活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2015年7月31日(金) ヘンなカメムシ発見!!(`・ω・´) カメェー!

活動報告

 スズメバチって怖いなぁと改めて刺されてもいないのに痛感する齋藤(兄)です。

 タイトルにもあります通り、今回は岡上でオカシなカメムシを見つけましたので
ご報告いたします!!何となく見かける機会はあったのですが、そこまでカメムシ屋!!
というわけでもなかったため、気が向いたら調べると言いながら後回しにしていましたが
この度、調べてみることにしました!!

 そのカメムシがこちら!!
IMG_1843.JPG 腕太いなぁ~・・・(´・ω・`;)・・・ポパイかよ。見たときの印象は・・・

 ①この大きな腕で獲物とか捕まえるんだろう。
 ②この腕にちなんだ名前なんだろう。(例:ゴウワンカメムシとか・・・?)

 さっそく同定作業を開始し、割とすんなり見つけることができました!
その名前は・・・ヒゲナガカメムシ・・・?

 ・・・(´・ω・`)・・・あー・・・。

 ・・・あ、そっち!?Σ(゚д゚lll) アビョー!!??

 確かに触覚長い!けど・・・もっとこう・・・・この大きな腕に触れてもいいんじゃない!?
さらに調べを進めるとエサはエノコログサ(猫じゃらし)やイヌビエ、メヒシバなどの
イネ科の植物やスゲ類の花穂を吸汁するという、これまたまさかの植物食!!!!?

 花の蜜を吸うのにこの大きな腕は必要なのか?(´・ω・`)大げさじゃない?
ポパイみたいな腕なのに・・・そういえばあっちはほうれん草ですね・・・。
植物は逞しい肉体を作り上げるのかも知れない・・・。実際体にはいいですしね!

 ポパイがわからない人はお父さんかお母さんに聞いてみよう!Σm9(゚∀゚)モシクハググレ!!

 今まで出会った生きものの中で思わず、「なんでこんな名前なん?」という子はそれなりに
見てきたつもりでしたが、これまた弄れた名前を付けられましたね・・・(´・ω・`)

 この子は特別珍しい種類でなく先に書きました植物があればどこでも見られます。
狙い目は空き地や公園などでしょうか?探さなくても近くを歩いていればひょっこり
会える虫ですので、もし会えた時は「あの腕の意味はなんなのだ?」とか考えながら
そっと見守りましょう。

 今回はここまで!!次回は共生センターにとんでもない生きものが届いたので
そちらをご紹介します!!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 14:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日(木) 新たなカミキリ発見!!

活動報告

 パトロールのミニミニミッションのボスはなんであんなに強いのか?
小一時間問い詰めたい齋藤(兄)です。

 前回も申し上げました通り、今回は岡上で新たなカミキリが見つかりましたのでご報告!
しかも今年は2種類も見つかりました!!

 まずはこちら!↓
IMG_1726.JPG まずは全身が飴色をしたカミキリムシ。名前はテツイロヒメカミキリ。
大きさは1cmより少し大きいくらいで、体の色は鉄色というより飴色ですね。

 5月~7月がシーズンで主にケヤキやサクラ、イチョウなど各種広葉樹をホストにしています。
花に集まるようで、この子は夜間に咲いていたカラスウリの花にいました。
IMG_1819.JPG お次は黄色いカミキリ。これはハチに姿を似せているトラカミキリ系!!
名前はフタオビミドリトラカミキリでした。(´・ω・`)・・・ミドリ・・・?

 アカメガシワやヤシャブシなんかをホストにしており、花に集まるようです。
このカミキリは和光大学の学生が見つけてくれました。(>人<)ありがたや!

 今回出会ったカミキリは名前と色が一致していない虫でしたね・・・(´・ω・`)・・・。
これで岡上で見られたカミキリは・・・

 アレ?何種類だっけ?(´・ω・`;)しもたー!

 50種類越えたあたりから記憶が曖昧・・・しかもデータが現在手元にないので
後日集計したいと思います!! ではノシ

 
 

投稿者 yoshinobori : 09:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日(水) ノコギリクワガタ自己採集最大記録更新!!

活動報告

 バスターズ面白いなぁヽ(´▽`)/
フゥミン、大ヤモリが仲間になってご満悦の齋藤(兄)です。
いいことが起こると後で嫌な事が起こるのでは?と喜びと同時に不安も比例して上がり
眠れぬ夜が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

 外は様々なセミが鳴き、今日も夏であると我々に知らしめているようであります(´・ω・`)暑いよ

 今回はタイトルにもあります通り、なんとノコギリクワガタ採集における最大サイズが
更新されました!!ヽ(´▽`)/HOOOO!!

 毎年なんらかのカブト、クワガタの最大記録が更新されますが
今年はノコギリクワガタです!!

 まずは写真をご覧下さい!!
IMG_1806.JPG オスだと思った?残念だったわね!!(・∀・)
今回はメスで大きさは37mm。前回の記録が35mmなので2mmの更新になります。
比較で並べてる小さいメスはおよそ30mmの個体です。

 こうして見ると、まるで別の虫のように思えますね(´・ω・`)でけぇ・・・。
丸まった姿は本当にアーモンドチョコそのものです。

 IMG_1804.JPG 他にもカブトムシが更新!!Facebookでは85mmと書きましたが後で正確に測った
結果83mmでした。前回の最高記録82mmで1mmの更新!!
1mmといえども、この壁は非常に大きいのが昆虫の世界!!

 芸能人の哀川翔さんが88mmという日本記録を出しましたね。(*´∀`)
それを考えると83mmも相当大きいハズ!!というかデカイです!!
70mm代でも相当大きい印象ですが、80mm代になると同じカブトムシなのに
別の虫を見ているような感覚になります(´・ω・`)そう・・・摩訶不思議、まっかな不思議さ・・・。

 この勢いでオスのノコギリ70mm代、コクワガタ50mm代を狙いたいですね!!
と決意を新たにしたところで今回はここまで!!次回はなんと岡上で新たなカミキリが
発見しましたのでご報告いたします!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 17:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日(金) 飼育日記 ~スジクワガタ産卵に挑戦~

活動報告

 フゥミン欲しいけど白犬隊限定だったとは・・・弟は白犬なので弟のところにお邪魔するかな?
現在のリーダーはカゲ丸の齋藤(兄)です。忍者好きなのです。はい。

 前回はスマトラオオヒラタで厳しい結果となりました・・・。
この経験を活かして今後の私の昆虫生活(バグスラーイフ!)を充実させていきたいと思います!

 今回は産卵材の準備ができたので産卵セットを組みました!!
IMG_1596.JPG こちらが出来上がった産卵材。今回は3本ご用意しました。
1本はスジクワガタ、2本はコクワガタに使います。ノコギリクワガタはまだペアリング中のため次の機会にします。
コカブトもマットを敷いて産卵開始です!!

今年は虫は購入せず、地元で捕れた虫のみで挑戦してみたいと思います。
今回はコクワガタ、ノコギリクワガタ、スジクワガタ、コカブト、カブトムシの以上5種!!

 アレ・・!?Σ(´・ω・`;) 思ったより多い!?(←2~3種でいいやと思ってた人)

 カブトムシ、コカブトムシに関してはクワガタのような難しい管理はしなくても結果が出るので
まぁ・・・いいかな?とか言ってると外国産に手を出してしまうんですよね・・・。

気をつけねば・・・ (´・ω・`;)

 産卵材をマットに埋めてさっそくメスを投入します!!
IMG_1594.JPG まずはコクワガタ。ちゃんとメスを守っていてメスもそれを拒絶している様子がありません。
これはカップリング成功していると見て良さそうです!!

 可哀想ですが、メスを取り上げて産卵セットへ!!ここでオスはメスを取られまいと
攻撃的になることがあるので、要注意!!

 IMG_1597.JPG コクワガタ2組目。こちらも最初のペアと同じ状態。メスはオスに守られながら餌を食べています。
こちらもメスを回収します。オスもセットに入れてしまうと、写真のようにしつこくメスにまとわりつき
せっかく産んだ卵を潰してしまうことがあるので文字通りお邪魔虫になってしまいます。

 IMG_1598.JPG こちらはスジクワガタのペア。こちらは並んで餌を食べている何とも微笑ましい光景。
コクワガタのようにオスが上にいませんが、攻撃的な性格でテリトリーにうるさいヒラタ系の
クワガタがここまで気を許しているようであれば概ね大丈夫でしょう!!多分・・・。

 こちらも回収して産卵セットへ。国産クワガタの中でも難しい部類に入るスジクワガタ。
果たして上手くいくのでしょうか!?今年こそは!!

 この記事を書いている今も産卵材からは懐かしい材を割る音が聞こえてきます!!
無事に産んでくれることを願います。m(_ _)m

今回はここまで!!次回は未定ですが、恐らく飼育日記になりそうです!!ではノシ 

投稿者 yoshinobori : 16:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日(火) 夜の岡上に行ってきましたヽ(・∀・)ノ < 後編なんだぜ!!

活動報告

 ついにバスターズ買っちゃいました(´・ω・`)私は赤猫団です。
にんぎょ、こえんらが仲間にならなくて早くも挫折しそうな齋藤(兄)です。

 学校によっては夏休みが始まっていることでしょう!!
今年の夏も格別に暑いので対策はキチンとしましょう!!

 今回は前回の続きと、我が家で羽化したオオヒラタの様子を見ます!!
それでは・・・いざぁ!!

 IMG_1403.JPG 小さくて白いモコモコした虫。恐らくハゴロモと呼ばれるカメムシの仲間の幼虫かな?
ハゴロモの幼虫は綿のような格好をしている種類がいくつか存在するようです。
IMG_1456.JPG 別のハゴロモ幼虫。これで天敵の目を欺くということでしょうか?
IMG_1409.JPG 明るくしすぎて見にくいですがヒメヒゲナガカミキリですね。
切った木や枝を集めたところには大抵いるイメージです。
IMG_1414.JPG こちらはセアカツノカメムシですね。名前の通り赤い背中と横に出っ張る角が特徴です。
IMG_1419.JPG こちらは持ち帰ってからの撮影。立派なノコギリクワガタです!
大きさは63mmでさっそく別に捕まえたメスとペアリング中です。
我が家で今年羽化したノコギリクワガタのオスは休眠モードになっていますが
メスはすぐに餌を求めて動きました。休眠するのはオスだけなのでしょうか?
エサを与えると新成虫のメスたちはモリモリとゼリーを食べています。
・・・メスは休眠しないのか?だとすればノコギリクワガタのメスたちは去年羽化した
オスたちとペアになるということになります・・・。(´・ω・`;)だよな?

 理由としては同腹(同じ親どうし)による近親交配を避けるため・・・が1番しっくりくるかな?
これは新しい発見でした!!これがあるから飼育は面白い!!
後日、休眠モードのオスの様子もお見せします!!

 IMG_1424.JPG お次はグロい系!!オオゲジです!!大型のゲジで足先までで20cm近くなります。(´・ω・`;)怖えぇ・・・。
夜になると蛾が集まる場所に現れます。和光大学内でも度々目撃されるため
和光生の間で「和光虫(わこうちゅうorわこうむし)」と呼ばれるちょっとした有名虫です。

IMG_1434.JPG こちらはハンミョウ!!本来は昼間の広い草原なんかで見かけるんですが
このように灯火にも来るようです。ハンミョウは勉強不足で細かい種類は分かりませんが
トウキョウヒメハンミョウかな?と踏んでおりますが自信はありません・・・。

IMG_1436.JPG お次はガ!!キシタバですね。樹液が大好きなガで見ての通り前羽根は地味な茶色に対し
後ろ羽根は派手なオレンジ色をしており、これで天敵を驚かすようです。
 
IMG_1437.JPG  最後はコクワガタ!!こういう光景はクワガタ好きにはたまらないですね!

 今回は久々に多かったなぁ・・・。というよりジャンルが増えたのが大きいですね・・・。(´・ω・`)
蛾とか爬虫類とか・・・。これで夜の昆虫採集は以上です!!

 お次は我が家のスマトラオオヒラタです!!長い時間をかけてようやく羽化したその成果を
見たいと思います!!それではどうぞ!!

 IMG_1592.JPG ワッザ!!?Σ(゚д゚lll)←(訳:要は何事!?みたいな・・・。)

 これは完全に羽根バカですね・・・。残念ながら羽化不全を起こしてしまったようです・・・。
原因を購入先のお店に相談したところ。オスは大型になればなるほどに羽化が難しく
さらにスマトラオオヒラタの場合は20°前後(誤差2~3°)で飼育しないといけなかったらしく
この時期、我が家の室温は25°前後であったため、原因はこれですね・・・。

 夏に20°の環境を作るのは我が家では難しいので今後も飼育していくのは難しそうです。
次回行う場合はオスの蛹だけ発泡スチロールに入れるなどすれば行けるかな?と思いますが
当面はお休みします・・・。羽化した子はとりあえず休眠中のノコギリクワガタと同じケースに
収容しました。
IMG_1593.JPG かなり大きいのでケース内が一気にフルハウスになりました・・・。

 メスは順調に羽化して元気にエサを食べています。
予定では何匹かは里親を募集して引き取ってもらおうと思っています。
オスは恐らく長くは生きられないでしょうが、最期まで面倒を見るつもりです。(`・ω・´)

 当面はコクワ、ノコギリ、カブトをメインに飼っていこうと思います。

 久しく長い記事になってしまいましたが今回はここまで!!
次回はいよいよスジクワガタ産卵に挑戦します!!ではノシ

Facebookはこちら。出現率が高いです。
https://www.facebook.com/tooru.saitou
ツイッターはコチラ。たまにお絵かきします。 
https://twitter.com/benikamikiri

投稿者 yoshinobori : 14:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日(木) 夜の昆虫採集に行ってきましたヽ(・∀・)ノ

活動報告

 羽化したオオヒラタの様子を見ると・・・もしかすると羽根バカの可能生・・・。
ここへ来て、こうなるのか・・・!!

 どうしたものか?(´・ω・`)
とりあえず近いうち掘り出してみたいと思う齋藤(兄)です。

 今回は先日、夜の岡上で生きもの探訪をしてきましたのでご報告!!
台風が近づいていたため、あまり多くの虫はいませんでした・・・。(´・ω・`)

IMG_1374.JPG まずはこちら!!外灯に飛来してましたアリンコのようなこの虫はアカバハネカクシ。
これでもカブトムシと同じコウチュウの仲間!!

 赤茶色の部分が固い前羽根で後ろ羽根は前羽根の裏に隠すように折りたたまれています。
IMG_1366.JPG 後ろ羽根を開いた状態。よく折りたたまれてますよねこれ。(´・ω・`)スゲー

IMG_1382.JPG ここからは野外で発見!夜の昆虫採集の定番のキマワリです。
クワガタ&カミキリ捕りの外道というイメージが強く(私の見解です。)見つけると・・・

 (´・ω・`)ハァ・・・になる虫。黒くてソコソコ大きいので遠くで見つけると
テンションが上がるんですよ・・・そして・・・(´・ω・`)ハァ・・・。

 IMG_1383.JPG お次はコクワガタ。外灯の灯りに飛来。この日は風がなく月明かりがなかったせいか
いつもよりも飛来してくる虫は多かったように思えました。
IMG_1384.JPG その飛来してきた虫を狙ってニホンヤモリが獲物を求めてやってきました。
主にガやクモを食べます。我が家で飼育しているヤモリもクモをあげています。
理由としては帰りによく見かけるし、巣でじっとしているため捕まえやすい!!

 IMG_1388.JPG お次はチャイロコメノゴミムシダマシかな?
ペットショップで売られているミルワームの成虫ですね。
 こいつを持ち帰って飼育すればミルワームがタダで手に入りそうですが飼育する手間を考えると
買ったほうがいい気もしますね・・・。値段的にも・・・。

IMG_1393.JPG ピントがズレましたがナナフシモドキです。
こちらに気づくや腕を伸ばして枝の真似をしています。
カメラはナナフシを見つけられずあらぬ方向にピントを合わせていますが
私の目はごまかせません(o ̄∇ ̄o)♪

 ここまで紹介しましたが今回は久しぶりに多くのムシに出会えたので前編とさせてください!!
次回は後編をお届けします!!見慣れないムシ(私にとって)のオンパレードなので
ご期待下さい!!ヽ(・∀・)ノでは~

投稿者 yoshinobori : 14:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日(水) 陸の貝はカタツムリだけではない!!

活動報告

 クーラーの風に当たると体調を崩す齋藤(兄)です。
唐突ですで昨日、スマトラオオヒラタが念願の羽化!!
これでオオクワガタかオオヒラタのどちらを飼育続行するのか決めたいと思います!!

 さて!!夏休みが近づいていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
最近、熱中症で具合を悪くする人も増えてきているようなので十分な暑さ対策を!!
こまめな水分補給と休憩が基本です!!他にもキャンプや山登り、川遊び、海でFoo!!
四季の中でも何かと自然と関わることが多くなるこの時期!!

 ハチやヘビなど危険な生きものや場所で怪我や事故などが起きませんように!!
そんなん起きるわけないしヽ(´▽`)/

 ・・・とか言ってるYOUに言っているのよ?(`・ω・´)慢心ダメ!絶対!!

 そして大きく話が変わりますが先日、当大学の学生さんより・・・

 「この生きものを拾ったんですが何なんですか?」という同定のお願いがありましたので
見せてもらいました。それがこちら↓
IMG_1359.JPG おおぅ・・・(´∀`;)

 これはキセルガイですね。名前の由来は言わずもがな巻貝の形がキセルそのものです。
カタツムリと同じく陸で暮らす巻貝の仲間でジメジメした場所を好みますがこちらはやや
薄暗い朽木の周辺や落ち葉の下にいたりします。見ての通り大きな巻貝に対して体が
小さいのであまり活発に動きません。

 わずかに雨が降っている日や、雨上がりの朝などで公園など近くに林があるようなところを
歩くとたま~に見かけます。

 まだ梅雨が明けないので、運がよければ会えるかもしれませんね(´∀`)

 今回はここまで!!次回はクワガタ捕りに挑みましたのでそちらを紹介します!!
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 15:39 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日(火) 飼育日記 ~リベンジ!!スジクワガタ産卵~

活動報告

イボタガ.jpg 久々に落書き。イボタガというフクロウの顔のような模様をした蛾を描いてみました。
この模様・・・擬人化って難しいな・・・(´・ω・`)

 齋藤(兄)です。本日は七夕ですね!!ただ梅雨の時期なので夜空を見ながらの七夕が
なかなかできないのが辛いところですが皆さまはもうお願い事は決まりましたか?
私はとりあえず、健康祈願にしました。何をやるにも健康が第一ですよね!!

 今回は毎度失敗に終わっているスジクワガタの飼育にリベンジしたいと思います。
IMG_1294.JPG こちらがスジクワガタ。ドルクス系(オオクワガタの仲間)特有の黒いボディに平たい体をしています。
大きさは20mm~35mmと小型でコクワガタよりも小さい種類。
コクワに似ますが大アゴの形が異なり、小型のオスは背中に筋模様が入ります。

 採集難易度としては場所によります。あまり飛ばない種類のようで樹液トラップには
まず掛からず、ライトトラップにもあまり飛んできません。
主な採集は樹液が出ている木を巡るか、朽木を割って捕る割採集になるようですが
割採集はやりすぎると環境破壊につながる上、その場所の樹液採集でいないようであれば
見つかる見込みも難しいので樹液採集が基本になるのかな?と思えます。

 先ほども書きましたとおり、あまり飛ばないので生息域を広げることができません。
そのため、いるところにはたくさんいて、いないところには全くいません。
コクワガタよりも標高がやや高めを好みます。

 飼育に関してですが産卵以外はさほど難しくありません。
ただ山間部に棲むクワガタなので気温は25°を超えないことが望ましいです。
それ以外はコクワガタと同じ飼い方で飼育できます。
幼虫飼育はまだ飼育経験がないので詳しくは書けませんが、高温に注意して
コクワガタと似た飼い方になると思います。これに関しては現在勉強中です・・・。

 そして産卵・・・これがスジクワガタ最大の難関とされています。
とにかく産まないことに定評があり、その難易度は国産クワガタの中でも
指折りの難しさ!!どうもコクワガタやオオクワガタに使う産卵材では
相性が悪いようです。ではどのような材が有効なのか?

 バクテリア材というものを使うらしいのです。(´・ω・`)ナンダソレ・・・? 知らん。

 何でも青カビ抑制&産卵促進の魔法のような材なんだとか・・・?
作り方を調べてさっそく挑戦ですb

 IMG_1321.JPG 用意したものは大体こんな感じです。↓

 〇用意したもの〇

 産卵材(クヌギ)×3 ・・・ 290円×3
 飼育ケース(大)×2
 使い済みマット 
 
 これで作っていきます!!使用済みマットはカブトムシに使用してたやつを採用。
ケースは使っていない空のケースを使いました。
IMG_1323.JPG まず飼育容器に使用済みマットと水を入れてよく混ぜます。
そして産卵材を沈めます。本当は皮を剥いたほうがいいのですが、夜間に寝ぼけながらやった
のが仇となり皮を剥き忘れてしまいました・・・。
IMG_1325.JPG 加水完了。夜中にセットして朝方に水を捨てました。
IMG_1326.JPG そして加水した材をさらに使用済みマットに埋めます。
ここでクワガタは投入せずこのまま1週間放置。これで使用済みマットに棲むバクテリアを
産卵材に行き渡らせる?ことができればバクテリア材の完成です。

 ただ皮を剥き忘れたので100点満点のものは期待できませんが
今回はこれで挑みたいと思います!!

 今回はここまで!次回は未定です!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 12:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日(金) 飼育日記 ~我が家のヤモリが産卵間近?~

活動報告

 この時期になるとこの生きものなんですか?みたいなメールやらがよく来ます。
人気者は辛いぜ!!(・ω・っ)З

 齋藤(兄)です。↑のアザラシはあざらしと文字を打って変換したら出てきたので使ってみました。
今回はあざらしは関係なくて我が家で飼育中のヤモリのお話です。IMG_1314.JPG こちらが今回の主役にして我が家で飼育中のヤモリです。
性別はメスで名をヤクモと言います。

 最近はホームセンターで買ったこの木がお気に入りで何かとこの木の中にいるか
外側を登ったり降りたりします。エサは主にクモや小型のゴキやバッタなどを捕まえ
ボレー粉を塗して与えています。

 IMG_1309.JPG 飼育も恐ろしいくらい順調だったのですがここ最近彼女に変化が起きています・・・。
心なしかお腹が大きくなっている気がするのです。

 もしかして・・・卵か?(´・ω・`)?

 お腹の覗くとうっすらとですが小さな卵らしいのが見えるので気のせいでなければ
卵を抱えているっぽいです!!一応オスのイズモと同居させていますが、いつの間に?
喧嘩らしいこともなく、むしろ一緒の穴に隠れるくらいだったのですが求愛らしいことも
特別見られなかったので交尾はしないのかな?と思っていたのですが・・・。どういうことだ?

 聞けばヤモリは1度の交尾で数回は卵を産めると聞くので、もしかすると前に交尾した
相手との子なのかもしれません・・・。

 何はともあれ、ここからはカルシウムをしっかり与えて卵を作れるようにします。
無事に卵を産んでくれるだろうか?不安もありますが楽しく見守っていく所存ですb

 今回はここまで!!次回は天気にもよりますが飼育日記か釣りでもしたいなぁ・・・。
という感じです。ではノシ

Facebookはこちら。出現率が高いです。
https://www.facebook.com/tooru.saitou
ツイッターはコチラ。たまにお絵かきします。 
https://twitter.com/benikamikiri

投稿者 yoshinobori : 15:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日(木) 夜の虫捕りの結果発表!!

活動報告

 今日のヒキガエルの岩(←名前です。)
IMG_1315.JPG 茂み落ち着くでしょう・・・。

 齋藤(兄)です。暑くなってきたなぁ・・・とか言ってる間にもう7月ですよ!!
私の周辺ではニイニイゼミが鳴き始めています。

 もう季節は夏!!夏休み、海開き、キャンプ・・・上げればキリがありません!!
学生の方は夏休みですね!!予定は決まりましたか?

 夏は楽しいものですが外ではデング熱、熱中症と危険は付き物!!
今のうちにしっかりと対策をして楽しい夏にしましょう!!
あIMG_1278.jpg
 今回は夜の昆虫採集に挑みました!!雨が降った翌日の晴天!!
そして闇夜が迫り、月明かりがうっすらと辺りを照らし、歩いても暑さを感じない・・・。
これは間違いなくベストなコンディション!!素敵な出会いがありそうです!!
IMG_1282.JPG まずはコクワガタ!!いきなりとんでもないサイズがお出ましでした!!
大きさは44mmでしたが幅も広く、ガッシリとした体型で私は気に入りました。
IMG_1284.JPG お次はシロスジカミキリ!!写真は産卵している真っ最中でした!!
ここが新たな樹液酒場になってくれることでしょう!!というより既になっています。
小さめのコクワガタをチラチラ見ることができました。
IMG_1283.JPG コクワガタに紛れて大アゴがチラリ・・・これはスジクワガタですね!!
しかも結構キレイな・・・スジクワガタらしいアゴをした個体です。

 数分格闘した後に捕まえることができました!!
IMG_1294.JPG こちらが取り出したスジクワガタです。
大きさは33mmと結構なサイズです。というか過去最大サイズです!!
コクワガタは45mm前後で大きいと感じますが、スジクワガタは35mmで
スゴク・・・大きいんです・・・。
 なのでコクワガタは名前のせいで小型呼ばわりされがちですが、コクワガタより
小さいクワガタは数多く見られ、どっちかといえば中型のクワガタなのです。o(・`∀´・)ムフー!!

 IMG_1291.JPG カブトムシも見られました。ようやく彼らの時期が到来しましたね!!
しかし、カブトムシは特大のオスでもいない限りは捕りません・・・。
いっぱい捕れるので・・・(´・ω・`)多いんだもの・・・。

 今回はここまで!!次回は我が家のヤモリに変化があったので
そちらをご報告します!!ではノシ 

 

 

投稿者 yoshinobori : 15:21 | コメント (0) | トラックバック (0)