活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

参上!鶴見川!!

2016年10月27日(木)|活動報告

 最近、夜中に起きることがなくなってきたのですが今度は寝すぎて起きたい時間に
起きれなくなってしまっている齋藤(兄)です・・・(´・ω・`;)困ったのぅ・・・。

 今回は鶴見川に赴きました!!場所は中流部で魚捕りを行います!!いざぁ!

 IMG_9230.JPG 先に記載したとおり、今回は鶴見川の中流部で行いました。
正確には中流と下流の間くらいで海水の影響も受けます。
そのため、海で見られる魚や生きものを見ることができるポイントです。

 狙いはハゼ類、エビ類。そしてさらに今回は和光大学・かわ道楽の学生さんにも
ご協力頂き万全の体制で挑みました!!

 IMG_9228.JPG 早速捕れましたのはカニ!名前はモクズガニですね。
大きさは甲羅の直径で1cmより少し大きいくらいですが大きくなると大人の
拳くらいになる大きなカニです。特徴はなんといっても名前の由来になっている
ハサミに生えた毛・・・の、ハズでしたがこの子は小さいのでまだ毛は生えていません。

IMG_9226.JPG お次はお目当てのハゼが捕れました!容器のせいでわかりにくいですが
ヌマチチブです。ダボハゼという呼び名で有名。ダボとは「おバカさん」という意味。
その由来は釣り針に餌がなくても食べる。釣られてリリースしてもまた同じ針にかかる。
飼育においては水槽に入れて日が浅いのに人工餌(市販されてるエサ)に驚異の
スピードで慣れる。捕まえて持ち帰る際、ヌマチチブと他にメダカやエビなんか一緒に
入れて持ち帰って蓋を開けるとヌマチチブだけになっていたりと、とにかく食い意地が
張っている為?な気がします・・・。

 そのため、すぐ人に慣れるので飼育難易度は低い印象がありますが
非常に攻撃的な性格なので飼育する際は単独で飼育するのが無難です。
IMG_9227.JPG お次はテナガエビ!!お目当てのエビが見つかりました!
カワエビの唐揚げといえばこのエビです。名前のとおり手が長いですが長いのは
オスでメスはそこまで長くありません。

 今回捕れたのはこの3種でした。潮が上がって水位が高く行けるエリアが限られたことや
寒くなってきているのも要因やもしれませんが、それでもこれだけの生きものに会えました。
今回強力してくれたかわ道楽の学生さん!ありがとうございました!!

 今回はここまで!次回は飼育日記かなぁ?とあやふやな感じです・・・。ではノシ

投稿者 yoshinobori : 15:15
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント