活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2013年11月28日(木) 飼育日記&ベニカミキリ

活動報告

 寝てはいけない場面でウトウトくる時は
ブラックガムを噛んだ後普通の水を飲んで深呼吸すれば万事解決な齋藤(兄)です。

 さて今回は飼育日記にしたいと思います!!
紹介する生き物は・・・
 オカダンゴムシ、ミヤマクワガタ幼虫、水槽に新メンバー!!を紹介します!!
DSCF5983.JPG まずは「オカダンゴムシ」!!企画発表から一向に姿を見せません・・・。
果たして無事でしょうか?
DSCF5982.JPGあ!!Σ(°☐°;)

 い・・・いました!!いましたよ!!
この後、超スピードで奥の方へ逃げて行きました・・・。
明るい所は嫌いなんですよね・・・。

 とりあえずオカダンは元気なようです(^-^)
あ、みなみに命名は「おにぎり」です。丸まって逃げるので・・・。
DSCF5986.JPG お次は「ミヤマクワガタ」の幼虫。
大分大きくなりました。重さはまだ分かりませんが
丸まった状態で500円玉ピッタリくらいだと思います。
 11匹のウチ、生存が確認できたのはこの子含め3匹!!
残りはビンの側面に出てこず、生死の確認が出来ず・・・心配じゃ(-_-;)
オスなら種親である50㎜は超えて欲しい所です!!
DSCF5987.JPG お次は私の生き物好きの原点!!金魚です!!
 この金魚は「コメット」と呼ばれる品種で、アメリカで作られた金魚です。
日本語で「彗星」という意味の通り、各ヒレが彗星のごとく長~いのが特徴です。
 飼育は容易で初心者にオススメの品種です!!
DSCF5994.JPG今回は2匹購入しました!!
 こういった「赤」と「白」の模様を「更紗模様(さらさもよう)」と呼び
上の写真のように白の面積が多い場合は「白勝ち更紗」と言います。
この写真の子は赤が多いので「赤勝ち更紗」となります。
私は更紗を選ぶ時は上が赤、お腹が白という模様が好きですね(^-^)

DSCF5984.JPG そして!!今日、お仕事で竹林にいたわけですが
枯れた竹の中から我が麗しの「ベニカミキリ」に遭遇!!

 その場に置いてくわけにもいかず現在自宅で収容中。
結果として冬眠から無理やり起こしてしまった訳ですので、
もしやしたらこのまま死んでしまうかもですが
しばらくプリンカップで温室に置いて様子を見てみます・・・。

ごめんよベニカミキリ・・・<(_ _)>

DSCF5996.JPG ふひ~・・・こうして見ると我が家には色んな生き物がいるなぁ・・・。
 まぁ!!楽しく付き合ってきますとも!!
次回は未定です!!では!!私は寝ます!!ノシ

投稿者 yoshinobori : 21:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日(月) 新企画スタート!!

活動報告

 今日、菌糸ブロックをビンに詰める作業をしてました齋藤(兄)です。
12月の頭くらいにオオクワガタの幼虫をビンから出す予定!!
いったいどれくらい大きくなってくれているのか楽しみでおります(^-^)

 さて!!前回もお知らせしました通り!!
新たな企画がスタートしました!!

 ダンゴムシの限界サイズに迫る!!というものです!!
身近な生き物ですが、それ故にスポットライトに当たらず
あまり触れる機会がない為、知らない部分が多いので

 今回はそのダンゴムシの知られざる意外な一面に迫ります!!
DSCF5956.JPG こちらがこの企画の主役!!ダンゴムシです。本名は「オカダンゴムシ」。

探すまでもなく自宅の前の植え込みの枯れ葉の下にワラワラいました。
大きさはよく見かけるサイズより少し小さく
丸まった状態でBB弾より一回り大きいくらいです。

DSCF5960.JPG 飼育容器はクワガタ幼虫に使っていたビンを使用。
まず発酵マットを3㎝ほど敷いてその上に桜の葉と樹皮を適当に乗せました!!
エサは何でもいいようで野生下では落ち葉や死んだ生き物を食べます。
ダンゴムシは生態系の中で「分解者」という位置におり
死んだ動物や枯れ葉を食べて土にする役割を担っているようです。

 他にもコンクリートまで食べるようで本当に何でも食べるようです・・・。
飼育下ではカツブシや煮干しを与えると大きく育ってくれます。

 さて!!どれくらい大きくなるのか!!楽しみであります!!
ダンゴムシの寿命は最大で6年!!長い付き合いになりそうです!!
かなり長丁場な企画ですが気長にお付き合い頂ければと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 20:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日(日) 容疑者&麻生川のコガモそして企画発表!!

活動報告

DSCF5928.JPG 今日、自転車修理しました。齋藤(兄)です。
修理の待ち時間で撮影したコガモちゃんです!!
紅葉に彩られた麻生川で日向ぼっこする姿はとても和やか(^-^)


 前回の記事で謎のドジョウがいるという話をしたのですが
まだ断定できず、あまつさえカメラに警戒して全く撮影出来ず・・・。
もしかして「カラドジョウ」ではないかなぁ?と思っています。
外国のドジョウでペットショップなどで普通のドジョウに紛れて売ってるらしく
それが放流か何かで今では日本でも姿を見せるらしいです。
もしやして・・・鶴見川にも!?

 まだ容疑が晴れないので調べがついたらまた写真交えて報告したいと思います!!

そして!!今回、大型企画(その1)を発表したいと思います!!
ホントは来年に全部やろうと思ったのですが
この企画は今からでも大丈夫そうなので、おっぱじめたいと思います!!

 Facebookではお知らせ済みなのですが・・・

 ダンゴムシの限界に挑む!!目指せ!!グソクムシ級!!

 コレ聞いた人の中には「・・・え?・・・」なんて方も多いハズ!!
事の発端は大学の後輩と今流行りの「ダイオウグソクムシ」の話をしてた時です。

 グソクムシってダンゴムシの仲間なんですよね?ではダンゴムシって
最大どれくらいまでおおきくなるんでしょうか?

 聞けば結構大きくなるらしいのです。

 それを聞いては黙ってる訳にはいかない!!
検証しましょう!!(°∀°)

 まず下調べで簡単にネットで調べてみた所
飼育は比較的カンタンでした。湿度管理に気をつければ問題なく飼育できそうです。
しかし驚いたのはダンゴムシの寿命!!小さいから2~3カ月と思いきや
何と3~4年!!最大でも6年は生きるようです!!めっちゃ長生き!!

 しかもクワガタなどの昆虫と異なり成熟しても死なない限り
脱皮を繰り返して大きくなるんだそうです。

 これは灯台もと暗し!!ダンゴムシにそんな面白エピソードがあろうとは!!
早速!!明日ダンゴムシ捕りに行ってきます!!ノシ
 

投稿者 yoshinobori : 23:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日(土) おや?モツゴの様子が・・・。

活動報告

 漫画を買う時、好きな登場人物が出る巻しか買わない齋藤(兄)です。
なので私の本棚はカオスな光景になっております。

 さて!!少し更新が遅れてしまいましたが・・・。
今回は我が家で飼育しているモツゴに変化が起きたのでご報告いたします!!

DSCF5917.JPG カメラを構えると逃げるので上手く撮れませんでした・・・orz

 本来、モツゴは体の中心に一本の黒いラインが入るのですが
このモツゴはそれがなくなり、全身銀色!!そしてウロコの淵が黒くなりました!!

これはモツゴの婚姻色ですね!!オイカワなんかは派手で華やかな色になりますが
コチラは渋い色合いになりカッコ良くなります(^-^)

 普通種、外道などと呼ばれる彼らですがこうして見ると中々に見ごたえあり!!
飼育難易度は低く金魚と同じ飼い方で十二分!!

 しかし、新しい魚を入れるとちょっかいを出す傾向があり
巻貝も殻を割って器用に食べるので小さい巻貝は入れられません・・・。
DSCF5919.JPG 最後に新メンバーの「ヒドジョウ」でお別れ!!
大分こちらに慣れてくれましたが普段は石の隙間に潜って出てきません。
しかしエサをあげると必ずこのように並んでくるので、とても愛橋がいいです(^-^)

 そうそう!!ドジョウと言えば我が家の水槽にしるドジョウの中に
もしかしたら!!ドジョウとは違う種類かもしれないドジョウを発見!!
それは次回!!ご紹介したいと思います!!ではノシ!!

投稿者 yoshinobori : 22:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日(月) あの場所へ・・・。

活動報告

 最近、面白そうな企画をいくつか考案中の齋藤(兄)です!!
今回、考えてる企画は・・・


 「誰でもできる」けど「やらないこと」でも「やったら面白い(多分)」

・・・をキーワードに色々企んでます!!
まだ実行に移す時期ではないので、いずれチョコチョコ紹介していきます!!

 さぁて今回は!!(°∀°)

 私の青春時代に大変お世話になった場所!!「関山橋わんど」に赴きました!!
この場所は大学時代、友人とほぼ毎日にように魚を捕ってた場所で
いわば私!!齋藤(兄)の旗揚げのきっかけになった場所と言っても過言でないっす!!

 しかし、雰囲気はすっかり様変わりしていて驚きました・・・が!!
自然界ではよくあることです!!それによって新たな出会いもありますしね!!
常にプラス思考!!これが生き物探訪の基本です!!

まずは道中編!!いざあ!!
DSCF5841.JPG まずいきなり「カワセミ」とご対面です!!
場所は恩廻し公園!!この辺りのカワセミポイントは大凡把握しているので
遭遇する機会は多いです!!

 特にこの辺りは出会えるのでお近くを歩かれる際は是非!!探してみて下さい!!
午前中の方が会いやすいかな?と思います。

 DSCF5846.JPG 同じく恩廻しで「コサギ」に遭遇しました!!
寒くなると集団でいる様子が伺えますが、どういう訳かたまにケンカなのか
大声をあげて追いかけっこする時があります・・・何なんでしょう?(・へ・)

DSCF5855.JPG そして関山わんどでの魚捕り結果はコチラ!!
たまたま同じ関山橋で魚を捕っていた親子さんと一緒に魚捕りをしました!!

 いつも1人で黙々と魚を捕るので、捕り方を教えたりお話を聞いたりと
とても楽しいひと時でした!!もし!!このブログを見てくださっている!!

 あの時の親子様!!改めまして楽しいお時間をありがとうございました!!m(__)m
それでは今回捕れました生き物を紹介していきましょう!!

DSCF5856.JPG まずはヤゴ!!「ハグロトンボ」のヤゴです!!
この子はまだ小さいですね。成虫になるのはまだまだ先の様子。

 そういえば今年はハグロトンボを捕まえる事が出来なかったなぁ・・・。
でも捕まえるとバチが当たるという言い伝えが・・・。

 標本にするのも命がけである・・・(´・ω・`;)

DSCF5836.JPG コチラは「モクズガニ」!!
コチラもまだ小さく、ご自慢のハサミには毛がついてません。
この子は甲羅の直径で3㎝くらいですが、大きくなると大人の握りこぶしくらいに!!
今、自分の手をグーにして見て下さい!!それくらい大きくなりますよ!!(°∀°)

DSCF5857.JPG 「ドジョウが出てきてこんにちわ!!」ってやつですよ!!

 ご存じ!!ドジョウでございます!!このドジョウは一緒に魚捕りしてくれた
お子さんと捕まえました!!ヌルヌル滑るドジョウに苦戦しながらも
何とかケースに入れてくれました。(^-^)

DSCF5860.JPG「メダカの学校」でお馴染みのメダカ!!
今回はこの一匹のみでした。関山橋は流れがあるので
小さくて泳ぎの遅いメダカはあまりいないハズなのですが・・・
恐らく雨などで上流から流されてきたんではないか?と思われます。

DSCF5862.JPG 最後は「カワヨシノボリ」。
私の中では「鶴見川上流部で最も簡単に捕まる魚」と思っております。
少し大きい石の下でじっとしているので石をひっくり返して網に追い込めば
簡単に捕まえる事もできます。飼育も楽ですし、鶴見川で魚捕りデビュー予定の方!!
まずこの魚を探してみて下さい!!

今回はココまで!!次回は・・・未定ですが飼育日記を予定してます。

投稿者 yoshinobori : 20:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日(木) リベンジっす。

活動報告

 外はクリスマス一色になろうとしておりますね(^_^)

齋藤(兄)です。

 最近、我が家の水槽に新たなメンバーが加わりました!!
今回は採集でなく、お店で購入したモノですがこれは野生下では存在しない生き物!!
DSCF5828.JPG ドジャ~ン(´∀`)

 「ヒドジョウ」です!!これは普通のドジョウを観賞用に品種改良されて
ヒメダカ同様、黄色くなったドジョウです。

 ドジョウを観賞用ってトコに何か違和感を覚えますが
地味な印象が強い我が家の淡水魚のメンバーの中で明らかに浮きますね・・・。

 お値段は普通のドジョウと異なりやや高め。980円くらいがよく見る金額ですが
ココでは780円だったので少し無理して2匹購入しました!!

 今回、何故ヒドジョウなのかというと実は過去にヒドジョウを飼育してたのですが
行方不明になりそのまま見つからないのです・・・。

 一体なにが起こったのか謎ですが知らぬ間に居なくなったのです・・・。
わけが分からないよ・・・。

 ヒドジョウは小さいサイズしか置いてないので、ココは!!
野生で見る20㎝くらいの巨大ヒドジョウを見てみたい!!そんな理由で始めました!!
DSCF5825.JPG ヒドジョウ※水合わせ中・・・。

 タモロコは必ず水合わせ中の魚にちょっかいを出します・・・。
ドジョウがパニくるからやめてくれぃ・・・。

 DSCF5832.JPG 普通のドジョウと2ショット。
色が違うだけで普通のドジョウと変わりません。飼育難易度も変わりませんが
色が明るい黄色な為、「※白点病」などの病気に気付きにくい時があります。

 新たなメンバーが加わった淡水魚水槽の今後の活躍に期待です!!ではノシ

※水合わせ・・・
連れてきた魚を水槽に移す時に行う作業。
いきなり水質が変わってしまうと魚の負担になるので温度を合わせた後
少しずつ水槽の水を袋にいれ慣れさせる。

※白点病・・・
 魚を飼育すれば必ず関わる伝染病の1つ。
名前の通り魚のヒレ、体の表面に白い点々がつく。
放っておくと死に至る。伝染力が強い。
 メチレンブルーなどで薬浴させるか初期症状(ヒレに少しだけとか)なら
水かえをして様子を見ると治ることがある。
よく見るとこのヒドジョウ、2匹とも白点病・・・。
この記事書いてて気がつきました・・・orz

 今回はココまで!!次回は未定です!!ノシ
 

投稿者 yoshinobori : 22:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日(火) なんて日DA!!

活動報告

 しばらく中華料理を控えようと思う齋藤(兄)です。

 家族で本格的なお店に行っていくつか注文したんですね。
本場ならではなんでしょうかねぇ?飛んでもない大きな皿でドカドカ出てきて
食いきれないんでない?という事態に・・・まぁ完食しましたけどね!!

 我が家は大食い一家!!Σd(・ω・)
DSCF5809.JPG さて今回!!新しいタモ網が手に入りまして早速、鶴見川で魚捕りに挑んだのですが
魚は全くおらず・・・あまつさえ通り雨が降って魚捕り中断!!

 とどめは網が壊れて伸びなくなる始末・・・!!

なんて日だ!!(°皿°;)

 なので今回は魚捕りの記事が書けません!!申し訳ございません!!m(__)m

DSCF5764.JPG 悪いことは重なるもので我が家の「スマトラオオヒラタ」が脱走を企ていた・・・!!

 もうこれで何回目だろう・・・昔は「コバエシャッター」を使っていたのですが
まるで使命を感じているかのようにビリビリにするので今では
チラシや新聞、タウン誌をシャッター代わりにしています・・・。

 その延長で蓋も壊すので参ります・・・。
ちゃんとエサもあげているのに何を逃げる事があるのか?

request.jpg あとFacebookでチマチマ登場している「※むし娘」たちも
空いた時間で描いてます(^-^;)

 一応年明けに毎年描いてる「全員集合絵」を出す予定ですが
今年はカミキリに留まらず野鳥やクワガタ、カブトなどにも手を出してしまった為
とんでもない人数になるやもしれない・・・。

 今回はココまで!!次回は飼育日記にするか採集日記にするか検討中ですが
そろそろカミキリ、クワガタ採集の新たなポイント探しもしたいですね!!
現在、昆虫仲間と計画中!!ではノシ

 ※むし娘・・・「昆虫って気持ち悪いですよ!!」とおっしゃる後輩の女の子に
齋藤(兄)が「では可愛かったらいいのだな?」という一言から始めた擬人化イラスト。
上のイラストは左から「ルリボシカミキリ」、「ベニカミキリ」、「コクワガタ(案)」

人気があるかは不明ですが、たまにリクエストがあったり
作者の気まぐれで当ブログ、Facebookに現れる。
暖かく見守って頂くか「こういう描き方はどうか?」などご意見を頂けると
ありがたいっす・・・(・へ・)参考にします。

 因みに指が震えるのでペンタブでなく、マウス一発描きである。b

投稿者 yoshinobori : 21:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日(土) 気分は田舎ねずみ

活動報告

 新しいタモ網を購入しました!!齋藤(兄)です。
弟の買い物についていったら思いもよらぬカッコよさでつい買ってしまった!!
後日・・・というより今日試しに使ってみたいと思います!!・・・の予定・・・。

 今回は前回の記事にも書きました通り「飯田橋(いいだばし)」へ行ってきました!!
岡上地域密着型の自然探訪人間と自称する私が何故ココまで足を運んだかと言いますと

 落し物された方経験あるんではないかと思いますが、そうなのです。
私は知らぬ間に「和光大学の図書カード」を落としてしまい
それが飯田橋の警視庁に届いたというのです。

 聞けば大抵の落し物はココに来るんですか?
しかも落し物のバザーまでやるんだから驚きです。
(バザーに出すのは保管期限が過ぎたものだけ)

 再発行も考えたのですが、滅多に都会っぽいトコへ行かないので
たまには足を運んでみようと思いったった訳です。ハイ。

 それでは文字だけの記事も面白味が無いので写真交えて!!
紹介して行きたいと思います!!いざぁ!!

DSCF5677.JPGのサムネール画像 各駅停車に揺られ、何しにココへ来たのか忘れかけた所で新宿に到着。

 ココからJRで飯田橋駅へ。

DSCF5674.JPG 「ホトトギス」発見。同じ名前の鳥もいますね。

 探してみると、ホトトギスのように他の生き物と同じ名前の植物が多く存在します。
「ミヤマクワガタ」っていう植物があるのには驚きましたね。本当に・・・。


 写真はお見せできませんが無事!!飯田橋の警視庁に到着!!
落し物も回収出来たのですが・・・。

 和光大学の図書カードのみならず・・・病院の診察券やらツ〇ヤのカードやら
色んなポイントカードもろもろ一緒だったのです!!

何故今まで気がつかなかった!!?Σ(°Д°)

 驚きましたね~受付の人が「コチラで間違いないですか?」と
遊〇王ぽくカードを見せられて、私もパニックになりますが

 「え、あ、ハイ。」と何とか冷静を保ちながらカードを受け取り
その場を後にしました。

 そして!!お待ちかねの探索!!東京ドーム、後楽園と
魅力的なものが多々ありましたが・・・

 入場料やらで何かとお金が発生するトコが多い・・・。
何人かで遊びに行くんでなら構わないのですが、1人で散歩するのに
そんなにお金は使いたくない・・・。

 仕方なくその場を離れようとしたその時!!
DSCF5607.JPG お!?雪虫だ!!(°∀°)

この虫が姿を見せると2週間後に雪が降るという言い伝えがあります。
雪虫は別名で飛んでいる姿が正しく雪のように思えます。

 正式名称は「トドノネオオワタムシ」(のハズ・・・。)
括りとしては「アブラムシの仲間」になります。

 この虫のスゴイ所は1年のスケジュールと繁殖方法!!

 まず春にヤチダモの若葉や若い枝に群生し
メスのみで多数のメスを産みます。(これを処女生殖というらしい)

そして生まれたメスはすぐさま成虫になり夏になるとヤチダモから離れ
トドマツの根に引っ越し地下暮らしをします。(←トドノネの名の由来)
そこでもメスのみで再びメスを産みます。

さらにそして産まれたメスは写真の雪虫のような姿になり
再びヤチダモへ・・・この繰り返しになるんだそうです。

 即ち!!春と夏で寄生する植物が変わり1年3世代でサイクルする。
しかもメスのみでの繁殖!!

 結構な頻度で見かけるのであまり気に留めなかったのですが
今回、記事になりそうな生き物がこの子だけだったので
しっかり調べてみるとこんなにスゴイ戦略を持っていたとは正直驚きでした!!

 皆さんも身近で見かける花や生き物を本やネットで調べてみては如何でしょうか?
今回のトドノネオオワタムシのように思いもよらぬ発見があるかも知れません!!

 今回はココまで!!次回は未定ですが私のタモ網をご披露したい!!
そう思っている次第でございます!!ではノシ
  

投稿者 yoshinobori : 09:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日(木) 驚きで目が覚める。

活動報告

 訳あって寝不足です・・・。齋藤(兄)です。

 和光大学の学祭も無事に終わったみたいですね。
学祭3日間頑張った学生の皆さま、お疲れ様でした!!

 さて今回は飼育日記ということで我が家で飼育中の・・・
「山梨県産オオクワガタ」の幼虫を覗いてみようと思います!!

 カップからビンに引っ越しておよそ1カ月といった所!!
その間、私のデスクの下で(ココが一番温度変化がなく暗い場所なのです。)
ほとんどほったらかし状態。たまに菌糸の状態を見たりはしましたが
それ以外では手に取って覗いたりなどはしません。
クワガタ飼育で重要なのは「過保護になりすぎない。」なのです!!

 ではご覧頂きましょう!!果たして彼らは元気だったでしょうか!?
DSCF5671.JPG うっひょ~!!Σ(°Д°;ノ)ノ

 これはデカイ!!まるでカブトムシみたいDA!!
カップから出した時はこの10円玉くらいだったのに!!
さすがは日本最大のクワガタムシといった所でしょうか!!

 これは生き物好きな子供さんなんかはテンションが上がるハズですね!!
重さはまだ取り出す時期ではないので測れませんがこれは大型が狙えるかも!?

 個人的には65㎜は行って欲しい!!0(°☐°;)
70㎜行けたらGOO!!Σd(´∀`)
80㎜なら拍手喝采!!(´∀`ノ)ノ ヨイヨイ

 菌糸の減り具合にもよりますが次のエサ交換は1月になるかな?と思います。
それまでは、またしばらくデスクの下で放置!!

 他にもニジイロ、パプキン、コクワ、ミヤマ、ノコギリの幼虫も
元気に育っている事でしょう!!(多分・・・)

 今回は1枚だけですがココまでにさせて下さい!!<(_ _)>申し訳ない!!

次回・・・というより今から訳あって飯田橋で向かうので
その道中で何か面白いもの見つけたら報告したいと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 11:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日(火) 初!!ヒタキ!!

活動報告

 体調崩しました・・・。齋藤(兄)です・・・。
季節の変わり目、さらには暑かったり寒かったりでねぇ・・・。


 皆さんも気をつけましょう!!

 さて今回は、ようやく今年の冬はじめての「ジョウビタキ」に
出会えたのでご報告をば!!

DSCF5664.JPG コチラ!!黒い顔にオレンジのお腹!!オスのジョウビタキに出会えました!!

 ヒタキの仲間の中では比較的出会い易い種類だと思います。
川沿いや公園、住宅街の庭などで「ヒン!!ヒン!!」と
耳に残る大きな声で鳴くので姿はなくとも確認することが出来ます。
DSCF5654.JPG
 今この記事を書いている間も横の窓から「ヒン!!ヒン!!」と鳴いています。
皆さんも家の窓から彼らを見つけることは出来ますか?

 ちなみにこの鳥メッチャ気が荒いです。

 自分の近くに他の鳥が来ると猛攻撃を仕掛けます。メスも同様に気が強いです。
たまに窓や鏡に写った自分を敵と勘違いして攻撃する姿も見る事ができます。

 今年はルリビタキも沢山撮りたいですねぇ・・・。それはまた後日!!
今回はココまで!!次回は飼育日記になりそうです!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 10:48 | コメント (0) | トラックバック (0)