活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

お披露目!!岡上産コクワ羽化!!

2014年4月28日(月)|活動報告

 眠気と戦う齋藤(兄)です。

こんな時はコーヒーでも飲みたいですね!!

 今回は羽化したコクワガタをご紹介したいと思います!!
DSC00098.JPG ようやく取り出せた「コクワガタ」(岡上産)です!!

 前回の最高サイズは39㎜と悔しい結果でしたが今回はいきなりの45㎜!!
まずは種親とほぼ同じサイズになってくれました。

 羽バカや羽化ズレもなく申し分ないです!!
もう少し幅が欲しいなぁ・・・という感じです。

 DSC00104.JPG 1円玉と比較。やっぱり40㎜代になると
オオクワガタ系ならではの迫力が出てきます。

 聞くところによれば57㎜くらいまで大きくなるらしいので
いつかそんな個体を拝んでみたいものですね。

 まだ体は赤っぽく上手く体を動かせないので
しばらくは、カップの中で大人しくしてもらってます。

 そして・・・この45㎜よりも明らかに大きく見えるコクワガタが羽化しています!!
DSC00040.JPG 見難いですが、この子です。初公開?になります。

 確かにコクワガタなのですが、何だか違和感を覚えるくらいに大きく見えます。

 出るか?岡上産で50㎜!!
まだお腹は膨れて動きもぎこちない状態なので
落ち着いてきたら取り出してみたいと思います。

 いやぁこれは面白いことに・・・

 面白いことになるかもです!!(°∀°)


 ちなみに今後のクワガタ飼育はどうするんですか?と
相変わらずコメントでなく直接私のところにお話しが来たので

 少しだけ予定を話しますと
コクワガタは ↑ の子が50㎜になるか否かで決めようと思ってます。
一旦休むか、それとも更なる高み!!57㎜を目指すのか!!

 そして外国産はニジイロクワガタ以外はお休みします・・・。
「これやりたいな!!」という種類は多いのですけどね・・・。

 そして新たに今回は「ノコギリクワガタ」に力を入れてみたいと思います。

 今更なの?と自分でも思うのですがノコギリ飼育はマット飼育が基本と聞きます。
ところがコクワガタと同じ菌床飼育でも大型が狙えなくはないとのこと。

 菌床飼育ですと羽化が早くなるのですが死亡率が高かったり
大型が中々でないなどの意見が多く、どこでもマット飼育を勧めている方がほとんど。

 そこで私は思いました。

 それでも、もしかしたら菌糸でも良い成績出せるんじゃないかな?
そして私と同じ意見の人も・・・多いのかな?と・・・。

 調べてみると菌糸でも65㎜超えをされている方もいらっしゃるようですが
明らかに情報が少ない・・・。それだけやらない人が多いということですかね?(^_^;)

 ならば実証してみよう!!と至ったわけです!!

 企画としましては・・・

 「菌糸でどこまでいける?ノコギリクワガタ飼育日記(仮)」

 ・・・といった感じでしょうか!?

これを実行することで「菌糸でノコギリはどこまで行けるの?」と
ご検討されてる方の為!!ひいては私自身の為に
参考になったらいいな♪という部分と

「あぁ・・・やっぱマット飼育なんだな・・・」と
諦めをつける意味でもここらで一発挑戦してみたいと思います!!

 あとは因縁の「スジクワガタ」にもリベンジを仕掛けたいですね~。
DSC00107.JPG     ▲アオサギ
今回はここまで!!次回は外の写真を撮りたいなぁと思っております!!
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:04
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント