活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2016年12月29日(木) 今年ももう終わります(´・ω・`)

活動報告

コントジボワール・・・じゃなかった(´・ω・`)

 今年も終わりますね!早かったような、長かったような・・・。
毎年、そんなことを言っている齋藤(兄)です。

 今年最後の更新ということで色々と振り返ってみたいと思う今日このごろでございますが
まずは更新回数が激減してしまったことは自分の中でも反省しております・・・(´・ω・`;)
実家を出て岡上に引っ越して生活リズムが上手く掴めず中々写真を取りに行く時間と
家事をする時間のコントロールが上手くできなかったのが要因の1つかなぁと思っております。
現在は年末は実家で過ごすので、この記事を書き終えたらまた写真を撮りだめに鶴見川の
各所に出没する予定ですので、そこで巻き返しができたらと思っております!!

 飼育日記も撮りだめ中ですが、少しだけお話しますとオオクワガタの幼虫が
今年はメスの比率が多いように思います。前回はオスの70mm超え祭りでしたが
今回はメス祭りになりそうな予感がしております。ヽ(´▽`)/

 そしてチョクチョクですがクワガタの下見を少しずつ準備を進めております!!
今年も多くの情報を入手したのでそれを頼りにまだ見ぬ新種を見つけてみたいと思います!

 そして爬虫類たちはこの時期もあってか全く仕事をしません!ヘビは寝床で丸くなり
ヤモリも巣穴に篭もりっきりです・・・。仕方ないね(´・ω・`;)

 最近、次回予告に信憑性が失われつつあるので、あまりアレコレいうのが恐縮ですが
予定では1月の頭に参上したいと思う次第です!目標としましては1月の第一週内には
出てこれるんじゃあないかな?と思っております!!

 文章ばかりで申し訳ないので最近撮ったカワセミで締めくくりたいと思います!
IMG_0047.JPG 最近、虫捕りばかりしてるせいか川沿いを歩いた際のカワセミを見かける機会が減った気がします・・・。
目が鈍ったかなぁ?また精進せねば・・・!

 それでは長くなってしまいましたが、風邪などに気をつけて新年をお迎えください!
良いお年を!!(´・ω・`)ノシ

投稿者 yoshinobori : 14:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日(火) カブトムシ幼虫飼育 経過報告

活動報告

 最近、寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
私の周りではインフルエンザが流行っておりますが皆様もどうか体調管理には
十分にお気をつけください!

 今回はカブトムシの幼虫の様子を見てみたいと思います!
今年の夏に当フォーラムにて展示、飼育していたカブトムシが無事に卵を産みました。

 卵が孵化するまで風通しの良い静かなところに置いておいたのですが
最近忙しいこともあって全く様子を見ることができていませんでした・・・。

 しばらくぶりに覗いてみると表面にはスイカの種ぐらいの大きさの糞がチラホラ
どうやら卵は孵っていたようです。

 少し掘り返してみると・・・

IMG_0076.JPG 当たり~(´・ω・`)♫
軽く掘って6匹出てきました。まだ小さいのでここから腐葉土を足して
さらにほったらかします。

 1週間くらいを目安に覗いて表面に糞が出てくるようならまた交換します。
今回も立派なカブトムシになることを願って今回はここまで!次回は
我が家の生きものたちを紹介します!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日(火) 初確認!!百舌の早贄!!

活動報告

 いつも50円玉と100円玉の策略に引っかかる齋藤(兄)です。
あった!と思ったら100円玉でないというね・・・。

 今回は、竹林で竹きり作業中にスゴイものを一緒に作業していた後輩が発見しました!
IMG_0069.JPG 竹の細い枝にアマガエルでしょうか?それが突き刺さっています。
これは間違いなくモズの早贄ですね!

 早贄とはモズという鳥が捕まえた獲物を枝やフェンスの尖った所に突き刺しておく
という彼ら独自の行動です。今回はカエルですが、他にもトカゲや昆虫、場合によっては
自分の体よりも大きな蛇を襲って早贄にしてしまうこともあります。

 スズメを倍にしたくらい小さな鳥ですが狩りをさせれば猛禽類に引けを取らない
優れたハンター、それがモズです(´・ω・`+)

 この早贄をする目的としては、餌の貯蔵、縄張りを主張するためなど様々な話が
ありますが、具体的にコレ!という理由はよく分かっていないようです。

 あとは衝動的に狩りをしたら空腹でないので、とりあえず刺した。とか
獲物を食べるには足の力が弱いので枝に刺して食べるという話もあるようです。

 今年はまだモズに出会えていないので・・・ていうかまだコガモ、マガモくらいしか
冬鳥に会えていないので、今週末に行けたらいいなぁ・・・と思っております・・・。

 この早贄は当フォーラムにて展示しております!興味のあるかたは是非一度
見に来てください!!今回はここまで!!次回は飼育中のカブトムシの様子を見ます!
ではノシ
 

投稿者 yoshinobori : 11:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日(金) フライングだよ・・・これは・・・!

活動報告

 しばらくぶりの更新でございます。齋藤(兄)です。
わけあってしばらく家に帰れない日が続いており、更新がままならない状態でした。

 今回は我が家の生きもの解説をしよう!とカメラの充電器も無事に見つかったことで
俄然やる気になっていた矢先に事件が起きました。

※ここから長ーいナナフシトークが始まります。
 しんどい方はすっ飛ばしてください(*`・ω・)ゞ


 遡ること数ヶ月前の2016年の夏。当フォーラムでナナフシモドキを飼育していました。
普段目に付くことがないせいか見に来てくださる方からも大変好評で文字通り人気者でした。
SANY5816.jpg ナナフシモドキは見た目通り、枝のような格好していることが大きな特徴で枝に似せるために前足をまっすぐ伸ばして枝のふりをしたりユラユラと体を揺らして風に揺らぐ枝の前をしたりと面白い行動を見せてくれますが意外と知られていないのはその繁殖方法!!
彼らは「処女生殖(しょじょせいしょく)」と呼ばれる方法で子孫を残します。
これはオスと交尾しなくてもメスのみでも卵が産めてしまうというものです。
そのため、見つかるナナフシモドキの多くはメスでオスは見つかるだけで新聞騒ぎに
なったこともあるくらい、珍しいそうです。

 IMG_7726.jpg こちらが産んだ卵です。ちなみにこの写真あと、倍ぐらいの数を産みました。
ナナフシたちの卵はどれも植物の種のような格好をしています。種類によってはドングリに
瓜二つなものまで見られます。さらに卵から幼生が孵る姿は種から芽が出るかのようにも
見えます。その姿を見ると「実は虫でなく虫のように進化した植物なのではないか?」
とさえ思える程に彼らの擬態能力は、かなりレベルが高いと実感しました。

 そして今回産まれたこの卵、ナナフシの幼生の飼育は大変難しいとのことだったので
じゃあ、これは春になって孵化したら逃がしてあげよう!と思い保管していたのですが

 時間を早送りして今週の月曜日・・・私がフォーラムに出勤し、デスクに座ると・・・
IMG_0077.JPG ・・・(´・ω・`)・・・?


(;つд⊂)ゴシゴシ


(つω⊂)・・・・・。


(´・ω・`;)≡サッ!

 ・・・・・・・(´・ω・`)・・・・・・。


 Σ(´・ω・`;)!!?


 なんてこと!?孵化してるやん!?まだ12月だで!??
それともこういう時期に孵るものなの?と調べてみると、やはり春先とのこと・・・。
だったらなぜだ?確かにここ最近は冬というにはやや暖かい気もするが・・・。

 もう少し調べを進めて見ると、とんでもないことが書いてあった。
室内で卵を置いておくと室温が春先の気温に近い場合、孵ってしまう場合があり
そういう場合は冷蔵庫で保管する・・・とあったのです。

 これかー(ノд`)アチャー

 そりゃそうですよね・・・暖かくするもんね室内。勘違いしますよねそりゃあ・・・。
うろたえても仕方がない!孵ったからにはしっかり面倒を見ます!!(´・ω・`)頑張るぞい!

 まず室内で孵って来たということは温度は大丈夫でしょう!!
基本的な飼い方は親のナナフシである程度は心得ているので
問題はエサです!ナナフシモドキのエサは主にバラ科の葉です!

 私の場合、サクラ、コナラ、クヌギの葉などをあげてました。ブナ科も食べるようです。
しかし個体によって好みがあるようで同じのしか食べないものや、ローテーションさせないと
食べないこともありました。

 とりあえず私の経験した中では1番ハズレがないサクラの葉・・・でもこの時期は当然
サクラの葉など生えているハズもなく・・・さらに調べてみると幼生は花びらや花粉、新芽
を食べるというのです・・・・。

 (´・ω・`)・・・ん?詰んだか?

 とりあえず水をあげると飲むようです。とにかく花粉かぁ・・・どうしたものか・・・。
考察を練りながら今回はここまで!

 次回は・・・って言っても最近、予告どおりに出来ていないのですが(´・ω・`;)
とりあえず紹介したいものがあるのでそれを紹介したいと思います!!ではノシ!!

投稿者 yoshinobori : 11:29 | コメント (0) | トラックバック (0)