活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2016年1月29日(金) 今年も会えました。

活動報告

 家事のノウハウは「椿〇ん」という漫画で取得しました齋藤(兄)です。
流石に天井から落ちては来ませんけどね・・・。

 今回は昨年運命的な出会いをした大きなタヌキに会うことができましたので
ご報告いたします!!
IMG_5241.JPG 写真では分かりにくいですが相変わらずデケェ・・・。
昨年の今頃、岡上某所で偶然鉢合わせる感じで出会い、人を警戒することもなく
私がカメラを構えても逃げるどころかぼーっとコチラを見つめるばかりの大きなタヌキ。
IMG_5250.JPG 決まったコースを歩くのか似たような場所で見かけるので、ちょくちょく見かけるの
ですがカメラに収めようとするとこちらに気づかずに見切れてどっか行ってしまい
撮影に至らないことが多かったのですが今年の一発目にようやく収めることができました。
IMG_5254.JPG タヌキと言えば化けることで有名ですが、狐も化けると言われていますね。

 「狐七化け狸八化け」という言葉があります通りタヌキはキツネよりも化けるのが
上手なようです。しかしながら狐は人を誘惑するために美女に化けるのが大層上手
なんだとか、タヌキは化けるのが好きで人を驚かせて喜ぶそうです。

 しかし、調べを進めてみると、この「狐七化け狸八化け」という言葉には続きがあるようで
狸の後ろに何と「貂九化け」が存在するというから驚き!

 つまり「狐七化け、狸八化け、貂九化け」というわけですね。

 何と貂(テン)の方が狐や狸を上回って化けるのに長けているという!!
本当に!?(´・ω・`;)全然イメージわかないです・・・。 
テンという動物は実際にいますがこれは調べてみた限りテンよりもイタチ
を指しているようです。

 そういえばテンなのに九なんですね・・・(´・ω・`)おしい!

イタチですか・・・場所は抑えたのに未だにタイミングよく会うことができず
撮れていないので雨が上がったらリベンジに行きたいと思います!

 今回は可愛くもどこかヌシのようなオーラがある大狸に再び会うことができました!!
必ずイタチを撮ってみせる!と意思表示をしたところで今回はここまで!!

 次回は未定です!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 10:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日(水) わかっちゃいても気味が悪い・・・。

活動報告

 いよいよ洗濯機の蛇口が凍りつき、洗濯物が溜まる一方の齋藤(兄)です。
コインランドリーに行くかな・・・(´・ω・`)

 今回は我が家で飼育中の金魚をご紹介します。
私のお気に入りの更紗(赤白模様)の琉金が最近奇々怪々な寝方をするのです。
IMG_5236.JPG 死んでるみたいだろ・・・眠ってるんだぜ、これ・・・。(´・ω・`)カッチャン・・・。

 毎晩、完全に裏返った姿勢でじっとしてるので非常に心臓に悪い・・・。
この現象はそれなりに金魚を飼ってきて何度か経験があるのですが
いかんせん慣れない・・・・。

 恐らく転覆病に近いのかなぁ・・・気温の変化があるとか食べ過ぎると起こります。
特に琉金のような丸っこい体型の金魚によく見られるもので直接死ぬことはなくても
水面に浮いちゃうと、お腹が空気に触れてしまい体調を崩す場合があります。

 でも浮いてないのでまた別ものなのかもしれません。明るいうちは普通に泳ぐので
とりあえずは様子を見ながら飼育していきたいと思います。

 今回はここまで!!次回は何にしようか検討中!!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 16:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日(月) 久しぶりのクワガタ日和。

活動報告

 ドーモ、皆さん・・・齋藤(兄)です。(´・ω・`)

 私が見ている天気予報のサイトで今日の夜の気温はマイナス1°と出ていました。
これは麻生区でバナナで釘を打てる日が来るのはそう遠くはないのかもしれません。

 寒い日が続きますが我が家の生きものたちは元気です!!
IMG_5227.JPG まずはヒキガエル!!寒い時はシェルターの中で寝ている彼らですが、昼間で暖かくなると
たまにこのように出てきてくれます。そういえば早いものでもうすぐ2月になりますね。
そろそろ彼らも恋の季節!!飼育下においても彼らは卵を産むのでしょうか?
我が家はオスメスが揃っているのでもしかしたら産むかもですね。

 IMG_5230.JPG こちらは久しぶりの登場になりますクワガタです。
クワガタ飼育は「過保護にならないこと」と言われていますが、飼い始めた頃は
気になってしまいついついビンを見てしまうことが多々ありましたが、最近は
完全にほったらかしてます。飼育に関心が無くなったわけではありませんよ?

 岡上に越して料理やら家事やらやるようになったことでクワガタに構う
時間が割けたのが原因です・・・。

 IMG_5229.JPG まずはノコギリクワガタ!大きさは小さいです。寒さでエサをあまり食べていない様子。
 羽化するのは早くて春後半、遅くて夏の終わり頃・・・になりそうです。
IMG_5231.JPG 最後はコクワガタ!!全部で6頭いて、こちらは全員姿は見えず。
夢の50mmは今年は出てくるか!?恐らくは小さめが羽化するのかな?と
思っております。オスは45mmクラス、メスは30mmが出てきてくれれば理想です。

 夢の50mmを目指して今回はここまで!!次回は未定です!!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 15:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日(木) キャストオフ!!

活動報告

 最近は寒い朝に悩む齋藤(兄)です。恐らく近所につまらないダジャレばかり言う
人間がいるに違いないと疑ってやまない日々を送っておりますがいかがお過ごしでしょうか?

 さて今回は本日!当センターで何とサワガニが脱皮を始めたのでご報告!!
IMG_5220.JPG 朝はいつもどおり隠れ家にじっとしていて変わりなかったのですが
お昼休みの時間にいきなりおっぱじめるので私は思わず「おぉ・・!Σ(´・ω・`;)」と
声を出してしまいました。カニの脱皮を見るのは久しいです。

 エビやカニなど甲殻類の飼育で怖いのは脱皮に失敗して死んでしまう事故!
安心して脱皮ができる環境を作ってあげることが大事なのですが
それでも死んでしまうことがあるので脱皮中は本当に緊張します・・・!!

 見てる限り割とスムーズに出てきているようなので、これは大丈夫かな?
それでも腕が引っかかって取れてしまう場合もあるのでまだまだ油断なりません!
IMG_5221.JPG 10分しないくらいで無事に脱皮が終了しました。(゚∀゚;)フヒー
体が元々大きい方なので成長して大きくなっている雰囲気はないですね。
何はともあれ一安心ですが身体が固まるまで安静にしてもらいます。
IMG_5222.JPG こちらが今回キャストオフした脱皮殻になります。どのカニ、エビにも言えることですが
本当にキレイに脱ぎますよね。(´・ω・`)まるでル〇ン三世!

 この後も様子を見て観察を続けます!!ということで今回はここまで!!
次回こそクワガタを見たいと思います・・・。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 16:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日(月) 無事に生還・・・。

活動報告

 ここ最近、鶴見川中を飛び回っていて更新が遅れました・・・。
まさか10日も空けてしまうとは・・・面目次第もありません・・・(´・ω・`;)

 鶴見川以外にも私は親戚のお誘いで「三井アウトレットパーク」という色んなお買い物が出来る
ところに行ってきました!!

 見渡す限りオシャレなお店が盛りだくさんでメインのお出かけスポットが
ホームセンター、本屋、肉の〇ナマサの私にとってはまるで別世界にいるかのよう(汗)

 大体、お店を見て回ったあと、どこからともなく磯の香りがしたのでつられるように
その香りを辿っていくと・・・。
IMG_5025.JPG コーヒーやケーキの香りが立ち込めるオシャレな店が並ぶ場所とは打って変わって広い
原っぱとどこまでも広がる青い空に微かに鼻をくすぐる磯の香り。

 私好みの環境だ・・・久しくたぎってきたぜ!(´・ω・`+)キュピーン

 帰りのバスの時間まで時間があったので、しばし探索開始!!鶴見川を離れても
探究心を忘れない!!見知らぬフィールドなら尚のこと!

 さっそく辺りを探索すると・・・
IMG_5009.JPG 第一野鳥発見!!まずはモズと遭遇!!

 冬に見られる鳥で、スズメより一回り大きいくらいの可愛らしい鳥ですが
縄張り意識が強いか性格は攻撃的で、自分より大きな相手でも果敢に立ち向かう
タフな鳥でもあります。エサは虫やトカゲ、ネズミといった肉食で時には自分より
大きいヘビも獲物にしてしまうから驚き。

 この子を撮影中、いきなり飛び立ったかと思えば藪に消え、早速自分より大きい
鳥を追いかけだしました。恐ろしい気の荒さ・・・(´・ω・`;)

 後を追いかけて見るとモズにけしかられたのはこの子でした。

IMG_5024.JPG 冬鳥の定番(個人的な見解です・・・)ツグミです。

 ツグミは開けた草っぱらを好むので今回のような場所はツグミにとってうってつけです。
他にも公園や河川敷などで背筋を伸ばして立つ姿を見ることができます。

 IMG_5046.JPG しばらく磯の香りのする方へ歩くと目の前に広がる海とドえらい数の水鳥たち!!
今までこれだけの数の水鳥を見る機会があったろうか?と思える程!
IMG_5045.JPG 少し拡大して撮影。「ウォ〇リーを探せ」を思い出しました。(´・ω・`;)すげぇ
見た限りキンクロハジロがメインでちょいちょい別のカモ類やサギが見れます。

IMG_5029.JPG まずはオオバン。鶴見川では中流~下流を中心に多く見られる水鳥ですが
ここではチラホラ見られる程度でした。圧倒的にキンクロが多すぎる・・・。
IMG_5030.JPG 次はカモ類。ヒドリガモ(手前)とマガモ(奥)です。

 こちらも鶴見川ではよく見られる冬鳥です。マガモは和光大学周辺でも見られますが
ヒドリガモはオオバン同様に鶴見川では中流より下流でないと見かけない印象です。
鶴見川の上流は浅い場所が多いので、もしかしたら水位が関係しているのカモ・・・?

 IMG_5062.JPG お次もカモ!今度はコガモでしょうか?鶴見川では上流に多く見られ
逆に下流ではほとんど見かけないので海にいるコガモというのはスゴク違和感があります。
もしかしたらコガモに似た別種なのカモしれない・・・。(´・ω・`;)ゴゴゴゴ

 IMG_5073.JPG しばらくカモが続きます。本当にいっぱいいるなぁ・・・(´・ω・`;)

 こちらはホシハジロ。鶴見川では下流域か深さのある池なんかで見かけます。
キンクロハジロに紛れてチラチラ見かける印象があり、ホシハジロが単体でいる
様子を見たことがありません。たまたまかもしれませんが・・・。

 IMG_5078.JPG こちらは鶴見川では馴染みが薄いカモです。
オカヨシガモではないか?と思います。鶴見川では1度だけ上流で見たことがあります。
カモの仲間のオスの多くは華やかな模様を持ちますが、オカヨシガモのオスは他のオスに
比べてあまり派手さはありません。この子はオスですね。
 IMG_5070.JPG ようやくカモから外れます。当ブログの野鳥部門ではお馴染みのアオサギです。
この鳥は川や池、湖など広い水場であれば出会う機会は多い鳥ですねぇ。

 IMG_5036.JPG 最後はキンクロハジロ!!・・・と思ったのですが地元の方から
「これキンクロじゃないよww」と言われて驚愕しました。

 何とぉおΣ(´・ω・`;)ぉおー!?

 この子の名前はスズガモ。キンクロに似てますが頭に冠羽(アホ毛)がなく
背中にチリメン模様があることで見分けるそうです。海に近い河川や湖に集まります。
一斉に飛び立つ時に鈴の音のような羽音を立てることが由来のようです。

 写真はオスで奥にいる口元が白いのがメスだそうです。
比べてみないと分かりにくいですね。
DSCN2316gr.jpgちなみにこちらがキンクロハジロです。言われてみれば確かに
くせっ毛のような頭とか背中に違いが出てますね。
これは初めてみたのでは分かりにくい・・・(´・ω・`;)奥が深いぜ!

 鈴の音のような羽音とやらを是非聞いてみたい!と待っていましたが
残念なことにバスの集合時間が来てしまい名残惜しいですが高速バス乗り場へ
戻りました。今回は初めてのスズガモを観察することができました!

いつか鶴見川でも見れたらいいなぁ・・・。

 今回はここまで!次回はこの雪で身動きが取れないので天候を見ながら
更新してまいります!!ではノシ 

投稿者 yoshinobori : 14:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日(金) 見つけた!!冬に見つかる昆虫!!

活動報告

 前回、次回は飼育日記にするかな。と言っていたのですが突如ですよ!
思わぬ出会いがあったのでご報告します!!恐縮です!齋藤(兄)です!!

 今回紹介するのは私、齋藤(兄)がこの冬に会いたいと思っていた
フユシャクという昆虫です!!まずは写真の方をご覧頂きたいと思います。

 どうぞ(∩´。•ω•)⊃ドゾー
IMG_4752.JPG こちらがフユシャクです!存じている方は
アレだ!アレだ!と言われていることと存じますが・・・(´・ω・`;)
これは何の仲間か分かりますか?

 大きさは1cmくらいで触った感じは小さいので分かりにくいですが
モコモコというかフワっとしています。

 細い足が6本で羽らしいものはありません。もちろん空も飛びませんし
バッタのように飛び跳ねることもありません。

 IMG_4734.JPG これは発見した直後の写真。普段はこんな感じで塀などの高めのところでじっとしています。
正解はなんと蛾(が)の仲間!!この子はメスでメスは羽根を持ちません。
オスは羽根を持ち、空を飛びます。

 メスは高いところからフェロモンを放ち、それに寄ってきたオスと結ばれます。
その後、卵を産んで一生を終えます。

 メスが羽を持たないのは外敵に狙われないように隠れるためなのではないでしょうか?
上の写真を見ても保護色になっていますし、まったく動きません。

 話に聞いていて是非見たい!と思っていた虫だったので、大満足でした!!
オスの写真も撮ったハズなのですが、ウカツにも紛失してしまいました・・・。

 見つかり次第ご紹介したいと思います!!
今回はここまで!!次回は来週あたりに参上します!!
クワガタ幼虫の様子を見たいと思います!!ではノシ
 

投稿者 yoshinobori : 16:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日(火) 今度は森の中だ! 新年岡上探索!!

活動報告

 朝の眠けに打ち勝つ術が欲しい齋藤(兄)です。
前回は運が味方してくれず、イタチの撮影に至ることができませんでした・・・。

 今回は場所を変えまして岡上の雑木林の中を駆け巡って行きたい思います。
目標は冬鳥を中心に猛禽類とそろそろツグミあたりを撮りたいところです!

 それでは参ります!!いざぁ!
IMG_4657.JPG この時期、岡上の雑木林はこんな感じ。
ほとんどの緑は枯れ落ちています。ところがコナラの葉っぱは枯れているのに
未だに木についたままです。聞いた話では実は常緑樹の親戚なので葉っぱが
残るんだとか・・・。言われてみれば、確かに思い当たる部分があります。

 IMG_4662.JPG お次はオレンジ色の実がキレイなカラスウリです!!
聞けば食べることが出来るそうですが、どんな味なんだろう?
ウリというくらいですから味らしい味はなさそうですね・・・(´・ω・`)

 IMG_4687.JPG お次は野鳥のカワラヒワです。数ある野鳥の中でも指折りの美しい羽根を持っています。
名前の通り川原で多く見かける他、雑木林でも見かけます。
スズメとほぼ同じ大きさな上、集団で動くため、遠めだとスズメと間違いがちですが
飛んだ時に美しい黄色の模様が目立つので区別できます。

IMG_4710.JPG この場でも5~7羽くらいが忙しく飛び回っていました。

 今回はカワラヒワを撮れたのが嬉しかったですね。
この調子で色んな鳥に出会いたいものです!!

 今回はここまで!!次回は飼育日記にしたいと思います!!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 15:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日(月) 新年になりました!(・ω・)

活動報告

 どうも皆さま、お久しぶりです。齋藤(兄)です。
遅まきながら・・・明けましておめでとうございます!m(_ _)m

 2016年も何卒よろしく願い致します。
昨年は魚類、昆虫に留まらず、爬虫類や両性類の飼育にも
挑戦しました。ここではあまり紹介できていませんが料理も
するようになりました。やりたいことがありすぎて目まぐるしい日々を
送ってまいりました・・・。

 2016年は果たしてどんな出会いをもたらしてくれるのか楽しみであります!
当ブログを見てくださっている皆さまにもその感動をお伝えできますよう
精進してまいりますのでお付き合いいただければと思います!!

 それでは新年一発目の今日は猛禽類&イタチを求めて鶴見川探索です!!
コースは和光大学の通学路にもなっている大正橋周辺です!!

 いざぁ!!

IMG_4634.JPG トップバッターはイソシギからスタート!
一年中見られる留鳥で、お尻を上下にヒョコヒョコ動かす仕草が愛らしい水鳥です。
IMG_4639.JPG お次はバンの番!うす茶色なのでまだ若い個体のようです。
今までは黒くて嘴の赤い成鳥がいたのですが、その子どもでしょうか?
大正橋では度々見かけますが、なぜか毎回1羽のみで登場します。
他の家族はどこに行ったのでしょうか?バンは家族で群れを作るので
もしかしたら近くにいるのかもしれません。

IMG_4641.JPG バンの近くにコガモも見られました。
写真はペアですね。5月くらいまで日本に滞在して暖かくなったらシベリアへ帰ります。
鳴き声はホイッスルのようで可愛らしいです。

 この日見られたのはこれくらいでした・・・。
カワセミやサギも見られるかなぁと思ったのですが今回は寒さのせいか
あまり種類は見られませんでした。

 写真がないので言い訳になってしまいますがイタチいたんす!!
テンションが上がってしまったせいでカメラを構えることができず
逃げられてしまいました・・・。

 場所を抑えたので近いうちアタックしてみたいと思います!!
最後は年賀はがき用に書いた擬人化イラストで締めたいと思います。
申年ということでモンキーではなく、モンキチョウを描きました。

 それでは皆さま今年もよろしくお願いいたします!!ではノシ

申.jpg


 

投稿者 yoshinobori : 14:28 | コメント (0) | トラックバック (0)