活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

ダンゴムシ飼育に挑戦!! 途中経過&ご報告

2014年1月14日(火)|活動報告

 いよいよ明日、親知らずとおさらばする時が・・・!!
緊張するなぁ~・・・。(-_-;)

 齋藤(兄)です。

 前回でもお知らせしました通り!!ダンゴムシ飼育の途中経過をご紹介します!!
そして今回は手探りではありますがダンゴムシの飼い方を自分なりに
まとめてみたいと思います!!

 DSC00195.JPG コチラが飼育中のオカダンこと「オカダンゴムシ」です。

 最初は単体で飼育していたのですが、「ワラジムシの飼育方法」を調べてみた所
どうやら「過密飼育が良い」ということなのです。

 実際ダンゴムシもよく集まって見つかることからダンゴムシも過密が好み?
ということで試しに数匹増員させました。現在は7匹になります。
たまに様子を見ると鉢合わせした際に触角で互いを探る?ような仕草を見せます。
ケンカのような雰囲気もなく人間で言う挨拶のようなものなのか?
とにもかくにも様子を見ることにします。場合によっては増員予定です。

DSC00196.JPG 新たなメンバーに何と色違いが!!
左から2番目の子です。若干ではありますが「赤い個体」のオカダン!!
他にも黄色や白など様々な色のダンゴムシが見られるそうです。

DSC00201.JPG 大きさ比較~。大きい個体は15㎜といった所で公園なんかで見られる「大きいサイズ」です。
まだまだ大きくなってもらいたいですね!!とりあえず20㎜は行って欲しい(・ω・)

あわよくばグソクムシ級b

 それでもカメラでアップにして見ると「ダイオウグソクムシ」の親戚なだけに
それと変わらぬ迫力!!でもあっちの方は顔がカッコイイと思うんですよねぇ(´∀`)
コッチは「のほほん」とした感じ。

DSC00209.JPG いやぁ~こんなにマジマジとダンゴムシを見ることは無かったですねぇ。
目は「カブトガニ」のように堅い殻の所にあるんですね!!
そして触角は殻の内側から出ています。

 「触角」というより「ヒゲ」のように思えます。

 先程「カブトガニのよう」と言った通り、実はダンゴムシは「ムシ」と
名前が付いていますが、エビやカニなどの「甲殻類」の仲間なんです。

 確かに鎧のような殻の感じがエビのお腹の部分に似てますよね。(^-^)
DSC00216.JPG こちらが新たに改良した「ダンゴムシ」の飼育環境!!

 用意したモノは・・・

・容器・・・ワラジムシの飼育法から採用。タッパーです。
ダニなどにやられることがあり、密閉できる容器がオススメとのこと。
使わなくなったものでもいいですし100円ショップやホームセンターで購入可能です。

 使わなくなったものを使用する場合は、よく洗ってから使いましょう!!
私が使っている大きさは横幅20㎝×高さ×10㎝×奥行き15㎝を使っていますが
ほんの数匹であればココまで大きくする必要はないかと思います。

・土・・・入れてあげると落ち着きます。
落ち葉を入れてあげるとそれがエサとなるので
私はカブトムシの幼虫用に使っていた「腐葉土」を使っています。

 腐葉土を使う場合はホームセンターでも売っていますが
量が多いので100円ショップで売っている小さいサイズが良いように思えます。
私の場合、カブト幼虫がいるので、その余りを使いました。

 腐葉土にこだわらなくても公園に落ちている落ち葉を集めて少し細かくして
水で湿らせたモノでも飼育は出来ます。
落ち葉を使うとダンゴムシが落ち葉を食べて土になっていく様子が観察できます。

・木や石・・・「分解者」と呼ばれるダンゴムシは石やコンクリも食べます。
これはカルシウムを摂る為なんだとか・・・。
隠れ家にもなりますし、エサにもなるので入れてあげましょう!!

・エサ・・・な~んでも食べます。が!!カルシウムがあるものをあげます。
私はカツブシを入れています。他にも煮干しやザリガニのエサでもOK!!
あとは落ち葉も入れてあげましょう!!
 カツブシや煮干し、ザリガニのエサなどをあげる場合は「エサ皿」を入れた方が
ケース内が汚れずに済みます。


 飼育費(参考程度に・・・)
・ダンゴムシ・・・ 0円 採集個体
・飼育ケース・・・105円 100均一
・腐葉土  ・・・298円 ホームセンター
・石や木  ・・・ 0円 拾いもの

 合計   ・・・403円+α(エサなどの消耗品)

 ・・・こんな感じです。これは完全手探りしながらの飼い方なので
あくまで参考程度に留めておいてください(^-^;)

 そしてそして!!ここで個人的なことではございますが・・・
当ブログのアクセス数がまた増えたみたいなんですよ!!

 その数なんと・・・20万アクセス!!(°∀°)

 なんと以前の倍のアクセス数に!?
驚いて何度も確認して聞いてしまいました!!
まさかこんなに伸びるとは思いませんでした!!
be.jpg 今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!!

投稿者 yoshinobori : 15:47
この記事へのコメント

エサバコが深すぎて、中に入りにくい&中に入ったら脱出できない
ようにも見えますなw

またワラジ&ダンゴムシは小食なんで、それぞれ10匹程度に
しては餌があまりにも多すぎるようにも見えます。

>・エサ・・・な~んでも食べます。が!!カルシウムがあるものをあげます。
>私はカツブシを入れています。他にも煮干しやザリガニの
>エサでもOK!!

ダンゴムシは雑食でいろいろ食べますけど、動物性のエサよりも
腐食して柔らかくなった植物をより好みます。
カルシウムについては、コンクリよりも鳥用のボレー粉(カキ殻を
砕いたもの)が食いつきがいいです。金かけたくなければ
卵の殻を粉末まで砕いたものでも

投稿者 ぞうさん : 2014年01月20日 15:33

うちでも飼ってます.癒されます.卵の殻がみるみるなくなっていきます.

過密飼いがいいみたいですね.でも少し飼いでも可愛いです.

自分は腐葉土を中心に飼っています.なかなかいいです.チビさんはなかなか育ってくれません.途中で落ちてしまいます.

今はダンゴムシの飼育推進を進めています.イベントへ出る時は、必ず土と腐葉土と飼い方を付けて無料で分けてあげています.

お客さんの食いつきはとても良いです.

色々試していますが、チーズは食いつきはしないようで、まったく振り向きもしません.地域によって、遺伝子が違うためと思われますが、その辺はこれからの課題ですね、

勉強の合間、読書の休みにもぞもぞ動いていると、ホッとします.

まだ飼い始めたばかり.これからも楽しみです.


投稿者 ねんねん : 2015年09月26日 00:24

ねんねんさま

 ダンゴムシ飼育は低コストでスペースも取らないのがいいですね!!
チビダンゴムシは大きくなりませんね~。
 エサは腐食した植物を好むようですが、私は鰹節をあげてました。ダンゴムシ飼育、応援してます!!

投稿者 齋藤(兄) : 2015年09月30日 15:40
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント