活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2015年8月28日(金) 飼育日記 ~ガマ引越し編~

活動報告

 とうとうスマホデビューするにあたり緊張しまくりの齋藤(兄)です。

 もう機種変更するたびにアドレス聞いて回るのが過酷を極めるので
この度、スマホにすることにしました。(´・ω・`)

 最近の携帯は随分色々なことができるようですね。パソコンでやるようなことを
やってのけるのですから恐ろしいものです。

 今回はヒキガエルたちの飼育日記です。
自宅のクワガタ&カブトはまだ産卵中で水槽も分け合って改装中・・・
なので、ここしばらくヒキガエルが続いている次第ですはい(´・ω・`)

 この度、センターで展示中だったヒキガエルが夏の暑さにやられて
少し体調を崩してしまったので、我が家のケースに移しました。

 IMG_2466.JPG 現在、我が家には3匹のガマが集結しました。写真から見て一番小さい子がこの度
当センターから我が家にやってきた子です。
まだ名前を決めていなかったので岩、石よりも小さい「砂」と命名しました。
この写真はエサをあげる直前の様子です。エサを待ちわびる姿がが何とも
可愛らしい(´・ω・`)
 
 流石に3匹ともなるとケース内がやや手狭になってきたのでFacebookにあげました通り
大きいケースに引越ししたんですが、それでも狭そうなので、また何か考えます・・・。

 IMG_2467.JPG ちょうど大きさが大、中、小だったので乗っけてみました。可愛いのぅ(´・ω・`)
この後めちゃくちゃ元に戻しましたヽ(´▽`)/

 今回はここまで!!次回は未定です!!ではノシ
 

 
 

投稿者 yoshinobori : 11:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日(木) 最近出会った生きもの ~怖い顔の蛾・・・編~

活動報告

 雨が降り、やや寒気を覚えた矢先のこの晴れ間&暑さ!!
季節の変わり目ですのでくれぐれも体調管理には気をつけて参りましょう!(´・ω・`)

 最近、野菜を育ててみたい衝動に駆られつつ、ゲンゴロウとか飼ってみたいと考える
欲望に忠実な齋藤(兄)です。

 今回も出会った生きものシリーズです。前回は狩りバチ、クロアナバチを紹介しましたが
今日は蛾です!!蛾といえば少しグロテスクな印象を持たれている方多いと思われます。
蛾は羽の模様や幼虫の習性などを見るとチョウにも負けぬ面白い生きものという印象を持つ
ワタクシこと、この私ですが今から紹介する蛾はさすがの私も少したじろぐレベルの蛾でした!
苦手な人は戻るをプッシュ!!OK?(´・ω・`)

 それがこちら↓
IMG_2435.JPG 夕方の某所、薄暗い尾根道を歩いていたら遭遇。
久々に口から「おぉおぉ・・・。」と声が出てしま程にこれはおっかない!!

 見た感じはスズメガのようですが、他のそれよりも一回り大きいサイズで
目もよく見るスズメガたちに比べて大きいように思えます。

 そして頭蓋骨のような模様がおっかなさを醸し出している。そんな気がします。
人を襲うなんてことはありませんがジっとしてる分余計に怖いです・・・。

 調べてみると名前はクロメンガタスズメ。畑が多い場所で見られ主に夕方~夜中に
姿を見せるようです。幼虫は畑になる野菜をエサとする他、成虫は「蜂蜜泥棒」として
知られており農業、養蜂をされている方の目の敵にされているそうです・・・。

 他にも怖い映画で知られる「羊たちの沈黙」にも登場するそうです。
私は怖い系の映画を見ると夜の昆虫採集に行けなくなってしまうので
見ることはありませんが、もし機会がありましたらチェックしてみてください。

 怖いといえば、シーズンオフ間近ですが怖い話とか皆さまは持ってたりするんでしょうか?
私は今年、怖い・・というよりオカシな出会いがありました。帰宅途中に出会った見知らぬ
小学生の男の子がとっておきのダジャレがあるというので聞いてみたところ・・・

 写輪眼・・・シャリン・・・ガーン!!o(・`∀´・)

 この言葉を発した後、彼は満足そうに走り去っていきました。
写輪眼というのは某人気漫画に出てくる特殊能力の名前ですが・・・

 これをダジャレと言えるその精神にワタクシは感服しております。
どうすればアレだけ自信たっぷりに言えるだろう・・・今の自分にはできません・・・。

 あの頃の私だったら言えたろうか?と自問自答をしながら今回はここまで!!
次回は飼育日記を予定しております!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 09:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日(水) 最近出会った生きもの ~掘ったり狩ったり多忙なハチ編~

活動報告

 ここ最近晴れ間続きだったのに突然の雨に降られて困っている齋藤(兄)です。

 こういう極端な天候は川に関わるものとして非常におっかないですね!!
さて今回は晴れの日に出会った生きものを紹介します!!

 この生きものは私自身初めてお目にかかる虫でした!!
それがこちら!!

 IMG_2449.JPG タイトルにあります通り!!ハチです!!名前はクロアナバチ。
その名の通り地中に30cmくらいの巣穴を掘るハチで、キリギリスの仲間を襲い
麻酔で動けなくしたあと、生きたまま巣穴に運んで卵を産み付け、幼虫のエサにします。

 殺さずに麻酔で動けなくしておくことで新鮮なエサを幼虫に与えることができるということ
なんでしょうが、なんとも・・・ねぇ?(´・ω・`)

 実はこういったことをするハチは他にも多く見られます。私が過去に会ったのは
ベッコウバチですね!!↓
aDSCN6332.jpg  こっちはキリギリスではなくクモを専門に狩るハチです。
こういうハチたちをひっくるめて「狩りバチ」と呼ぶ人もいます。

 IMG_2454.JPG 捕らえた獲物を飛んだり歩いたりを繰り返して重たそうにしながらも最後は空高く飛んで行きました。

 獲物がキリギリスの仲間である為、草原を飛び回っていることが多いみたいです。
結構大きめのハチなので、公園なんかで見かけたらちょっと怖いかもです(´・ω・`)

 出会ってもちょっかい出さず、そっとしておくのがベストです。(´・ω・`)わかるな?

 今回はここまで!!次回は安定の未定です!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 09:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日(月) 飼育日記 ~我が家のヒキガエルたち その後編~

活動報告

 お久しぶりです!!(´・ω・`)

 夏休みはいかがだったでしょうか?今頃宿題の消化作業でお尻から火が出ている方も
いらっしゃることと存じますが、少し息抜きに当ブログの生きものたちをご覧いただきたい
と思っております。

 今回もヒキガエルです!!相変わらず、名づけた名前の通り岩石のように微動だにしない
彼らですが最近、石の方で動きがありました。
 それはクワガタのケースに加湿しようと霧吹きを出して置いといたら・・・

 IMG_2409.JPG ハッ!?Σ(´・ω・`)として霧吹きを凝視する石・・・。
天敵に見えるのか?それともエサくれるヒトだと思ったか?
・・・まさかエサとは思わないよな・・・? (´・ω・`;)頼むぜオイ・・・。
IMG_2410.JPG 霧吹きの位置をカエルとちゃんと目で追います。やはりエサと思ってるのかなぁ・・・。

(´・ω・`;)た、頼むぜオイ!?

 最近はテレビをつけると画面に興味津々でじっと見てます。
あとはパソコンをケースの前でやってても画面を食いるように見ます。
恐らくマウスで動くカーソルをエサと思ってるんだろうなぁ・・・。

 相変わらず本当に野生下の生きもの?というのんびりした性格なので
家では最大の癒し系です!!今回はここまで!!

 次回は最近、出会った生きものを紹介します!!ではノシ

 
 


 

投稿者 yoshinobori : 16:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日(木) お久しぶりですヽ(・∀・)ノ

活動報告

 早めに参上するぜ!!と息巻いたくせに約10日ぶり?の更新になります・・・。
だらしねぇ齋藤(兄)です。(´・ω・`)いやぁすいません・・・。

 飛び入りの予定が入ってしまって、相変わらずな日々を送っております。
今回は飼育日記の近況をお知らせしたいと思います!!

 まず当ブログでも中々の人気記事(らしい)クワガタの様子ですが
現在飼育中の虫は・・・

 コクワガタ、ノコギリクワガタ、スジクワガタ、カブトムシ、コカブトムシ

 以上の5種です!!

 いずれも産卵に挑戦中ですが、ノコギリ、コクワに関しては卵、産卵跡が確認されているので
恐らく今年も幼虫が確保できるハズ!!カブトムシも特別心配はしていません。
おばあさんメスでなければ今年もたくさんの幼虫が・・・。

 カブトムシを産卵させるとき、私はペアリングをしません。大体8月に外灯の周辺をウロウロ
しているメスは、ほとんど交尾を済ませて産卵場所を求めているような子たちなので

 そんな子を見つけたら1匹確保して腐葉土を敷いた容器に放り込めば労力&経費節約で
カブトムシの幼虫をゲットすることができます。しかし、色、形にこだわって飼育する場合には
こだわりのオスとメスをくっつけましょう。

 コカブトムシはちゃんとお見合いをさせて、いい条件でおいていますが卵らしいものは
見えません。私の経験では知らぬ間に幼虫がワラワラと出てくる印象です。
気になる点として、コカブトは成虫越冬が可能ですが幼虫の状態で越冬はしないそうです。
これは普通のカブトムシと逆ですね(´・ω・`)変なの・・・。
そしてコカブトの幼虫期間は2ヶ月間と驚異的に短い!ちなみに普通のカブトは約1年。

 ここからが大事で、コカブトは我が子が幼虫期間中に冬を迎えることがないように
調整を行うそうです。今回、産卵させてる時期が8月の後半・・・。
プラス2ヶ月にすると10月末・・・これは厳しい!!

 産卵しない可能性が出てきました・・・。国産の虫は四季を重んじる虫たちなので
室内の気温が高かったとしても冬だと産卵することは基本的にありません。
もしかすると今年はコカブトは無理かなぁ・・・?と思っております。

 そしてスジクワガタ。これは元々飼育難易度、ひいては産卵させる難易度が
国産のクワガタの中でも飛び抜けて難しい種類ゆえ半分ダメ元で飼育しています。

 産卵ケースを覗くとコクワガタのような齧ったような跡もなく、肝心のメスもマットを表面を
ウロウロするばかり・・・本当に大丈夫か!?(´・ω・`;) 

 入れた当初は颯爽と潜っていったのですが・・・もう産卵終わったということか?(希望)
まぁサイズはコクワガタの半分くらいの小さい種類ですので産んでたとしても
小さくて気づきにくいという面もあるかもしれません。(プラス思考)

 9月の真ん中あたりで幼虫を取り出す予定ですb

 ・・・とここまで写真なしでは申し訳がないのでFacebookでちょくちょく出てくる
我が家のガマたちを紹介します!!

 IMG_2416.JPG こちらが我が家で飼育中のガマたちです。左がルーキーの「石」、右が最初に我が家に迎えた「岩」です。
遠近法で石が大きく見えますが実際は岩の方が倍くらい大きいです。
名前の由来は岩国山の大ガマの伝説からと、名前の如くほとんど動かないので
この名前にしています。人によってはつまらないと思います・・・(´・ω・`)動かないので・・・。

 昨日、ケース内の掃除をしました。とにかく糞がすごいので・・・。

IMG_2413.JPG 石の背中。イボイボが際立ち、丸々としています。
これを可愛いと取るか、気持ち悪いと取るかでヒキガエルの価値観は大きく変わる気がします。
カエルは英語でFrog(フロッグ)とToad(トード)と2通りの言い方があります。
日本で言うアマガエルやアオガエルのように小さくて可愛らしいカエルをフロッグ。
図体が大きいカエルをトードと呼ぶそうです。つまりヒキガエルは後者ですねヽ(・∀・)ノ

 ところがウシガエルは英語でBullfrog(ブルフロッグ)なんですよね・・・。
あんなにデカイのに・・・なんでだろう?

 IMG_2414.JPG 石の顔。よく見ると片目が少し奇形になっています。
捨て子の可能性がある子で奇形の目・・・これでは野生下で生きてくのは大変だったろうなぁ。
やはりエサを与えると片方の目では獲物を発見できなかったり、食べる際に見当違いなところに
舌を伸ばしたりとエサを与えるにも一苦労ですが、それでもエサを食べようと頑張る姿に
なんだか心打たれてしまうんだよなぁ・・・。それになんだか独〇竜みたいではないか!!
IMG_2417.JPG ガマの寿命は10年以上40年未満らしいので気長にお付き合いしますとも!!
今回はここまで!!次回は未定です!!現在進行形で立て込んでいるので
次の更新はいつになるかわかりません!!落ち着いたらたっぷり紹介していきます!!
一応予定では外で見かけた生きものの紹介になるかな?あくまで予定です!!

 ではまた会える日まで!!ではノシ


  

投稿者 yoshinobori : 14:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日(火) 飼育日記 ~ 復活の兄!!我が家のヒキガエル編 ~ 

活動報告

 みなさま!!お久しぶりでございます!!覚えてますか?齋藤(兄)でございます!!
ここ数日、べらぼうに忙しくて更新がえらい遅れてしまいました!!

 いつも見てくださってる皆さまには多大なご迷惑をおかけしました!!
誠に申し訳ございませんm(_ _)m

 ようやく一区切りしたのですが、近々また忙しくなりそうなのではありますが
更新のほうは、頑張っていきたいと思います!!

 今回はタイトルにもあります通りで我が家で飼育中のヒキガエルについてご報告があります!
結論から申しますと・・・1匹増えました!!ヽ(´▽`)/

 IMG_1873.JPG この写真で水浴びをしている子が今回の主役のルーキーです。
なぜ増やしたのかというと、仕事を終えて帰路の途中で突如、私の前に飛び出してきたところを
私が捕まえたのが事の発端です。
IMG_1862.JPG こちらが出会った直後の様子。どうやらミミズを捉えようとして飛び出したようですが
こちらは自転車のため危うく轢いてしまうところでした・・・(´・ω・`;)

 この道は学生時代から長いこと使ってきた道ですが、過去1度だってこんなところで
ヒキガエルを見たことがないのです。昔はいたという話を聞いたのですが、辺りに
U字溝があちこちにできたことでヒキガエルが産卵場所に行ったり来たりができなくなり
姿を消したと聞いていたので、とにかく驚きました。

 もしかしたら生き残りかも知れない!!周囲は道路なので轢かれたらいけないと
家に連れて行きました。後日、住めそうな場所に放そうと思ったのですが・・・

 ここである疑惑が浮上・・・(´・ω・`) お?

 まず、我が家で最初に飼育している大きい方の岩ちゃんは5月に飼育を初めて
こちらに慣れてくれたのは8月!!最近ようやく人口餌も食べてくれるようになりました。

IMG_1877.JPG ところがこの子(小さい方)はケースに入れたその日から私が近づくや向こうから歩み寄ってきて
人口餌も岩ちゃん(大きい方)の取り分を横取りしようとするのです。

 ヒトを全く恐れず、人口餌が食べ物であると知っている・・・飼育下の環境に慣れている?
と言うことは・・・この子・・・捨て子・・・?(´・ω・`;)マジ?

 捨て子だとすれば、今まで1度も見なかった場所で出くわしたというのも納得できる・・・。
となれば逃がすのはマズイだろう・・・ということで現在、我が家で飼育しています。

 本当に捨て子か真偽は明らかではありませんが、こちらを警戒せず友好的な子なので
飼育が難しくなくて助かっていますヽ(・∀・)ノ

 名前は最初に飼育した岩より小さいので石という名前にしました。
今後もちょくちょく出てくる予定ですので何卒よろしくお願いいたします。

 今回はここまで!!次回は未定です!!理由は溜まった写真が多すぎるから!!
ではノシ
 

投稿者 yoshinobori : 14:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日(月) とんでもない生きものが届いた!!

活動報告

 ovaを一気に見ようなんて・・・もう思わない齋藤(兄)です。
フゥミンいらずで寝不足です。

 今回は当大学の教授の方から「学内で落ちてたので持ってきたけど要ります?」と言われて
見てみると、とんでもないものだったので頂いてしまいました!!それがこちら!!

IMG_1841.JPG 横幅はおおよそ15cmといったところでしょうか?
かなーり大きなガです!!まずは名前から申し上げますとヤママユという名前で
有名なところで言えばお蚕様の仲間です。他にも、かの有名な大怪獣モスラのモデルとなった
天然記念物であるヨナグニサンの親戚でもあります。あと余談ですが私が大好きなガである
オオミズアオの親戚でもまたあります。大きなガの一族なのですね!!

 名前の通り山や雑木林のようなところで暮らし、蛹になる際には
蚕と同様に繭を作ります。この繭は爽やかな黄緑色で中々にキレイな繭で冬になると
道端に落っこってる時があります。

 漢字にすると野蚕と書き、まさに野生の蚕というわけですね!
ちなみに普通の蚕は野生下では生きられません。

 このヤママユは死骸でしたが状態が極めて良かったので標本にしようと試みましたが
既にカチカチになっていたため、翼を広げるのは諦めてそのままの状態にしました。
これはこれで・・・。

 あとは細かい処理を行って完成の予定!!完成した後は当センターで展示致しますので
興味がある方は是非一度お立ち寄りください!!ヽ(´▽`)/

 今回はここまで!!次回は飼育日記です。なんと我が家のヒキガエルに!!という話ノシでは

投稿者 yoshinobori : 16:27 | コメント (0) | トラックバック (0)