャクチャ痛いのれす。

 文章の上では冷静っぽい印象かもしれませんが
コッチは溜まったもんではないのです!!(°皿°;)

 どうも「キーを打つ振動」を感じるとより強く締めてくるようで
現在、恐らく細い枝なら折れそうな力です・・・。

 「ギリギリギリ・・・!!」とア二メでしか聞いたことのないような
生々しい音と共に指先が紫色に・・・。

 ちょいとシャレにならなそうなので、続きはコイツがアゴを離してくれるまで
しばしお待ちください。m(_ _)m

 それまでにオオクワと・・・話つけてくらぁ・・・。ノシ

投稿者 yoshinobori : 16:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日(金) 明日、静岡へ飛びます。

活動報告

 ニジイロ、ヒラタ、コクワの幼虫が大きくなってきました(*゚▽゚*)

齋藤(兄)です。

 Facebookで私と友達になっている方にはお見せしましたが
最近描いたイラスト〜。

 Desktop1.jpg お知り合いの方が飼育されていたカブトムシのメス(名前をぽーちゃん)が
亡くなったとの事でその子のエピソードを聞いていたら
描かずにはいられなかった!!(>_<)

 飼い主の方からも好評を頂きました!!(^-^)

ありがとうございますm(_ _)m

そして×2

 本日、昆虫マニアの先輩である「F氏」より、あるモノをお借りしました。
DSCN9264.JPG プレイステーション用ソフト「むし太郎」という
見たことも聞いたこともないゲーム。(´・ω・`)?

 何でも※「究極のクソゲー」と呼ばれる名作であり
その難易度は理不尽極まりないとの事。

 私は中学、高校時代はア二メ、ゲームが大好きで(今でもたまにやる)
「ドラゴ〇ボール」の格闘ゲームの最高難易度で満足できず
大学の後輩相手に片手で倒した程の腕前を備えております!!


 しかも昆虫採集をして行くゲームですから!!(´∀`)
私の実力ならクリアできるだろう!!早速プレイ開始!!

・・・と行きたいトコロですが、明日は静岡へ1泊2日で行くので
その準備の為にやる時間がない!!仕方ないね!!

 帰ってからやらせていただきます!!ノシ

最後に!!静岡へ何のご縁かウチのコクワガタも同伴しますwww

 向こう側から大きいコクワガタを見てみたい!!との事で・・・。
DSCN9260.JPG 45mmクラスとその娘の2ショット。行くのはパパだけ。

 では明日の準備の為、ココで失礼します!!ノシでは

投稿者 yoshinobori : 22:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日(木) アルビノ?それとも交雑種?白いコガモ

活動報告

 これから神奈川名産「サンマーメン」食ってきます!!ノシ

 ではノシ

 ・・・の前に齋藤(兄)です!!

 ここ最近、鶴見川にオカシな冬鳥が見られます。

それは恐らくは「コガモ」と思っているのですが・・・

 

体が見事に白い!!(´Д` ;)

 別種なのか交雑なのか?はたまた※アルビノなのか?
まだ調べを進めている最中ですが、とりあえず写真がコチラ↓
aaDSCN9256.JPG右:白いコガモ? 左:コガモ

 こちらが白いコガモ?(写真右)です。
大きさ、特徴は色を覗いてコガモにそっくりです。(´〜` ;)
 
 最初に発見したのは恩回し公園でこの写真は小田急線「鶴川駅」で撮影。
いずれもコガモの群れの中に紛れていました。

この「みにくいアヒルの子」は一体何モノ?

もし知ってる!!って人!!情報お待ちしてますm(_ _)m

 ※アルビノ・・・色素が抜けて白っぽくなった個体のこと。

投稿者 yoshinobori : 18:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日(木) 冬に舞う橙色の小さな嵐!!

活動報告

 ↑カッコイイ感じにしたかったんだけどなぁ・・・

齋藤(あにぃ)です。

 先日、母と昼食の買い物へ、その道中に何と冬鳥である「ジョウビタキ」が!!
今年の冬初のジョウビタキ!!これは写真に収めねば!!と

次元〇介顔負けのスピードでシャッターを切る!!

 しかし!!向こうもコチラに気づき、藪の中へ!!撮れた写真は1枚のみ!!

まさに一瞬の出来事・・・!!

 母:「やったか?」(´・ω・`;)

 

私:「それはダメだったヤツが言うセリフだから!!」Σ(°皿°;)

・・・とか路上で親子漫才して撮れた写真をチェックすると・・・

aaDSCN9239.JPG 思いの他キレイに撮れていました!!(´∀`)
この子はメスで、オスはオレンジと黒の非常に派手な色をしています。

 可愛い見た目とは裏腹に非常にケンカ腰な性格で車のミラーに映った自分を
敵と間違えて攻撃する事もあるんだとか!!

 ちなみに去年のモノですがオスの写真はコチラ↓
aaDSCN2548a.JPG遭遇難易度★★☆☆☆
美しさ★★★★☆
可愛さ★★★☆☆

 正直出会える機会は多いです。都心部の公園でも見かけることが出来ます。
しかし、見た目がスズメより少し大きいくらいで、スズメよりも
コソコソと忙しく動き回り、ほとんど留まることがないので
いても気がつかなかったり、見つけてもすぐに何処かへ行ってしまう・・・

なんて事もしばしば。(´・ω・`)シュン・・・

撮影する時は!?(個人的経験談です!!参考程度に!!)

 彼らはあまり広い範囲を移動しないようで飛んでいってしまっても
しばらくするとまた帰ってくることもよくあります。
 時間に余裕があれば、しばらく待って撮影の隙を狙うといいかもしれません。

But!!(しかしの意)

これは私個人の経験談です!!あくまで「へぇ〜」程度にとどめて下さい!!

これも大事なことなので2回言わせていただきました!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 18:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日(木) 流されて!!

活動報告

 「ショッキングピンク」にさほど衝撃を受けなかった齋藤(兄)です。

 他にもショッキングパープルとかもあるんですね。
それでも驚くことないです。

 今回は何と!!いつだいつだと待っていたギラファノコギリクワガタが・・・

全員蛹になりました!!(((o(*゚▽゚*)o)))
DSCN9243.JPG写真は蛹化の最中。幼虫時代の皮を脱いでいます。

 4匹飼育していてウチ2匹は成虫になり残りがようやく蛹になりました!!

しかしココで驚きの事実!!

 オスとばかり思っていた幼虫がメスだったのです!! ↑ (>_<;)
8cm以上ある部屋を作ったのでオスだとばかり!!迂闊だった!!

齋藤家ではいまだクワガタのオスを羽化させた事がないのです!!

 何故にメスばかり!?ウチは※「藍〇島」か!!(°皿°;)

マイナーなツッコミは置いておき、これでは累代飼育が出来ません!!
メスは大事な卵を産みます。大事な卵です!!

大事なことなので2回言いましたよ(^O^)

 なのでメスが生まれるのも大歓迎なのですが、やはりオスがいないことには
命を繋ぐ事が出来ません!!(´・ω・`)

 どうしたものか?現在、作戦を考察中・・・。

※藍〇島・・・漫画。主人公が海を漂流し行き着いた先は女性だけの島!!藍蘭島!!
そこでの新しい生活に戸惑いながらも探してる妹と再会の為、逞しくなってくドタバタ日常漫画。

投稿者 yoshinobori : 17:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日(火) コメント反映&メダカ池!!

活動報告

 今日は雨が降ったり止んだりで主婦の方は
さぞやお忙しい1日だったかと思います。m(_ _)m

 斯く言う私も発酵マットが大変なことに・・・!!

齋藤(兄)です。

 コメントを頂いたので紹介&お返事をば!!

ーーーーー2012年10月18日(木)早渕川で 「サギ」 を撮る!!ーーーーー

 今回も楽しく読ませていただきました!
サギはやっぱりカッコいいですね。
それにしても早渕川のサギ類が多いとですね、
それだけ餌となる小動物や魚も多いんでしょう。羨ましいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ご贔屓にして頂き誠にありがとうございます!!
ウチの近所でもこれだけのサギに出会えるのは中々ないので
本当に自然が豊かな川なのでしょう!!
またゴイサギに会いに行きたいッス!!

ーーーーー2012年9月29日(土)ネットがつながらない!?ーーーーー

おぉニゴイですか懐かしい。最後にニゴイを見たのは20年以上前相模川で釣り上げた個体です。鶴見川で投網うっていた頃はニゴイにはお目にかかってないので鶴見川流域では珍しい魚ではないでしょうか。とにかくおめでとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 コメントありがとうございます!!自分は野生のニゴイを見るのが
これで人生初だったのでビックリ!!
 昔は綱島の方で見られていたと聞いています。
まだ生き残りがいたのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして2日前になってしまいましたが横浜線「成瀬駅」から程近い
「メダカ池」のかい掘り作業に参加してきました!!
DSCN9174.JPGのサムネール画像 ここは毎年、池の底に溜まった泥をキレイにする為に水を抜き
そこに住んでいる生き物を恩田川へ避難させる活動が行われています。

 もちろんメダカが沢山見られ、他にも数多くの水生昆虫や野鳥が見られます。
カワセミがよく飛んでくるようで多くの方が写真を撮りに来ています。

 ここメダカ池で見られた生き物を紹介したいと思います!!
そして今日の夕飯が卵料理だったこともあり
今回は生き物の「卵」に注目していきたいとそう思っています。

 生き物には・・・

「多く産んで面倒を見ないタイプ」と「少ない数を大事にするタイプ」に

大まかに分かれています。

 面倒を見ないタイプはたっくさんの卵を産んで
1匹、2匹生き残ればいい!!という戦略を持ちます。
下手な鉄砲数打てば当たる!!という訳ですね。

 大事にするタイプは子供の数は少ないものの
親がしばらく面倒を見るので子供が食べられたりする
リスクは前者よりも大分少なくなります。

 これで行くと我々人間は後者に当たりますねヽ(・∀・)ノ

今から紹介するのがどちらなのか!?

 それでは・・・いざぁ!!

DSCN9176.JPG 遭遇難易度★★★★☆
育MENである★★★☆☆
本で見た!!★★★★☆

 まずは「コオイムシ」ですね!!コオイムシにはいくつか種類がいるようですが
私の目はまだ区別できる程にこの子らを見ていないので何とも言えんです・・・。

 名前の通り、背中に卵をくっつけて子供の面倒を見るタガメの親戚。
メスがオスの背中に卵を産み付けオスは卵が孵るまで卵を死守します。

 こうすれば全ての子供が無事に孵る事ができますね( ´ ▽ ` )
それにしてもこの虫・・・育メンである!!(´・ω・`)

 コオイムシは子供の面倒を見ているので
「少ない数を大事にするタイプ」ですね。

DSCN9182.JPG遭遇難易度★★★☆☆
使徒だと思ったのはオレだけでは無いハズ!!★★★★★

 こちらは「オオヤマトンボ」のヤゴ!!「ヤマトンボ」と呼ばれる種類の中で
最大クラスなのでこの名がついたそうな。

 成虫は開けた水場を好み、オニヤンマに姿が似ています。

メスはお腹を水面に打ち付けるようにしながら卵を産みます。
これを「打水産卵(だすいさんらん)」と呼びます。

 卵を産んだ後は池を離れますのでオオヤマトンボは
「多く産んで面倒見ないタイプ」になります。
DSCN9181.JPG遭遇難易度★★☆☆☆
小学校の頃捕まえたら英雄★★★☆☆

 「ミズカマキリ」も見られました!!カマキリとありますが
カマキリの仲間ではなくコチラもコオイムシ同様、タガメの仲間。
タガメの仲間の中では比較的見かけやすい種類ではありますが
それでもヒョイヒョイ見つかりません。

 探そうとしても見つからず、何でもない時にいきなり現れます。

お尻のナガーイ尻尾のようなモノは息をする為のモノで
シュノーケルみたいですね。(((o(*゚▽゚*)o)))

 卵は苔の中に産みます。面白い形をしていて
苔から白いヒゲのようなモノがニョキニョキ生えたような卵です。

 これで卵は息をするそうです。

コチラも面倒を見ないのでオオヤマトンボと同じ
「多く産んで面倒見ないタイプ」!!
DSCN9183.JPG遭遇難易度★☆☆☆☆
知名度★★★★★

 ようやく主役登場!!(*゚▽゚*)

 メダカです!!「メダカの学校」でお馴染みですね。
生き物好き!!でなくとも知っている人は多いです。
それだけ人間の生活の中に近いところにいる生き物なのでしょう!!

 メダカの卵は糸がついていてこれを水草などに引っ掛けます。
飼ったことがある人は水草に卵がビッシリ!!なんて光景を
見たことがあるかもしれません。(^O^)

 親は卵を産んだあとは何もしないので
コチラも「多く産んで面倒見ないタイプ」。

 DSCN9187.JPG遭遇難易度★☆☆☆☆
別名が有名★★★★☆

 「クチボソ」という別名で有名な「モツゴ」です。
トンガっていて下顎が出ているのが別名の由来。

 モツゴは大きな石などに産み付け、オスが卵が孵るまで面倒を見ます。
こちらは「少ない数を大事にするタイプ」です。

 以上が見られた生き物たちでした!!
卵の産み方を2種類に分けてみましたがほとんどが
多く産んで面倒見ないタイプでした!!

 実はこのタイプは小さくて「食べられる」生き物に多いんですね。
メダカはそれの典型と言えます!!

 彼らが食べられるコトで彼らを食べる捕食者が生きられます。
さらにその捕食者を食べる捕食者もまた然りです!!

 これが「食物連鎖」ですね!!

我々人間もこの連鎖の一部!!知らぬ間に他の生き物の犠牲の上に立っています。
だからこそ自然を大事にして行きたいですね!!(´∀`)

 しかし出来ることには何事にも限度がありますし
無理やりやろうとするのも大変です。

 大きいコトをやるのもありかもですが
自分としては出来るコトを「継続」していく事が大事かな?
と思います。生意気な文章失礼でした・・・。

 中々予告通りに記事が書けないなぁ・・・。
ソロソロ野鳥のコトで色々書きたいのですが・・・。

 今の所書きたいのは・・・

野鳥観察について 飼育日記 ですね。

 そして私、諸事情にて近々静岡へ飛びます!!2日間だけですけどね(´∀`)
これに関して何かかけないかなぁ・・・と思います!!では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 23:19 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月21日(日) クモの魅力!!+メコンクワガタrevenge!!

活動報告

 今日、柿生の美味しいとんかつ屋へ・・・。
やはりお店で食うのが美味いよね(´∀`)

 齋藤(兄)です。
DSCN9115.JPGのサムネール画像 昨日、小机の鶴見川流域センターの「クモの観察会」に参加してきました!!
自分の中には全く無かった世界でむしろクモに対して少し苦手意識を持っていたのですが

 今回の講演を聞いてビックリ!!(*゚▽゚*)

 もう四方八方からメッタ打ちを喰らったような感覚!!
見るもの、聞くもの全てが刺激に溢れて圧倒されっぱなし!!

 今度、クモの本を買おう!!と思いましたね!!

 クモが苦手!!という人の為、今回紹介するクモは1種だけにしますが
このクモも実に面白いクモですよ!!

 それがコチラ!!
DSCN9147.JPG これ!!見えますか?画像をクリックして大きいサイズで見ると分かるのですが
1mmくらいの非常〜に小さいクモで「イソウロウグモ」というクモの仲間で
名前の通り、他所のクモの巣に居座り、そこの主の食べ残しを頂戴するそうです!!

 クモの世界はカミキリとはまた異なる魅力を秘めているようです!!
もし面白いクモを見かけたら紹介してみたいと思います!!ノシ


そして×2

 相変わらず行きつけのペットショップに「やれるもんならやってみ?」
と言わんばかりに「メコンクワガタ」が大量に売っていたので

 再び挑みます!!「メコンクワガタ」!!

今回は「ツヤクワガタ」について調べに調べたので死角無し!!

まず用意したのは以下
DSCN9163.JPG・カブトマット(5L)・・・500円

・ケース・・・自宅の使い古し容器

・メコンクワガタ×2・・・1400円

飼育費用・・・約1900円也

 ツヤクワガタの仲間は他のクワガタには見られない行動のオンパレード
なクワガタで、まず木には全く産卵せず完全にマットのみに産むタイプ。

 しかもカブトマットのような、ほぼ土になったマットでなければ
卵は産まないし、幼虫も育たない!!

 その為、「クワガタ」というよりも「カブトムシ」を飼う感覚で
飼育するコトが1番いいらしいのです。

 早速幼虫をケースに入れることに!!
DSCN9164.JPG マットをケースに詰めます!!
一応、底の方を固めに詰め、上は手で軽く押す程度に詰めました。
DSCN9167.JPG こちらが「メコンクワガタ」の幼虫。
すでに結構な大きさになっているので、すぐに蛹になってくれるか?

 ・・・と思っています。

目的は「メコンクワガタの正体を暴く!!」ですので大きい個体を作る!!

 というよりも、とにかく羽化させるコトを重視しております(´・ω・`)

 よく見るとお腹の部分が大きいのが分かりますか?
どうもコレがツヤクワガタの仲間の特徴らしいですよ!!

DSCN9168.JPG 幼虫を入れます。ツヤクワガタは多少窮屈でもケンカすることなく
複数での飼育が可能!!

 クワガタ幼虫はケンカ、共食いを起こし、他の幼虫がいるというストレスから
育ちが悪くなってしまったりとデメリットばかり!!

その為、基本的に1つのビンに1匹で飼育するのですが・・・

 クワガタらしさが全く無い!!本当にカブトムシ飼ってるみたいだ!!

 相変わらず姿は見えませんが、何か動きがあれば紹介したいと思います!!

最後になりますが、以前に岡上で一緒に昆虫採集した I さまより
ヒラタクワガタの幼虫を3匹も頂きました!!

 頂いた幼虫はオス1匹、メス2匹!!

 この場をお借りして改めましてお礼申し上げます!!m(_ _)m
ありがとうございました!!
DSCN9189.JPG
 さっそくマット内をウロウロ。頑張って羽化させます!!

投稿者 yoshinobori : 22:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日(木) 早渕川で 「サギ」 を撮る!!

活動報告

a> 昨日、クワガタたちのエサを交換しました~(^^)ノシ
みんなすくすく大きく育っておりました!!早く成虫の姿を拝みたいものです。

 齋藤(兄)です。

 今回は鶴見川の支流に位置します 「早渕川」 を探索したいと思います!!
「あざみ野」付近から都筑区港北ニュータウンを流れ、綱島上流部で鶴見川に合流します。
川の周りは家や道路に囲まれていますが、それでも多くの生き物で賑わっています。
アユが卵を産む場所でもあるのです!!

 数ある生き物の中で今回、狙っていきますのは・・・

 サギの撮影をします!!(^_^)v

 サギの仲間は体が大きい種類が多く、迫力があります!!
また見つけやすく、動きも早くないので撮影の難易度も高くありません。

 野鳥の写真を始めるにはちょうど良い鳥です。あと個人的に私が好き!!
というのもあります(^_^)v

 それでは早渕川へ・・・いざぁ!!

今回はあざみ野駅からゆっくり下って綱島まで!!
自転車で走って見つけた生き物を紹介します!!


aDSCN8927.JPG遭遇難易度  ★☆☆☆☆
ヘンテコ行動 ★★★☆☆


 記念すべき1枚目は「コサギ」です!!鶴見川の流域においてサギの中で
もっとも見つけやすい種類です。冬になる何羽ものコサギが集まっている様子を
見ることもできます。

 賢い鳥で草だまりの中に足を入れて魚やエビを追い出して捕まえたり
カワウと行動を共にしてカワウが取り逃がした魚を捕まえたりと
色んな方法を用いて狩りをする姿は見ていて面白いですよ(^^)

aDSCN8923.JPG遭遇難易度    ★☆☆☆☆
大抵「虫」の物件 ★★★★☆

 川沿いで発見。「ハラビロカマキリ」ですね。
名前の通り、他のカマキリに比べてお腹が平たくて広いので見分けも簡単です。
あまりこの子目当てに虫捕りする人を聞いたことがありません。

「オオカマキリはいなかったけど・・・」みたいな
雰囲気で虫カゴの中にいることが多いです。

 そして今回のように「水辺の近く」にいる場合は「ハリガネムシ」が寄生している
可能性が!!(°へ°;)

 ハリガネムシはこのカマキリに寄生する「寄生虫」の類で名前の通り
ハリガネを思わせる姿をしています。

彼らは水中で産卵をするらしく産卵を始める時は寄生したハラビロカマキリに
水に飛び込むように操るのです!!

もしかしたらこの子も操られている最中だったかも知れない・・・。
そら恐ろしいことです・・・。
aDSCN8938.JPG遭遇難易度    ★★☆☆☆
親鳥とのギャップ ★★★☆☆
好奇心旺盛    ★★★★☆

 おぉ!!ゴイサギだ!!(°∀°)

 夜行性のサギで夕方くらいに知らぬ間にやって来るサギの仲間。
コサギなどのように首は長くなく、小柄な印象です。

 しかしながらこのように昼間でも見られますが昼と夕方とでは
明らかに昼の方は元気がない・・・。人間で言う夜更かしですからね~。

 この子はまだ若い鳥で成鳥は全く違う姿をしています!!会えるといいなぁ。

aDSCN8940.JPG どうも魚の群れに興味があるご様子。
食べたいのか、巣立ったばかりで見るモノが新鮮なのか・・・

aDSCN8955.JPG 魚の群れを眺めた後は足元の「何か」に興味津々。
もしかすると水面に映っている自分の顔が気になっているのかもしれません。(^^)

aDSCN8949.JPG 近い近い近い!!Σ(°Д°;)

 クチバシが!!クチバシが水に!!

aDSCN8958.JPG遭遇難易度       ★★☆☆☆
魅了される度      ★★★★★
こんなトコに!?度   ★★★★★

 ゴイサギの近くで様子を見るかのように「カワセミ」も見られました!!
私の周りではこの鳥は 「山奥に行かないと会えない」 という人が多いのですが
ココ 「あざみ野駅」 の近くでも見ることができるくらい実はこの鳥は
出会える機会は多いです。

 自転車のブレーキ音が川から聞こえたら川の方を見るクセをつければ
高確率で見つけることが出来るハズ!!

aDSCN8968.JPG
遭遇難易度        ★★☆☆☆
見とれる度        ★★★☆☆
エサ捕るトコ見たことない ★★★★☆

 「ダイサギ」が見られました!!
日本最大のサギとされるアオサギより3㎝小さいサギの仲間

3㎝あれば日本一のベルトに届いたのになぁ・・・。

aDSCN8974.JPG遭遇難易度???

 ややっ!?(°△°;)

これは・・・何だ???(゜_゜;)

 近づくと 「プピッ!!」 という鳴き声ともに水の中へ逃げていく・・・。
少し根気を出して探してみると・・・
aDSCN8985.JPG遭遇難易度   ★★☆☆☆
鳴き声は知ってる★★★★☆

 犯人はコイツでした。「ウシガエル」ですね!!
まだオタマジャクシの名残りもあり、体も小さい上に鳴き声もウシガエルらしからぬ
「プピッ!!」と鳴くだけ・・・。

 可愛らしいが持ち帰ってはいけない種類の生き物なので
見つけてもそっとしておきましょう!!(^o^)
aDSCN9031.JPG遭遇難易度  ★☆☆☆☆
デケェ・・・度★★★☆☆
動かない度  ★★★★☆

日本最大のサギ「アオサギ」にようやく会えました。
首をS字に曲げて魚を捕えようとしています。
aDSCN9032.JPG Dash!!(°△°)

 首を伸ばして・・・というよりも倒れこむようにして魚を捕える!!
果たして結果はいかがか?

aDSCN9033.JPG お見事!!(°∀°)

 ウグイかな?大きな魚を捕えました!!
DSCN8987.JPG遭遇難易度        ★★☆☆☆
夜に見つけた時のテンション★★★★★

 おぉ!!(°∀°)

 ゴイサギの成鳥だ!!ガマの上を器用に歩いています!!
私が好きなサギの中で1番好きなサギです!!

 白と黒のシンプルでモダンな色合いに赤い瞳!!
藪の中をゆっくりと歩く姿はさながら「忍び」のようでカッコいい!!
DSCN8993.JPG 一休み
DSCN9007.JPG いきなりカメラを向けられてビックリ!!・・・な顔。
DSCN9040.JPG遭遇難易度        ★☆☆☆☆
音がいいのはネコ     ★★★★★
僕は神様なのかもしれない ★★★★★

そして突如として現れた近所のネコ!!

 他にも多数の生き物に出会えたのですが、今回はココまで!!
寒くなってきたのでドンドン野鳥の季節になってまいりました!!
皆様も是非!!双眼鏡、カメラ片手に川沿いを歩いてみてはいかがでしょうか?

次回はバードウォッチングについて書ければ!!と考えております!!
DSCN8969.JPG
 ダイサギでお別れ!!では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 12:15 | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月15日(月) ギラファノコギリ♂が蛹化の準備!!+トリックオアトリート?

活動報告

 ハロウィンになると必ずお面を最低でも1つは買います。

齋藤(兄)です。

 ちなみに今回は金ピカなドクロのお面。

ここ数日に掛けて飼育中の「ギラファノコギリクワガタ」の♂が
蛹になるべく部屋作りの真っ最中!!

 DSCN8916.JPG メスは狭い部屋でしたが、やはりオスのは自分の倍くらいの部屋を作るようです。
何分自分の体の長さくらいあるナガーイ大アゴをお持ちなのだから当然である。

つまりこの子は「自分が成虫になった時の大きさを把握できている」

 ・・・ということになりますよね?これがあるから生き物観察は面白い!!(´∀`)

ん・・・?待てよ?(・へ・)

 という事は・・・

部屋の長さ = オスの大きさ じゃない?

 

そうだよね?やっぱりそうなるよね?てか絶対そうなるよね?

試しに大まかな長さを測ってみると・・・9cmくらいはありそうです。
しかもまだ掘っている最中!!

ちなみに種親の全長が70mm(小さい)なので・・・

これサイズアップの可能性大じゃない!?(゚∀゚)アハーン?

 目標は100mm!!これは可能性、期待ともに「大」ですね!!
しかし蛹になるのには、まだ時間がかかりそうです。

 これはギラファノコギリ飼育ではよくあるようで
メスが早いウチに羽化、成熟して準備万端なのにオスが未だに蛹、もしくは
成熟してなくて場合によっては交尾させる前にメスが死んでしまう事もあるようです。
焦って早めにペアリングさせると成熟してないオスがメスを殺してしまう事も!!

 簡単に飼えると言われている割にその辺りが少し気難しい!!
我が家も例外でなく今1匹のメスが羽化、もう1匹も蛹で間もなく羽化する予定。
でもオスはまだ蛹はおろか前蛹にもなってない!!
 ペアリングは出来るか心配ですが、まずは無事に羽化してくれるコトが先決!!
頑張ってくれよ!!ギラファノコギリ!!


 そして写真がこれ1枚で心もとないのでハロウィンっぽいイラストを1枚・・・。
いくつかホラーゲームのオバケ?が混じっています。
ほらー.jpg

投稿者 yoshinobori : 20:48 | コメント (0) | トラックバック (0)