活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2013年1月30日(水) もしかして一番のり?

活動報告

 そろそろ節分、バレンタインがやってきますね〜。
節分は自分の年齢の数の豆を食べますが子供の頃は
もう少し食べたいと思ったモノです(´ω`)

しかし祖父は「こんな堅いもん食えん!!」と言ったのを今思い出しました。

歯は大切にしましょう by祖父

 齋藤(兄)です。

本日、久しく魚捕りをしました!!(´ω`)

 さて今回はどこへ・・・?
DSCF0929.JPG 「片平川」です!!(´∀`)ドヤァ


・・・(°ω°)


 う〜ん・・・恐らくですが、「ドコ?」という言葉を
脳裏によぎっている方が多くいらっしゃるのではと思います。

 麻生川の支流にあたり、小田急線「柿生駅」の辺りで麻生川と合流する川になります。
齋藤(兄)はこの川、過去に源流を探そうとして訪れております。

 詳しくはお手数ですが過去の記事をご覧くださればと思います。

DSCF0916.JPG コチラが「片平川」。基本は3面コンクリートに覆われ
生き物が暮らすには厳しい場所のように思われます。

DSCF0917.JPG しかし、探してみると部分的ではありますが
このような植物が生えていて、何か生き物がいるかも?な場所もあります。

麻生川流域は川へ降りられるスロープがありません。
もちろんココも例外ではありません。
わざわざ梯子を降りて三面コンクリの場所で魚を捕る人はいないかもしれない・・・

 つまり・・・

ココで魚捕りするのはもしや私が最初なのでは?

 そしてココに珍しい生き物が生き残っていた!!とかなったら

ロマンじゃない?(´∀`)ハハァ〜ン?

 という訳で挑みに・・・と思ったのですが、引越しの影響で・・・

調査道具がどっか行った・・・|||orz

 とりあえず用意できたのは・・・
ライフジャケット、小型タモ網しかない・・・。

とりあえず魚を入れる容器はクワガタ用のプリンカップ。

長靴はあるのですが下見の際に深すぎて今回は降板・・・。
防水のトレッキングシューズで岸からガサガサしながら探すことにしました。

DSCF0915.JPG まずは温度を計ります。

これは水槽用の水温計ですww

水温は・・・13〜14°といった所で非常〜に冷たい!!
温泉の水風呂以下です。

 DSCF0914.JPG すると早速!!

第一生き物発見!!(´∀`)

 これは「カワニナ」という巻貝の仲間。
ホタルの幼虫のエサで有名な貝で、水の澄んだ沢で見かけます。

 これがいるのなら水がキレイな川なのでしょうねぇ(´ω`)
これは他の生き物も期待出来ます!!

 個人的には「水生昆虫」ならそれなりにいるだろうと踏んでいたのですが・・・

 DSCF0919.JPG何と魚まで見つかった!!(´・ω・`)

 片平川はコイが泳ぐ事ができない程に浅く
深い所は大股10歩くらいの狭いマスのような場所になっています。

こんな所でひっそりと暮らしたいたのか!!

 1種類ずつ紹介していきます!!
DSCF0921.JPG まず最初に網に掛かったのは「カワヨシノボリ」でした。

鶴見川の上流部でよく見かける魚で
完全淡水生のハゼなので海には降りません。

こんな所にまでいるとは・・・(´・ω・`)

DSCF0924.JPG 「ドジョウ」も見られました!!
三面コンクリではあるのですが、所々砂が溜まった場所が見られました。
もう少し下流へ降りれば沢山のドジョウが見られたかもしれない・・・。

 DSCF0927.JPG 最後は「ヌマエビの仲間」でした。
ヌマエビの仲間は似た種類が多く、見分けが大変!!
恐らく「ミゾレヌマエビ」・・・かなぁ・・・?と思っております。

 まさか魚がいるとは!!これはもう少し探してみると面白いかもしれません!!

そしてFacebookの方!!

沢山の「イイね!!」「コメント」ありがとうございます!!

今後ともよろしくお願い致します!!

 次回は未定です。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 21:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日(月) 色々な生き物に出会えた話

活動報告

 今日、家の近所で「ダルマ市」があったようで、辺りはお祭り騒ぎ!!
楽しみたかったが今はそれどころではなかったのです!!

 一体何が!?齋藤(兄)です。

 今日は昨日も申しました通り、クワガタ、カミキリ屋の先輩「F氏」と
鶴見川の上流部を探索しました!!

 今回のターゲットは朽木の中の虫を狙います!!
即ち「割り採集」を行いました!!

 初めての方の為に少しだけ説明しますと
朽木などに棲む虫を捕まえる為に

 バール、鉈(なた)、斧(おの)、ドライバーなどを用いて朽木を割り
その中にいる虫をゲットする採集方法。

 これによりクワガタやカミキリ、中には割り採集でしか見られない虫も
手に入れる事が出来ます。しかし環境破壊につながる為、やりすぎは厳禁!!

 当面の目標はクワガタの幼虫!!あとは朽木ならでは虫を狙います!!

DSCF0842.JPG お昼頃に待ち合わせ場所に到着。

 予定より早く着いてしまった為、しばらくホラーゲームの主人公のように
辺りをウロウロ探索すると・・・
DSCF0840.JPG ややっ!!(*゚▽゚*)

 これは鳥の羽根!!小さい鳥ですね。
先端が水をかぶったように萎れてに見えますが、元々この形のようです。
そして私の「羽根コレクション」にこのような羽根はない!?

 これは帰ってから調べてみましょう!!Σd(゚∀゚)

そして「F氏」も到着し、いよいよ!!割り採集スタートです!!
DSCF0845.JPG 山の中に入るなり、F氏の口から・・・

 F氏:あ!アオジがいる!!(°∀°)

 ・・・と左を指差していたにも関わらず
私は間違えて右の方を見てしまったのですが、その視線の先には・・・

とんでもない鳥の姿が・・・!!

aDSCF0847.JPG お・・・お前は!!Σ(°ω°;(°ω°;)ウッソーン!!

 この爽やかな青色!!そして大きくクリっとした目に黄色い喉元!!
これは正しく・・・!!

念願の「ルリビタキ」!!Σd(´∀`)yeah!!

 何ということでしょう!!以前撮影スポットを教えていただき
二度にわたって挑んだにも関わらず運に見放されて出会えなかった
あのルリビタキが!?今!!わちきの目の前に!!

 ちなみに、このルリビタキは教えてもらったスポットのすぐ近くでした!!
三度目の正直で「ルリビタキ」の撮影に成功!!(≧∀≦)
DSCF0855.JPG ルリビタキの見た事で運が尽きたか朽木の中で虫を見つけられず・・・

 そんな中で自分が見つけた虫はコチラ↑

どう見てもオサムシの類、手にとって見ると・・・

DSCF0852.JPG キレイな色をしたオサムシです!!

 「アオオサムシ」だと思ったのですが私の手持ちの図鑑ですと・・・

 アオオサムシ (シズオカオサムシ) と出ました・・・。

ココ町田市なんだがなぁ・・・(´・ω・`;)

 ↑「エゾゼミ」とあるのに本州にいる!!なんてのもよくあります(´・_・`)


 「アオオサムシ」と呼ばれる中から
さらに細かく種類が分かれているようです。(・へ・)
ヨシノボリなどでいう所の「〇〇型」みたいなモノなんでしょうかねぇ・・・?

 DSCF0861.JPG 本当にルリビタキと出会ったのが運のピークだったようで
クワガタどころか出てくるのは「ムカデ」や「コメツキムシの幼虫」ばかり!!
殆ど春に向けての下見状態になり歩くばかりでしたが新しいポイントも多数発見!!

春、夏に期待が高まりました!!

 そんな中でF氏が見つけたのがコレ↑

 黄色いアメーバのような変なヤツ!!
F氏いわく、これは「粘菌(ねんきん)」の一種ではないだろうか?との事でした。
朽木や枯葉の中に潜み有機物を食べて育つ菌で
大きくなると「カビ」っぽい姿になって移動が出来るというのです!!


菌って移動するもんでしたっけ?わらわら増えてく印象はありますが・・・(´〜`)


 自分で調べてみた所、難しい言葉が狂喜乱舞してたので簡単に言うと


「動物と植物の両方の性質を持っている菌」なんだとか・・・。


 う〜ん・・・菌の世界は恐ろしいのぅ。(´・ω・`)

 どうにもコチラが盛り上がる虫が取れない・・・。
モン〇ターハンターで牧場の木をいつまでも揺らしてる気分・・・(´A`;)

 するとそこにF氏が「何か出た!!」と大声をあげる!!
私も見に行くと・・・
aDSCF0863.JPG なんじゃあ!?こらぁ!?
Σ(°Д°;(°Д°;)

 お尻か?それとも顔?いずれにしても幅だけで1cmはあるので
なかなか大きく見えます!!
最初は「シロスジカミキリ」の幼虫かな?と思ったのですが
傷つけないように慎重に取り出してみると・・・
DSCF0864.JPG カミキリにしては長すぎる体!!何とこれは「タマムシの幼虫」!!

 図鑑でしか見たことなかったです!!生で見るのは人生初!!!!

 エイリアンみたいでお世辞にも可愛いとは言えませんね・・・(´Д` ;)
この幼虫は私がクワガタのマット飼育をしているという事で

 自分が持ち帰りマット飼育で挑んでみたいと思います。


・・・そして帰宅・・・(´・ω・`)

aDSCF0882.JPG まずは拾った羽根の同定。調べた結果これは「シメ」の羽根でした。

 冬に見られる鳥で、クチバシはペンチのように太く短い形をしています。
DSCF0883.JPG 図鑑の写真。

 そして問題のタマムシの幼虫。
DSCF0870.JPG 膨らんでいる方が頭です。
動きはクワガタの幼虫に比べスゴク遅い!!
「気がついたら頭の位置が変わってた」と思う程です。

カミキリムシも似たような格好な事から、この形が木の中で生活する上で
1番効率がいいのでしょうねぇ。

コチラ持ち帰り調べてみると、マット飼育はエライ高難易度なようで
一般的には「材飼育(ざいしいく)」を行うのがベストだそうです。

 材飼育というのは木に直接幼虫を埋め込み、自然に近い状態で飼育する方法。
これはクワガタの飼い方が確立される前に主流になっていた飼い方です。

 羽化不全が殆どなく、綺麗な体型のクワガタが羽化する為
少数ながら今でもやっている飼育者はいらっしゃるようです。

幼虫期間が倍になり、大きい個体が出にくいというデメリットがあります。

 タマムシの場合は捕まえた時の木を持ち帰るとあったのですが
さすがに「藤〇弘、の探検隊」に出てきそうな丸太を抱える体力はないので

 失敗覚悟でマット飼育に挑みたいと思います。
まず、気になるのは木!!

 見つけた時の木は椎茸のほだ木に使用した後に破棄されて朽木となったクヌギ。
クヌギでも幼虫育つのん?と思ったのですが手持ちのマットはクヌギのみ!!

 古いマットは嫌うようなのでニジイロクワガタ幼虫用に用意してた
未開封のクヌギマットを少し入れて見ました。
DSCF0878.JPG 動かねぇ・・・(´・ω・`;)

 たま〜にニョロっと動くのですが潜ってる雰囲気が無い・・・。
たまにしか動かないからタマムシなのか?
・・・と、しょうもないシャレを思いつきながら観察を続けてました。

 途中で小腹が空いたのでご飯を食べに席を外し戻ってみると・・・
そんな予感はしてました。幼虫は潜っていた・・・(´ω`;)


 潜ったかと思えば、再びお尻がニョロっと出てきた・・・!!
くっ・・・!!ダメだったか!!・・・と思いきや・・・

 また潜ってる・・・(´・ω・`)ドユコト?

こういう潜り方なのかなぁ?あんまり刺激したくないので
迂闊に手を出せない・・・。

 とりあえずこの状態で様子を見てあまり長引くようなら
次の手を考えようと思います。

 今回、ご一緒させて頂いたF氏にはこの場をお借りして
改めてお礼申し上げます!!今度は春に行きましょう!!(´Д`)ノシ

 今回はココまで!!次回は未定です!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 19:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日(日) 綱島のネズミ小僧?

活動報告

 どうも!!(°ω°)ノシ
DSCF0782.JPG
最近ハマってるア二メは「みなみけ ただいま」!!齋藤(兄)です。

 最近は凄く寒い日が続いておりますが
風邪やインフルエンザ十分に気をつけて頂きたいです!!


さて突然ですがコメントを頂いたのでお応えしていきたいと思います!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012年12月31日(月)年納め!!2012年の終わりに鶴見川の始まりへ!!より

コメント:クイナちゃんと色が出てますね!どれもいい写真で堪能しました!

 ありがとうございます!!(*゚▽゚*)
その言葉は齋藤(兄)に元気をくださいます!!
これからも皆様にご満足頂ける1枚が撮れますよう精進してまいりますm(_ _)m
今後ともお付き合いくださればこの上ない喜びでございます!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最近、このブログにコメントを投稿するのが難しい!!
というご意見をいただきました!!申し訳ございません!!
現在、その辺りは和光大学地域流域共生センターに
「何とかならんか!?」とお願いしております!!


 前置きが長くなってしまい上の写真の紹介が遅れました・・・。
前回紹介した「スマトラオオヒラタ」の普段の様子です(^-^)
この状態でいるときは例えエサであろうがなんだろうが
何を落としても真っ二つにするので
我が家では「スマトラバサミ」と読んでおります。

 そしてそして!!最近、綱島で「ある鳥」を見かけるようになりました(´・へ・`)

ネズミじゃねぇのかよ!!

 写真がコチラ!!
aDSCF0794.JPG カラスです。種類は「ハシボソガラス」ですね!!
この鳥そのものは珍しくも何ともない種類ですが

 写真でもお分かりなように、この2羽は常に一緒にいるようです。
親子?夫婦?それは分かりませんが、いつでもピッタリくっついています。

 近所のおばちゃんが野良猫にあげたキャットフードを猫から横取りしたり
猫の口に合わなかったか食べずにほっといたヤツをキレイに食べていく。

 おばちゃんは結果的に猫でなく・・・

彼らにエサをあげているといっても過言ではない!!(´・ω・`)

 完全にこの2羽も「餌場」と認識しているようで
決まった時間には大抵いる事が多いようです。

 綱島には知ってる人は知っている「名物」な生き物が見られます。

釣りしてるおじさんが釣った魚をもらいに来る「アオサギのあやや」

誰に対してもそっけない態度を取る「稲荷神社の三毛猫」

早渕川合流点に潜む「狩りの達人黒猫」!!

そして、おばちゃんのキャットフードを頂戴する「カラスコンビ」!!

まだまだ探せばいるかもしれない!!綱島の名物いきもの!!
皆さんも探してみてはいかがですか!?

 そして明日は久々に「F氏」と山へ!! ではノシ

投稿者 yoshinobori : 21:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日(木) オオヒラタその後・・・。

活動報告

 今日、冬鳥調査で麻生川を端から端まで歩きました!!(´∀`)ノシ
写真を撮ったのですが天候が曇りというのもありブレまくった写真ばかり・・・。

 悔やまれます・・・斎藤(兄)です。


今回は福袋で当てたクワガタ「スマトラオオヒラタ」の近況を
報告したいと思います(´∀`)
DSCF0771.JPG スマトラ島に生息する大きなヒラタクワガタで
大きさは82mm。広い横幅とペンチのような太くて大きなアゴは
「迫力」を虫にしたような風貌。

 今は25°均一の自作温室の中で飼育しているのですが昨日、夜中に

「何かが折れる音」が聞こえたのです・・・。

 何かこう・・・ボキッ!!という音が・・・。

怪我とかしてなきゃいいな〜・・・とケースの中を覗いてみると・・・
DSCF0770.JPG ゲゲッ!!登り棒の枝の表面が剥がれてる!!

 最初は傷一つないキレイな枝だったハズなのですけど・・・。
恐ろしいパワーです!!

 どうやらエサがなくなったのでエサを求めてウロウロしてたようです。
寝る前にあげて朝にはなくなっているのでスゴイ食欲です!!(´Д` ;)

 DSCF0773.JPG エサを与える時の様子。コレが「おねだり」してる仕草だったら
可愛げもあるんですけどね・・・。

 残念ながら私を噛む気マンマンです。一回この子に挟まれて・・・
ウソです。試しに自ら挟まれましたが指が難出血しました・・・。

 あの悲劇は繰り返したくないのですが、デカイ図体に似合わず
ボクサー顔負けのフットワークで立ち回るのでエサやりはスピーディに行わないと
指先がプルーンになってしまいます・・・。

 一応飼育は容易とありますが物理的には厄介なクワガタだと思う(´・ω・`)

怖いのでこの子だけは軍手をしながら面倒見てます。(汗)

DSCF0781.JPG他の幼虫も元気に育ってます!!

ウチにいる幼虫はコクワ、ニジイロ、ヒラタ、ギラファノコギリ
シェンクリングオオクワ、ブータンアンタエウス!!そしてメコン!!

コクワの50mmを見てみよう!!と始めたつもりがとんでもない事に!?

そして伊豆産のヒラタクワガタをくださった I さま!!
メスの1匹が蛹室を作りました!!

 4、5月には羽化するのか?と思います!!

今回はここまで!!明日も寒いですが皆様!!
風邪など引きませんようにお体に気をつけて頂きたいと思います!!

では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 00:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日(火) ハズレ年?

活動報告

 今、断水中です・・・。斎藤(兄)です。

前回、モズを撮影する!!と意気込んでいたのですが・・・


いる気配が全くない・・・(´Д` ;)


 毎年見られるポイントを探しても何処にもいないのです!!
Facebookの方で「和光大学で見られます。」というコメントを頂きました!!

 私も教えられたポイントへ向かいましたが・・・

出会えません・・・何回かオジャマしたのですが・・・出会えません・・・!!

 これは恐らくハズレ年なのかもしれませんね・・・(´・ω・`)


 それでも一矢報いるべく、数枚の写真が撮れましたので紹介致します!!
aDSCF0715.JPG 鶴見川の中流に位置する「鴨居」で撮影。
「ヒドリガモ」のペア。手前がメスで奥がオスです。
和光大学付近では見られない種類で主に中流付近で見られます。

 上流、中流、下流、河口で見られるカモの種類が異なります(`・ω・´)

同じカモなのに何故住み分けるのでしょうか?
食べ物の違いなのでしょうかねぇ?
aDSCF0720.JPG コチラもカモの仲間。ながーい尾羽が特徴の
「オナガガモ」です。このカモは先ほどのヒドリガモと異なり
広い範囲で見かける事が出来ます。

カモの中で最も日本にやって来るカモとか言われてる程です!!

毎年口走ってますが私はカモの中では
このオナガガモが1番お気に入りです(`・ω・´)

aDSCF0731.JPGメジロ〜♪(´∀`)

ミカンを半分に切ったモノを庭の木の枝とかに刺しておくと集まってきます。
運が悪いとヒヨドリが持っていきまーす(`・ω・´)

DSCF0738.JPG コチラは綱島のちょっとした人気者の三毛猫。
みんな色んな呼び方をしているようですが、私は「稲荷神社」の前にいるので
「稲荷バアちゃん」と呼ぶようにしています。

人に対して物怖じするわけもなく、皆が「〇〇ちゃ〜ん!!」と
近づいても、聞いてるんだか聞いてないんだか誰に対しても興味なさそうにしている。
そんな雰囲気にみんな癒されているのではないだろうか?


 この猫は私が綱島に来るようになった4〜5年前には、既にいて
聞けばその前からずっといるというので相当長生きされている猫だという。

 その昔、数歳生きた猫は「猫又(ねこまた)」という妖怪になると
言われていたようですが、稲荷バアちゃんならなっても・・・

 やっぱりね(´∀`)

 となってしまうのは、この猫の特有な他の猫にない「何か」が
私にそう思わせているのかもしれない!!

 モズの写真はまたの機会に!!次回はまだわかりませんが
なるべく早めに参上したいと思います!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 12:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日(金) 贈り物!!&謎虫、メコンクワガタ

活動報告

 明日はセンター試験ですね!!最近ではDHC?が入ったパンやらが
棚に並んでおりますね!!

 このブログを受験生の人が見ているのか定かではありませんが・・・
これまでの努力を形に変える時!!全力で挑めますようにお祈り申し上げます!!

ご武運を!!Σ<(・へ・)


 こういう時なにか気を利かせたコト言えればいいのになぁ・・・。
斎藤(兄)です。

 前回も書きました通り!!
相変わらず何者なのか情報がサッパリな「メコンクワガタ」に動きがありました!!
マット交換を行おうと瓶から出してみると・・・

 何と繭を作っていたのです!!(*゚▽゚*)

 クワガタなのに「繭(まゆ)」〜!?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません!!
日本でよく見かけるようなクワガタは「蛹室(ようしつ)」と呼ばれる
蛹になるための部屋を作ります。

 しかし、メコンクワガタは「ツヤクワガタ」という種類の仲間のようで
これらの種類はマットを繭玉を作ってその中で蛹になるらしいのです。

 しかし残念ながら作り途中で掘り出してしまったようで繭は粉々に・・・
申し訳なかった・・・(´・ω・`;)

 DSCF0615.JPG コチラが「メコンクワガタ」前回の体重測定では「6g」でしたが
今回測ってみると・・・2匹とも「5g」になっていました。
これが・・・蛹化前の「縮み」というヤツなのか・・・!?

 しかし2匹同時に5gでしかも同じタイミングで蛹になろうとは!?
さらにはエサも菌糸瓶や発酵マットでは育たず、カブト虫用のマットで飼育。

 つくづく変なクワガタです(`・ω・´) カブトムシみたい・・・。

 しかし5gでの羽化。元々これくらいの大きさなのか、私の育て方が悪いのか
あまり大きい種類ではなさそうです。

 40〜50mmになるコクワガタの幼虫が5〜6gですから恐らくそれくらいかな?
と思っています。全ては羽化してからのお楽しみですな!!

 それまで焦らずゆっくり待つことにします。(´・ω・`)

そしてタイトルにもありますが、今日、昔からの友人から素敵な贈り物が!!
DSCF0701.JPG ア二メキャラクターのクッション!!

 中学〜高校ではア二メ、ゲームがとにかく好きなのは
このブログを見てくださっている方にはお分かりですよね?
私にとっては本当にありがたい贈り物です!!
特に左のキャラクターはア二メ全話見たくらい大好きなので
テンションが上がりました!!

 素敵な贈り物をくださった「Hさま」!!この場をお借りしまして
お礼申し上げます!!ありがとうございました!!(*゚▽゚*)ノシ

 今回はココまで!!次回はモズを探しに行きます!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 20:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日(木) 岡上の雪景色!!

活動報告

 14日は成人の日でしたね(´∀`)
できればこの日に更新したかったのですが雪かきやらなんやらやってて
疲れ果てて更新遅れました!!申し訳ございませんm(_ _)m

 このブログを見て下さっている方の中で成人を迎えられた方!!
成人式、いかがでしたか?楽しかったですか?
雪でてんてこ舞い!!な方もいたかもしれません。

斎藤(兄)は成人式には行きませんでした・・・。

 斎藤(兄)は「成人式=大暴れ」という印象があったのと
高校時代の友人から「人生最後の青春をenjoyしようぜ?」などと言う
無言電話の方がまだ救いがあったくらいな、物騒な電話で行く気がゼロに・・・

 たしかその日は麻生川で魚捕りとかしていました。

これがオレの・・・成人式だ!!(゚∀゚)

 斎藤(兄)です。

 えぇ〜今でも雪が残っていて足元が滑りやすくなっておりますが
皆様如何お過ごしですか?

 東京都では17年ぶりの大雪とかテレビでやってましたねぇ〜。
私のお住まいの麻生もスゴイ雪でした!!
DSCF0616.JPG  車を手で押したり自転車ですっ転ぶ人たち。
まるでニュースの映像のような惨劇!!

 それでも子ども達は雪かきや雪だるま、雪合戦をして楽しそうでした(^-^)
雪を見て喜ぶのは子どものウチだけなのかもしれません。

 あの頃の私はどうだったろうか?

 さて!!本題に入りましょう!!(゚∀゚)

 斎藤(兄)の中では「雪+野鳥=写るよねぇ(´∀`)」
その為、今回は雪化粧をまとった岡上の地へ趣き
野鳥を撮りに行きたいと思います。

 ターゲットは・・・コジュケイ、ツグミ、シロハラ、カシラダカ
・・・を狙っていきます!!

 それでは・・・いざぁ!!

※今回の写真は15日に撮影されたものです。

DSCF0633.JPG 雪景色となった岡上の地!!
そしてココはスズメやメジロといった小鳥の類はもちろん!!
ツグミやキジ、チョウゲンボウ、コジュケイなど
八百万の野鳥たちが賑わうポイント!!

 ここならばイケるかもしれない!!
aDSCF0618.JPG まずは「ツグミ」
去年は全く姿を現さず、探すのに苦労した思い出ですが
今年は見かける機会が多くなったように思えます。

代わりに「モズ」を見かけなくなったように感じるのは私だけ?

〜今日のツグミ他〜
aDSCF0650.JPG

DSCF0630.JPG

 ヒヨドリくらいの大きさで、そんなにすばしっこくもないので
見つけやすく、カメラで捉えやすいので撮影難易度は優しいですね(^-^)

初めて野鳥を撮影する方に持って来いの撮影相手です!!(゚∀゚)

aDSCF0687.JPG お次は「ハシボソガラス」・・・かな?
クチバシが小さいように見えなくもない・・・。

 彼らは開けた畑や草原などを好み、あとよく地面を歩き回る姿も見られます。
しかし彼らがあんまり多いと「鷹の仲間」が出てきません・・・。

 しかしこのカラスは撮影中、ずっとコチラを見つめるばかり・・・。
DSCF0640.JPG 「スズメの群れ」
最近はこういう光景も見られなくなってきました・・・。

 スズメは天敵に狙われないようにする為、人の家に巣を作るとされていますが
最近の家は戸袋や屋根裏など、スズメが入り込める場所が無い為

 近年スズメの数は減ってきていると言われています・・・。
こんなに可愛いのになぁ・・・(´・ω・`)

aDSCF0623.JPG 川沿いには「カワウ」 が羽根を乾かさんと翼を広げます。

 この寒さで乾くのだろうか?(´・ω・`)

 aDSCF0653.JPG 絶好調だ!!と思ったら木の陰から
「巨人〇星」のお姉さんのようにコチラの様子を伺う小鳥の姿が・・・。

 アオジかな?とも思ったのですが鳴き声が少し違う・・・
aDSCF0656.JPG お・・・お前は!?

 カシラダカ!?カシラダカではないか!!(゚∀゚)

いつも遠くで群れて飛んでるトコしか見ないので
こんなにハッキリと姿を拝むのは岡上に来るようになって初めてです!!

名前から「鷹の仲間」?と思った方もいるかもですが
この鳥はホオジロの仲間で夏と冬とで羽根の模様が変わります!!

aDSCF0642.JPG辺りを見渡すとそこは「カシラダカ」だらけ!!
とは言っても木の根元の辺りをコソコソしているので

ほんの数羽しか撮れませんでしたが・・・

それでも人生初「カシラダカ」!!Σd(゚∀゚d)イェア!!

 DSCF0664.JPG この写真にカシラダカが二羽います!!

わかりますか?

 冬は枯れ草と色を似せて見つかりにくくしているのですね!!
遠くから見たんでは全くわかりません!!ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ


aDSCF0679.JPG カシラダカの近くに「ジョウビタキ♀」も見られました。雪景色にこのオレンジ色は写りますねぇ!!

 しかし縄張り争いか、ジョウビタキがカシラダカの群れを一掃したことにより
カシラダカの撮影会は幕を閉じた・・・。(´・ω・`;)

 ターゲットは抑えたし!!そろそろ帰ろうか?と思ったときに・・・
aDSCF0698.JPG コチラを気にする様子もなく呑気に道路を歩く鳥の姿が・・・

 1枚撮るとコチラに気づき藪に隠れたその正体は・・・!!
aDSCF0696.JPG お・・・お前は!! 2回目

 シロハラ!?シロハラではないか!!(゚∀゚)

いつも藪に隠れて姿を見せないので
毎年、その姿を撮り損ねていましたが・・・!!

その因縁についに終止符をうちました!!

 全く藪から出てこず、道路の隅っこで「体育座り」で待ち伏せての撮影でした!!

この鳥はツグミの仲間でコチラも冬鳥。開けた場所を好むツグミとは対象的で
コチラは藪の中を好みます。貴重な種類というわけではありませんが
見られる機会はあまりない鳥なのですよ!!

かなりラッキーでした!!

 今回はターゲットが3種!!素晴らしい結果になったと思います!!

次回はそろそろ忘れがちになっていた
謎の虫「メコンクワガタ」に動きがあったので
そちらを紹介したいと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日(土) こっこれが・・・一脚の力!?

活動報告

 無くした羽根が無事に戻ってきたー!!(´∀`)
カワラヒワの羽根も無事だ!!とりあえず一安心中の斎藤(兄)です。


 最近、大学時代に大変お世話になった先生から「一脚(いっきゃく)」という
道具をお借りしたのです!!

 名前の通り三脚の一本足版で見た目は伸縮する一本の棒。
それにカメラをくっつける事で足元に固定しながらの撮影が可能になるのです。

 どれほど使いやすいか使ってみてくれという事で
早速、何枚か撮ってみました!!

 場所は私の和光大学の通学路にもなっている

恩回し公園〜和光大学の間です!!それでは・・・いざぁ!!

aDSCF0426.JPG まずは「カワセミ」を激写!!場所は恩回し公園!!
三脚はしっかり固定出来る反面、その重さ故に移動するのが億劫になります。

「待ち伏せ撮影」に特化出来る道具になるわけですね!!

 しかし今回の一脚の場合、固定は三脚には劣るものの
一本の棒で我慢出来る重さなので私のような「常に移動しながらの撮影」の時は
凄く便利です!!(´∀`)

 aDSCF0428.JPG お次は「キセキレイ」!!鶴見川では主に上流の辺りで見かける事が多い気がします。

 それでも「探そうとすると出てこず」、「何でもない時にひょっこり現れる」
神出鬼没な鳥です。

 aDSCF0452.JPG 当ブログではあまり出てこない・・・
しかし探せばどこにでも現れる「ヒヨドリ」という鳥。

 ソコソコな大きさの鳥なのにスズメばりに忙しく飛び回る為
カメラを構えた時には姿がないパターンが多かった為
今回は久々の登場です(´・ω・`)

 この鳥は大きさの基準に使われており
これを「ものさし鳥」と呼ばれています。

小さい順に・・・

「スズメ」<「ムクドリ」<「ヒヨドリ」<「キジバト」<「カラス」<「トビ」

となります。

 遠くにいる鳥を見つけても「キジバトくらいの大きさ」とか
「スズメより大きいor小さい」など大きさを示す基準になるので
覚えておくと便利です!!

aDSCF0483.JPG お次も水辺でよく見かける「コサギ」というサギの仲間。
さむい時期は毎回このように群れて見られ
ケンカ?っぽいことをしょっちゅうしてます。

 あまり派手な動きがないので、こういう光景はとても新鮮です(^-^)
aDSCF0499.JPG 先ほどの「ものさし鳥」に出てきた「スズメ」(左)と「ムクドリ」(右)

 柿の木にまだ残っている柿の実をめぐって取っ組み合いの真っ最中!!(`・ω・´)
どちらも身を引く気配が全くなく撮影中ずっとモメていました・・・。
自然界も大変だ!!

 aDSCF0511.JPG 2羽で仲良く赤い実をついばむ「メジロ」。
ウグイス色の元になっている鳥で

一方、ウグイスは覚えるのに苦労する特徴のない色をしてます。
それどころか姿形も非常〜に伝えにくい!!

だって特徴ないんだもの!!(°皿°;)
「特徴?小鳥です。」としか言えない!!

 誰か!!ウグイスのスゲェ伝えやすい特徴を教えて!!

〜メジロ別アングル〜
aDSCF0512.JPG 一脚は便利!!(^O^)これを機に自分で一脚買ってみようと考えております!!
今回はココまで!!明日はいよいよ和光大学の坂下で「どんと焼き」が行われます!!

私も行きます!!皆様も是非!!着火時刻は午後三時!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 23:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日(火) 寒いかどうかは生き物それぞれだよ。

活動報告

 今日、綱島で「キンクロハジロ」を眺めていたお婆ちゃんとお孫さん?が
いたのですが・・・

婆:あの鳥なんだか分かるかい?(゚∀゚)

孫:ゴミ(´∀`)


・・・聞き間違い?(°ω°;)いや!!確かに聞こえた・・・!!
その屈託のない笑顔の奥にどんな闇をお抱えなのだろう・・・!!


 身体どころか肝までキンキンに冷えた斎藤(兄)です。

 本日、鶴見川沿いで出会った野鳥を紹介していきたいと思います。
新しいカメラも使い方も少しづつ慣れてきました。(´∀`)

 今回は小鳥写真集!!それでは・・・いざぁ!!

aDSCF0321.JPG 最初は「シジュウカラ」!!今までのカメラでは小鳥の撮影が困難至極だったのですが

今回のカメラは凄く撮りやすい!!(°∀°)ノシ

 もう嬉しいやら感動やらでやたらにシジュウカラの写真を撮ってしまいました!!

〜シジュウカラ別アングル〜
aDSCF0171.JPG
aDSCF0187.JPG 前回のカメラでこのような写真を撮影すると
「あえて被写体を無視してない?」と言わんばかりに
ピントを端っこの枝とか空にピントを合わせていたのでもう大変でした・・・。
自動で合わせるのは機会が判断するのでしょうが
ウチの前回のヤツは目の付け所が違ったのかもしれません。
それにしたって困りますけどね・・・。

 aDSCF0324.JPG 今度は「アオジ」!!ようやくカメラに収めることができました!!

多分ココまでキレイに撮れたのは人生初です!!

 普段は藪に隠れてあまり出てこないのでこの時は非常にラッキーでした!!
出てきてもカメラがピントを合わせている間に飛んでいったしまうので
待ち伏せでもしないと撮影は結構難しい!!

 野鳥を撮ろうとしたら、やはりピントがすぐに合わせられるカメラにしなければ!!
aDSCF0333.JPG 今度は「カワラヒワ」の群れ!!近づくとそそくさと逃げてしまうので
距離を撮って拡大しながらの撮影。

 う〜ん!!やはり今回のカメラは当たりかもしれない!!(´∀`)

 aDSCF0335.JPG コチラは単体のカワラヒワ。よく見ると羽根が黄色と黒と白の模様になっているのが
お分かりいただけるでしょうか?

 私はこの鳥の羽根を持っていますが・・・と〜ってもキレイな羽根です!!
多分、誰にも渡す事はないでしょう!!それくらいキレイです。

 この写真では見にくいですが飛ぶときにその綺麗な色が見えます。
さらに、羽ばたくことでチカチカと黄色と黒の模様っぽく見えるので
これは機会があったら見て頂きたい!!
この時期、川沿いで見る機会は多いと思います!!

 さて、さっそく自慢の羽根をお見せしたかったのですが・・・

アッレ〜・・・何処にもないぞ〜?(°∀。;)

 どこかにあるはずなのですが現在、捜索中です・・・。

aDSCF0197.JPG コチラは「カワセミ」。彼らも小鳥ではありますが、驚かすようなことでもない限りは
動くことはないので撮影は比較的容易です。

 本当に動かないので見つけるのが少し難しいのもありますが
探し慣れてくると場所を見ただけで・・・

 「あぁ〜・・・いそうだなぁ〜。」と思って見てると本当にいる!!
なんて事に出くわす機会も少なくありません。

 ですよね?n先生?

今回はココまで!!新しいカメラの実力の片鱗を見させていただきました!!
次回はどのような写真を撮らせてくれるのか?

 次回は未定ですが、なるべく早くに更新したいと思います!!
写真が溜まっている!!なんとかせねば!!ノシ

 

投稿者 yoshinobori : 18:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日(日) どんと焼き準備!!を取材!!

活動報告

 人生、楽あれば苦もあるが、ラックがあれば苦もないのだ!!

最近、ダジャレのキレが弱くなっていないか非常に心配してる齋藤(兄)でし。


 本日、和光大学の坂下にて「どんと焼き」の準備が行われました!!

 「どんと焼き」てなんぞ?(´・ω・`)?な方の為に少しだけ説明いたしますと
お正月の神様を竹などで組んだ櫓(やぐら)を燃やして天に帰すという行事です。

毎年、地元岡上西町会の方々と和光大学の学生さんで協力して
立派な櫓を組み立てます!!
 DSCF0346.JPGのサムネール画像 私が到着した頃には既に櫓が立ち上がっており、去年に比べると早く出来上がっていたような印象でした。

 櫓の骨である大きな竹をピラミッド状にしたところに木の枝を中に詰めていき
外側を竹の葉っぱで覆っています。

 どんと焼きは他の地域でも行われており、その地域によって
呼ばれ方や形も様々です。(`・ω・´)

 DSCF0361.JPGのサムネール画像 準備の様子を身守るご近所さん
(^ω^)

DSCF0371.JPG 完成〜!!(゚∀゚)

 あとは当日に正月飾りを飾るだけ!!この櫓が燃える姿は圧巻です!!
皆様も是非、見に来てみませんか!?

 詳細はコチラ!!↓
DSCF0375.JPG

投稿者 yoshinobori : 18:29 | コメント (0) | トラックバック (0)