活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2013年7月27日(土) 生きてます・・・。

活動報告

 うお!?危ない!!危うく更新が1週間滞るトコでした!!

齋藤(兄)です!!

 最近バタバタで写真を撮れていなくてテンテコ舞いでした・・・。
しかし!!お知らせしたいコトは沢山ございます!!

 まず!!Facebookでお友達になてくださっている方はお分かりかもしれませんが
岡上のコクワガタの最大サイズが更新されました!!
DSCF4016.JPG コチラが現在確認されている岡上最大サイズのコクワガタ!!
大きさは47.5㎜!!僅か0.5㎜ですが、それでも貫録はオオクワに近づいてくる!!
どうもコクワガタは大きくなるに連れて気性が荒くなるようですね・・・。

 夜中はうるさく、エサ交換時はえらく攻撃的で噛みついてくる上に
噛まれるとメッチャ痛い!!

 DSCF4102.JPG カメラに対してもこの怒りよう・・・。
それでも広い目で見れば大人しい部類に入りますが、ホントにコクワ?
という印象です。聞いている範囲では57㎜まで大きくなるみたいですね。

 57・・・ほぼ6㎝ですよ?見てみたいですよなぁ・・・。

DSCF4020.JPG 岡上コクワの限界サイズは果たして!?
ノコギリやカブトも目が離せません!!

 そして・・・残念ながら・・・

スジクワガタの産卵失敗しました・・・(´Д`;)

 湿度上げ過ぎてマットが腐敗してメスが・・・☆になりました・・・。
なるほど、こういう意味でも難易度が高い訳ですね・・・orz

 そして今度はありがたいお知らせ!!
最近、我らが「和光大学地域流域共生センター」の活動ブログのアクセス数が・・・

何と月平均・・・

10万アクセス突破ですってよ!!

 10万ですって!!これって凄いんでない!?
未だに本当なのか?と戸惑いが隠せません!!

 ここまで続けられたのは、このブログを見て下さっている皆様と
ココまで自然が豊かな鶴見川流域に感謝です!!

 これは何か祝いの特別企画を実施したい!!と
現在、色々と企み中ですb

 そして最後に!!以前!!岡上を一緒に探索した御家族さんから
コメントを頂きましたのでお答えしたいと思います!!

~2013年7月16日(火)みんなで虫捕り!!~
〇コメント
斎藤さん
昨日は貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
獲物を見つける速さはさすがです。特殊能力として自慢できますよ。
次回もぜひ参加させていただきたいです。

〇私
コチラこそ!!あの人数での岡上昆虫ツアーは初だったので
私自身も大変貴重な体験をさせて頂きました!!
特殊能力・・・!!素敵な響きですねぇ!!
しかし!!私が昆虫採集に覚醒したのは大学を出てからなんですよ(笑)

次回は予定が合いましたらタマムシを見に行きましょう!!
Facebookやってます!!
毎日何かしゃべってます!!
https://www.facebook.com/#!/tooru.saitou

投稿者 yoshinobori : 23:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日(日) 標本作り&新たなメンバー

活動報告

 「多目的トイレ」ってありますよね?
私の中では「多目的」でなく「多機能」だと思うのです。

 何故かというえばトイレに行く「目的」は1つでしょう?

齋藤(兄)です。

 今回は標本を作る様子と今回、我が家に新たに加わった
クワガタを紹介したいと思います。

 今さら感が否めませんが・・・

 いつからこんなにクワガタ!!になったんだっけ?私・・・(゜_゜;)
たしか淡水魚だったハズなんですがねぇ・・・
いや!!今でも好きですよ!?
DSCF4005.JPG こんな事やってます。邪道なのかもしれませんが・・・。カッコイイですね!!

 今も作ってます・・・。

そして!!我が家のクワガタ軍団に新たなメンバーが加わりました!!
DSCF3987.JPG これ!!皆さん分かりますか?
パッと見は「コクワガタ」の小さいのに思われますが・・・
もちろん!!コクワガタではありません!!

 名前を「スジクワガタ」という別のクワガタ!!
鶴見川流域で捕れました!!が!!何処で捕れたかは内緒です。
希少種というわけでなく、むしろ普通種のクワガタなのですが
生息場所はコクワガタほど広くなく「いるトコにはいっぱいいる」に定評があります。

 なんでも「飛ばない」らしく灯火採集では、まず見つからない。
大抵「樹液採集」か樹皮の洞に隠れてるんだそうです。


 つまり・・・「見つけてしまえばこっちのモノ」というわけですね(^_^)
今回見つけた場所でもいっぱいいました。

コクワガタとの違いは大あごの形!!(°∀°)

 コクワガタのに比べると鍵のようなギザギザした形になっています。
Desktop.jpg右:スジクワガタ 左:コクワガタ

 写真はどちらも小型の個体ですが
大型になればその特徴は大きく現れます!!
またスジクワガタの大型個体はカッコイイのですが
私はまだ大型の生きた個体を見たことがありません!!

ペアで見つけたので早速!!
大型個体を拝むべく繁殖させてみようと挑んだんですが・・・

飼育難易度が高い!?(´Д`;)

 見た目がコクワっぽいから楽なのかな?と思いきや難しいらしい!!
成虫管理はメス殺しをやらかすので普段は別に飼います。

 そして産卵が特に難しく、コクワガタの産卵方法で挑んでも
全く産まなく、産んでもほんの数匹しか幼虫が現れない!!

 聞くと自然下では「シロアリ」が湧くような湿った朽木でよくメスを見かけるようで
とにかく「湿度」がキーワードになるようです。

 その為、産卵材は加水時間を長めにして陰干しする時間を短くして
指で軽く押すと水分が出てくるくらいにジットリ湿らせてマットも少し湿らせ
メス投入!!これでどうだろう・・・?

DSCF3992.JPG↑ペアリング中のスジクワガタ。

果たして上手く行くか不安ですが、その辺りは日を改めて紹介したいと思います!!
ではノシ  

投稿者 yoshinobori : 19:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日(水) ハスは咲いているか?

活動報告

 今日は突然の雨にやられて散々でした・・・。

齋藤(兄)です。

 連休明けでございますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
お仕事、学校へ行くのがしんどくなってしまう方も多いコトかと存じますが
何とか乗り切っていきましょう!!ウナギ食いたいのぅ・・・(´・ω・`)

 さて!!今回はFacebookでこんな話が舞い込んできたのです!!

「鶴見川の上流部でハスの花が間もなく見ごろ!!」とね!!

鶴見川の自然を探訪するモノとしてこれを見逃す手はないと
すぐさま鶴見川の上流部へ出向きました!!いざぁ!!

DSCF3902.JPG ココを走るのも久々です!!今回はどんな出会いがありますか!!
DSCF3915.JPGまずは「セグロセキレイ」!!
広い水辺で見られ、オデコの白い眼鏡を思わせる模様が特徴。

ハクセキレイに似ていますがハクセキレイは黒メガネ。
DSCF3918.JPG カラス除けの人形かと思いきや、まさかのご本人登場だった・・・。
文字通り「招かざる客」ですね。

DSCF3920.JPG 久々の上流部で不覚にも迷子になってしまい地元の方々に道を聞きながら
ようやく到着!!
DSCF3934.JPG コチラが!!ハス畑でございます!!
絶景の二文字ですね!!これがレンコンなんですよねぇ・・・。
DSCF3925.JPG こちらがハスの葉。
ト〇ロが頭にかぶってたのはこれでしたっけ?(・へ・)

~ハスの花、別アングル!!
DSCF3929.JPG
DSCF3953.JPG

DSCF3949.JPGイトトンボの仲間も見られました(^-^)

DSCF3958.JPG
DSCF3959.JPG

 皆さんもハスの花!!見に行ってみませんか?
ココ以外では「薬師池公園」でも見る事が出来ます!!

DSCF3965.JPG そしてココまで来たので・・・
小山田桜台にあります!!「嵐が丘」さんで昼食!!
コチラのランチメニューは毎回、違う内容なので行くのが楽しみです!!
コーヒーも大変美味しく、長旅の疲れを癒してくれます!!
嵐が丘さんの詳細はコチラ!!
https://www.facebook.com/arasigaoka

DSCF3969.JPG 帰りながら鶴見川の上流部を探索していると
「ルリボシカミキリ」に遭遇。初夏に現れる大変美しいカミキリムシで
その美しさから切手にもなっているカミキリ界の美麗種!!
木にとまっていると、その青がより鮮明になりますので本当にキレイ!!
DSCF3977.JPG コチラはなんとカミキリ界のカリスマ!!
「トラフカミキリ」!?去年は1匹しか見れませんでしたが
今回は当たり年のようです!!

 この後十数匹のトラフカミキリに遭遇し感動したのも束の間
その後、オオスズメバチの巣に遭遇してしまい静かに退散しました・・・。
くっそー!!写真撮っときたかった!!(・皿・)

DSCF3979.JPG ようやくセミが見られましたね!!コチラは「ニイニイゼミ」です。

 名前を聞いて「涙そ〇そう」が出てきたのは私だけではないハズ・・・。

写真でも分かります通り木にとまっていると保護色になって見つけにくく
アブラゼミやミンミンゼミのようにうるさく鳴かないで
「チィー・・・・ッ」と静かに鳴く為
アブラゼミたちが出てきた途端一気に影が薄くなるセミです。
そろそろ彼らの声が聞こえにくくなります・・・。

DSCF3968.JPG 今回はココまで!!ハスの花キレイでした!!
次回は何処へ行こうか?そろそろ「ヤマユリ」も見ごろですね!!

色んな出会いに楽しみにしつつ熱中症に注意しましょう!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 19:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日(火) みんなで虫捕り!!

活動報告

 ミヤマの記事を書いた直後に登場してみましたよ!!どやぁ!!

齋藤(兄)です。

 7月の15日!!夕方の6時30分!!Facebookでお友達の方々と
岡上で昆虫採集に挑みました!!
人数は私含め6人!!この人数での昆虫採集は初かもしれません!!

 今回は岡上の尾根道を歩くだけの簡単なコースで
クワガタやカブト、カミキリムシなどをメインにルッキングを行いました!!

 さっそく!!の前にまずは下見で見かけた生き物を紹介します!!
DSCF3828.JPG まずは「コフキコガネ」が見られました。昼間見かける機会が多いように思えます。
名前の通り、粉を被ったような姿をしておりコガネムシの仲間では大きい。
オスはチョコバナナみたいな触角で見分けは簡単(^-^)

探すまでもなく灯火採集でも捕れますし
マンションの階段でひっくり返ってる姿を良く見かけます。

DSCF3849.JPG こちらはゾウムシの仲間「コフキゾウムシ」ですね。
名前の由来は先程のコフキコガネと同じです。

クズが生えるトコにコフキゾウムシあり!!といっても差し支えないくらい
クズの葉っぱに、それはもう沢山くっついてます。

DSCF3848.JPG 今度は「ニホントカゲ」の子ども!!
小さいうちはキレイな尻尾と模様をしていますが
大人になると、えらく地味な姿になってしまいます・・・。
DSCF3838.JPG ゴキブリみたいで気味が悪いですが「ノコギリカミキリ」です。
他のカミキリは頭と胴の間をこすって鳴きますが
ノコギリカミキリは羽根と後ろ足をこすって鳴きます。

DSCF3857.JPG お!!(・∀・)

 これは「カラスウリ」の蕾!?これは本番の夕方で咲いてくれるかもしれない!!

ココまでが下見!!で!!ココからが本番!!
DSCF3859.JPGのサムネール画像 どんな生き物が捕れたるか!?

DSCF3861.JPG
DSCF3863.JPG カブトにコクワ、ノコギリクワガタが捕れました!!ナイスです!!

 他にもミヤマカミキリやノコギリカミキリ、逃げられましたが
キマダラカミキリなどが見られました!!

 さらには!!

DSCF3866.JPG 岡上で初めて!!「トガリシロオビサビカミキリ」(早口3回言ってみぃ!!)

 ・・・の生きた個体が見つかりました!!(°∀°)
前回で捕ったのは3年前!!しかも死骸でした・・・。

そして締めくくり!!下見で見つけた「カラスウリ」は・・・
DSCF3870.JPG 見事に満開!!(´∀`)ノシ ニョホ!!

 毎年見てますがやはりキレイ!!しかも明日には萎れてしまう儚さもまたいい!!
夜中にひっそりと咲くので、この花を知らないという方が多い印象ですね!!

この花に「スゴイ!!」の一言を頂きました!!(^-^)

さらには!!

 「尾根道を歩くだけでこんなに捕れる場所があったなんて!!」

というご意見まで頂きました!!ありがとうございます!!m(_ _)m

 今回、岡上の昆虫採集に御同行して下さいましたMさま!!Yさま!!
この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます!!

 ありがとうございました!!m(_ _)m

DSCF3872.JPG

今回はココまで!!次回は未定ですが
そろそろトロ箱の紹介とかしたいと試行錯誤中!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 01:07 | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月16日(火) ミヤマクワガタ産卵に挑戦!!

活動報告

 ウォイッス!!(・ω・)ノ

齋藤(兄)です。

 今日はFacebookでお友達の方々と岡上で昆虫採集に行ってきました!!
後輩たち以外の方々で大所帯の昆虫採集は久しぶりでございました!!

 現在、写真を編集中!!明日には更新できるかな?と思います!!
今回は我が家で飼育中の鶴見川産!!(←ココが大事なのだ!!)の「ミヤマクワガタ」の
産卵に挑戦しました!!(°∀°)ノシ イヤッハー!!

 上手く行くかな?いざぁ!!
DSCF3761.JPG まずはペアリング!!ミヤマもノコギリやヒラタ同様「メス殺し」をやらかすようですが
このペアはメスの方が立派なせいか全く問題はありませんでした。

DSCF3808.JPG ミヤマクワガタの産卵に必要なものはこれ!!

〇黒土   ・・・150円(変動あり)
〇飼育ケース・・・使い回し
〇微粒マット・・・700円(変動あり)
〇産卵木  ・・・250円(変動あり)

合計・・・1100円程

 クワガタを増やすのにも色々掛かるのね・・・。仕方ないね!!
DSCF3810.JPG まずは園芸ショップで売っている「黒土」をケースの底に堅詰めしていき
そこに産卵木を入れる。ミヤマは木には産まず、マットに産むタイプですが
木を入れてあげると産卵しやすいというのです。不思議ですね(^_^)
DSCF3814.JPG そして微粒マットで産卵木を埋めるように入れていく。
ここではあまり堅すぎないように詰めました。

 産卵木の周りに隙間があるとカビが生えるのでなるだけ隙間なく入れていきます。
あとは高タンパクのエサと転倒防止用の樹皮をいれてメスを投入!!

 たくさん卵を産んでおくれ!!

DSCF3842.JPG メスが産卵に専念するため
オスは留守番。ヒマそうなので遊んでたらアゴと前足を広げての威嚇!!
ノコギリやコクワでは見なかった怒り方です!!

 同じクワガタでも色々な世界が見えますね。
そして次回は岡上で!!みんなで!!昆虫採集!!に挑みました!!

投稿者 yoshinobori : 00:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日(水) メダカ飼育再び始めました!!

活動報告

 コメントを頂いたので紹介しまーす!!

~2013年6月24日~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 天ぷら屋の裏メニューとして......。これは「マゴチ」ではなく
「メゴチ」じゃないでしょうか。マゴチはお刺身が一番。
天ぷらにするのはもったいないよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 コメントありがとうございます!!
調べた所、確かに!!メゴチの天ぷら、マゴチのお刺身は有名みたいですね!!
これは盲点でした!!ありがとうございます!!

 マゴチのお刺身はフグに並ぶ美味しさで高級魚なんですね!!
今度捕まえる機会があったら食べてみたいですねぇ・・・。

 遅まきながら齋藤(兄)です!!
 今回はミヤマクワガタ含め我が家のクワガタ軍団の産卵ケースの紹介をしようと
思ったのですが、急遽!!我が愛する鶴見川で久しぶりの魚捕りをしてきました!!

 最近大掃除をしていたら小さな発泡スチロールが出てきたのですよ(^-^)
蓋もないし、クワガタ運搬には使えず処分するか悩んだ結果・・・

 トロ箱にしちゃうか!!(°∀°)

 ホトケドジョウのトロ箱の「アサザ」も増えすぎて大変なことになっているので
新しくトロ箱を作りました!!
DSCF3746.JPG こんな感じです。
百均でよく置いてるタイプです。

 トロ箱はホトケドジョウの箱に入っていたものを使っているので
すんなり人工の池は完成しましたが、肝心の生き物が入っていません!!

 ホトケドジョウはもういるし、2個目までホトケではなぁ・・・。
メダカでも飼ってみようか?前回失敗したのでリベンジするか!!

 ということでメダカを調達するに至ったのですが
最近では様々なメダカがペットショップなどで見られます!!

 ヒメダカを始め、白メダカ、青メダカ、楊貴妃メダカ、だるまメダカ等など
キレイなメダカや個性あるメダカたちが勢ぞろいする中で
齋藤家で家族会議を開いて話し合った結果・・・。

 「鶴見川でメダカを捕って来なさい。」

ということに・・・もちろん捕りに行くのは私!!(・ω・)

 場所はコチラ!!
DSCF3739.JPG コチラは鶴見川と麻生川が合流するポイント!!
ココでメダカを狙いたいと思います!!

この日は午後から予定があったので、あまり時間をかけずに挑みました。いざぁ!!
DSCF3740.JPG 戦果はこの通り!!(°∀°)
久しぶりの魚捕りでしたが、まだ腕は衰えません!!

DSCF3741.JPG まずはじめに「モクズガニ」が捕れました。
非常に小さいです(^-^;)

 しかし生まれは海なので東京湾からココまで来たのかと思うと
この小さい体に秘められたパワーは並大抵ではないのでしょうなぁ・・・。
DSCF3743.JPG コチラは「カワムツ」。
オイカワに似ていますがオイカワよりもズングリした感じです。
稚魚はオイカワにそっくりで見分けるのには少しメンドイです・・・。
DSCF3744.JPG コチラは「モツゴ」。モツゴと呼ぶより「クチボソ」と呼ぶ方がご存じな方が多いですね。
DSCF3745.JPG お目当てのメダカも見つかりました!!
絶滅危惧種と言われていますが、これは昔から棲んでいる純血のメダカの話です。
鶴見川に昔から棲んでいるメダカは全滅し、今見られるこのメダカは
人間の手によって放流された余所のメダカです。

DSCF3756.JPG さっそくメダカを持ち帰り、トロ箱に引っ越し。
いきなりキレイな水に入れてしまうと弱ってしまうので
トロ箱を作って1週間経ってからメダカを投入しています!!

 今の所、元気そうですがまだ油断なりません!!今後の彼らの活躍に期待です!!
次回は飼育日記ですがいつ更新できるか・・・。
なるべく早めに参上します!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 21:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日(日) 七夕に現る!!

活動報告

 最近、4時とかに目が覚める齋藤(兄)です。
いよいよなのか!?と色々と戸惑う日々を送る今日この頃ですが

 皆さま!!いよいよ梅雨が明けました!!これで洗濯モノが干せる!!
しかしその代わりにやってくるのが真夏のような日差し!!

 本格的に夏らしくなりました!!くどくなりますが熱中症!!気をつけましょう!!
そして梅雨が明けるとカミキリムシ屋としては梅雨明け=トラフカミキリ!!

 これです!!(^-^)

 トラフカミキリとは「スズメバチ」に擬態しているカミキリムシの仲間で
希少性が高く、カミキリムシの中では難易度が高い!!

 カミキリムシ採集を始めた人が誰でも通るであろう登竜門のような虫で
見つけられたらカミキリ屋としてステータスが上がります!!

 「え!?トラフ捕ったの!?」みたいな(・ω・)

和光大学にいた頃はこの虫探すのに2年近く掛かりました・・・。

 全く見つかりません!!

 しかし探し方は非常に簡単!!彼らは「クワ」の木をホストにするため
クワの木を見つけたらあとはクワの幹や葉っぱにくっついていないか
探すだけ!!これだけです!!

今までの経験から「古いクワの木」に来る傾向があるようです。

 しかし先程に述べた通り滅多にその姿を現さないのでほとんど運に左右されます!!
今回、お仕事で「若葉台」周辺にいたのですが、暑さに耐えかね
たまたまあった大きなクワの木で小休止をしていると・・・
DSCF3731.JPG んおおおぉぉお!!!!Σ(°Д°;ノ)ノ

 これ!!これですよ!!これが「トラフカミキリ」!!
スズメバチに見えますか?少なくともこれがカミキリだとは思いませんね!!

 学生時代の2年は何だったのか!?と考えるヒマもないくらいシャッターを切る!!
DSCF3730.JPG トラフカミキリ横~

 いやぁ~カッコイイですね!!顔はもう完璧にスズメバチです(^-^)

シーズンは7月~9月!!

クワガタ、カブトも良いですがコチラにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

 さてそして!!齋藤(兄)は只今鶴見川産ミヤマクワガタの産卵ケースを準備中!!
上手く行くか心配ですが次回はその辺りを紹介できれば!!と思います!!

DSCF3735.JPG 我が家のパプアキンイロクワガタの幼虫。
もうこんなに大きくなってます!!羽化は10月くらいかな?ではノシ

投稿者 yoshinobori : 21:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日(水) 岡上の昆虫たち。

活動報告

 暑くなって参りましたねぇ・・・また熱中症の季節です。
外に出られる際は水分補給や体を冷やすなど対策に十分気をつけましょう!!

 DSCF3629.JPG あまりの暑さにスズメバチもノックダウン?

 齋藤(兄)です。↑のハチは岡上探索中に道路に落ちてたのを拾いました(^-^)
かなりの大きさなので「オオスズメバチ」なのかなぁ?

 ココ最近、ちょくちょく岡上を探索しました。相変わらずバタバタしてるので
広い範囲は行けませんが・・・。

 それにしたってさすがは岡上!!沢山の虫が捕れます!ニヤリ
ココ最近で見つけた虫たちを紹介します!!いざか!!

DSCF3611.JPG いきなり大きなノコギリが!!
これは幸先が良さそうです・・・が!!齋藤(兄)はこの時、不覚にものびる虫網を

忘れてしまった!!Σ(・ω・`)

DSCF3612.JPG 十何年ぶりに本気の木のぼりをして無事に捕まえました。
大きさは65㎜くらいでこれまた岡上ギネス(68㎜)を超えられず・・・。

道は険しいのぅ・・・(´・ω・`)

 それでも立派なので持ち帰って種親にすることに・・・
しかし齋藤(兄)は暗かったせいもありこのノコギリに
異変があったことに、この時気付かなかった!!

DSCF3615.JPG 灯火採集で見つけました。
クモの巣まみれで死んでるかな?と思ったのですが触角とアゴが動いていたので保護。
ノコギリのメス?と思いきや何と30㎜のコクワ!!これは大きい!!
この子は持ち帰り我が家の47㎜の♂とペアリングさせてみる事に!!

DSCF3628.JPG 同じ場所にもう1匹。はじめは「オニクワガタ」!?と
夜中の岡上で雄たけびをあげかけたのですが
非っ常~に小さな「ノコギリクワガタ」でした・・・。

 大きさは30㎜といった所ですね!!これは岡上チビギネスでしょうか?
DSCF3624.JPG 他にもまだまだ!!「ヤハズカミキリ」!!
枯れ葉のような模様がなかなか見ごたえあります。
DSCF3678.JPG カブトムシも発見!!大きさは75㎜!!
まだまだ大きい個体がどこかにいる筈!!

 DSCF3683.JPG 後輩と探索した際に発見!!「ナナフシモドキ」です。
ナナフシは別名でコッチが本名。
実はオスが見つかるのは非常に稀で基本的にメスのみで繁殖できるそうな!!

 (°Д°;)<そうだったんすか!!

 昆虫採集において影が薄い印象ですが、よくわからない所が多い。
それがナナフシモドキ。
DSCF3686.JPG 「ナガノゴマフカミキリ」。岡上においては普通種。
他のカミキリが見つからない時でも、とりあえずコイツだけは見つかる。
DSCF3687.JPG お次は「クロカミキリ」!!去年は1匹だけ灯火採集で見つけたのですが
今年はヒノキを細かくしておいてある場所を見つけて3匹も見つかりました!!
DSCF3688.JPG 尾根道をトコトコ「ドウガネブイブイ」がいました。
面白い名前ですよね。由来は諸説あります。

 色違いのド普通種「アオドウガネ」に比べて見かける機会は少ないですが
レアな虫でもなく・・・ギザ10見つけた!!くらいの難易度。
DSCF3689.JPG お次は過去最大サイズの「ミヤマカミキリ」!!
トムソンガゼルを思わせる長く立派な触角は見るモノの心を躍らせます!!

 そして持ち帰った虫を調べていると・・・65㎜のノコギリの異変に気付く!!
DSCF3620.JPG お分かりいただけますか?
右のアゴが左のアゴより細いのです!!これはアレですか・・・!?
噂に聞く「奇形個体」!!?

 奇形個体とは名前の通り、本来の姿と異なる姿をした個体の事を言います。
実際に見たことはありませんが

体の半分がオスとメスになっている。とか
頭はオス、体はメスというものもいれば
アゴが4本、3本になっているオスがいる!!など様々。

 理由は突然変異か、蛹の時に何らかのトラブルがあったか定かではありませんが
そのような虫は高値で取引され標本も人気が高いのです!!

 今回みつけたこの子は・・・どうなんだろう?

今回はここまで!!次回は七夕か9日に参上できるかな?と思います!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 11:03 | コメント (0) | トラックバック (0)