活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

そいつはヤモリの中のヤモリ!

2019年1月25日(金)|活動報告

 最近、とあるアニメに登場するハムスターを見て・・・
この世界はホタルやカタツムリカメ、狛犬でさえしゃべるのになんで
ハムスターは喋らないんだろう?と気になり出してる齋藤(兄)でおじゃる。

 今や我が家(←ラップみたい)は随分と生きものが多くなり
中でも爬虫類が飛躍的に増えました。

 ここ最近、当フォーラムに遊びに来て下さる学生さんたちの間で爬虫類を
飼っている、もしくは関心がある方が多く、色んなお話しを伺うようになり
私も以前紹介したカメレオンモドキを筆頭に様々な外国産の爬虫類を飼うようになりました。
今では日本産飼育棚&外国産飼育棚の2つの棚で飼育する自体になっています!

 日本の爬虫類にはない生態や生活スタイルは
見ていて本当に飽きません。(´・ω・`)千差万別です!
もちろん!日本の爬虫類も大好きです!

 今回はひょんなことで飼うことになったヤモリのご紹介!
なんでもこのヤモリはヤモリを語る上でなくてはならない存在のようで
我が家でかれこれ3年以上飼っていて現在2代目もすくすく成長中の
ニホンヤモリと一緒に紹介していきたいと思います!

 今回は私の大好きなヤモリの紹介!
IMG_6395.JPG まずはニホンヤモリ。少し前まで5年くらい飼ってると思い込んでいたのですが
実際は3年くらいだったという一風変わったボケが進行している事態に
動揺が隠せません。今年で4年目になります。
最近、肥満気味だったのがさらに拍車がかかりだしたのでダイエット中です。
さらに計3匹の子どもが産まれ、すくすく大きくなっています。
その様子は後日紹介できたらと思っております!(´・ω・`)
IMG_6975.JPG 大きさは14cmくらいでしたが事故で尻尾が切れてしまい、今は短いですが
再生して12~3cmになりました・・・。

 それでも胴体の大きさは野生下ではあまり見かけないサイズ(というより体型)に成長。
たぶんこれが限界サイズではないかなぁ?と思っております。
今では完全に野生らしさはなく、昼も夜もこんな感じです。(´・ω・`)

 日本でヤモリと言われればこのニホンヤモリですが
外国にはこんなヤモリがおるようです!

IMG_7245.JPG 暗くて見づらいですが、大きなヤモリ!
名前はトッケイヤモリ。水色にオレンジのドット模様という派手な出で立ち。
大きさは20cmくらいで、産地によっては30cmになる大物もいるそうです!
アジア圏で幅広く分布しており、主に森林、人家の窓や屋根裏などで見られ
主に昆虫や小動物を食べます。

 向こうの国では日本でニホンヤモリを見かける感覚で見られるようです。
窓を開けてこれが出てきたら慣れてないとびっくりしますね・・・。
また調べてみるとトッケイヤモリは模式種(もしくは基準種)になっているようです。

 模範種?(´・ω・`;)聞いたことねぇ・・・。

 オツムの弱い私には難しい内容でいい加減なことは言えないので
今回は割愛しますがなんとなーくで思ったのは分類の際に基本となる
種類・・・でいいのかな?

 たぶん間違っているので詳しい方いましたら知恵をお貸しくださいm(_ _)m
 
 飼育してる感覚としては個体差もありますがニホンヤモリより慣らすのは難しくないかなぁ
という印象です。とにかく怖がりなので最初は距離を取りそこからジリジリと少しずつ
狭めていく感じでしょうか。最終目標は私が来ると近寄るってところまで行きたいですが
それはまだ時間がかかりそうです。

 本来は岡上近辺の生きもの紹介する場なので、あまり頻繁に紹介はできませんが
これは面白い!っというのがあればおまけみたいな感じで登場するかもしれません。

 次回は岡上のクワガタたちの様子を見ます!ではノシ

投稿者 yoshinobori : 14:22
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント