活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

飼育日記~我が家の生き物たちとの日常

2013年5月26日(日)|活動報告

 DSCF3106.JPG どうも、最近冒頭の一言を考えるのが難しくなってきてる齋藤(兄)です。

 今回は我が家のヨシノボリ君でお茶を濁してみました。(^-^;)
完全にコチラに懐き、カメラを向けると寄ってきてこの通り。

 かわいいヤツめ!!(・ω・)

今回は飼育日記です!!我が家の生き物たちの日常を少しだけ紹介!!

DSCF3101.JPG まずは世界最大のクワガタである「ギラファノコギリクワガタ」!!

 メスがエサを食べるようになってしばらく経ったのでペアリングさせてみました!!
オスは独占欲が強く、メスを殺してしまう事故が起こるので写真のように
針金などでオスのアゴを縛り、これでメスを真っ二つに出来なくします!!
DSCF3125.JPG ↑メスにアプローチするオス。
 オスは何とル〇ン三世顔負けの縄解き術で針金をハズしたようですが
現在は無事ペアリングも終わり、メスを隔離してしばらくしたら
いよいよ産卵開始です!!ドキドキするなぁ・・・(・へ・;

DSCF3193.JPG そして楽しみだった期待組のオスが羽化しました!!待ってたぜ!!

大きさを測ると・・・38㎜!!

アレ!?Σ(・ω・;)

 思いのほか小さかった・・・。蛹の頃の測ったら42㎜にはなりそうだと・・・。

思ったのになぁ・・・(°A°)・・・。

 それでもキレイに羽化してくれました!!
成熟するまでカップで安静にしてもらってます!!

 DSCF3135.JPG そして今もなお幼虫の姿でいる期待組の残り。
彼らは39㎜より大きくなってくれるのか?


 ここらで突然ですが皆さまは「タマムシ」というムシをご存じでしょうか?
触角の先まで全身虹色に輝く光沢を持ち、その羽根で作られた「玉虫ノ厨子」は
世界遺産になっています。「日本一美しい甲虫」と呼ばれるのも納得です。

 でもやしかし!!(°Д°)

 そんなタマムシに並ぶ「日本一美しい甲虫」がもう一種類存在することを
あなたはご存じだったろうか!?

 そのムシの名は「アカガネサルハムシ」。名前の通りハムシの仲間で
ブドウ類の葉を食べます。その為、ブドウ園では害虫として苦い顔されるので
知名度は低いですが、その美しさはタマムシに劣りません!!

 写真がコチラ!!↓
アカガネサルハムシ.JPG 去年は時期を逃して出会えなかったですが今年になってようやく出会えました!!
う~ん!!キレイな色です!!ブドウ類の葉があれば見かける機会は多いようです。
5月がピークなのでそろそろ見収めです!!危なかった!!

 現在、このムシを飼育中です。
DSCF3196.JPG ブドウの葉を常備できなかったので

何を食べるかなぁ?ぶどうジュースでも飲むか?

・・・と試しにティッシュに染みらせてあげてみた所舐めてる仕草をよく見せるので
これは効果ありか?今も元気そうです。

 DSCF3208.JPG そしてこれは嬉しかった!!
自宅で「ホトケドジョウ」の繁殖をしているトロ箱で稚魚を確認!!
写真は5匹ですが全体で見るとかなりな数が確認できました!!

 去年も繁殖は出来ていましたがこれほどでは無かったです!!
やはり知らぬ間に増えていたドジョウが悪さしてたのやもしれません・・・。

 みんな大きくなっておくれよ!!

 今回はココまで!!次回は未定です。ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 22:07
この記事へのコメント

アカガネサルハムシを昨日見ました
初めて見る虫なので これは何?まるで玉虫の様に綺麗な虫で こんなに綺麗な虫がいるとは びっくりしてます。
玉虫より綺麗に見えましたが名前が判らず家に帰りスマホで調べると このページで判明、捕獲するケースが有れば捕まえたが、スマホで動画撮影して、 その虫が飛び去るまで見て居ましたが、ブドウ農家ではよく見るのでしょうか?

投稿者 野ウサギ : 2019年06月22日 22:27
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント