活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

こ・・・これは!!?

2016年11月 2日(水)|活動報告

 最近、暖房が欠かせなくなってきました・・・。早いもので11月です!
もうすぐ年末ですね!なんだかあっという間だったような・・・な1年だったか?
という印象です。残り2ヶ月、楽しんでまいりたい!そう思う次第です。(´・ω・`)

 齋藤(兄)です。

 飼育日記にしようか?と思ったのですが面白い生きものを見つけたので
そちらを紹介したいと思います!!

 IMG_9212.JPG こちら、ハラビロカマキリです。何が面白いのかというと、それは「色」!!
オオカマキリやチョウセンカマキリでは緑の個体と茶色の個体がいます。
ところがハラビロカマキリでは緑個体は多く見かけるのですが茶色い個体はあまり
見かけません。もしかしたら場所によって見かける頻度が変わるかもですが
少なくとも私の周りでは滅多に見ません。

 ネットで簡単に調べてみると「伝説」とか「超レア」と呼ばれており
やはり珍しい虫ではあるようです。(´・ω・`)すげぇ

 逆に茶色個体が多いコカマキリの緑個体も滅多に見ません。
緑のコカマキリはモリカマキリなんて呼ばれて珍しがられているみたいです。
私の近所ではいっぱいモリカマキリいたのですが、最近は見ないですね・・・。

 オオカマキリやチョウセンカマキリでは両方よく見るのに
なぜハラビロカマキリやコカマキリでは、片方ばかりが目立ち
片方の色は珍しいのでしょう?

 この文章を書きながら考えてみました。

 カマキリのあの色は保護色、すなわち周りの環境の色に合わせた色になっています。
緑が多い環境なら緑の個体は同じ緑色に隠れて天敵の目を欺き生き残ることができます。
逆もまた然りです。
 もしハラビロカマキリが緑が多い場所を好んで棲む虫なら
茶色の個体は目立ってしまい生まれにくくなるかも?

 それともハラビロカマキリが見られる時期が枯れた葉っぱの多い時期
と重ならない為に茶色の個体はお呼びでないせいかも・・・しれない。

 探してみればその辺を調べている論文なりサイトや本がありそうですね。
時間があれば探してみたいものです!!

 あと思いつくのはこちらもレアなバッタと名高いショウリョウバッタモドキ。
この茶色い個体って見ませんね。これについても調べてみたいです!

 紹介するはずが自ら課題を生んだところでここまで!次回は
我が家のヤモリ飼育状況をご紹介する予定です!!ではノシ

  

投稿者 yoshinobori : 15:26
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント