活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2014年6月30日(月) 普通種!!「オヤジ」に遭遇。

活動報告

 現在、わけあって岡上で見つけた昆虫を思い出せる限りリストアップしているのですが
現時点で90種類を超えそうです・・・。

 へぇ~・・・こんなにいたんですね。

 文字に出してみるとスゴイ発見があるものなのですね!!
齋藤(兄)です。

 そうなんです!!タイトル通り!!オヤジをついに見つけました!!
どの本、サイトを調べても「ド普通種」、「何もいなくてもとりあえずコイツはいる」
それくらいどこにでもいると謳われていたはずなのに会えずじまい!!

 そんなオヤジと感動的な出会いが出来ました!!雨の中!!
さっそく写真の方にまいりましょう!!写真はコチラ!!
DSC02087.JPG 写真を見てお分かりの通り!!
オヤジとは、この「カミキリムシ」なんです。
オヤジというのは通称で本当の名前は「ゴマフカミキリ」。
大きさは15㎜くらいで、全身は濃い茶色にオレンジ色の点々模様が特徴です。

 ホストの木は各種広葉樹に加えて、ヒノキやマツなど針葉樹もホストにする
ツワモノです。他のカミキリムシに比べて幅広い樹種で繁殖ができるということですね。

 さらに見られるシーズン!!

 私が愛してやまない「ベニカミキリ」の場合は
4月の後半あたりから現れ始めて、6月の後半くらいで姿を消します。
およそ2か月くらいですね。

 他のカミキリも例外を除いて出てきてから2~3ヵ月くらいで姿を消します。
トラカミキリは7月~9月。 ルリボシカミキリは6月~8月。 といった具合です。

 ではオヤジはどうか?

 スタートは4月です。そこから何と10月まで姿を見せます。
半年ですよ半年!!(・_・;)

 ここまで長いスパンで見られるカミキリってそうはいないんではなかろうか?
岡上だとナガゴマフカミキリがそれに近いことをやりますが、それでも長い!!

 そんな変わり者のオヤジですが、何故・・・「オヤジ」なのでしょう?
調べているのですがイマイチよく分かりません・・・。
DSC02089.JPG 近づいても逃げず、捕まえても逃げようとしない、のんびりした雰囲気が
オヤジっぽいということなのか?

 写真の通り、捕まえて指に止まらせても逃げる素振りは一切なく
赤ちゃんがハイハイするようにモッタモッタと歩きます。

 これを他のカミキリでやると噛んでくるか、飛ぶか指から飛び降りるかするんですが
オヤジはそんなことしません。さすがに掴んでると噛もうとはしますが・・・

 これは面白いので、飼育してみましょう!!
後日また動きがありましたら報告します!!

 これで鶴見川流域しばりで見つけたカミキリムシの種類は・・・
数え忘れも含めますと55種類になりました!!

 当初の目標だった50種類を超えて、これは60種類行くんじゃないですか?
ここまで来たら100種類行きたいですね!!

 今回はここまで!!次回はまだ未定です。 

投稿者 yoshinobori : 14:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日(月) 美術館行ってきた!!そしてオオクワガタも取り出した!!

活動報告

 最近、新しい金魚を買いました!!キャリコ(斑模様)の埼玉金魚という金魚。
ハネ(いわゆる粗悪品)で180円。背びれが少し変な形をしていますが
キレイな吹き流し尾で赤と黒の模様のバランスが好みで購入!!
現在は先輩の出目金(コチラもハネ)の後ろをついていくように泳いでいます。

 まだカメラ慣れしてないので、そのあたりは後日改め!!齋藤(兄)です!!

 先日、昆虫好きなら誰でも一度は行きたい「アノ場所」へ行ってきました!!
DSC01901.JPG 山梨県にあります「こぶちさわ昆虫美術館」!!
以前、テレビで放送されて一家全員で「行こうぜ!!」という話になり
日程を合わせて行ってきました!!

 博物館ではなく美術館なんですね!!中の写真はお見せできませんが
チョウの標本を始め、カブト、クワガタ、バッタやトンボ、ナナフシと
世界中の・・・文字通り八百万の昆虫たちの標本が展示されていました!!

 特に壁1面のモルフォチョウは、ため息が漏れるほどに美しい!!
美術館という看板は伊達ではなかった!!

 他にも標本が売られていたり、くじ引きもできました!!

 これから夏休みが始まります!!昆虫に興味があるお子様ないしお父様!!
お母様もぜひ、行ってみてはいかがでしょうか?

 
 ここからは我が家昆虫たちを紹介します!!
羽化したオオクワガタをついに取り出しました!!
DSC01886.JPG コチラが現在、我が家で羽化した
こちらも山梨県産のオオクワガタたちです。オスは現在3頭、メスは1頭のみです。
大きさは・・・

 オス・・・71㎜、68㎜、65㎜    メス・・・45㎜

 という結果です。オスは今のところ、小さい!!という個体はなく、メスも文句なしです。
残りケースは3つ・・・1つはオスの蛹で2つは側面に出てこなかった為、行方不明です。
もしかしたら死んでしまっているかもしれないし、逆もまた然り。

 幼虫の段階でも相当大きかったので羽化してたらそれなりに大きかったり?と
淡い期待を抱きながら見守っていきたいと思います。

 今回はここまで!!次回は何と!!鶴見川流域で再び新たなカミキリを発見しましたので
ソチラをご報告いたします。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 09:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日(金) 岡上で新たなカミキリを確認!!

活動報告

 昨日の夜、RPGゲームが得意な弟に妖怪ウォッチをやらせたところ
平均レベル20くらいの妖怪たちが、今朝、見たら平均80に上がっていた・・・。

 お前は宗〇仁か!!(°□°;)

 ちなみに私はアクション系が好きですな。齋藤(兄)です。

 この度、岡上で・・・新たなカミキリムシがめっかったのでご報告いたします!!
いつも覗いてるポイントで偶然見つけました!!写真がこちら!!

DSC017372.JPG こちら!!このような形のカミキリムシは多く
同定するのが結構しんどいのですが、今回のカミキリは模様がはっきりしてるので
割かしすんなり同定できました!!

 名前は「ナガジロサビカミキリ」。日本の至るところで見られ
ホストの木は「各種広葉樹」という私が最も嫌うタイプです。
(じゃあ、どの木を探せばいいのさ!!と・・・。)

 希少種というわけでなくて、よく見かける普通種とのこと。
大きさは1㎝くらいなので見逃していたのかもしれません。

 とにもかくにもこれで岡上で見られたカミキリはこれで・・・48種!!
鶴見川流域内だと・・・53種になりました!!2~3種集めるつもりが
随分と遠くまで来たものです。

 捕まえてはいませんがいることが確定しているのは・・・
シラホシカミキリ、ヨツキボシカミキリ、クスベニカミキリ!!

 これ以外にもまだまだいるはず(多分・・・)なので
腕が鳴ります!!果たして何種類見つかるのでしょうか?
これからも楽しみであります!!

 写真はこれだけですが今回はここまで!!
次回は良ければ遠くへ行きたいと思います!!

Facebookはコチラ↓ 毎度、イイね! コメントありがとうございます!!  
https://www.facebook.com/tooru.saitou
 

投稿者 yoshinobori : 09:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日(木) 齋藤(兄)式!!眠れぬ夜の過ごし方。

活動報告

 昨日、オオクワガタの棚を覗いたらビックリ!!3頭が羽化してました!!(°∀°)
オスが2頭とメスが1頭でした。メスはすぐ取り出せる状態だったのですが
オスの方は羽化してまだ日が浅いようなのでもう少し様子を見てから!!
ご紹介したいと思います!!
DSC01872.JPG 今回はメスだけ!!オスはこの子の大きさなども含めてまた後日紹介します!!

 齋藤(兄)です。

 一昨日の夜の3時・・・この日の夜は眠れぬ夜でした・・・。
ただ×2時計の針が鳴る音と水槽のろ過装置の音が聞こえるだけの時間。

 外は曇り・・・雨上がり直後は無謀だとわかってはいたのですが・・・

早朝虫捕りに挑戦しました・・・(-"-)b

 DSC01743.JPG 時刻は朝の6時。
私、齋藤(兄)は朝露なのか単なる雨なのかもわからぬ湿度の中
優しい朝日に包まれながら朝の岡上に立っていました。

 早朝の岡上は車の音も聞こえぬ静けさに加えうっすらと、霧が立ち込め
オオタカの透き通るような声が、文字通り響きわたります。

 いつも通っているハズの岡上がまるで別世界のように思えます。朝の6時。

 もう少し薄暗い頃に参上したかったのですが、行こうか行くまいかで
結構悩んでしまったので、この明るさでの参上です。

さっそく参ります!!いざぁ!!

DSC01748.JPG まず現れたのは、こちら!!
これは「ホタルガ」ですね!!名前の通り体が黒っぽく頭が赤い姿がホタルを連想させます。
羽の白い帯模様は飛んで羽ばたいたときに「∞」マークに見えるので面白いんですが
今回は飛んでくれませんでした・・・。

DSC01752.JPG クズの葉にたっくさんいました。「コフキゾウムシ」です。

 少し暗い場所で白いライトで照らしながら拡大鏡で見ると
結構キレイな虫なんですが、いかんせん小さいしわらわらいるしで注目度は高くないかも・・・。
DSC01759.JPG いやぁ~・・・いましたなぁ・・・。
今昔問わずカブト、クワガタを追いかけた経験のある方は、この光景に
無反応でいられるハズはありますまい(^_^)

 これまた大きそうな「ノコギリクワガタ」。メスも一緒にいました。
これは後で詳しく見ていきます。

DSC01761.JPG 「ヒカゲチョウ」。樹液大好きーな蝶です。
樹液が出ている木の周辺をよく飛んでいるので、樹液探しに役立つ蝶やもしれません。
DSC01763.JPG お!!カミキリもいました。
「ヒメヒゲナガカミキリ」ですね。小さい体に長~い触角のカミキリ。
DSC01765.JPG 「キマワリ」もいました。
「にほんばれ」が得意そうな名前のこの虫は
名前の通り、木に止まってることが多く、こちらがじっと見てると
木の幹をぐるっと回って隠れます。だからキマワリなのか?

 夜、クワガタを捕りに行くと結構な頻度で見かけるので私は外道扱いにしています。

DSC01770.JPG これはキレイな 「ビロウドカミキリ」 !!ペアで発見しました。
見る角度で模様が変わます。
たまに大きさが近しいヒメヒゲナガカミキリと間違えてしまうことも・・・。

DSC01774.JPG 「ツチカメムシ」がいました。地上を走り回る可愛いカメムシです。

DSC01776.JPG はいこちらが早朝にめっけたノコギリクワガタです。

 ノギス(計測道具)を忘れちゃったので正確な大きさは分かりませんが
61㎜ぐらいかなぁ・・・と思います。

 この子は近所の小学校でクラスで飼いたい!!という子に譲りました。(^_^)

 そして気になるメスはコチラ↓
DSC01873.JPG キマシタワ!!(°∀°)

 大きさ37㎜!!これは岡上で確認されたノコギリクワガタのメスの最大記録である
35㎜を更新しました!!これはうれしい!!

 死んだふりで足を畳んでじっとする姿は明〇のアーモンドチョコ!!
思っていたより早い段階で明〇級が見つかりました。

 オスと一緒にいたので恐らく交尾は終わっていると踏んで
コチラはたっぷりエサを与えてから産卵させてみようと思います!!

 早起きは三文の得とは言ったものです!!次回は早朝に釣りとかしたいですね!!

 今回はここまで!!次回は岡上で久しぶりに新たなカミキリが確認されたので
コチラをご報告いたします!!

 ではノシ
Facebookはコチラ↓ 毎度、イイね! コメントありがとうございます!!  
https://www.facebook.com/tooru.saitou

 

投稿者 yoshinobori : 09:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日(火) コカブトのエサ問題解決?

活動報告

 最近、Facebookで妖怪と呼ばれることに定評がある齋藤(兄)です。
私と友達になってもメダルは出てきませんけどね・・・。

 今回、ネットで調べていたところ面白い情報が手に入ったのでご報告します!!
最近、飼育を始めた「コカブトムシ」でぶつかった壁・・・。

 それは・・・エサ!!彼らは普通のカブトムシと異なり肉食性のカブトムシ!!
死んだムシを食べるのですがそれを用意するのも大変です。

 死んだムシを拾い集めて変な人に思われるのも困るなぁ~・・・と思い
何か良い手はないか!?と色々探していると

「ウィンナーで飼ってます!!」という方がいたので実証してみました!!

DSC01728.JPG 今回、使用したのはコチラ!!97円で購入した6本入りで
フライパンに入れて熱するだけでタコさんウィンナーになり
しかもこのまま食べれる優れものなウィンナーを買ってきました!!

 半分に切って、ペアリング中の容器に投入!!本当に食べてくれるのだろうか?
DSC01730.JPG おぉ!!(°∀°)

 食べてます!!初めて人前で食べてくれました!!今では、いつ見てもウィンナーに
頭を突っ込んで首を動かしています!!これは食べていると踏んで間違いないでしょう!!

 一応ゼリーも食べるのですが、明らかに食いつきが違います。
そして産卵のためには、ゼリーよりも肉の方がいいようです。

 1週間くらい様子見て、いよいよ産卵セットを組みたいと思います!!
油断なりません!!慎重かつ大胆かつモダンに挑んでいきたいと思います。

 今回はここまで!!次回は・・・魚捕りたい・・・
とか言うと明日は雨なんだろうか・・・。(←雨男)
ってこの記事書いてたらなんか空が鉛色・・・。
そう・・・降るのね・・・これはもう妖怪の仕業なんでは?

でも私は諦めない!!ではノシ


投稿者 yoshinobori : 10:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日(日) 親を超えた!?オオクワガタを取り出します!!

活動報告

 なんなんでしょう・・・。私が「魚捕ろう!!」とか言って釣具屋に行くと
決まって今日のような雨が降ります・・・。

 あまつさえ私がお休みの日にだけ降るんですよね!! (-皿´-;)

いけずな雨で魚捕りに行けず!!

 もうこんなこと言うしかないっす・・・。

え?私ですか?齋藤(兄)です。
DSC01705.JPG
 そんなブルーな気分をふっとばすことを今日はやってしまいます!!
羽化したオオクワガタを取り出しました!!本当は月曜日に取り出す予定だったのですが
時間があるウチに出しちゃおう!!と踏み切りました!!
まだノコギリ、コカブトの産卵セットも用意できていない状態です・・・。
早くせねば・・・。

DSC01706.JPG 5分も掛からずに取り出し・・・というより自ら出てきました・・・(^_^;)
では、さっそく見てみましょう!!
DSC01715.JPG はい、こちらが記念すべき齋藤家で初めて羽化してくれた
山梨県産のオオクワガタです!!

 前回紹介したノコギリクワガタとは、また違う迫力がありますね!!

 ノコギリクワガタはスラッとした体系と大きく曲がった大アゴを振り回す荒々しさと
勇ましさが大きな魅力ですが(私の見解です。)

 オオクワガタは、この無駄のないデザインと大きさからくる重量感。
そしてあまり動かず、どっしりと構えている姿は威圧感があります。
DSC01710.JPG 手に乗せると、こんな感じ。
大きさは71㎜で、わずか1㎜ではありますが親よりも大きい個体が誕生してくれました!!
私のお知り合いでクワガタを飼われている方が・・・

「オオクワガタは、でかいコクワガタみたいなものですよ。」

 とおっしゃっていましたが、本当に飼育は難しくなく、エサ交換も
カップ→800㏄→1500㏄(だったっけ?)でこれだけ大きくなってくれました!!
 
 残りの蛹は6匹!!その中で行方不明が2匹!!
65㎜が出たらいいなぁ・・・と思ったらいきなり70㎜級が出て、久しぶりに
血沸き肉躍る思いでした!!残りの蛹も無事に羽化してくれることを願うばかり!!

 今回はここまで!!次回は天候のせいで予定が狂ったので
現在、平成教〇委員会ばりに考え中!!です。

 齋藤(兄)くんの答えは2~3日後に!!ではノシ

Facebookはコチラ↓ 毎度、イイね! コメントありがとうございます!!  
https://www.facebook.com/tooru.saitou
 
 

投稿者 yoshinobori : 09:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日(金) 今年も現れた!!クワガタ?な虫。

活動報告

 昨日は相模大野駅で人身事故!!昨夜は私も電車の中で缶詰め状態でした!!
麻生区周辺の方々は大丈夫だったでしょうか!?

 未だに電車の遅れが出ているようなので、お気を付けて頂きたい!!

 缶詰め状態の間、妖怪と戯れていた齋藤(兄)です。
レベル23だった「老いらん」が65まで育ちました(^_^;) ホント長かったなぁ・・・。

 今回は大学の教授さんから、大変ユニークな虫を譲って下さったので
コチラを紹介したいと思います!!

 DSC01704.JPG コチラ!!当ブログを長いこと見ている方は
「あ!!」と思う方もいらっしゃるのでは?(^_^)

 初めて見た!!という方はこの虫、何の仲間だか分かりますか?
心の中で「クワガタかな?」と思った方は私の思うツボです!!(°∀°+)きゅぴーん

 そうです!!スゴク似てますがクワガタではありません!!(°∀°)
コチラは「クロカミキリ」というカミキリムシの仲間。

 まずカミキリとは思いませんね。ハチに姿を似せている「トラカミキリ」とは
また違うタイプのカミキリらしくないカミキリです。
個人的には「ゴミムシ」っぽくも見えると思うのですが如何ですかねぇ?

 この虫は6月の梅雨が始まる頃に現れ、主にマツなどの針葉樹をホストにしています。
自分が捕まえる時は主に灯火採集でクワガタに紛れて見つかるという印象ですが
「マツの根元を掘ったらいました。」という話も聞いたことがあります。
DSC01701.JPG クワガタを捕まえる為にライトトラップを仕掛けるとクワガタに紛れて
本種も飛んでくるようでクワガタ好きの間では「外道」呼ばわりされているようです。

 まぁ私はカミキリムシから、この世界に入ったので何の問題もないね♪

 飼い方についてですが、未だによく分かりません・・・。
昆虫ゼリーを与えてもだめで、ジュースを湿らせたガーゼも無反応・・・。
昔、クロカミキリと同じくマツ類の木をホストにする「ノコギリカミキリ」に
マツボックリをあげたらガリガリかじった!!ということがあったので
もしかしてコイツもマツボックリ食うのか?

 マツボックリを見つけたら試してみたいと思います!!
今回はここまで!!次回はクワガタ飼育日記か、久々に魚とりもしたい!!と
そう思っている次第でございます!!ではノシ

Facebookはコチラ↓ いつも何かぼやいてます。  
https://www.facebook.com/tooru.saitou

投稿者 yoshinobori : 11:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日(水) 飼育日記!!新たなステージへ!!そして、こんにちわオオクワ

活動報告

 今日、当ブログで私に虫捕りを教えてくれましたF氏と岡上で
虫捕りする予定だったのですが、あいにくの雨!!彼の雨男スキルはSSランク級でした!!

 こんにちわ!!齋藤(兄)です!!

 今回は相も変わらず虫の話になってしまいますが話したいことが沢山ございます!!
まず、大学時代の先輩のTさんと岡上で散歩ついでに虫捕りをしました!!

結果はコチラ!!
DSC01580.JPG 今年も出ました!!大きな「ノコギリクワガタ」です!!
そして「コカブトムシ」のメスです!!

 それではさっそく詳しく見ていきたいと思います!!
DSC01586.JPG まずは「ノコギリクワガタ」。いやぁ~!!この迫力!!(^_^)
大きさは62㎜で、アゴの付け根も太く、これぞ岡上のノコギリ!!という形です。
カブトムシと肩を並べて昆虫採集の人気者になっているだけありますね!!
このカッコよさは文句ないんじゃないですか?

これで「りゅーくん」と友達になれます。(^_^)

欲を言えばあと3㎜は欲しかったです。

DSC01434.JPGのサムネール画像 前回、紹介した小さめのオスです。
オスのクワガタは体の大きさでアゴの形が変わってきますが
ノコギリクワガタは違いが特に目立ちますね。
DSC01593.JPG ノコギリクワガタの別アングル。
大型の個体はアゴの形が水牛の角に似ていることから「水牛型」と呼ばれています。
ワインレッドのような赤に加えて、この気性の荒さがノコギリらしいですね!!

DSC01594.JPG 今年のノコギリクワガタの繁殖は、このオスにします!!今日あたりペアリングする予定。
ノコギリクワガタは「メス殺し」をするので再び「結束バンド」の出番です。

 飼育は簡単ですが、好戦的でオス、メス問わず攻撃してしまうので
単独で飼育します。それ以外はコクワガタと同じ飼い方で大丈夫です。
産卵は木とマットの両方に産みます。
私が過去に産卵させた時はマットを固めに詰めただけでもそれなりに産みました。
多めに欲しい場合は産卵木も入れておくといいかもしれません!!

その様子はまた次の機会にお知らせいたします!!
DSC01609.JPG そして「コカブト」!!
ついに!!念願のメスが手に入りました!!
オスは既に採集済みなので、これで繁殖に挑戦できますね!!

オスとの見た目に大きな違いはないのですが
胸の凹み部分が、オスよりも浅いですね。
DSC01604.JPG こちらがオス。普通のカブトムシと違って、オスもメスも角があるんですね。
これは初めて知りました!!小さい角なので、これは虫めがねが必要です・・・(^_^;)
写真をクリックしてみると小さい角が見られます。(=°ω°=)b

 コチラは飼育経験が今回で2回目で気を付ける部分もまだよくわかっていないので
完全に手さぐり状態です。「共食いするらしい」というので今は別々に飼育しています。

 また情報を集めたり産卵に必要なモノを一式揃えて、コカブト飼育日記を
発足させたいと思います!!これは非常に楽しみ!!

 そして!!今回はもう一つ!!報告したいことがございます!!
何とですね!!我が家で飼育しているオオクワガタ(山梨県産)が・・・!!
DSC01623.JPG羽化しました~!!(°ω°)ノシ

 長かった!!ようやく第一号が誕生しました!!
大きさはまだ分かりませんが、60㎜は超えているハズです。
一週間後に取り出しますので・・・羽化したのが16日で・・・23日の月曜日ですね!!
来週の月曜日に取り出して大きさを測りたいと思います!!
人生で初のオオクワ羽化でした!!他の蛹も楽しみです!!
DSC01615.JPG 今回はここまで!!次回は未定です。ではノシ
写真はコカブト夫婦(予定)

投稿者 yoshinobori : 11:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日(火) 肝が冷える思い・・・これは妖怪の仕業?いいえクワガタの仕業です。

活動報告

 昨日、大学時代の先輩と岡上を歩きました。するとトンデモナイことが起きました!!
そして今朝にも大きなハプニングが!?

 私はびっくりした!!母もびっくりしました!!外にいた猫もびっくりしてた気がする!!

 とりあえず私は齋藤(兄)です。

 過去3回(だったよな?)、スマトラ島に棲む怪物
「スマトラオオヒラタ」の飼育に挑みましたが
すべて産卵に漕ぎ着けませんでした・・・。

 その為、飼育を一旦やめたんですが、母からの要望で
急遽、再開することになりました!!
今回もお店でアドバイスを頂き、今度こそ繁殖に成功して見せます!!
DSC01448.JPG スマトラオオヒラタ飼育の難所であるメス殺し!!
これを打開すべく、今回これを使います!!よく電源コードを束ねたり
引っ越しの時などに活躍する「結束バンド」です。
これは100円ショップで購入しました。

DSC01449.JPG このように縛ります!!

 まず大きな輪っかを3つ繋げて連なった輪っかの端っこを
片方のアゴの付け根にキツめに固定します。
もう片方も同じ要領で固定します!!
最後に真ん中の輪っかもキツめに締めます。
少しでも緩いと自分で外してしまうのでキツめに締めます!!

ここで注意したいのは真ん中の輪っかは写真の位置になるようにして下さい。
真ん中の輪っかが下の方に行ってしまうと口が塞がってしまい
エサを食べることができなくなります。

 DSC01451.JPG 恐る恐るメスのケースにオスを投入。

 すると早々にオスはメスを意識し始めます。
前回は、この次の瞬間に私の目の前でメスを真っ二つにしたんですよね・・・。

 でもまぁ今回は、その危険極まりない大アゴにエヴ〇ンゲリオン顔負けの
顎部ジョイントが着いていますので、たぶん大丈夫なハズです!!

 現在はメスの上に乗っかり、メイトガードしています。
これでメスがオスを受け入れてくれればペアリング成功です!!
あとはメスにたっぷりエサを与えて産卵セットを組んであげればOK!!

 それは、もうしばらく様子を見てから始めようと思います!!
そして現在、岡上で捕れたノコギリクワガタもペアリング中です!!

 今回はこの2種をメインに「クワガタ飼育日記」をお送りする形になるかもしれません!!

・・・なったらいいな(-"-;)

 そして次回は・・・昨日と今朝に起こった衝撃的な事件についてお話したいと思います!!
現在、下手くそながらも写真を編集中なので、しばし!!しばしご歓談を!!

 ではノシ

Facebookはコチラ ↓  色々、ブツブツ言ってます。
https://www.facebook.com/tooru.saitou

投稿者 yoshinobori : 10:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日(月) 我が世の夏が来た!?

活動報告

 今、世間はワールドカップで賑わっていますねぇ!!
昨日の試合、私は見てはいなかったのですが、住んでるアパートのお隣さんが

FOOOOOOO!!!!!!!!!!!

 と大声をあげていたので恐らくゴールを決めたのだろうと思うや否や
だんだん静かになったので、負けたのだろうと悟りました・・・。

 テレビを見なくてもお隣さんのテンションでサッカーの状況がわかる
齋藤(兄)です。

 前回、「岡上を歩きますよ!!」と息巻いたのに出かけた直後に大雨!!
またこのパターンかよ!!と思いきや翌日はピーカンの晴れ模様!!
我が家の洗濯物事情が解消されたところで今度こそ!!夜の岡上を探索しました!!
DSC01416.JPG 時刻は夜の10時を過ぎたあたり、真っ暗で犬も吠えない静かな夜道の中
私と今回、和光大学の後輩であり新たな虫捕り仲間のS君と共に
カブクワカミ捕りに行きました!!

 今回の目的は、そろそろ出てもおかしくないノコギリクワガタとカブトムシ!!
あとカミキリは随時募集!!という具合です!!

 早速まいりましょう!!いざぁ!!
DSC01419.JPG まずは「カマドウマ」!!暗くて湿気が多い場所を好みます。
この日の前日に降った雨のせいで出てきたのでしょう!!
「便所虫」、「便所コオロギ」などの呼び名で有名ですね!!

 しかしところによってはワラジムシのことを便所虫と呼ぶところもあり
この呼び名は地方によって異なるのかもしれません!!
皆様は何を便所虫と呼んでいますか?

DSC01422.JPG いきなり出てきました!!ノコギリクワガタ!!
よく見るとメスもいます。どうやら求愛の真っ最中のようです。
物理的に届かなかったので、このペアは諦めて写真を撮るだけにしました。
これからどんどん会えるだろうし、慌てる必要はありません(^_^.)

DSC01424.JPG 適当な木を蹴ったら落ちてきました。「シロテンハナムグリ」かな?
捕まえたら臭い糞を出してきて指が大変なことに・・・すぐに逃がしましました。
DSC01425.JPG こちらも現れました!!「アオカミキリモドキ」です。
カミキリモドキ科の昆虫で背中が青いことから、この名前がついたのでしょう。

 実際のアオカミキリとは見た目が「月とスッポン」ほどに異なります。

ちなみに、このアオカミキリモドキは毒を持っているので迂闊に触らないように
気を付けましょう!!体液に毒がありそれに触れてしまうと
肌が火傷したように爛れてしまいます!!

aDSCN5357.jpg ▲こちらが「アオカミキリ」、キラキラのグリーンラメが美しい美麗種。

DSC01426.JPG 本日の成果!!
今回、捕れましたのはノコギリクワガタのペア
オスは小型で大きさは47㎜。やっぱり60㎜は欲しいですね・・・。
 DSC01434.JPG
 それでも、その大アゴには名前に恥じないギザギザがついています。
DSC01435.JPG 逆にメスが大きい32㎜!!これは種親候補ですね!!オスが小さく見えるほどです。
35㎜になるとアーモンドチョコのようなフォルムになるので
私は大型のメスのことを「明〇」と呼んでいます。森〇でもよかったな。

 なるべく早めに幼虫を獲得したいので。この2匹でペアリングする予定ですが
月曜日の今日も少し覗いてみるので、それで立派なオスがいれば
そっちを親にするかもしれません。

DSC01429.JPG 性懲りもなく「コクワガタ」です。
大きさは43㎜で野生下にしては大きいサイズです。
アゴの形もよろしく、何より元気がいいです!!
この写真撮るのに5分くらい手こずりました。
我が家の豪傑コクワ軍団に仲間入りの予定です。

 現在、我が家で飼育中の新成虫のコクワガタたちは皆同じ親から生まれた
云わば兄弟たち。このまま繁殖させてしまうと近親交配になってしまうので
違う血を入れてあげないといけません。

 一応親は2~3ペアで挑んだのですが殆どが生まれなかったり死んでしまったりで
1ペアの子が殆どになってしまいました・・・。原因は多すぎて対処できんかったせい・・・。

生き物飼育は計画的に!!(-"-) しみじみ思いました・・・。

 その為、今年のコクワ採集はカッコいい婿を探します。
産卵はメスがまだ若すぎるので来年の春ごろに
彼らにも春を差し上げようと思います。

 え?・・・私のですか・・・ワハハ・・・(´∀`)・・・。

 今回はここまで!!次回は母の要望で再スタートしたスマトラオオヒラタの
ペアリングに挑みたいと思います!!あぁ~!!怖いなぁ!!

ではノシ

Facebookはコチラ ↓ 1日1回は何か書いてます・・・多分・・・。
https://www.facebook.com/tooru.saitou
 

投稿者 yoshinobori : 14:07 | コメント (0) | トラックバック (0)