活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2015年10月27日(火) これは知らなかった!!アメンボの意外な特徴!!

活動報告

 最近は寒い朝が続き、冬の訪れを実感させられます・・・(´・ω・`)さみぃ。
そんな日はこたつに限る・・・齋藤(兄)です。

 今回は和光大学・かわ道楽さんの活動で見つけたアメンボに意外な特徴を発見したので
報告に参上しました!!

 IMG_3597.JPG その前に飼育日記!我が家のガマたちです。大きいのは初代メンバーの岩。
そして今回新たに我が家に来ていただいた子ガマが2匹。
2匹とも持っても鳴かないので恐らくメスです。

 ケースに入れるやさっそく岩の周りに集まる妹分たち(´∀`)
名前は2匹とも砂です。我が家の生きものたちは名前を統一しています。
一番小さいサイズの砂から始まり、大きくなるに連れて石に変わり最大サイズだろうと
なると岩になります。出世魚のようなものです(´・ω・`)

 新たな砂ちゃんズ!!よろしくナス!!(´∀`)

ナミアメンボ.JPG 話を戻して問題のアメンボがこちら。図鑑で見る限り一般的なアメンボのナミアメンボと
思われますがよーく見ると羽が短い為に腹部が露出してしまっているアメンボが見えます。
実はこれもナミアメンボ。これは短翅型(もしくは微翅型)と呼ばれる読んで字のごとく羽根が
短くなっている個体のことを刺します。アメンボは池の水が干上がるか何かして水がなくなると
羽根を使って空を飛び新たな水辺へ移動します。

 ところが安定してずっと暮らせる環境にいると写真のように羽根の短いアメンボが
誕生するそうです。もちろん羽が短くなっているので飛ぶことはできません。

 具体的になぜこうなるのか?まではわかりませんでしたがこれは初耳学でした!!

 もう少し詳しく調べてみてまた何か分かりましたら随時報告させていただきます!!
新たなメンバーと新たな情報に満足して今回はここまで!!次回は未定です!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 14:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日(金) 飼育日記 ~赤ちゃんヤモリ、その後~

活動報告

 数年ぶりにカラオケに行きました齋藤(兄)です。
過去にカラオケにいった回数は両手で数え切れるくらいしか
ありません(実話)って言うと驚かれる。(´・ω・`)皆はよく行くの?

 あと私が歌うのは少し古いのが多く後輩から「空気読んでください」と
真面目に怒られて以来、大人数でのカラオケは控えています・・・。(´・ω・`;)

 今回カラオケは楽しかったなぁ(´∀`)
おかげで喉がやや痛みますが文章なので問題なし!!
今日紹介しますのは、当センターで飼育している赤ちゃんヤモリの様子です!
今年の5月にセンターで飼育中のニホンヤモリが卵を産み2ヶ月後の7月末に
無事2匹の赤ちゃんヤモリが誕生しました。

 詳細はこちらにて↓
http://www.ryuiki-wako.jp/news/1213.html

 あれから約3ヶ月。現状はこんな感じです(´・ω・`)
IMG_3514.JPG 私は大きくなったのか?という感じなのですが見に来て下さる方からは・・・
「大きくなりましたね!」というご意見を頂いております。
毎日見てるとわかりにくいですね・・・(´∀`;)
写真には1匹しか写っていませんが、2匹とも元気です。最初は2匹とも同じケースで
飼育してましたがエサを取る際にケンカするようになったので現在は別個で飼育しています。

 徐々に寒くなってきましたし、ここで爬虫類飼育の関門とも言える冬の管理!!
冬眠させるか否か・・・という話です。ヒーターを使ってもいいのですが冬場にエサの
確保が難しいし、エサのクモを食べるペースが落ちて・・・というより食べなくなりました。
このまま冬眠させてしまおうかと考えています。

 聞けば冬の間でも日光浴、水飲みには来るので飲み水が無くならないように気をつけながら
飼育していこうと思います。

 無事に冬を越してくれ!!という願いを込めて今回はここまで!!
次回は未定です!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 10:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日(木) 最近出会った生きもの ~続き~

活動報告

 何と!!最近、ニュースで名作「バックトゥザフューチャー2」で描かれている未来の2015年に行く!という話に時代が追いついた!というお話が。

 そうですか~。こういう物語であればそうなりますよね。
私もバックトゥザフューチャーは金曜日のロードショーでやっていれば流しで
見ていたくらいで詳しく話すことができませんが、当時としては凄いアイデア
だったろうなぁという印象です。

 未来は読んで字のごとく「未だ来ず」、来ないならこちらから出向きましょう。(´∀`)
前に進み、未だ見ぬステキな発見に遭遇するとしましょう!!

 今回は前回の続きです!紹介したい生きものが多かったので続編にしました!
中には虫かご越しで少し見にくいかもな画像もありますがどうかご容赦頂ければと思います。

 m(_ _)m

 それでは参りましょう!!場所は岡上周辺がメインです!いざぁ!!

IMG_3274.JPG まずはこちら!メタリックがキレイな小さいハチのような虫。調べてみると
チュウレンジバチっぽいですね。一瞬セイボウかな?と思ったのですが残念(´・ω・`)

 セイボウと違いこちらはハバチの仲間。彼らは名前から察しがつく通り植物を
食べるハチです。幼虫はスズメバチやアシナガバチのように巣の中におらず
蛾の幼虫のような格好で蛾の幼虫のように葉をパリパリ食べている姿が見られます。
私はよく幼虫を捕まえてヤモリのエサにしていました。来年も世話になるかな?

 IMG_3276.JPG 幼虫の話をしていたらお次は幼虫の写真!!
見るからにグロテクスなこの虫はスズメガの幼虫!恐らくセスジスズメかな?と思います。
頭には目玉のような模様を持ち、これで天敵を脅かします。
そして不思議なことに全身しているときはお尻の尻尾?が前後にムチを打つように
ピコピコ動きます。あの動きに何の意味があるのかはわかりません・・・。

 IMG_3293.JPG 溜池にウジャウジャいました。バックスイマー!マツモムシですね!
しかしよく見るマツモムシより小さいのでコマツモムシかな?(´・ω・`)

 マツモムシと言えば学校のプールにどこからともなく現れ、うっかり刺されて
悶絶する生徒が出るというアレです。

 今回のは小さいコマツモムシですが刺されたら痛いのだろうか?
小学校の時にプールで刺されて激痛に耐えかねて文字通り狂喜乱舞していた
クラスメイトを見ているので、小さくてもやはり触るのは怖い・・・(´・ω・`;)

 IMG_3301.JPG 虫が続きます!今度は秋の昆虫トンボ!!こちらも池で見つけました。
これはイトトンボですね!細かい種類までは分からず・・・(´・ω・`;)

 IMG_3306.JPG 今度はチョウ!ツマグロヒョウモンですかね?よくパンジーに集まるチョウです。
IMG_3298.JPG まだまだあります!今度はバッタ!!しかもショウリョウバッタモドキ!!
バッタ好きなら知らぬものなしと言っても過言ではない少しレアなバッタです。
ショウリョウバッタよりも小柄で足が短く、頭でっかちで飛んでもチキチキと
音を出しません。そして近づくと飛んで逃げず、体を細めて草の茎に擬態します。
私はクワガタ、カミキリほどバッタにお熱ではありませんがそれでも出会えると思わず
「お!?Σ(´・ω・`)」ってなるバッタです。今回はラッキーでした。

IMG_3300.JPG こちらはアメンボ!それもかなり大きいオオアメンボではないだろうか?
よく見かけるアメンボよりも倍以上大きく、群れで見かける印象がある彼らですが
こちらは単独で見かけることが多いような気がします。

IMG_3316.JPG 今度は川!!場所は平瀬川です。
この画像に2匹、ナマズが隠れています。見つけることができますか?(´・ω・`)フフフ
IMG_3331.JPG 寒くなってきていますが、外は生きものたちはで大賑わいでした!!
逆にこういう時期でないと見られない生きものというのもありますし
これからも時間を見つけて探しに行ってみたいと思います!!

 今回はここでお開き!!次回は飼育日記を予定!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 10:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日(火) 最近出会った生きもの

活動報告

 今年は秋が長いような気がしますね。その分冬が長引かないことを願います。

 齋藤(兄)です。

 今回は最近出会った生きものの紹介をしたいと思います。
IMG_2572.JPG まずは昆虫。キイロテントウです。羽化したばかりのテントウムシは黄色いですが
このテントウは元々黄色いので見間違うことがあります。
アブラムシでなく菌類を食べるテントウムシです。和光大学内で発見。
IMG_2729.JPG お次は野鳥です。ゴイサギに出会えました。最近高確率で出会える場所を見つけたのですが
今回は昼間に遭遇できました。基本は日が傾きはじめた頃に現れます。
IMG_2737.JPG お次は再び昆虫。クズの葉っぱを食べているこの虫は国宝の材料として知られるタマムシの仲間!!
その名もクズノチビタマムシ。見たまんまですね(´・ω・`)ヒネーレ

 クズの葉っぱを食べる大きさ3mmくらいの非常~に小さいタマムシです。
希少種というわけではありませんが、なにぶん小さいのでいても気づかない
ことがほとんどです。クズが鬱蒼とした場所であれば出会えることあるやもしれません。
IMG_3253.JPG 今度は爬虫類!!そしてヘビです!!
これはヒバカリ。噛まれるとその日ばかりの命になることから付いた名前ですが実際は
無毒で大人しいヘビです。アオダイショウやシマヘビなどと比べると2回り小さいくらいの
大きさですがこの子はかなり大きい個体でした。全身が褐色で首元に白い模様が見えます。

 IMG_3271.JPG まだまだ行きます!次はチャバネアオカメムシ。
見ての通り茶色い羽根に緑色のボディのよく見かけるカメムシです。
果樹園では害虫扱いされ、掴むとカメムシ特有の臭い匂いを放ちます。

 IMG_3279.JPG お次は背中にハート模様を背負ったカメムシ。
名前をエサキモンキツノカメムシ。(´・ω・`)長げぇ!!
探せば割とどこでも見られる印象です。テレビで度々取り上げられることがあります。
IMG_3289.JPG 今度はチョウ。ヒカゲチョウの仲間ですね。池の水でも飲みに来たのでしょうか?
普段は樹液の周りを忙しそうに飛び回っている印象です。 

 IMG_3290.JPG これが最後になりますかね?ハシボソガラスです。
畑や草原、墓地など開けた場所と少し木があるような場所によくいます。
都心部で見かけるのはクチバシが太いハシブトガラスになります。

 カラスは害鳥そしてその名を知らしめていますが調べてみるとものすごい能力を秘めた
鳥なので機会がありましたら調べてみることをオススメします!!

 実は出会った生きものはまだまだあるのですが長くなりそうなので今回はここまで!!
次回はこの続きか飼育日記を予定しております!!ではノシ

  

投稿者 yoshinobori : 16:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日(月) 飼育日記 ~11月近いけどまだ元気!爬虫類たち!編~

活動報告

 岡上に越してからというもの、夜、鶴見川の方からアオサギの声が聞こえる。
まるで誰かに気付いて欲しいかのように・・・誰もいない川辺で1羽ないている。
あの大きな体に似合わぬ物哀しい姿に惹かれるんだよなぁ・・・。
IMG_2732.JPG

 先日、町田でちゃらい系のお兄ちゃんに「忍者だ!」と呼ばれた齋藤(兄)です。
最近はお手伝いに行ってるnpoの方からも私が忍者っぽい人で名が通ってるらしく
知らない人から、もしや齋藤(兄)=サン?と聞かれます。
ちょっとした有名人(ある意味で・・・でしょうが)になって若干の戸惑いを隠せない。

 齋藤(兄)です。

 今回は我が家の爬虫類たちの様子を観察します。
シマヘビに代わり新たに加わったアオダイショウが
最近、隠れ家から出てくるようになりました。
IMG_3510.JPG わかりにくいですがケースの奥で蜷局巻いてます。
エサを与えたいのですが、この時期にエサをあげたら吐いてしまいそうな気がするので
与えようかスゴク悩ましい・・・やはりヒーターを買おうか・・・検討中です。
そういえば、まだ名前を決めていませんでした。どうしようかなぁ・・・?

IMG_2567.JPG お次はヤモリの八雲。こちらは気温が下がりつつある中よく動きます。
しかし、エサのクモを食べ残すことが多くなってきたので、そろそろ
エサの量を抑えていこうと・・・ん?・・・もしかして飽きてきてる?(´・ω・`;)
そんな気もしますね・・・。この時期では判断しにくいですが・・・。

 IMG_3505.JPG ここが八雲の指定席。基本的にここにいます。
ケースの蓋を開けると、ここから出てきてエサが来るのを待ちます。
最近ようやく引越し前の状態になりましたヽ(´▽`)/
 IMG_3511.JPG 最近はこんな姿勢を取るようになりました。
何と後ろ足だけでぶら下がっています。こんなこともできるんですね。(´・ω・`;)ワオ
しかし、こんな姿勢になってまで一体何を見ていたのでしょう?やはり餌ですかねぇ?
今日はクモ捕りに行ってきます。(´∀`)

 今回はここまで!!次回は最近出会った生きものを紹介します。
ではノシ

 


投稿者 yoshinobori : 14:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日(木) 自宅の蛇が入れ替わりました。

活動報告

 自宅で飼育中のシマヘビがこちらに慣れる気配がない上によく暴れるので
残念ですがもといた林に戻しました・・・。
野生の生きものですからこういうこともありますかね・・・(´・ω・`)仕方ないね。

 齋藤(兄)です。
これによりヘビの飼育ケースが空になり、片付けようかな?と思いきや
運命のいたずらが・・・。

 少し前に大学の某所でやや人だかり・・・そこは人気が多い場所でなく、何かイベントが
起きるような場所ではないハズなのですが、「何事かな」?と人だかりの中心に目を
やるとそこには何と小さなヘビの姿が!!?

 周りはおっかなそうにしており、これで駆除されるならと慣れた手つきでひょいと捕まえ
自宅に持ち帰りました。それがこちら↓
IMG_3264.JPG 大きさは35cmくらいの小さいヘビ。
アオダイショウの幼蛇ですね。蜷局を巻いた状態で直径約3~4cmと非常に小さいです。
子どもの頃はこのように毒蛇であるマムシっぽい模様をしています。
これにより外敵の目を欺いているんだとか。

 手に巻きつけてみますが噛んでくる様子もありません。アオダイショウは大人しい
ヘビですから、よほど手荒な扱いをしなければ大丈夫です。

 ちょうど自宅のケースが空いてしまっていたので、しばらく様子見で飼育してみます。
詳しい様子は後日紹介させていただきます!!

 次回はこの子の飼育日記か、クワガタたちの様子を見ます!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 14:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日(火) 数年ぶりの再会!!

活動報告

 ようやく新居にネットが繋がって一安心の齋藤(兄)です。
朝は寒さで目が覚める日々が続きます・・・(´・ω・`)寒すぎるのは辛いなサム・・・。

 今回は鶴見川に集まりつつあるコガモたちの様子を少しだけ覗きます。
場所は鶴川駅から程近い鶴見川大正橋!!いざぁ!!
IMG_3358.JPG まだ日本に来たばかりで色は黒っぽくオスメスの区別がつきません。
様々な冬鳥がやってくる中でもコガモは特に早く見かけます。

 そんなコガモの中に1羽だけ白っぽい子が・・・
IMG_3356.JPG 拡大。色が違うことを除けば大きさや仕草がそっくりですし
常にコガモと共に行動しているので、コガモの色違いではなかろうか?

 調べてみると「バフ変」という言葉が出てきました。
バフ変って何ぞ?これはアルビノ(色素欠乏)個体や黒化個体などと同じ
色素変異個体。つまりは色違いですね。レアポ〇モンというヤツです。

 そしてバフ変というのはクリーム色になることのようです。
とすれば、このコガモのバフ変個体ということですね!

 和光に通われる方は大正橋を通る際に探してみてはいかがでしょうか?

 そして我が家のクワガタたちですが幼虫が企画外の数が取れました!
とりあえずキープしたのはコクワガタ15頭、ノコギリクワガタが15頭。
ここから仕分けて20匹ずつで飼育する予定です!

 次回は未定です!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 15:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日(金) ついにこの時が来た。

活動報告

 あちこち回っての住所変更・・・終りが見えない感覚が辛いな・・・(´・ω・`)

 齋藤(兄)でござる(`・ω・´)!!

 そういえばこの語尾に「ござる」と付ける言葉。昔はお侍さんが使ったであろうこの言葉。
今ではサブカルチャーな場所で見かける気がしますね。

 今回は久しぶりに羽根の写真をご紹介!!公園や雑木林を歩いて見かけた羽根を拾い
ファイリングしていくこの企画!!

 今回は私が手に入れたいとずーっと言っていた羽根が手に入りました!!
それがこちら!!↓
IMG_3310.JPG この青い羽根!!ご存知カワセミの羽根です!!
池で魚捕りをしていたところ、カワセミがとまりそうな木に引っ掛かっていました。
通行人に話を伺うと「確かにこの木によくカワセミが来る」ということですので
概ね間違いなさそうです。(´・ω・`)b

 この羽根はカワセミの背中の部分の羽でしょう。写真を見てると・・・
aDSCN9990.jpg はい。ここですね!図鑑を見てみると翼の部分は思ったほど
青い色が少なく黒っぽい羽根のようですが、この羽根は当たりでした!
見ればカワセミ!と思えるキレイな水色です。

 カワセミウォッチャーの話ではこの時期は換羽期のようなので
このまま探索を続けて、上手くいけば尾羽が欲しいところです。

 IMG_3360.JPG コガモも着々と日本にやってきています!
今年は少し遅いかなぁ?という印象です。そして今年はこのコガモで紹介したい
ものがあるのですがそれは次回にしたいと思います!!

 今回はここまで!!次回はコガモとクワガタ飼育に触れたいと思います。
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 12:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日(火) 何者?突如現れたムシ。

活動報告

 そう、それは突然現れました・・・あ、どうも齋藤(兄)です☆⌒(*^-゜)v

 そうなんです。それは突然現れました(2回目)
和光大学のG棟3階から「ハチが出た!」と学生さんから知らせがあり
それはいかん!!とハチジェットと虫あみ片手に現場に直行すると
知らせにあったとおり、アシナガバチのような虫が数匹、廊下を優雅に飛んでいた!
これはいかん!と2匹ほど捕獲して見ると、これはこういう姿をしていました。

 それがこちら↓
IMG_3250.JPG これは・・・ハチではない・・・?アブかな?
アブは完全に専門外なので何者なのか見当もつきません・・・(´・ω・`)誰やねん・・・。
手元の図鑑ではアブのページが充実しておらず、ネットで探してみてもコレ!!という
虫に出会えず。2015年10月6日現在、分からずじまいです・・・(´・ω・`)面目ねえ。

 これ以降この虫は廊下に現れず、目立った被害報告もないのでひとまず安心ですが
一体何者でなぜあの日に廊下に数匹飛び回っていたのだろうか?
ひとまずこの虫の正体が分かれば何か分かりそうな気がします。多分・・・。

 もしこの虫ご存知の方、情報募集中です・・・(´・ω・`;)助けて~

 今回はここまで!!次回は羽根コレクター!ついに探していた羽根が手に入りました!
じっくり紹介していきたいと思います!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 16:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日(木) 飼育日記 ヤモリの様子

活動報告

 やっぱり雨が降りましたとさ(´・ω・`)サガだよSAGA・・・。

 齋藤(兄)です。

 昨日の晩、コガモの群れを確認し、Facebookではモズの写真もアップされていました。
いよいよ冬鳥たちがやってきましたね!そして外産昆虫の企画は間に合いそうにありません。

 企画すると、ことごとく雨が降るのでこれからはゲリラ的に行っていこうと思います。
お天道様を欺くにはこれしかなさそうです。全国の雨男の方々、うまい欺き方があり
ましたら是非ともお教えいただきたいと思う今日このごろです。(´・ω・`)ハァ・・・。

 話は変わりまして今回は前回申し上げましたヤモリの様子を見ます!!
おまけに蛇の様子も少しだけ覗いちゃいます!!
IMG_2760.JPG 越した直後は警戒していてエサのクモをあげても中々食べなくなってしまいました。
それでもあげれば次の日にはちゃんと食べてくれているようなのですが、以前のように
蓋を開けたら「ん?くれるの?」という感じで物陰からひょっこり顔を出すことは
なくなりました・・・

(´・ω・`)ちと寂しい・・・。

 新しい環境に少しずつ慣れていくのを待つのみです。
IMG_2762.JPG こちらはシマヘビ。これは当センターのでなく、新居で飼育している蛇です。
この子は大学の爬虫類マニアの後輩から譲ってもらいました。

 大きさは蜷局を巻いているので正確に分かりませんが40~50cmくらい?で幼蛇の頃の
模様がようやくなくなってきたくらいの大きさです。

 まだ新居の環境が整っていないので、ケース内の飼育環境は突貫工事で簡単に作った
ものなので今週末くらいにちゃんとした環境にしたいと思います。d(`・ω・´)

 IMG_2476.JPG ヒキガエルたちも絶賛元気です!
相変わらず置物のように動かないけど・・・。

 今週末はいよいよクワガタたちの幼虫を回収します。
今年は何匹の幼虫が出てくるやら楽しみです!

 今回はここまで!次回は来週になるかな?と思います。
 

投稿者 yoshinobori : 12:53 | コメント (0) | トラックバック (0)