活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

2015年1月29日(木) 猛禽類・・・か?

活動報告

 急遽、ヤモリがペアになりました。元々いた方はメスで今回はオスです。
メスはヤクモという名前にしたので、オスの方もイズモと名前を付けました。

 近々紹介します!!齋藤(兄)です。風邪をひいてしまい声が
ポ〇コ・ロッソみたいな声になっています・・・。

 外は見事に曇っていますが無謀にも猛禽類を探しに行きました・・・。
恩廻しを探索すると・・・
DSC06977.JPG 灰色の空に円を描くようにゆっくりと飛ぶその姿は・・・
もしや猛禽類か・・・!?と思ったのですが、家でパソコンに落として確認すると・・・

 ん?・・・カラスに見えなくないか?コレ?そんな気がしてきました・・・。
DSC06978.JPG 拡大なしで撮影するとこんな感じ。
この距離からの撮影なので、さすがに同定するのが難しいです・・・。
写っているハズなのですがこの写真では姿が見えません・・・。

投稿者 yoshinobori : 15:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日(水) 知ってどうする!?カニムシの飼育日記

活動報告

 間もなく2月です。そして再びカミキリムシのシーズンが着々と近づいています!!
今年もまた腕が鳴りますね!!しかし!!今年はカブクワにやや力を入れる予定です。

 何をいまさら・・・と思われるかもしれませんが・・・。

 今回はクワガタの話ではなく、ちょっとマニアックな生きものの飼育を始めたので
紹介したいと思います!!久しぶりの「知ってどうする!?」企画です!!

 久しぶりのマニアック生きものはコチラ!!DSC06937.JPG コチラです!!非常~に小さい生きもの!!
過去1度だけ紹介したことがあります。名前をカニムシ。さらに言えば
トゲヤドカニムシという蟹とも虫とも言い難いその姿は毒針を備えた尻尾がなくなった
サソリのよう。

 分類はサソリに近くカニムシという独自のグループの生きもので
古くからある雑木林を好みます。それ即ち、ここ岡上の自然が長い間
守られてきているという証ですね。(^_^)

 このカニムシは和光大学の学生さんが捕まえて当センターに持ってきてくださった
個体です。この写真では少々見づらいので拡大した写真をどうぞ!!
DSC06950.JPG ルーペ越しに撮影した1枚!!
尻尾がないことを除けばその姿はサソリそのもの。中々に勇ましい姿と言える!!
大きさは5㎜もなく、非常に小さいですがこれでも肉食系!!エサはダニやトビムシなどの
より小さい生きものを捕食します。

 現在、このカニムシは和光大学地域・流域共生センターにて絶賛展示中です!! 
飼育方法は1週間に1度だけ飼育中のクワガタの体に着くダニを歯ブラシなどで
カニムシに入った容器に払い落として与えています。
 食べてくれているか分かりませんが今も元気に歩き回っているので、問題無さそうです。
寿命は5年生きるらしいとのことですがその辺りは確証が得られていないので
何とも言えません・・・。

 飼育容器はクワガタ飼育で使い古しているプリンカップを採用し、中にティッシュを1枚
軽くクシャクシャにして入れます。あとは定期的にクワガタの体に着くダニを与えるだけです。

 飼育に関してはクワガタ飼育のついでで飼う形を取っているので、カニムシメインで飼育を
行う場合はクワガタの飼育費が余分に掛かります。

 なのでクワガタを飼うついで・・・の方が気分的には楽です。
気になる飼育費用は・・・

 〇カニムシ
・飼育容器(プリンカップ)・・・0円   クワガタ飼育で使用したものを代用。
・ティッシュ1枚

 〇エサ用のダニを取るクワガタの飼育費(私はコクワガタを採用しています。)
・飼育容器・・・350円(100均でも手に入りますし、モノによって価格は変動します。)
・エサゼリー・・・500円(↑と同様にモノにより価格変動あり)
・マット ・・・  500円(水苔か飼育マットを使う。あとは↑と同じ。)
・樹皮や登り木・・・0円(公園などで拾って使う場合は水につけて灰汁を抜き熱処理する。
            面倒であればお店で売っているものを使う手もある。)
・新聞紙・・・飼育容器の蓋に挟ませ、コバエの侵入&発生を抑える。
       使う容器によっては必要なし。

 計:約1350円+α(エサ代などの消耗品)

 これは私が飼育している場合を元にしたモノです。
あくまで参考程度に留めてください。

投稿者 yoshinobori : 14:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日(火) 今日も野鳥観察やで!!

活動報告

 最近、ひょんなご縁で自分の中のクワガタの世界が大きく広がった齋藤(兄)です。
自分がいかに未熟であるかを思い知った1日を体験しました・・・。

 これからもがんばっていく所存!!しかし今回は野鳥の話!!
相変わらず猛禽類を見つけたくて前向き思考で上を向いて歩きまわる日々を送っておりました。
もちろん車に気を付けて右と左には気をつけます。

 何故でしょうか、私の周りでは猛禽類に会えている方が多いので
ここらで私も1羽は拝みたいという負けず嫌いが事の発端であります・・・。(-"-;)

 場所は麻生区周辺の野鳥ファンならお馴染みであろう寺家ふるさと村!!
そして近くを流れる鶴見川へと出向きました。
DSC06782.JPG まず会えたのはオオバンです。
公園の池なんかでよく見かける水鳥。カモの仲間ではなく水かきは持ちませんが
足の指がオールのように平たくなっています。

 場所は恩廻し公園ですがここでオオバンが見られるようになったのは
私が見てきた中では最近です。しかもこの1羽のみしかいません。
DSC06969.JPG こんな感じです。一体どんな人生(いや・・・鳥生?)を送っていらっしゃるのだろうか?
私のよく知るオオバンは沢山の群れでいる印象があるのでこれでは何だか
寂しいなぁ・・・。

DSC06786.JPG お次は当ブログの常連のカワセミです。
恩廻し公園周辺は本当に見られますね。最近はカメラを持った方をよく見かけます。
それだけ、ここのカワセミは有名なのかもしれません。

 DSC06788.JPG お次はジョウビタキ。オレンジのお腹なのでこの子はオス!!
火打ち石を思わせる鳴き声から火焚き(ひたき)と呼ばれています。

 ヒタキの仲間の中では比較的見かけやすい部類ですが、この子は冬鳥。
他にも夏に来るヒタキもいます。

 DSC06790.JPG ゴイサギも見られました。過去何度か紹介されている子です。
お時間ある方は少し前の記事を読んでいただけると分かりますが
少しの誤差もなくここにいます。また会う時もここにいるんだろうなぁ・・・。

DSC06793.JPG スズメもいました。年々数が減ってきているスズメ・・・。
主に人家に巣を作る鳥ですが最近建てられる家では構造の関係で棲むことができないのが
減ってきている要因なんだとか・・・。

DSC06794.JPG ハクセキレイも見られました。
川沿いを歩けばかなりの確率で会える小鳥。川沿いだけでなく駅前や公園など
開発が進んだ所でも見かけることができます。

 あちこちで見かけるのはこのハクセキレイくらいで他のセキレイはある程度自然度が
ある所にいます。

DSC06798.JPG 今度はコガモ!!カモの子供ではなく、コガモという小型のカモです。
冬鳥の中でも早い段階で日本にやってきて、他の冬鳥よりも遅く日本を去ります。
もしや日本好き?

DSC06801.JPG 冬鳥のツグミもやってきました。コチラはロシアから日本にやってきます。ハラショー!!
渡来した直後は群れで木の上で生活ししばらくすると単独で行動し木の上でなく
地べたをウサギのようにピョンピョン飛び回ります。
面白いのは移動中は背を低くくしながら移動し、立ち止まる時は背伸びをするということ。
空から猛禽類が来るのを警戒するためでしょうか?
DSC06812.JPG 今度はスズメの日光浴。
健康のため、日光浴をするのは人間だけではないのです。
DSC06817.JPG柿畑の脇で見つけたツグミ。
ツグミは開けた草原を好みます。公園や畑、川沿いの土手などで見られます。
ムクドリが多く見られる所であれば混じって見かけることもしばしば。

 しかし、ツグミの仲間で見かけやすいのはこのツグミ。私の近所で見られる
ツグミの仲間はトラツグミ、アカハラ、シロハラなどがあげられますが
どれも遭遇できる難易度はやや高めです。藪の中に隠れているので
鳴き声が聞こえたら出てくるまで待つ・・・という作戦が定石ですが
出てこない時は全く出てきません・・・。

DSC06819.JPG 最後に見つけたのがコレ。
木の枝から杉玉のようにポンを生えているこの植物。これはヤドリギという。
DSC06818.JPG はい。コチラです。
ポケモンの技で名前だけ知っている人は多いハズです。ヤドリギとはその名の通り
他の木に宿り根を張って生きる植物です。どうやって他の木にしかもこん高い所に
根を張ることができるのか?

 答えは鳥です。鳥がヤドリギの実を食べ他の木の上で糞をします。
その糞にはヤドリギの種があり、それが枝に付着すると種はやがて芽をだし
その枝に根を張るというわけです。よくできてますよね~。
 葉が落ちる寒いこの時期になるとこのように異様に目立つので恐らくは
この時期に種を食べてもらうのでしょう!!ヤドリギを好む鳥もいるようで
野鳥観察を趣味にする人たちは大きなヤドリギの前でお目当ての鳥が来るのを
待ちわびるという光景を見ることもあります。

 結局、今回も猛禽類を見ることができませんでした・・・。
正確には気づけなかったというのが正しいですね・・・。
聞くと大事なのは気づけるかどうかなんだそうな。

 次回こそは見つけて見せます!!野鳥戦記はまだ終わりませんが
ここらで一回お休みして次回は久しぶりにマニアックな生き物の紹介を
したいと思います!!今回はここまで!!ではノシ

〇Facebookはコチラ。たくさんのイイね!コメントありがとうございます!!
 https://www.facebook.com/tooru.saitou

〇ツイッターもやってます。
 https://twitter.com/benikamikiri


 

投稿者 yoshinobori : 15:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日(木) 齋藤家!!爬虫類デビュー!!

活動報告

 何だろう・・最近、可愛いキャラクターが死ぬアニメが多すぎやしないか?
非常に心臓に悪い!!これも時代なんでしょうか?

 見るアニメは基本、日常ものである齋藤(兄)です。

 この度、我が家でも爬虫類を飼育することになりました!!
ヘビは家中から反対を食らったので断念し色々と飼えそうな爬虫類を探した結果・・・

 この子に決定しました!!(°∀°)
DSC06944.JPG イモ・・・ヤモリです!!
漢字では家守とか守宮などで文字通りヤモリが住み着く家は安全とされ
縁起が良い生きものとして知られています。
似たような名前のイモリは両性類で水がある場所を好みます。
DSC05881.JPG こっちがイモリ。名前は似ていても見た目は大きく異なります。
それでも言い間違えることがありますが・・・(-"-;)う~ん・・・。
DSC06945.JPG 現在のヤモリの飼育環境はこんな感じです。
そういえば書き忘れましたが、このヤモリは岡上で見つけたものを飼育しています。
こんな時期でも見つけることが出来ます。少し無理やりな見つけ方ですが・・・。

 話を戻しまして飼育容器はクワガタ飼育で使っていた大きめのケースを使い
床材はボレー粉を敷いています。ボレー粉はダンゴムシ飼育で活躍中のモノを
使っています。ボレー粉というのは本来、インコなどの飼育に使われるカキの貝殻を
細かくしたもの。それがボレー粉です。カルシウムを取るのに便利なので
ダンゴムシ飼育でも非常に役立っています!!

 ヤモリもカルシウムを取らないといけないようで、飼育されている方は
エサである生きたコオロギにカルシウムを含んだ粉をまぶして与えるそうです。
もちろん私もそれを試そうとしたわけですがその粉を買いに行く余裕がなかったので
少し自分なりにアレンジを加えた結果がこれです。

 ヤモリは水分を取る時、壁に着いた水滴なんかを舐めると聞きます。
なのでカルシウムを含んだボレー粉を霧吹きで湿らせて置いてみた所
案の定舌をチロチロ出して舐めていました。これでどうにかならんかなぁ・・・?

 他にもセメントブロックを入れてみたりも考えていますが
これはダンゴムシやカタツムリなどがカルシウムを取る時の方法なので
果たしてヤモリたちにこの方法が通用するかは今後の観察次第です・・・。

 エサはとりあえず我が家で自然発生しているゴキ〇ブリの子供を捕まえて与えています。
市販のコオロギやミルワームを与えるのが主流のようですが、今はこれで凌いでいます。
外は寒く、ヤモリもあまり活動的でないので、たくさんは与えないようにしています。
こうするとゴキブリ=エサという目で見るようになるので、ゴキブリを苦手とする方も
ヤモリを飼育すればこれで克服ができるかも・・・しれない・・・?

 ケース内には隠れ家と樹皮を何枚か適当に置きました。余裕があれば
作り物の植物なんかを置きたいですね!!緑が入れば見栄えがいいですb

 DSC06946.JPG 基本的に飼育する生き物には名前を付けない主義(大抵どっかに引き取られるため)ですが
今回はそういう予定もないので久しぶりに付けてみたいと思います!!

 とりあえずは「ヤクモ」と呼んでいます。
決め手となったキーワードは・・・スキマ妖怪・・・塚本の妹・・・の2つです。

 好きなキャラクターです。ハイ。
そういえばヤモリの雌雄はどうやって見分けるのでしょうか?
その辺含めまた調べて分かったことがありましたらまた参上します!!

 今回は早めですがここまで!!次回はまた野鳥探しです!!ではノシ

〇Facebookはコチラ。たくさんのイイね!コメントありがとうございます!!
 https://www.facebook.com/tooru.saitou

〇ツイッターもやってます。
  https://twitter.com/benikamikiri 

 

投稿者 yoshinobori : 14:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日(水) 猛禽類を求めて!!

活動報告

 ついに我が家も爬虫類デビューの時が来ました!!
それは次回!!詳しくご報告いたします!!

 舞い上がっている齋藤(兄)です!!

 今回は猛禽類(タカとかフクロウなど)の写真を撮りに出向きました!! DSC06783.JPG 雲ひとつないまっさらな青空が広がる快晴!!こんな日はオオタカ、チョウゲンボウ
ノスリなどがよく飛んでいるそうです。

 カラスに間違えられたり、かなり高い所を飛んでいたりするので
気づく人は少ないみたいです。

 もちろん!!足もとで出会った野鳥も紹介します!! 今回の行動範囲は鶴見川の上流~中流にかけてで全て川沿いで撮影しました!! では。・・・いざぁ!! DSC06574.JPG まずはカワセミ!!本当にカワセミは見かける機会が多いですね!!
今回だけで撮り逃がしを含めても5羽以上は見かけました。

 人家やビルが立ち並ぶ環境でも川が流れていれば見かける機会は多いです。
同じ魚を食べるコサギがいる環境であれば高確率で現れるハズです。

DSC06588.JPG お次は・・・あ・・・あなたは!?(°Д°;)

 カラス(写真上)に追われているチョウゲンボウ(写真下)・・・かな?
飛び方が明らかにハトではないので恐らくチョウゲンボウでしょう!!
おぉっと・・・早くも猛禽類に会ってしまった・・・。
キレイに撮れていませんが・・・・。

 しかし!!こういうヤラセなしの何が起こるか分からないのが自然探訪の魅力!!
近所の空き地でオオクワガタを見つけたっておかしくないのだ!!

 DSC06593.JPG またカワセミに遭遇!!1年中見られる鳥ですが冬の方が葉っぱも枯れ落ちるので
見つけやすいですね。 DSC06598.JPG 今度はダイサギです。シラサギと呼ばれるサギの中でもっとも大きいサギです。
冬なのでクチバシは見事に黄色いです!!夏は黒くなります。 DSC06600.JPG 同じ場所でまたまたサギの仲間が登場!!
今度はアオサギ(手前)、ゴイサギ(奥)の夜行性コンビ!!

 両種とも昼間でも見られますが、夜間でも魚を捕える姿を見ることができます。
しかし夜の川は人気も少なく物騒なので一人で歩かないようにしましょう!!
DSC06605.JPG 「貴様に名乗る名はない!!」

 ・・・とか言いそうな所に佇むアオサギがもう1羽。 これだけサギが見られるのは鶴見川にエサである魚やエビが豊富な証拠ですね(^_^)

DSC06607.JPG オオイヌノフグリが!!場所によってはもう咲いてますね。
花は小さく、色は青紫色で可愛らしいのですがいかんせん名前のせいで
毛嫌いされる人も少なくないです・・・。何しろ犬のアレですからなぁ・・・。 DSC06611.JPG 最後はコチラ!!ゴイサギの若鳥です。
若いゴイサギの体は地味~な茶色で保護色になっているようです。
写真から見ても上手く景色に溶け込んでいます。

投稿者 yoshinobori : 14:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日(火) 続々前蛹キター!!

活動報告

 久しぶりのモンハンを始めている齋藤(兄)です。
得意武器はヘビィボウガンです。

 今回は少しだけ我が家で飼育中のクワガタの様子を紹介します!!
殆どの幼虫が前蛹(蛹になる一歩手前の段階)になりました。

 前蛹は非常にデリケートであるため、ここでジロジロと様子を見てしまうと
羽化に悪影響に繋がるのでお見せすることができません。

 ので!!まだ前蛹になっていない幼虫を紹介します!!
DSC06821.JPG こちらはご存じ!!雑木林の暴れ牛「ノコギリクワガタ」の幼虫です。

 今回のノコギリクワガタ飼育では前半を菌糸ビンで飼育し、3令になった辺りで
発酵マットに切り替えて飼育しています。

 野生下でのノコギリの幼虫は根喰い系と呼ばれ、木の根の部分で暮らします。
最初は木の根っこの部分を食べて育ち大きくなると根っこから出て腐葉土層へ移動します。

 ので!!(2回目)それを再現するために今回のような飼育方法を取っています!!
手ごたえとしては前回のマットのみでの飼育よりもいい結果が出ています!!

 殆どの幼虫が10g手前で大きいものは10gを超えています。
そして写真のノコギリは大きさが測れていませんが相当大きいです。

 何故、測れていないかと言いますとですね・・・
去年、菌糸ブロックを丸ごと1個余らせるという異常事態がおきまして
使い切るのが困難と判断した私齋藤兄はたまたまノコギリクワガタの幼虫が4頭いたので
その4頭をブロックに突っ込み発酵マットに埋めて野生下を再現してみよう!!と

 遊び半分で試してみたのですが結果は成功?したのかとんでもなく大きな
幼虫が出てきました。それが↑の写真の子です。

 もしかして・・・これは70㎜行くのか?と期待しておりますが、やはりここは様子を見ます。
夢の70・・・出てきてくれないかなぁ・・・。

 という希望を抱いて今回はここまで!!次回は猛禽類を探す!!です。ではノシ

 〇Facebookはコチラ。たくさんのイイね!コメントありがとうございます!!
 https://www.facebook.com/tooru.saitou

〇ツイッターもやってます。最近フォロワーさん増えた気がする・・・ありがとうございます!!
  https://twitter.com/benikamikiri 

投稿者 yoshinobori : 15:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日(水) 写真展終わり!!

活動報告

 最近、再びゲーム熱が出ている齋藤(兄)です。

 クワガタ幼虫を覗く前に報告すべきことを忘れてしまいました・・・。
無事!!足もとの自然展4 ときどき展 が無事に終了しました!!

 今回はコラボ企画として参加させて頂き、私は生きもの擬人化イラストを
展示しました!!

 DSC06773.JPG ありがたいことに付箋投票を頂きました!!

 「かわいい!!」、「和服のカワセミ最高!」などのコメントまでいただきまして!!
もう感無量でございます!!

 今も隙を見つけては、ちょこちょこ描いてます!!
Desktop.jpg また溜まったら紹介します!!
ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 12:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日(火) オオクワガタが!!オオクワガタが動いています!!

活動報告

 新しいティッシュ箱を使う時、必ず2~3枚同時に取ってしまう齋藤(兄)です。
アレをどうにかする技を現在募集中です。

 最近、妙に暖かい日が続いたせいで、夜中にメキメキ音がするんですよ。
何故そうなるかって?理由はコイツです。
DSC06517.JPG 山梨県産のオオクワガタです。たまに暖かいがある時は冬眠からちょいちょい覚めます。
エサをあげているはずなのですが、それでも彼らクワガタたちは
大アゴでケースの蓋をかじります。

 オオクワガタは力が強いので外すのに非常に時間が掛かります・・・。
10分くらい掛かりました・・・。

 そろそろ幼虫の様子を見に行きたいと思います!!明日紹介します!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 16:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日(金) これはヤバい!!女王さま捕獲!!

活動報告

 弟と再びモンハンを始めた齋藤(兄)です。
得意武器はヘビーボウガンです。

 今回は和光大学周辺でクワガタ捕りの下見に行きました。
結果は去年と同じ場所+αという具合でこれで今年もばっちりです!!

 ついでに少し割り採集を行ったのですが、とんでもないものが
見つかりましたので紹介します!!

 DSC06464.JPG コチラ!!朽木の中に何とスズメバチの新女王が!!!!
 新女王バチは冬は朽木で過ごします。
仮死状態だったので動かないウチに容器に入れて持ち帰りました!!

 恐らく人生初のスズメバチ採集ですね・・・春や夏だったらおっかなくて触れません・・・。
Facebookで紹介しましたところ「コガタスズメバチ」の女王みたいです。

 名前の通りで大きさは3㎝くらいの小さい種類ですが、非常に攻撃的な為
良い子の皆様は触ってはいけませんよ?

 現在、容器の中で羽根をブルブル動かしてます・・・。
せっかくなので標本にしてみようと思います!!

 今回の紹介はここまでですが、ここで皆様にお知らせがございます!!
何と!!我が家のクワガタ幼虫たちの数匹なんと蛹室を作り始めました!!
早いものでもう蛹になっているものもいます!!

 コチラとしては1月末に前蛹になり、2月の中頃に蛹になるのが理想です。
すこーし早い気がしますが・・・まぁ・・・予定通りとしておきます!!

 次回はその辺の所を詳しく紹介するのですが!!
明日はイベントで鶴見川の源流~中流までを川沿いに歩くというビッグイベントを
行うのでそのあとで!!

 ではノシ

〇Facebookはコチラ。たくさんのイイね!コメントありがとうございます!!
 https://www.facebook.com/tooru.saitou

〇ツイッターもやってます。
 https://twitter.com/benikamikiri



 
 

投稿者 yoshinobori : 15:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日(木) クワガタの下見!!

活動報告

 最近、我が家のクワガタ幼虫たちの動きがない・・・!!
果たして生きているのか心配ですが、オオクワガタの時もこんな感じだったので
また大きな個体が出てきてくれたり!?と期待しております!!

 齋藤(兄)です。最近、家での発言権が1番下であることが薄らと気づき出しまして
家では極力大人しくしている今日この頃でございますが、皆様いかがお過ごしですか?

 昨年の末・・・ネットで色々調べていたら気になる記事が・・・
私の近所にある公園でミヤマクワガタがいるらしいという情報が・・・。

 たしかに・・・私の地元ではかつてミヤマクワガタがよく捕れていたと聞いています。
今ではごく一部に極々少数見られます。

 ・・・が!!今回出てきた情報は我が家の本当に近所でとてもではないが
いるような気がしません!!しかし、ミヤマはいないまでもクヌギやコナラが
群生してるので何かしらの虫は捕れるんじゃないか!?ということで今回は
その場の下見をしてきました!!

 結果は樹液の跡はあまり見られませんでしたが、大きなクヌギの樹液酒場を見つけたので
今年はここも少し覗いてみます!!夏に!!

 DSC06470.JPG 下見で出会った野鳥たち!!こちらはオナガ!!逆光で見難い!!
DSC06481.JPG ジョウビタキの♀も見られました。
可愛い見た目に反して結構攻撃的な性格でカーブミラーに写る自分に突貫するほど。
DSC06504.JPG コゲラもいました!!今回はキレイに撮れたかな?と思います。自分の中ではですが・・・。

 他にもメジロやシジュウカラなど多くの野鳥が見られました。
クワガタの下見もいい感じでしたし、来年の夏が楽しみです!!

 今回はここまで!!次回は岡上でクワガタ下見した際に出会ったトンデモナイ
生きものに遭遇した話をば!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 15:48 | コメント (0) | トラックバック (0)