活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2015年11月27日(金) ヒキガエル脱皮

 寒すぎて・・・寒い・・・それしか言葉が見つからない齋藤(兄)です。
あまりに寒いので、久しぶりにルリボシカミキリ(擬人化)を描きました・・・。
可愛いは正義・・・よく言ったものです。
るいるり.jpg さて今回は当センターで飼育しているヒキガエルが何と脱皮をしたのでご報告!!
脱皮と言われて浮かぶのは昆虫の羽化や爬虫類などが挙げられますが
両生類もします!!私は今年飼育したイモリが脱皮してるのを見て初めて
「両生類って脱皮するの!?」と驚いたものです。
同じ両生類であるヒキガエルも脱皮するんですねΦ(゚д゚ )ほうほう
IMG_3882.JPG▲古皮を食べるヒキガエル。
 
 その脱皮方法は、背中からパックリ古い皮が破れて手足を器用に動かして
古皮を脱ぐとそれをパクパクと食べてしまいます。
DSC08015.jpg イモリも古皮を食べます(↑過去写真)。両生類は皆古くなった皮を食べるんですかね?
ザリガニやカニも脱皮をするとカルシウムを得るために
脱皮殻を食べることがありますがそれに似たものなのでしょうか?

 脱皮直後は粘液?に覆われてツヤツヤしていましたが、時間が経つと
乾いていつもどおりになりました。

 脱皮して大きくなるのでしょうか?これからも観察を続けます!
なお、このヒキガエルは地域・流域共生センターで見ることができますので
宜しければ遊びに来てください!!今回はここまで!!次回は
我が家の蛇にエサやりの様子をご報告!!!ではノシ


 
 

投稿者 yoshinobori : 11:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日(木) 飼育日記 ~クワガタ飼育の現状~

活動報告

 IMG_3813.JPG水炊きを作ろうとしたら野菜の分量を間違えて野菜が主役のお鍋になってしまった
齋藤(兄)です。この時期はどうしても鍋物になってしまう・・・。

 今回は久々にクワガタの飼育状況をご紹介します。
現在、飼育中のクワガタはノコギリクワガタ、コクワガタ、オオクワガタの3種類に
なりました。

 オオクワガタは繁殖の予定はなく、ノコギリクワガタも越冬中だったのですが
最近、冬眠から覚めたのかスゴク活発に動き始めているのでとりあえず
多少動ける程度のビンミズゴケを敷いて様子を見てます。
するとケースの中をズンズン歩き回っています・・・。なんでなん?(´・ω・`)
変にあったかくはしてないしなぁ・・・。とりあえず様子を見ます。
無事に冬を越して繁殖できそうであれば来年の夏は嫁探しをします。

 コクワガタは幼虫のみで今回は7頭飼育中です。残りは里親を募集中。
メスが2頭とオスが5頭です。メス2頭は確定なのですが、オスの方は体重が1~2gと
小さい個体なため判別が出来ていませんのでもしかしたらメスはもう数匹+になるかもです。
さてさて、今年は何mmの個体が羽化するのでしょうか?(´∀`)

 今回の目標はメスが30mm代、オスは40mm代ですね。

 30mmのメスが欲しいですね~。今年はこちらの不手際で全滅させてしまったので
今回はリベンジです。30mm代のメスと野生の40mm以上で形のいいオスを手に入れて
カップリングさせることができれば理想のコクワガタが誕生する・・・!!とかだったなぁ・・・。

 IMG_3806.JPG 里親募集中の幼虫たち。クワガタ飼育のネックな所はここかなぁ・・・という気もします。

 来年は少し産卵数を抑えれる産卵セットを組みましょう(´・ω・`;)

 IMG_3807.JPG 奥の方に見えるのが期待のコクワガタたち。大きくなってくれ~!!ヽ(;▽;)ノ

 幼虫の写真は相変わらず作業に集中してしまって撮影忘れました・・・。
だらしねぇし・・・(´・ω・`;)わりぃ!

 様子を見るのは・・・2月くらいを予定しています。(´・ω・`)なげぇ・・・。

次回は最近、当ブログで人気?らしいヘビの様子を見ます!!今回は我が家で飼育中の
アオダイショウの幼蛇を紹介します。ではノシ

〇Facebookやってます!!いいね!コメントありがとうございます!!
https://www.facebook.com/tooru.saitou

〇ツイッターもやってます。出現率がやや低め。
https://twitter.com/benikamikiri

 

投稿者 yoshinobori : 15:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日(火) どうしてこうなった?

活動報告

 雨だ雨だというのに割と晴れ間で洗濯機を回す機械を逃す齋藤(兄)です。
加えて雨男な私なので、どうせ洗濯機を回せば雨が降るんだろ?って感じです。

 (´・ω・`)これも妖怪の仕業なのか八日・・・。

 今回はセンターで起きた珍事をご紹介します。
あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ・・・(´・ω・`;)

 私が朝、センターに来るとそれは突然でした。
IMG_3665.JPG みなさん・・・お分かりいただけますかねぇ?
何だか、あらぬ場所にヒキガエルがいるんですよ。
あまりにも自然にそこにいたので、気づくのに結構な時間がかかってしまいました。
IMG_3664.JPG 近づいてもう1枚。どうも出たはいいが降りられなくなってた様子なので
すぐさまケースの中へ戻しましたが、どうやって外へ出たのでしょう?
ヒキガエルはアマガエルやアオガエルと異なり、指先に吸盤はありません。
なのでガラスに張り付いて登ることはまず不可能!!
加えてデカイ図体な上、ウシガエルのような強靭な足を持つわけでないので
一飛びで!!というわけにもいかないハズですしケース内のディスプレイも出れるような
作りにはなっていないハズなのです・・・。
どうやって出てきちゃったんだろう?カエル同士でおんぶでもしたのか?

 何はともあれ何とも不思議な出来事でした・・・(´・ω・`;)
あれから同じ出来事は起きていません。

 これから寒くなるので彼らも少しは大人しくなってくれるかな?でないと困るんだが・・・。
今回はここまで!次回は久しぶりにクワガタ飼育の近況を紹介します!!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 15:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日(金) 我が家の魚たち。

活動報告

 最近、結露に悩む齋藤(兄)です。食器洗剤と水を混ぜたものを雑巾に染み込ませて
窓を拭いて対策しています。

 ハロウィン、ポッキーの日が終わり、秋のメインイベントらしいのが一段落した感じですかね?
私の近所ではクリスマスの飾りなどが売られ始めています。
クリスマスかぁ・・・今年はどうなるやら(´・ω・`)他人事・・・。

 今回は我が家の水槽の様子を見てみたいと思います(´∀`)
IMG_3653.JPG こちらが現在の水槽です。引越しに伴い60cm水槽から40cmを2つ置くようにしました。
片方は川魚でもう片方は昔ハマってた金魚をもう一度やっています。

 川魚はギンブナ、タモロコ、モツゴ、ドジョウが入ってます。
金魚はこれだ!という個体に出会えず、今のところはヒドジョウと丹頂がいます。

 今回の水槽の詳細は40cmの水槽に砂利、底面フィルターを採用しました。
水草は作り物です。底面フィルターは安くて濾過の力が強いのとエアーポンプを
使うので分岐させることで1つの電源で2つの水槽を賄える為、コンセントの穴
と少し電気代が節約できるので、こちらにしました。
 底面フィルターのデメリットはエアーポンプを使うことで出る音と砂利をまるごと
洗わねばならないというメンテナンスの面倒いこと。

 そこで音に関しては水心(2400円くらい)というポンプを採用しました。
これは私が学生時代から使わせてもらっているものでパワーもありながら
とにかく音が小さいです。
全く聞こえないわけにはいきませんが日常生活において、ほとんど気になりません。

 砂利の掃除は最近ペットショップに行くと砂利のゴミを取りながら水を抜くことができる
ポンプ(500円くらい)が売っているのでそちらを採用しました。
これで底面フィルターのデメリットを少しでも軽くしています。(´・ω・`)頼もしいぜ・・・。

 水草は見た目と魚たちの隠れ家のために入れました。本物の水草を入れてしまうと
ドジョウが水草を引っこ抜き、フナたちが水草をムシャムシャと食べてしまうため
作り物を入れています。

中には植物性のエサを与える目的で水草を入れる場合もあります。
IMG_3654.JPG こちらが丹頂。名前の通り丹頂鶴を思わせる
白い体に赤い頭が特徴です。他の金魚や錦鯉などでも白い体に赤い頭を持つ魚を
丹頂と呼びます。

 この子は売れ残りで安くなっていたのを購入。少し尾ひれが傷んでいましたが
顔つきが気にったので買いました。今のところは問題なく飼育できています。

 ヒドジョウはどんどん大きくなり、野生で捕れるドジョウと大差がなくなりました。
IMG_3659.JPG 2匹の内、より大きくなったヒドジョウ。本当に大きくなった。
IMG_3658.JPG こちらは川魚。金魚と違って野生の生きものなのでカメラを向けると
凄まじい速さで水草に隠れます。結構粘ったんですが拉致もあかないし魚に負担になる
と考えて断念しました。エサを食べる時だけ寄ってきますが食べ方も金魚と異なります。

 金魚はエサを撒くとその口をパクパクさせて撒いた所で食べますが
川魚たち(私の水槽のメンツ)では餌を1つ口に含むと草に隠れてそこで食べます。
さすが野生の子は食べ方が賢いなぁ・・・と思った次第です。
金魚は人に飼い慣らされている魚だから警戒心が緩いのやもしれません・・・。

 近々また金魚を求めてお店に行く予定ですb
理想は更紗琉金、デメキン、蘭鋳のどれかが欲しいとこですが
これだ!というのでなければならないので気長に探します。

 次回はガマがとうとう脱走!?というお話ですではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日(金) wagaya

投稿者 yoshinobori : 14:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日(月) 今日はお絵かきDA!

活動報告

 ドーモ、みなさん、金魚オジ=サンの齋藤(兄)です( ´人`)

 今回は少し趣向を変えてお絵かき回です!決して写真撮るのサボってたではありませんよ?
私のお絵かきは生きものの擬人化です。擬人化というのは鳥や昆虫などの生きものから車や
文房具など無機質なものまで人ではないモノを人っぽく表現して描くものです。

 きっかけは大学の後輩の女の子から「虫は気持ち悪い!」という話が出て
私が「可愛ければいいのだな?」と言いだしたのが始まりです。

 今回は当ブログで現在人気者(らしい?)アオダイショウたちを描いてみました。
まだ出来上がったばかりなので改善点だらけですが現状こんな感じです。
へびず.jpg 長い胴体はマフラーにしてみました。(由来は妖怪ウォッチ)
まだ改善したい箇所があるので、時間を見つけて修正していきたいと思います。

 今回はここまで!次回は我が家の水槽を覗いてみたいと思います。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 11:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日(水) 今度こそ!!ジムグリにご対面!!

活動報告

 最近、このブログがヘビorカエル特集になってないか?と思い始めている齋藤(兄)です。
飼い始めてみると面白いのでついね・・・(´・ω・`)

 そして今回もヘビのお話!!以前にジムグリの幼蛇捕った!!と書いたら
「これシマヘビの幼蛇だよ。」と赤っ恥をかいてしまいました(´∀`)お恥ずかしや・・・。

 また和光大学の爬虫類大好きな学生が「今度こそジムグリです!」と
持ってきてくださいました!!それがこちら!!
IMG_3590.JPG 赤地に黒のまだら模様に真っ黒のクリクリした目。
これは間違いなくジムグリでしょう!とてもシマヘビには見えません!!
こうして見ると頭と胴体の境界が分からないくらい首が太いですね。

 大きさは伸ばした状態で60cm近くはありそうで、体の模様もやや薄いように思えます。
もう少ししたら模様がなくなリそうです。

 この子は捕まえた学生さんが飼育するということでした。聞くとアオダイショウや
シマヘビに比べてクセが強く、飼育は難しい部類に入るそうです。

 ジムグリ飼育が上手くいくようにお祈りしまして今回はここまで!!
次回は・・・未定です・・・。写真の整理がおっつかない!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 15:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日(日) 最近出会った生きもの ~秋の夜長編~

活動報告

 さみぃ・・・(´・ω・`)
この一言に尽きます・・・。齋藤(兄)です。
いよいよ11月に入りましたね!!学校は学祭シーズン!!
楽しい時間を過ごされている学生さん!!はしゃぎ過ぎてケガなどしませんように!!

 今回、私と同じく岡上に住む知り合いと秋の夜長に散歩をした際に
公園の方から「チン!チン!」と小さな音が聞こえてきたので

 これはもしや!?(´・ω・`)

 と思いあたりを探したら見つけました。
IMG_3578.JPG 名前をカネタタキ。名前の通り、「チン!チン!」と金属を叩いたような音で鳴きます。
ところが写真の個体は羽根を持たないので、これはメスですね。
どこかにオスがいたのでしょう。探してみましたが見つかりませんでした。
人家の近くの公園などに棲み、都会じみた場所でもよく見られます。

 よく人の家に入り込むこともあり、外で聴く分には小さくとも、家の中で鳴かれると
結構耳障りなようです・・・。

 飼育は簡単なようでエサはドッグフードや金魚のエサなんかをあげるといいみたいです。
野生下では一体何を食べているのでしょうか?気になります・・・(´・ω・`)。

 繁殖が容易ならヤモリの餌になるか!?
・・・とも考えましたがオスの鳴き声を考えると・・・(´・ω・`)ねぇ?

投稿者 yoshinobori : 18:10 | コメント (0) | トラックバック (0)