活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2013年3月31日(日) 今日はクワガタ三昧。

活動報告

 大食いバトルを家族と見てます。
その時、我々はスッピード〇ァゴォ〜ンみたいに賑やかに
観戦してます。あれはもうスポーツでと思うんですよねぇ〜。

齋藤(兄)ですよ〜(´・ω・`)

 前回でも書きました通り!!今回はパプキンこと!!
パプアキンイロクワガタの産卵に挑戦しました!!

 他のクワガタたちも少しだけ紹介!!いざぁ!!
DSCF2060.JPG まずは「迫力」を虫の姿に変えたようなクワガタムシ!!

「スマトラオオヒラタ」スマトラ島リオウ産のWDの♂です。
体についたダニを追い払おうと歯ブラシをゴシゴシしたら・・・

何が起こったか?歯ブラシを取られました・・・(´・ω・`;)

文字通り「一瞬の出来事」でした・・・。その後も離してくれなくて
作業が難航・・・。

なぜ「ドルクス」と呼ばれるクワガタは
こうも執念深く食らいつくのでしょう?(´=ω=`;)

ここらで昆虫マメ知識!!

Q:WDとは何か?(´・ω・`)

A:「WD」というのは「野生個体」という意味です。
逆に飼育されて誕生した個体のコトを「CB」と呼びます。
野生個体の方が元気がよく、メスの場合は産卵数も多くなる。

Q:ドルクスって何?どこのビー〇ァイター?

A:簡単に言うと「オオクワガタの仲間」。
日本ではコクワガタやヒラタクワガタがこれに当たります。
コクワガタだってオオクワガタの仲間!!
大きくなれば小型のオオクワガタくらいになります。

DSCF2070.JPG そして!!日吉で採集した幼虫がめでたく羽化してくれました!!(*゚▽゚*)ノシ

 やはりコクワガタでした!!大きさは29mmと小型ですが
野生個体ゆえか!!とても元気に走り回ります!!

 しかし、まだ体があずき色なので無理はさせず
成熟するまで安静にしてもらいます!!

 DSCF2077.JPG↑拾った枝にノコギリで隙間を作ったらイソイソと潜っていくコクワガタ新成虫。

オオクワガタやヒラタクワガタは樹皮の隙間や洞などの狭い場所が大好き!!
もちろん彼らと同じ「ドルクス」の学名を持つコクワガタだってぇ・・・

例外ではな〜い(´・ω・`)

 このままケースに置いて一ヶ月くらい放置。エサを食べるようになると
ケースの中をウロウロし出すので、それまで安静にさせます。

DSCF2079.JPG そしてぇ〜!!ここからがこの記事の主役!!パプキンの産卵セットをぉ〜!!

用意するぜぇ!!(´∀`)カッ!!

用意したモノは上の写真の通り!!

・微粒発酵マット  ・小ケース

・霧吹き      ・パプキンのメス

 以上の4つ!!参考資料は「むし社」発行の「ビー・クワ」3月増刊号!!

DSCF2081.JPG よく聞くクワガタの産卵方法はコナラやクヌギの産卵材を加水して
それを発酵マットに埋めるというモノですが

 パプキンの産卵には手でほぐれるような柔らか〜い朽木が必要とのこと!!
普通の産卵木で、そこまで柔らかくするのは難しいしコストが掛かる!!

 そこで・・・

 「かんろ式」と呼ばれる手段を用いてみます!!(´∀`)

「かんろ式」というのは微粒の発酵マットをカッチカチに詰めて
朽木を再現するという手法。

 パプアキンイロクワガタのみならずヒラタクワガタ系、ノコギリクワガタ系など
「根食い系」のクワガタにも効果が大きいようです。

 写真は微粒マットを小ケースにカッチカチに詰め、潜りやすいように
穴をいくつか開けておいた状態。

 湿度は高い方がいいとのコトですが卵が腐敗する恐れがあるのと
実際そこまで湿度は高くある必要はないそうで・・・

 マットは握って固まる程度に加水しました。
DSCF2083.JPG 転倒防止の水苔とゼリーをいくつか置いて準備OK!!

 ここで気をつけたいのはパプキンは非常に小さいクワガタ!!
ゼリーを食べようとゼリーに頭を突っ込むと
溺れ死んでしまう事故が多いようです!!(>_<)

 その為、ゼリーは半分に切っておくと良いようです。
私はビビリなので4分の1に切りました。

 DSCF2086.JPG さっそくメスは動いた!!明らかに足元を意識しており、潜りたがっている様子。
しかし穴に気づかず、どこから潜ったらよいものか迷走してたので
頭から穴に突っ込んでみた所、まるで穴に吸い込まれるように
あっという間に潜って行きました!!(((o(*゚▽゚*)o)))

DSCF2090.JPG そして潜って数分後。削りカスのように穴からマットがムリムリ出てきました!!

「ドラ〇もん」のひみつ道具にありましたね。
こういうモグラみたいなの(・ω・)〜♪

 コクワガタやオオクワであればここで1ヶ月放置するのですが
彼らはなんと1週間〜2週間でメスを回収!!

 後の40日程度で幼虫がわらわらと出てくるようです!!こりゃあ楽しみじゃ!!

ココで!!パプキンの産卵に掛かった費用を記載!!

・過去に紹介したパプキン飼育費・・・3,030円(個体、モノにより変動有り)
 パプキンペア、飼育ケース、水苔など

・微粒マット         ・・・420円(モノにより変動有り)

・小ケース          ・・・頂きもの

・合計            ・・・3,450円+a(エサ代などの消耗品)

 この続きは幼虫が生まれる頃になるでしょうか?


現在、我が家のクワガタケースの現状・・・

「成虫」
・ニジイロペアリング中  ・スマトラ産卵準備中 ・オオクワ成熟待ち

「幼虫」
・コクワ熟成中  ・シェンクリング蛹化間近!! ・ブータンアンテ蛹期間中
・ギラファノコギリ蛹化間近!! ・ヒラタ一部蛹化!!

 です!!(´・ω・`)

次回はまだ検討中です!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 23:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日(土) ハンミョウ釣りをやってみた。

活動報告

 くっはー!!最近、腰が痛くて参っております齋藤(兄)です。

先日、綱島でこんなモノを見つけました。↓
DSCF2062.JPG これd(´・ω・`)

 みなさんはコレが何だかわかりますか?ヒントは「穴」です。

穴の大きさはちょうど爪楊枝で刺したような大きさで、とても小さい穴!!
これは・・・「ハンミョウ」と呼ばれる小さい昆虫の幼虫が掘った穴なのですよ。

 aDSCN5505.JPG こちらが「トウキョウヒメハンミョウ」の成虫。
大きさは1cm前後と小さいですが肉食性のムシ!!
口にはいかにも肉食と思わせる鋭く大きなアゴがあります。

 幼虫も肉食で幼虫は掘った穴の上を通るアリなどの小さいムシを
穴の中で待ち伏せて襲いかかります。

 そんな幼虫を捕まえようとしてみた!!(´∀`)

DSCF2063.JPG やり方はと〜っても簡単!!
その辺りにある細い草などを穴に入れるだけ!!しばらくすると幼虫は
この草を穴から出そうと噛んで押し上げます。

 その瞬間にタイミングを見計らってヒョイと持ち上げれば釣れるのです。

恐らく、「釣り」と呼ばれるジャンルの中で最も地味な釣りかもしれませんが
難易度は他の釣りに劣ることはございません!!

 私は過去に幾度となく挑戦してますが、釣れた経験がありません・・・。
なんでもコツは柔らかくて細いモノがいいそうな(´・ω・`)。

 今年は出来たらハンミョウの飼育とかしてみたいなーとか考えてますww
肉食だから大変そう・・・。

 ハンミョウの穴は公園などの踏み固められたような
「固い土の上」で見かけます。散歩中に見かけたら試しにやってみては?

 あと暖かくなったせいか?我が家のクワガタたちも大暴れしてます!!
今日の朝も※パプキンが家中飛び回って大惨事でした・・・。

 そして今日!!パプキンを産卵させてみました!!(´・ω・`)ノシ ヤホーイ
次の記事で紹介します!!

投稿者 yoshinobori : 16:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日(日) 春になり、生き物続々登場!!(((o(*゚▽゚*)o)))

活動報告

 今日、祖父がお昼に遊びに来ました。
「ゼンマイ」を持ってきて下さり、私に会うやいなや・・・

山梨のオオクワガタはどれだい!!(°∀°)

そして山梨県産オオクワガタとご対面!!

DSCF2010.JPGのサムネール画像 同じ山梨で育った一人と一頭。
山梨での思い出を語る・・・?

 祖父はこの子を「スコーピオン」と命名。

なんでも山梨にはそういう名前のブドウがありとても美しいんだとか(´・ω・`)

スコーピオンは今日も元気です!!飼い主は私!!齋藤(兄)です。

 ここ最近で色〜んな生き物に出会えましたので報告致します!!
そしてさらに!!飼育中のクワガタたちも暖かくなってか変化が!?

DSCF1997.JPG まずは我が地元!!麻生川ではもう桜が見事に満開です!!
毎年、桜が咲くとここに沢山の人が集まりお祭り騒ぎになります!!
まだまだ見頃です!!是非にご覧になって頂きたい!!

ではいつ行くか?今でしょ!!(´∀`)

DSCF1973.JPG コチラは「ナミテントウ」!!
背中に七つの黒い斑点がある「ナナホシテントウ」とは違う種類のテントウムシ。
個体によって模様が異なり、その種類は様々。

原っぱがあれば大抵見られる。普通種。

指に止まらせて空にかざすと指先まで登って飛んでゆく。

aDSCF1970.JPG 逆さまにすると「人の顔」に見える奇天烈なカメムシ。
名前を「ナガメ」と呼びます。別にどこかが長ーいという訳でなく。

菜の花に集まる為、この名がついたということです。

 菜の花に来るカメムシで「ナガメ」(´・ω・`)

菜の花周辺を探索すると見かける普通種。
写真は綱島。川辺の菜の花の近くで撮影。

aDSCF1978.JPG 今度は「クビキリギス」も見られました。
口元が血がついたように真っ赤なことから私が小学校の頃は
「チスイバッタ」という名前で呼ばれ「近づくと血を吸われる!!」という噂で
恐れられていました・・・。(´・ω・`;)

 実際は雑食性で何でも食べます。
飼育も簡単で金魚のエサもバリバリ食べてました。
とにかく何でも食べます。他にもドッグフードや鰹節も食べるらしい・・・。
草原にいけば、まず会える。
aDSCF1982.JPG 今度はビックリ!!
これぞ正しくMOUKINRUI!!Σd(´∀`)

撮影中は遠くて何者かわからなかったのですが、「ノスリ」のようです。
撮影は綱島!!話によれば「時々見かける」とのことでした。

 やっぱかっこええのう・・・。猛禽類は(´・ω・`)
aDSCF1983.JPG でもカラスには弱いんですよね・・・猛禽類(´∀`;)
トビやオオタカも大きさではカラスに負けてはいないのに
何故、カラスには頭が上がらないのでしょう?(´・ω・`)ふっしぎー!!

aDSCF1989.JPG これは「ビロウドコガネ」か「ヒメビロウドコガネ」・・・。
どっちも見た目がそっくりで見分け方はスゴク面倒い・・・(´Д` |||)

幼虫は草の根っこを食べるので畑の近くや公園周辺の地べたを忙しく歩き回る。
捕まえて手のひらに乗せると、ピンボールみたいに自らコロコロ転がるので面白い。

aDSCF1962.JPG お次は岡上で撮影。キジバトの夫婦。
いつ見てもキジバト夫婦はとても微笑ましい(´∀`)

そしてここからは自宅のクワガタ達!!
DSCF2015.JPG ようやく日吉産「コクワガタ」が羽化しました!!
コクワガタと言ってもまだ詳しく同定できていないので、何とも言えませんが・・・。
羽化予定日は3月の中旬だったので少し遅めの羽化でした。

 コクワガタであれば「よく見かけるサイズ」だと思います。
まだ体はあずき色でお腹もまだ膨らんでいるので、取り出すのはもう少し後で。

DSCF2013.JPG パプアニューギニアの外国産クワガタ「パプアキンイロクワガタ」が
ようやく交尾をはじめました!!

 産卵させるのは卵が熟成するであろう4月の中旬くらいを予定してます。
う〜ん・・・楽しみ楽しみ!!

 しかしパプキン飼育経験者の方に、この子の写真をお見せすると・・・
「この色では青い個体は難しいですよ。」と言われました・・・。

 そらそうだ・・・だって緑と赤だもの・・・orz

 でも紫色なら可能生がある!!とのことなので
まずは紫を出せるように頑張ります・・・。

DSCF2017.JPG コチラは我らが岡上産の「コクワガタ」の幼虫!!

 2月に2令幼虫を割採集で捕まえて、現在はとんでもないサイズに!!
ココから見ても10円玉よりも大きい!!

 太さもあるので本当にコクワガタ?と思っています・・・。

 これは・・・行くか?・・・50mm行くか!?
コクワガタは3令(蛹になる一歩手前の状態)からでも50mmを狙えるらしいので
これは行けるかな?と期待しております!!

そして残念なことにタマムシの幼虫が☆になりました・・・。
マット飼育ではダメなようです・・・。

今回はココまで!!次回は未定です!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 17:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日(木) 春の岡上を探索。

活動報告

 最近、危うく女子トイレに入るとこでした!!
しかしお待ち頂きたい!!これを見れば誰もが私と同じコトを思ったハズ!!↓
DSCF1928.JPG 女性マークは赤!!という固定観念に縛られてしまったが故の事故一歩手前!!

 コレが・・・「カラー〇トラップ!!」(((´Д` ;)))

おのれ!!ミス・ゴール〇ンウィーク!!

齋藤(兄)です。

 春分の日を迎え、しかも今年は桜の開花が例年よりも早く
所によってはお祭りを早くズラして!!なんて事もあるようですね。

 桜の開花に合わせて現れる「スギカミキリ」の様子を見ながら
春の岡上を探索しました!!いざぁ!!

 aDSCF1934.JPG 初めに出会ったのは「バナナムシ」という呼び名でお馴染みのムシ。
本当の名前は「ツマグロオオヨコバイ」。

 何回聞いても覚えにくいし、中々思い出しにくい名前です(´・ω・`)

「ヨコバイ」という名前は天敵に見つかったと思うや
横歩きをしながら葉っぱの裏に隠れる為、「横這い」で「ヨコバイ」だそうな。

DSCF1939.JPG 暖かくなり「ヤモリ」も姿を現しました。

 近くに雑木林がある家なら窓に集まるムシ目当てに
ヤモリが窓にくっついてる光景が見られるのも、そう遠くはないでしょう(^-^)

 家を守ってくれる為、ヤモリが家に来るのは縁起が良いとされています。

DSCF1941.JPG コチラは「ヤマザクラ」の蕾。
学校などで見かける「ソメイヨシノ」は高さはソコソコに
横に大きく広がりますが、ヤマザクラはそれの正反対で
縦に長ーく伸び、花はてっぺんで咲きます。

ものすご〜くノッポな桜なわけね(´・ω・`)

DSCF1942.JPG 右の高〜い木が「ヤマザクラ」。

DSCF1947.JPG コチラは「ハナダイコン」かな?

 「大根」の花に似ている為、この名がつきました。中国原産の1年草。
三国志で有名な諸葛孔明が戦いの先々で兵士の食料になるようにと
この植物を栽培していたことから「諸葛菜(しょかっさい)」とも
呼ばれているそうです。(´・ω・`) スゲーのぅ・・・。

 ん?ということは食えるのか?これ?

DSCF1948.JPG キブシ〜♪

DSCF1950.JPG お!!伐採された木が集められてる!!

本格的なカミキリムシのシーズンはもう間もなく!!
事前にこういったポイントを把握するのはカミキリ採集の基本です!!

DSCF1945.JPG これは分からなかった・・・
「クチナシ」とかかなぁ?

今回はスギカミキリや他の目立つ昆虫もなく、野鳥の姿を殆どなし・・・。
となれば・・・久々に魚でも採りに行こうかなぁ?とか計画中です。

次回は未定です。ノシ

投稿者 yoshinobori : 15:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日(火) ブータンのオオクワガタが蛹に!!しかし!?

活動報告

 価値観の違いにちょっぴ凹み気味の齋藤(兄)です。
分かっていてもコレだけはどうしようもないのれす・・・。


タイトルにもあります通りです!!(`・ω・´)

自宅で飼育中の「ブータンアンタエウスオオクワガタ(トンサ産)※CB」が!!

無事に2匹とも蛹になりました!!(*゚▽゚*)

 キッカケはこれまた飼育したことがあるという方からお話を伺い
面白そうだ!!と購入した外国産のオオクワガタ!!

 見た目はオオクワガタに比べてツヤが強いという点と
幅も広く、日本のオオクワガタよりも大型になるということ!!

 しかし成虫幼虫とも高温にめっぽう弱く温度管理が必要な
玄人向けのオオクワガタでもあります。

 今回購入したのは幼虫が2匹!!一匹はメス確定で
もう片方は雌雄の判別が微妙でオスかなぁ?と思ったのですが
どうも2匹ともメスっぽい・・・(´・ω・`)

 繁殖させれるか!?と思っていたのですが・・・仕方ないね。
DSCF1931.JPG
 コチラがめでたく蛹になった「ブータンアンタエウスオオクワガタ」
名前が非常〜に長く口に出すと4、5回あたりで疲れてくる名前です。
その為、「ブータンアンテ」と呼ばれています。

 蛹の大きさは小さすぎず大きくもなく・・・てトコかなぁ・・・。

羽化は4月の中旬?を予定しています。

他にもコクワガタ、ヒラタクワガタ、メコンクワガタが蛹になりました!!
齋藤家では現在!!蛹ラッシュが起きています!!
ココから無事に羽化してくれよ〜!!(>人<;)頼む!!


 あと!!そろそろクワガタの繁殖シーズン!!
ウチにもちゃんとした血統(産地がハッキリしてる個体)を持つオオクワガタを!!
と考え今回思い切って購入を決意!!

はて?どこ産にしようか?(°へ°)

 オオクワガタは日本全国広い範囲で見られます。
中でも「三大産地」と呼ばれるのが・・・

 「山梨県」「大阪府」「佐賀県」の3箇所。

 そこで目にとまったのが・・・山梨県!!(°∀°)

 ココは私を自然の世界に引き込んだ祖父の疎開先。
昔から今でもよく山梨にいた頃の思い出話を聞いていたので

ここは1つ!!祖父の第2の故郷である山梨に決定!!
そして行きつけのお店で購入しました!!写真は↓
DSCF1900.JPG カッコイイ!!Σ(´・ω・`)

 オスの大きさは70mmより少し大きいくらいで
メスは44mmと、どちらも立派な大きさ!!

 ココでクワガタを購入する時のポイントは・・・

①フセツがあるか?

 フセツは足の爪のコト。木に登ったり、オスは交尾する際この爪で
メスにしがみつくのでこれがないと交尾が難しくなる!!

 メスも産卵する際に爪がないと踏ん張りが出来ません。

②元気か?

 もちろん!!元気がなくては産卵も出来ません!!
よく動き回っている!!とか捕まえた時に死んだふりをする!!
などの見極め方があります。

 親切なお店ならその辺りをキチンと見てくれます。

③大きさ

 ギネス記録をたたき出す!!という目的でなければ問題ないと思いますが
大きい個体であれば、その子供も大きくなる可能生はあります。

 オスが大きければその子供のオスも大きく
メスが大きければ産む卵の大きさも大きくなります。

 その為、スタートラインが少しでも大きめから!!という事になります。

 しかし大きい個体になるほどお値段も高くなる為
その辺りはよ〜く考えて購入して頂きたい!!

 今回はココまで!!次回は、岡上を探索してきましたので
そこで出会った春の自然にスポットを当てたいと思います。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 22:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日(日) 綱島の人気者たちに会いに行った。

活動報告

 昨日、三浦半島へ・・・もう・・・暑いです・・・20°はあったと思います。
春先からこれでは夏になったら大変であるぞ!?

 齋藤(兄)です。


 三浦半島へ向かう前日、綱島の人気者に会えました!!
他にも春の訪れを待ちわびていた者たちも紹介!!いざぁ!!
 DSCF1852.JPG まずは「キブシ」!!
黄色っぽくて、小さい花が房状になって沢山咲きます。

 公園で見かける機会が多い種類です。

 DSCF1854.JPG 今度は「ヒメオドリコソウ」。
名前通り踊り子の衣装のような格好をしています。

川沿いを始め、色んなとこで見かけます。
DSCF1863.JPG まず出会えたのは稲荷神社に長いこと棲む三毛猫!!
私は「稲荷バァちゃん」と呼んでいます。

相変わらず私に対して無関心な様子・・・(´・ω・`)

 川沿いの稲荷神社にいけば会えます。いない時もあります。
DSCF1876.JPG そして綱島の川沿いにいる「ハシボソガラス」のコンビ。
彼らを慕ってるは私だけなので特別呼び名はありません・・・。

 彼らはなんと呼ぼうかなぁ・・・?

綱島の鶴見川サブセンターの付近を巡回してます。

DSCF1869.JPG 今度は甲虫!!
「フンコロガシ」などで有名なセンチコガネの仲間。
名前を「ナガスネエンマコガネ」。写真は死んだふりして裏返ってる所(´・ω・`)

よく見ると体にダニがついています。

このダニはセンチコガネなどの「糞虫」にくっついて彼らと同じエサである
動物の糞や死骸のある場所まで運んでもらうのです(´・ω・`)賢いのぅ・・・。

動物の糞の周りにいます。

DSCF1871.JPG コチラは綱島の川沿いでは1、2位を争う有名なアオサギ!!
「あやや」という名前で慕われており、
川沿いで釣りをされている方が釣った魚をもらいにやってくるというというのです。

 普段は右岸側で釣り人が魚を釣り上げるまで待っています。↓
DSCF1878.JPG

 暖かくなってきましたし綱島付近で散歩をされる方は
彼らに会ってみては如何でしょうか?

次回は齋藤家のクワガタ達に異変が!?ノシ

投稿者 yoshinobori : 17:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日(水) 飼育日記

活動報告

 聞けば、このブログ、海外の方も見て下さっているそうですよ!!
他にも「飼育日記」が中々に見られているらしいです(´・ω・`)へぇ〜

 最近は風も強く、気温の変化が大きいせいか
外に出てもあまり生き物が見られない・・・。

 しかし!!この風が止みさえすれば私含めた「カミキリ屋」の皆さん!!

ウォーミングアップは万全か?(´∀`)

私の中で「カミキリ採集」が始まるのは桜の開花を確認した時だと思っています。

 種類によっては冬に捕まえられるカミキリもいますが・・・
早い種類ならば、もうカミキリが出てきます!!

 もう少し経てば良い子も、そのお父さんもお楽しみ!!
クワガタのシーズンですね!!

 他にも夏鳥がやってきたり暖かくなることで魚たちも活発に!!
生き物たちが大いに賑わう季節が、今そこに迫りつつあります!!

 もう一度伺います・・・

ウォーミングアップは万全か?(´∀`)ハハァーン?

 先にも書きました通り、今回は外での撮影が上手くいきませんでしたので
飼育日記に致します。

 
今回も、これまた好評らしい「外国産のクワガタ」です。
種類はパプアニューギニア出身の「パプキン」こと!!

 「パプアキンイロクワガタ」です!!(´∀`)
DSCF1844.JPG この虫はクワガタ飼育の経験者の方からお話をお伺いして
面白そうだなぁ・・・と思って購入しました。

 大きさはコクワガタよりも小さい2cm程度。その為、飼育ケースは
お惣菜入れのようなカップ(プリンカップとも呼ばれる)に収容してます。↑

 狭すぎない?とお思いかもですが、あまりシャカシャカ動き回るタイプでなく
あまつさえ、よく転んでひっくり返ることも日常ちゃめしごとです。
 広いケースに置いてもエサの近くでじっとしてるだけなので

 あんまり意味はなさそうです。(´・ω・`)

カップの中にミズゴケを少しと、踏ん張りができる小さめの樹皮を数枚入れてます。
エサはあまり沢山食べれないのでゼリーを四分の一に切ってあげます。

彼らはスペースを節約できるので助かります。←これは本当に嬉しい 

 かつて飼育した世界最大のクワガタ「ギラファノコギリクワガタ」とは正反対!!
彼らはデカイ図体な割にすーごく動くのでガリガリ音がうるさいのと
長いアゴを変なとこに引っ掛けたりするので広めのケースで飼育してました・・・。
SANY7077.JPG↑これですd(´Д` ;)
 それはそれで飼育しがいがあるってもんですが
彼らを飼育を経験したあとでのパプアキンイロは・・・

 とーっても平和(´∀`)←切実

 温度管理ですが「パプアキンイロ」(以下パプキン)は
1桁を下回らなければある程度の寒さにも耐える!!とあったのですが

暖かくしといた方がいい。という飼育経験者の話を信じ
とりあえず温室に入れました。

 今の時期は気温が高いので
温室に入れるのは寒いなぁと感じる時だけにしてます。

 DSCF1848.JPG そして繁殖にも挑戦してます!!

 暖かくなってきたのとメスがモリモリとエサを食べ
排泄物を出すようになったので、試しにオスと同居させてみました。

 オスはまだ未成熟なのかメスに気がついているものの
交尾にはまだ至っていません。

 もう少し様子をみて交尾が確認できなければ
また別居させてオスの成熟を待ってみます。(°へ°)

 ココまでで掛かる飼育費はこのような感じです。

・パプアキンイロクワガタ(ペア) ・・・1,980円←個体により変動有り
・プリンカップ(50個入り)     ・・・200円
・水苔             ・・・ 420円
・樹皮              ・・・拾いモノ
・昆虫ゼリー           ・・・430円←モノにより変動有り

 合計             ・・・3,030円+a(エサ代やらの消耗品)

 ココから繁殖をさせようとするとまた色々と揃えるものが必要ですが
まだそこまでに至っていないので、今の所はココまで!!

 暖かくなってきたので、自宅の池の様子も見てます!!
果たしてホトケドジョウは元気でいるかなぁ?

 次回こそは・・・外での撮影に挑みたいと!!
そう思っている次第でございます!!では!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 22:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日(月) 遡ること2年前・・・

活動報告

 今日は3月11日・・・外を見てもテレビを見ても
話題の殆どが「東日本大震災」の話で持ちきりです。

 あの地震からもう2年が経つんですね・・・。

自分はあの日、一人の人物に心を打たれたのを今でも覚えています。
地震が起こった次の日の朝。
私は大学に残っていた人達と体育館で一泊しました。

 そこで友人が空腹を訴え、私もそれに釣られて鶴川駅へ
すると駅前は食べ物を買い漁る人達、緑の公衆電話に並ぶ人達で
とにかくゴチャゴチャしていました。

 もちろんお店もやっていませんでしたが、一件だけ!!
牛丼屋だけ開いていたのです!!

 中に入ると店員さんは私よりは年上でしたが若い男の人1人!?
それでいてお客はほぼ満員状態!!

 それでも店員さんはすべての注文に受け答えをしてお客を回していた。
私と友人が最後になりました。というもの材料がすべてなくなった為だ。

 すると店員さんは私たちに・・・
店員:「自分も何か出来ないかと思い、店を開けました!!
長いことお待たせしてしまい誠に申し訳ありませんでした!!m(_ _)m」と
頭を深く下げるご主人。

 我々も「お腹いっぱいにして頂き、ありがとうございました!!m(_ _)mm(_ _)m」

それ以来、その人に会っていません・・・今はどうしているだろうか?

次回は未定です・・・。ノシ

投稿者 yoshinobori : 17:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日(月) かわ道楽が10周年!?+我が家の暴れん坊将軍・・・。

活動報告

 今日は暑い一日でした・・・。久しく運動せずして汗をかきましたね。
しかも東京では「煙霧」で大変だったと聞いております。

 季節の変わり目は体調も崩しやすいので皆様も体調管理には
お気を付けください!!まだまだ花粉も猛威をふるっております!!

 バイ〇ハザードの新作が出る度にハ〇ク出てこないかなぁとか考えてる
齋藤(兄)です。

 昨日の3月9日。和光大学・かわ道楽が10周年を記念するシンポジウムが
行われました!!(゚∀゚)

 私もOBとして参加させて頂きました!!

写真はあまりに多いのでコラージュした写真で・・・少し見にくいかもですが
新しいフォルダ (4).jpgのサムネール画像
 大学のサークルが10周年になった記念イベントで
沢山の方が集まっているのを見て
私がいた頃よりも、このサークルは大きくなってきているのだなぁ・・・と
しみじみ思いましたね(´・ω・`)

 あと、かわ道楽の現代表さんが言っていた「共遊(きょうゆう)」という言葉!!
すごく心打たれました!!

 その後の懇親会で、久々に出会った懐かしい仲間や友人、お世話になった先生方に
お会いでき、声が枯れそうなくらいに語り合い、大笑いさせて頂きました。(´∀`)

 これからも和光大学・かわ道楽のご発展をお祈り致しますm(_ _)m
・・・という感じで書いてみたはいいものの・・・


↑見てくれとるんかなぁ?(´・ω・`;)それが心配じゃ・・・。


 話が変わりますが、少し前のこと。我が家の温室ケースの中から
大きな、非常〜に大きな音がしたんですよ。

 何かこう・・・「棚から何かが落ちた時の音」のような・・・
これだけの音を起こせるヤツは・・・

 それは、紛れもなく・・・ヤツさ!!(゚∀゚)

1月に福袋で当てた!!「スマトラオオヒラタ」に違いない!!
一目散に私がスマトラオオヒラタのケースを開けると・・・

DSCF1718.JPG !!?(´・ω・`)

これは火サスで殺人事件が起きて現場に直行したら凶器を持った人がいて
「あ、ぼく犯人です。」と手を挙げて言われたくらいの分かりやすさでした。

 やはりお前だったか・・・

様子を見る度、私の指に噛み付こうとする狂犬・・・いや虫!!

DSCF1719.JPG しかもケースの蓋をズタズタにしとるし!!

コクワガタの飼育しかやったことのない人間からすれば
これはもう・・・(´Д` ;)・・・ですよ。

 DSCF1722.JPG エサの交換やケース内の加湿の為、外で樹皮の上で待機させてる様子。

本当に恐ろしい迫力だなぁ・・・。

大きいモノになれば、この子よりも2cm大きい個体がいるとは・・・
恐ろしいぜ・・・スマトラ島って所はぁ!!

 この後、カメラのレンズに体当たりしてきたのでマジで焦りました。(´д`;)
カメラに異常なしです・・・。勘弁してくれ!!

 明日、更新する予定です。それでは失礼しますm(_ _)m

投稿者 yoshinobori : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日(金) 春・・・春です。

活動報告

 花粉でしょうなぁ・・・目が痒いやら痛いやら・・・
これがホントの「痛い目を見る」です。(°∀°)ドヤァ!!

 齋藤(兄)です。暖かくなって早々にギャグが出てきて調子がいいやら
悪いやら・・・(´・ω・`)

 今日は風が強かったですねぇ!!皆さんはケガとかされたりしませんか?
私は自転車が向かい風で見事に前に進まず・・・終いにはコケる始末・・・。

もう結局歩いて帰宅しましたよ!!(°皿°;)

 それでも「小さい秋」ならぬ「小さい春」を和光大学周辺の岡上を探索して見つけましたので報告致します!!
DSCF1713.JPG 天ぷらでお馴染みの「ふきのとう」ってヤツじゃないか!?(°∀°)

 美味しいですよね、ふきのとう(´∀`)
これだけ暖かいとツクシなんかもそろそろ姿を現すんでしょうか?

DSCF1714.JPG お次はコチラ。見にくいですが
よく見ると地面が盛り上がっているのわかりますか?そう!!

 これは「モグラ」の通り道!!(゚∀゚)

 本当に漫画のように地表が盛り上がるんですよね〜コレ。
コレがあるということはもうモグラが動いているということ!!
これ即ち!!ってなことになりますか!?なりませんか!?

 あと私の愛する「カミキリムシ」も早い種類ならもう姿を現すことでしょう!!
と〜にかく今年の春も面白い出会いが期待できる!!そんな予感がします!!

 


 

投稿者 yoshinobori : 19:04 | コメント (0) | トラックバック (0)