活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

コメント反映&メダカ池!!

2012年10月23日(火)|活動報告

 今日は雨が降ったり止んだりで主婦の方は
さぞやお忙しい1日だったかと思います。m(_ _)m

 斯く言う私も発酵マットが大変なことに・・・!!

齋藤(兄)です。

 コメントを頂いたので紹介&お返事をば!!

ーーーーー2012年10月18日(木)早渕川で 「サギ」 を撮る!!ーーーーー

 今回も楽しく読ませていただきました!
サギはやっぱりカッコいいですね。
それにしても早渕川のサギ類が多いとですね、
それだけ餌となる小動物や魚も多いんでしょう。羨ましいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ご贔屓にして頂き誠にありがとうございます!!
ウチの近所でもこれだけのサギに出会えるのは中々ないので
本当に自然が豊かな川なのでしょう!!
またゴイサギに会いに行きたいッス!!

ーーーーー2012年9月29日(土)ネットがつながらない!?ーーーーー

おぉニゴイですか懐かしい。最後にニゴイを見たのは20年以上前相模川で釣り上げた個体です。鶴見川で投網うっていた頃はニゴイにはお目にかかってないので鶴見川流域では珍しい魚ではないでしょうか。とにかくおめでとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 コメントありがとうございます!!自分は野生のニゴイを見るのが
これで人生初だったのでビックリ!!
 昔は綱島の方で見られていたと聞いています。
まだ生き残りがいたのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして2日前になってしまいましたが横浜線「成瀬駅」から程近い
「メダカ池」のかい掘り作業に参加してきました!!
DSCN9174.JPGのサムネール画像 ここは毎年、池の底に溜まった泥をキレイにする為に水を抜き
そこに住んでいる生き物を恩田川へ避難させる活動が行われています。

 もちろんメダカが沢山見られ、他にも数多くの水生昆虫や野鳥が見られます。
カワセミがよく飛んでくるようで多くの方が写真を撮りに来ています。

 ここメダカ池で見られた生き物を紹介したいと思います!!
そして今日の夕飯が卵料理だったこともあり
今回は生き物の「卵」に注目していきたいとそう思っています。

 生き物には・・・

「多く産んで面倒を見ないタイプ」と「少ない数を大事にするタイプ」に

大まかに分かれています。

 面倒を見ないタイプはたっくさんの卵を産んで
1匹、2匹生き残ればいい!!という戦略を持ちます。
下手な鉄砲数打てば当たる!!という訳ですね。

 大事にするタイプは子供の数は少ないものの
親がしばらく面倒を見るので子供が食べられたりする
リスクは前者よりも大分少なくなります。

 これで行くと我々人間は後者に当たりますねヽ(・∀・)ノ

今から紹介するのがどちらなのか!?

 それでは・・・いざぁ!!

DSCN9176.JPG 遭遇難易度★★★★☆
育MENである★★★☆☆
本で見た!!★★★★☆

 まずは「コオイムシ」ですね!!コオイムシにはいくつか種類がいるようですが
私の目はまだ区別できる程にこの子らを見ていないので何とも言えんです・・・。

 名前の通り、背中に卵をくっつけて子供の面倒を見るタガメの親戚。
メスがオスの背中に卵を産み付けオスは卵が孵るまで卵を死守します。

 こうすれば全ての子供が無事に孵る事ができますね( ´ ▽ ` )
それにしてもこの虫・・・育メンである!!(´・ω・`)

 コオイムシは子供の面倒を見ているので
「少ない数を大事にするタイプ」ですね。

DSCN9182.JPG遭遇難易度★★★☆☆
使徒だと思ったのはオレだけでは無いハズ!!★★★★★

 こちらは「オオヤマトンボ」のヤゴ!!「ヤマトンボ」と呼ばれる種類の中で
最大クラスなのでこの名がついたそうな。

 成虫は開けた水場を好み、オニヤンマに姿が似ています。

メスはお腹を水面に打ち付けるようにしながら卵を産みます。
これを「打水産卵(だすいさんらん)」と呼びます。

 卵を産んだ後は池を離れますのでオオヤマトンボは
「多く産んで面倒見ないタイプ」になります。
DSCN9181.JPG遭遇難易度★★☆☆☆
小学校の頃捕まえたら英雄★★★☆☆

 「ミズカマキリ」も見られました!!カマキリとありますが
カマキリの仲間ではなくコチラもコオイムシ同様、タガメの仲間。
タガメの仲間の中では比較的見かけやすい種類ではありますが
それでもヒョイヒョイ見つかりません。

 探そうとしても見つからず、何でもない時にいきなり現れます。

お尻のナガーイ尻尾のようなモノは息をする為のモノで
シュノーケルみたいですね。(((o(*゚▽゚*)o)))

 卵は苔の中に産みます。面白い形をしていて
苔から白いヒゲのようなモノがニョキニョキ生えたような卵です。

 これで卵は息をするそうです。

コチラも面倒を見ないのでオオヤマトンボと同じ
「多く産んで面倒見ないタイプ」!!
DSCN9183.JPG遭遇難易度★☆☆☆☆
知名度★★★★★

 ようやく主役登場!!(*゚▽゚*)

 メダカです!!「メダカの学校」でお馴染みですね。
生き物好き!!でなくとも知っている人は多いです。
それだけ人間の生活の中に近いところにいる生き物なのでしょう!!

 メダカの卵は糸がついていてこれを水草などに引っ掛けます。
飼ったことがある人は水草に卵がビッシリ!!なんて光景を
見たことがあるかもしれません。(^O^)

 親は卵を産んだあとは何もしないので
コチラも「多く産んで面倒見ないタイプ」。

 DSCN9187.JPG遭遇難易度★☆☆☆☆
別名が有名★★★★☆

 「クチボソ」という別名で有名な「モツゴ」です。
トンガっていて下顎が出ているのが別名の由来。

 モツゴは大きな石などに産み付け、オスが卵が孵るまで面倒を見ます。
こちらは「少ない数を大事にするタイプ」です。

 以上が見られた生き物たちでした!!
卵の産み方を2種類に分けてみましたがほとんどが
多く産んで面倒見ないタイプでした!!

 実はこのタイプは小さくて「食べられる」生き物に多いんですね。
メダカはそれの典型と言えます!!

 彼らが食べられるコトで彼らを食べる捕食者が生きられます。
さらにその捕食者を食べる捕食者もまた然りです!!

 これが「食物連鎖」ですね!!

我々人間もこの連鎖の一部!!知らぬ間に他の生き物の犠牲の上に立っています。
だからこそ自然を大事にして行きたいですね!!(´∀`)

 しかし出来ることには何事にも限度がありますし
無理やりやろうとするのも大変です。

 大きいコトをやるのもありかもですが
自分としては出来るコトを「継続」していく事が大事かな?
と思います。生意気な文章失礼でした・・・。

 中々予告通りに記事が書けないなぁ・・・。
ソロソロ野鳥のコトで色々書きたいのですが・・・。

 今の所書きたいのは・・・

野鳥観察について 飼育日記 ですね。

 そして私、諸事情にて近々静岡へ飛びます!!2日間だけですけどね(´∀`)
これに関して何かかけないかなぁ・・・と思います!!では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 23:19
この記事へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ryuiki-wako.jp/mt/mt-tb.cgi/6

この記事へのコメント

how To Get Rid Of Acne Overnight ...cystic Acne Treatment ...feline Acne

投稿者 Acne Ziana Gel view website : 2013年01月06日 05:19
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント