活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

一体ナニモノ?真っ黒なヘビ。

2014年5月27日(火)|活動報告

 昨日、和光大学の学生さん(私の後輩にあたります。)からやってきまして・・・

 「齋藤さん!!カラスヘビですよ!!」

 ・・・というのです!!

 「カラスヘビ」というのはシマヘビの「黒化個体」の呼び名で
図鑑には載っていない名前です。

 その呼び名の通り、全身が真っ黒で、普通のシマヘビ同様に
赤味のある目をしており、カッコいいんですよね!!

 黒いボディに赤い目というのはカッコいいと相場が決まっていますが
このカラスヘビも例外なくカッコいいです!!大事なことなので2回言いましたよ!!

 シマヘビそのものは普通種なのですが黒化個体は
簡単に見つからないと聞きます。

 それを持ってきたというのか!!早速見させてもらうと・・・
DSC00973.JPG おぉおぉ・・・。たしかに黒いが・・・

ちっさいなぁ~・・・(°ω°;)・・・。

 写真に写っている500mlのペットボトルの底が1.5Lに見えるほどに小さい・・・。
例えるなら黒いミミズのようで長さは20㎝くらいです。

 おそらく産まれてからそんなに経っていないと思われます。
とりあえず地域・流域共生センターで飼育しているヘビたちと同じ飼い方で
様子を見て早速同定開始!!

 まず岡上に棲んでいるヘビは・・・

アオダイショウ、シマヘビ、ジムグリ、マムシ、ヒバカリ、ヤマカガシ・・・etc・・・。

・・・多いなぁ・・・(°ω°;(°ω°;)・・・。

 この中の幼蛇(ようだ)であるハズ!!と後輩と議論開始!!

 まずこれは違う!!と思ったのは・・・

〇マムシ      ・・・マムシは頭の形が異なる。
〇ジムグリ     ・・・幼蛇は黒っぽいが色がやや薄い。
〇ヤマカガシ    ・・・マムシ同様に幼蛇でも違う頭の形と派手すぎる模様。
〇アオダイショウ ・・・フォルムは似てますが、模様が異なるのと
            いくら調べても黒いアオダイショウの幼蛇は出てこず。

 もしかして・・・と思ったのは・・・

〇ヒバカリ      ・・・かなり似てると思っていますが、ヒバカリの幼蛇には
             首の所に白っぽい模様が入っているのでもしかしたら違う? 
〇シマヘビ     ・・・フォルムも似てるし黒化個体の幼蛇の写真を見ても
             似てるかもしれない・・・もしかして・・・?

 結論・・・飼育してみんとわからん!!

 幼蛇の飼育は大変と聞きますが飼育してみようと思います!!
早速ぶつかっている壁はエサ!!

 頭が玄米のような大きさなので、大きさに見合ったエサを用意せねばなりません!!
とりあえずネットでササッっと調べてみると

 虫を捕まえて与える。という手段もあったのですが
栄養面で乏しいのと燃費が悪いということでパス。

 あとは冷凍マウスを小さく切って与えるという手段。
ヘビたちにとってマウスは最高のエサ!!(例外あります。)
恐らくこれがいい方法なのでしょうが、ここで問題が1つ。

 マウスを切るという行為。

 私も色々な生き物を飼育してますが、こればっかりは慣れません・・・。
見たことある人、ヘビ飼育経験者ならお分かりかもですが
冷凍されているとはいえ丸々1匹のマウス。

 これをハサミや包丁で小さく切るのは分かっていても非常に抵抗があります・・・!!
料理で鶏肉や豚肉を切るのと同じことなのに動物の形になっていると
こうも違うんですね・・・。

 この辺りは何とか解決策を考えます・・・(-"-;)
上手くいくか前途多難でありますがやってみたいと思います!!

 今回は短いですが、ここまで!!次回は未定です!!
せぐろ.jpg 今日の落書き。「セグロセキレイ」。
和光大学周辺だとあまり見かけない小鳥。
大体がハクセキレイでよく見間違える。
 

投稿者 yoshinobori : 09:53
この記事へのコメント

こんばんは。ヘビの記事など検索してやってきました。
写真のへびは「タカチホヘビ」だと思います。本州でシロマダラと並んでレアなへびだとか・・・!僕もまだ見たことありません。
普段は地中で暮らしているので中々見れず、食べ物は主にミミズや甲虫類の幼虫だそうです。鱗と鱗が重なっていないので皮膚が露出しており、感想に弱いそうです。
すでに情報を得ていましたらすみません。。失礼しました。

投稿者 蛇貴族 : 2014年06月19日 00:05

タカチホヘビです。

投稿者 匿名 : 2020年04月11日 19:13
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント