活動ブログ
トップページ > 活動ブログ

フライングだよ・・・これは・・・!

2016年12月 2日(金)|活動報告

 しばらくぶりの更新でございます。齋藤(兄)です。
わけあってしばらく家に帰れない日が続いており、更新がままならない状態でした。

 今回は我が家の生きもの解説をしよう!とカメラの充電器も無事に見つかったことで
俄然やる気になっていた矢先に事件が起きました。

※ここから長ーいナナフシトークが始まります。
 しんどい方はすっ飛ばしてください(*`・ω・)ゞ


 遡ること数ヶ月前の2016年の夏。当フォーラムでナナフシモドキを飼育していました。
普段目に付くことがないせいか見に来てくださる方からも大変好評で文字通り人気者でした。
SANY5816.jpg ナナフシモドキは見た目通り、枝のような格好していることが大きな特徴で枝に似せるために前足をまっすぐ伸ばして枝のふりをしたりユラユラと体を揺らして風に揺らぐ枝の前をしたりと面白い行動を見せてくれますが意外と知られていないのはその繁殖方法!!
彼らは「処女生殖(しょじょせいしょく)」と呼ばれる方法で子孫を残します。
これはオスと交尾しなくてもメスのみでも卵が産めてしまうというものです。
そのため、見つかるナナフシモドキの多くはメスでオスは見つかるだけで新聞騒ぎに
なったこともあるくらい、珍しいそうです。

 IMG_7726.jpg こちらが産んだ卵です。ちなみにこの写真あと、倍ぐらいの数を産みました。
ナナフシたちの卵はどれも植物の種のような格好をしています。種類によってはドングリに
瓜二つなものまで見られます。さらに卵から幼生が孵る姿は種から芽が出るかのようにも
見えます。その姿を見ると「実は虫でなく虫のように進化した植物なのではないか?」
とさえ思える程に彼らの擬態能力は、かなりレベルが高いと実感しました。

 そして今回産まれたこの卵、ナナフシの幼生の飼育は大変難しいとのことだったので
じゃあ、これは春になって孵化したら逃がしてあげよう!と思い保管していたのですが

 時間を早送りして今週の月曜日・・・私がフォーラムに出勤し、デスクに座ると・・・
IMG_0077.JPG ・・・(´・ω・`)・・・?


(;つд⊂)ゴシゴシ


(つω⊂)・・・・・。


(´・ω・`;)≡サッ!

 ・・・・・・・(´・ω・`)・・・・・・。


 Σ(´・ω・`;)!!?


 なんてこと!?孵化してるやん!?まだ12月だで!??
それともこういう時期に孵るものなの?と調べてみると、やはり春先とのこと・・・。
だったらなぜだ?確かにここ最近は冬というにはやや暖かい気もするが・・・。

 もう少し調べを進めて見ると、とんでもないことが書いてあった。
室内で卵を置いておくと室温が春先の気温に近い場合、孵ってしまう場合があり
そういう場合は冷蔵庫で保管する・・・とあったのです。

 これかー(ノд`)アチャー

 そりゃそうですよね・・・暖かくするもんね室内。勘違いしますよねそりゃあ・・・。
うろたえても仕方がない!孵ったからにはしっかり面倒を見ます!!(´・ω・`)頑張るぞい!

 まず室内で孵って来たということは温度は大丈夫でしょう!!
基本的な飼い方は親のナナフシである程度は心得ているので
問題はエサです!ナナフシモドキのエサは主にバラ科の葉です!

 私の場合、サクラ、コナラ、クヌギの葉などをあげてました。ブナ科も食べるようです。
しかし個体によって好みがあるようで同じのしか食べないものや、ローテーションさせないと
食べないこともありました。

 とりあえず私の経験した中では1番ハズレがないサクラの葉・・・でもこの時期は当然
サクラの葉など生えているハズもなく・・・さらに調べてみると幼生は花びらや花粉、新芽
を食べるというのです・・・・。

 (´・ω・`)・・・ん?詰んだか?

 とりあえず水をあげると飲むようです。とにかく花粉かぁ・・・どうしたものか・・・。
考察を練りながら今回はここまで!

 次回は・・・って言っても最近、予告どおりに出来ていないのですが(´・ω・`;)
とりあえず紹介したいものがあるのでそれを紹介したいと思います!!ではノシ!!

投稿者 yoshinobori : 11:29
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント