活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2019年1月19日(土) 冬の野鳥調査に参加しました!前編

活動報告

 最近、性懲りもなくまた爬虫類を購入した齋藤(兄)です。
ヤモリが好きな人は必ず見聞きするヤモリといえばアイツ!ってのを
飼い始めました。(´・ω・`)分かるかなぁ?

 爬虫類の話から始まりましたが今回は野鳥のお話!!
先日、鶴見川の支流である麻生川で冬鳥の調査が行われ
そのお手伝いとして参加させていただきました!
今回の調査で是非とも会いたい野鳥は「タヒバリ」、「タシギ」、「クイナ」の3種!
特にタヒバリは鶴見川水系の中でも麻生川でしか確認されないらしい!?

 かく言う私も麻生川以外では見たことがありません!
でも気付いていない可能性もあるかもしれません。

(´・ω・`)鶴見川流域のタヒバリ情報求む!!

 この日は多くの写真が撮れたので今回は調査に向かう途中で出会った野鳥を
紹介します。麻生川での写真は後編で紹介したいと思います!
ご理解の程よろしくお願いいたします!m(_ _)m

 長くなりましたが参りましょう!まずはこちら!
IMG_7203.JPG トップバッターはアオサギでした。日本一大きいサギの仲間!
合唱の歌や昔話などにも登場し、馴染みのある方も多いかと思いますが
どれも不遇な目にあっているものが多いです。

 写真のようにじーっと佇んでいる様子が物悲しい印象を
与えてしまうのかもしれませんね。(´・ω・`)
IMG_7075.JPG お次は冬鳥のコガモです!名前の通り小さいカモの仲間です。
メスは全身茶色で地味ですが、オスは独特な模様をしています。
カモの多くはオスが派手な見た目をしますがコガモはやや控えめな色ですね。
IMG_7207.JPG こんなコガモがいました。
頭はオス、胴体がメス・・・なんだこれは(´・ω・`)?
渡ってきたばかりで羽が変わってる最中とかなのか?
現在、調べを進めています(´・ω・`)+ 謎が謎を呼ぶ!(?)
IMG_7204.JPGキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 これは!間違いなく!クイナです!早くもターゲットの1種が出ました!
冬になると綺麗な声と共に現れます。普段は草陰の奥にいることが多いので
見かける機会が少ないですが、それでもここ数年は多くなった気がします。

 これは幸先がいいですね!これは3種コンプリートもあるかも!?
それでは次へ向かいましょう!
IMG_7076.JPG お次はこれ!よく見ると石の上に鳥の糞がついています。
恐らくカワセミの糞であろうと思われます。
カワセミは決まった場所に止まる為、こんな感じで同じ場所に糞をします。

 これを見つけることができれば、カワセミを探す手がかりになるので
カワセミを探してる方は要チェックです。(・ω´・+)
上手く行けば会えるかなぁ?
 IMG_7208.JPG こちらはコサギ。名前通り小型のサギ。
全身が白いシラサギと呼ばれるのは、コサギ、チュウサギ、ダイサギの3種類で
コサギは足首から下が黄色いので見分けることができます。
冬場は群れでいることがあります。

IMG_7209.JPG 今度はキジバトです。駅前にいるドバトと違って雑木林のような
自然度が高いところを好み、ヤマバトとも呼ばれます。
ペアで寄り添う様子はとても微笑ましい。
IMG_7210.JPG 最後はこちら!ジョウビタキ!
銀色の頭に黒い顔面、そして胴体はオレンジ色と綺麗なヒタキの仲間。
冬になると川沿いや公園、家の庭などで見らます。

 調査前でこれだけ見られました。(´・ω・`;)オドロキー
次回は調査中に出会った生きものを紹介します!
こうご期待!ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 19:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日(木) 野鳥観察に行ってまいりました。

活動報告

 自販機で飲み物買ってお釣りが50円の時に10円でジャラジャラ出たときに「くっ!」て
なる齋藤(兄)です。

 先日、鶴見川の支流である麻生川で行われた野鳥調査に参加させて頂く機会が
ございまして、そこで沢山の野鳥に出会うことができ、写真もしこたま撮れました!

 昨年はほとんどフィールドに出ることができなかったので
リハビリも兼ねたつもりが一気に覚醒できそうなくらい充実した調査でした。

 今回は早速!!と思ったのですが、鳥だけに写真を撮りすぎてしまった為
どの写真を使おうか決めている最中ですのでもう少しお待ちください!

 その代わり!!調査中に面白い生きものを見つけたので今回は
その子だけ紹介したいと思います!

 冬にしか見られない昆虫を見つけることができました!
それがこちら!
IMG_7155.JPG 大きさは1cmくらいの小さい虫!
これなんだと思いますか?

 わかるかな~?わかんねぇだろうなぁ~♫
 (´■ω■`)。〇(元ネタわかる人いねぇだろうなぁ♪)

 もちろん分かる方にはちゃんと分かるこの虫はフユシャク!
意外なことに蛾の仲間なんです!

 蛾といえばお蚕さんや外灯に集まるというイメージが強いであろう彼らですが
このフユシャクは私たちが思い描く蛾のイメージとは随分異なる格好をしています。

 写真の子はメス。オスは羽があり空を飛べますがメスはご覧と通り羽がなく
種類によっては羽根があるものもいますが飛べるような格好ではありません。

 メスは木の上などでじっとして匂いでオスを呼び交尾します。
あとは卵を産んだら死んでしまうそう。

 また口はなく餌を食べることはできないので成虫での寿命はとても短いです。
IMG_7153.JPG こちらは産卵中の様子。後ろの黒い絨毯?みたいなのが卵です。
ぱっと見は吐き捨てられて長時間経ったガムみたいな感じです。(分かりづれぇ・・・。)
思ったより見かける機会は多く、公園の枝や手すり、大きい木の近くにある塀などを
よーく見てるとちょこーんといます。

 冬=虫は、いまいちピンと来ませんが探し方が分かると
アレ?こんなところに!?ってなことがあり、また夏に見られる虫とは
異なる魅力があります。(´・ω・`)少し地味な子多いけど・・・。

 今回はここまで!次回は冬の野鳥たちを紹介します!ではノシ
 

  
 

投稿者 yoshinobori : 14:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日(木) 新年一発目の虫捕り!~飼育編~

活動報告

 明日参上できるかもと言って早速1日遅れで参上しました齋藤(兄)です。
早くも更新ペースが遅くなるのでは?と見てくださってる方に不安を与えてしまう
ブログの反面教師(´・ω・`)

 そもそも現在見てくださっている人いるのかなぁ?そんな不安さえ感じます。
不安だらけのスタート!今回は前回の続きで割り採集でコクワガタの幼虫を
2匹捕まえました!

 今回はこの幼虫を飼育してみたいと思います!
IMG_6994.JPG クワガタの幼虫の飼育には大きく分けて3種類の方法があります。
メリット、デメリットは個人的にこんな感じです。(あくまで個人的見解です。)

1つはクワガタが好む木に穴をあけて、その中で飼育する「材飼育」。
私はやったことありませんが、昔の人ははこれで飼育していたそう。
・メリット
 野生に近いフォルムになり元気な個体ができるらしい。

・デメリット
 木の中にいるので幼虫の様子が分からない。
 羽化するのに時間が掛かるらしい。

2つは木を細かくして発酵させた発酵マットを使う「マット飼育」。
ノコギリクワガタやミヤマクワガタなどは、これで飼うのが基本。
・メリット
 低コストでの飼育が可能。

・デメリット
 栄養価が乏しいのか大きいのが出にくい。出そうとすると工夫が必要。
管理が甘いと高確率でコバエなどの虫が湧く。

3つはオガ屑にキノコの菌糸を張り巡らせたものを使う「菌床飼育」
オオクワガタの仲間はこれが1番手っ取り早い。
・メリット
 栄養価が高く、虫も湧きにくい。
オオクワガタ系は大きい個体が出やすい。

・デメリット
 高コスト。温度管理をしくじるとキノコが生えてしまい、そうなると栄養価が
キノコに持ってかれるので飼育に向かなくなる。
 
 どの飼い方が1番良いかというのはクワガタの種類によって変わってきますが
コクワガタに関してはどれでも飼育可能です。(´・ω・`)

 よく見かけるので入手難易度が低く、温度管理もシビアでなく
幼虫はどの飼い方でも結果が出せる(ある程度の工夫がいります)ので
将来色んなクワガタを飼う前の入門種としてや幼虫飼育の練習相手としては
コクワガタは最適です。

 今回は写真にも写っていますが菌床飼育で行います。左の白いビンが
菌糸ビンと呼ばれるもので、白いのはキノコの菌です。
幼虫はこれを食べて育ちます。

 オオクワガタの仲間(コクワガタ、オオクワガタ、ヒラタクワガタなど)は
ずっと木の中で暮らす幼虫です。そんな子たちはこの菌床飼育が向いています。 
ノコギリクワガタやミヤマクワガタなど木の根っこにいる幼虫はマット飼育が
向いています。

 ではお待ちかね!幼虫を菌糸ビンに入れます!
IMG_6998.JPG 冷凍庫で売っている菌糸ビンを買ったらすぐには使わず1日置いてから使います。
今回は採集を行う前日に用意しました。

 蓋を開けると菌糸で塞がっているのでスプーンではがして真ん中に穴をあけ
その穴に幼虫を頭から入れます。

 そうするとそのままズブズブと潜っていくので完全に潜ったことを確認したら
蓋をして風通しの良い静かで暗いところに置きます。
 幼虫は光、振動、音を嫌います。ストレスを与えてしまうと死んでしまったり
羽化した時に小さい成虫が誕生してしまうことがあります。

 あとは3か月くらい放置します。これで、この子たちが次回登場するのは
長くて3か月後!!

 私の読みでは2匹ともメスで30㎜行くかなぁ?くらいだと思っています。
大きい方は脂肪を蓄えだしてる感じなので今年の夏には羽化するかな?
もう1匹の小さいほうは来年にならないくらいかなぁ?と予想。

 終齢幼虫であれば重さを測ると成虫になった時の大まかなサイズが分かります。
しかし!久しぶりなせいか測るのを忘れてしまいました!(´・ω・`)だらしねぇ

 まだリハビリが必要だとヒシヒシと伝わったところでここまで!
次回は麻生川に参上予定!野鳥を追います!ではノシ
 

   
 

投稿者 yoshinobori : 22:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日(火) 新年あけましておめでとうございます!

活動報告

 タイトルにもございますが、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます!
今年も何卒よろしくお願いいたします。
 
 昨年は熱中症&脱水症状のダブルパンチと自宅の飼育棚の大改造により
更新を偉くサボってしまいました(´・ω・`)

 2019年はできる限り更新ペースを取り戻せたらいいなぁと思っております!
そして1月ということでやはりこれはやっておきたい!と新年の忙しい中を
抜け出してこんなことしました!

IMG_6981.JPG 虫捕り人間の冬と言えばこれ!「割り採集」!

 割り採集というのは朽ちた木をナタなどで割って中にいる昆虫を捕まえる採集方法です。
捕れる種類は主にクワガタやカミキリの幼虫、もしくは越冬中の成虫も捕れます。
他にも普段は表に出てこないで朽木に籠りっきりな生きものにも会えるので夏の樹液採集やトラップなどとは違った楽しみがあります。

 しかし!場合によってはムカデやスズメバチなど毒を持つ危険生物が
出てくることもあり、また過度に朽木を割りすぎると、その場の環境を
壊してしまうのでやる場合には大人の方と同伴、そして虫捕りのマナー&
知識、技術を持って挑む必要があり、少し上級者向けになりますので
うかつに挑むのはお勧めしません。一番良いのはやらないことです。

 あとクワガタの幼虫などが出てしまった場合、割った木に戻すことは
不可能なので捕った幼虫は自分で面倒を見るようにせねばなりません。
そのあたりも考えて割り採集しましょう。(´・ω・`)ね?

 この採集方法の魅力はガチャガチャに近いですかね?
何が出てくるんだろう!?というワクワク感で挑んで
大当たりを引いたときはテンションが上がります。

 逆に中々当たりが出なくて(こっちの方が多いです)ムキになって
ずーっと割り続けてしまうと環境に優しくないので
ガチャガチャで散財してしまう人はあまり向かないかもしれませんね(´・ω・`;)
出ないと思ったらスパ!っとやめるというのも大事なことです。
「この木だけにする!」とか「〇匹出たらやめる」とか
条件や目標も持って挑むとムキにならずに済みます。

 話を戻しまして・・・

 今回は成人女性の腕くらいの小さめの朽木1本だけを割ります!
よく見るとキノコが生えているのでクワガタが住んでいる可能性が高いです!
クワガタの幼虫はキノコの菌を食べて育つので少し湿っていてキノコが生えている
クヌギやコナラの朽木は狙い目です。
IMG_6984.JPG そしてさらに見てみると朽木の表面に(・)みたいなマークがあるの見えますか?
これはコクワガタの産卵した痕跡!これはさらに期待できそうです!
せっせと手元にあるバールのようなもので割っていくと・・・
IMG_6982.JPG トンネルがいくつか出来ていて、その通り道には糞が見えます。
クワガタかコメツキムシかな?

 その糞を辿って割っていくと・・・
IMG_6983.JPG いましたねぇ!(゚∀゚
これはコクワガタの幼虫ですね。まだ小さいので雌雄の判別は難しかったですが
頭が小さいのでもしかしたらメスかもしれません。
背中に卵巣があれば確定です。

IMG_6985.JPG さらにもう一匹!今度は大きいコクワガタの幼虫!
これは次の脱皮あたりで蛹になりそうです。
IMG_6986.JPG 取り出してみると、こんな感じ。ちょうど500円玉くらいですかね。
重さは測ってませんが5gあれば成虫になった時にかなり大きい個体になるので
楽しみです。

 今回はこの2匹で打ち止め!個人的にはリハビリ企画としては満足です!
次回はこの子たちの飼育編です!早ければ明日にでも参上します!
ではノシ

投稿者 yoshinobori : 18:26 | コメント (0) | トラックバック (0)