活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

2019年11月25日(月) 最近出会えた生きものたちを紹介します。

活動報告

 最近、ポケモンシールドを買った齋藤(兄)です。
最後にやったのは金銀(ゲームボーイ時代)なので知らないポケモンいっぱいだわ
グラフィックは綺麗だわ新しいことだらけで頭がおっつかない日々を送っております。
かの浦島太郎も竜宮城帰りはこんな気持ちだったに違いない(´・ω・`)

 ポケモンを探しの旅がひょんなことで始まりましたが生きもの探訪も怠りません!
今回は岡上~鶴見川源流域と中流域で出会った生きものたちを紹介します。
※今回はボケボケ写真でお送りします。ご了承くださいまし・・・(´・ω・`)。

 IMG_9082.JPG まずは岡上で「ホンドタヌキ」!里山に棲む動物をあげていけば必ずと言っていいほど登場するポピュラーなザ・里山の生きものです。

 この時は私が長年の夢であったシロマダラを見ることができて(写真撮る前に逃げられましたが・・・。)思わず放心状態になっていたところを心配するかのように
ジーッと私を見つめてくるのでパシャリ。

 10分くらいにらめっこしました。

IMG_9148.JPG お次は中流域で「イソヒヨドリ」に出会えました。
よく見かけるヒヨドリは全身地味な灰色ですが、イソヒヨドリは全身が群青色で
お腹が赤いのが特徴です。

 海の近くでよく見かける印象ですが稀に河川の上流部でも見かけることもあります。
IMG_9169.JPG お次は源流域で撮りました。
間違いなく猛禽類。かなり上空を飛んでいたのでブレブレの写真しか撮れず・・・
恐らくオオタカではないかと思います。

 このあたりは猛禽類が多く見られるのでこれからの野鳥観察シーズン到来に向けていいスタートを切れた気がします。

 IMG_9178.JPG 最後は昆虫!「オオカマキリ」・・・かな?チョウセンカマキリとオオカマキリは似ているので
外見だけで見分けようとすると前足の付け根を見るか、捕まえて後ろ羽根を見ることで
見分けられますが今回はすぐに逃げてしまったので見分けることができませんでした。

 もうすぐ冬鳥のシーズン!写真には収められませんでしたがツグミの群れやジョウビタキの鳴き声も聞こえるようになり冬鳥シーズンが本格的に到来した気がします。
次回から冬鳥が多くなってくるかと思います!
 こんな感じでまた何か見つけたら随時ご報告いたします!
今回はここまで!次回はもしかしたら鶴見川の河口部に行く予定ですのでそこで何か
撮れたらいいなぁと思っております!ではノシ

 

投稿者 yoshinobori : 11:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月12日(火) 今年のカブトムシの幼虫!

活動報告

 なんと!10月末くらいに生きたシロマダラを始めて発見した齋藤(兄)です。
とあるきっかけでシロマダラの見つけ方のヒントを頂いてそれを元に探してみたら
出会うことができました!7年くらい探し求めていたせいか見つけた時の感動が
大きすぎましてですね。体がガタガタ震えて思うように動けず捕獲どころか写真も撮ることが
できませんでした・・・。しかし、探し方は分かったので来年にまたリターンマッチします!

 そして×2!!11月2~3日に行われた和光大学祭で環境保全サークル「和光大学・かわ道楽」さんのブースにてミニ水族館をやらせていただきました。当日は多くの方々にお越しくださいまして本当にありがたかったです!中にはサイン頂戴!なんて言われたりもして驚きでした。

(´・ω・`;)はえ~・・・。

 この場をお借りしまして見に来てくださったみなさま本当にありがとうございました!
またどこかに現れるかも知れないのでそのときはまたよろしくお願いいたします。


 今回は我が家の生きもの!タイトルにもありますがカブトムシの幼虫が産まれたか
確認します。少し遅い確認ですので、生まれていればまぁまぁなサイズになっているかと
思いますが・・・。

 今年のカブト、クワガタは全く捕れなかったというわけではないですが
やっぱり大きいのいないなぁという印象でした。

 ならば自分で大きいを出そう!ということで今年はしばらくぶりにカブトムシの
繁殖に挑戦しました。
 
 本来であればオスとメスを用意して※ペアリングさせた後に産卵という流れですが
めんどくさがりな私は8月後半に外灯にいるメスを捕まえます。この時期のメスは
おおよそ交尾を済ませて産卵場所を求めて彷徨っているので、あとは産卵できる環境を
作ってあげてればオスを確保しなくても幼虫をゲット出来ます。

 今回用意したのは衣装ケース、腐葉土、餌ゼリー。これにメスのカブトムシを1匹。
前回2匹で挑戦して40匹以上の幼虫が手に入ったのですが、お世話が大変なので
今回は1匹で挑戦しました。気になるその結果は・・・

 IMG_9072.JPG ご覧の通りで結果は13匹でした。
個人的にはこれくらいがちょうどいいかなぁと思っております。

 上手くけば来年の5月くらいに羽化するかと思いますのでそれまで気長に待ちます。

果報は寝て待て~(´・ω・`)

 ではノシ


 

投稿者 yoshinobori : 11:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月11日(月) ヒタキの声が聞こえました。

活動報告

 お久しぶりです。最近、当フォーラムで飼育中の生きものたちの配置替え作業中の
齋藤(兄)です。
だいぶ気温が下がり始め、いよいよ炬燵を出そうか考え始める時期になりました。

 そして、冬を到来を知らせるかのように野鳥界隈も大いに賑わい始めております。
最近、岡上では度々、ジョウビタキの声を聞くことが多いです!

 これはヒタキの仲間で「天〇の城 ラ〇ュタ」でも登場したことがあります。

ご存知でしたか?(´・ω・`)

 ヒタキという名前の由来は「ヒッ!ヒッ!」と力強い鳴き声が火打石を打ち合わせた
際の音に似ているためと言われています。
ジョウビタキの「ジョウ」とは銀髪のことを指すとされています。

aDSCF1233.JPG 今年はまだ撮れていないので過去の写真ですが、こんな感じです。

 オスは顔が黒く頭は銀色、お腹は鮮やかなオレンジ色でスズメより一回り大きいくらいの大きさですが、綺麗な色で丸っこいフォルムはとても愛らしいです。逆にメスは尾羽がオレンジであること以外は全体的に地味ーな色をしています。

 aDSCF0679.JPG こちらはメス。例外はありますが基本的に生きもの達の世界ではメスは地味な見た目がほとんどです。

 こんなに愛らしいジョウビタキですが意外にも喧嘩っ早く、鏡に映った自分にさえも
睨みを効かせるほど!なので基本的に単独で行動し、公園や庭先、開けた河川敷など
犬のお散歩コース?のような場所で見られます。大抵、木の枝や、柵の上など開けた
場所を見渡せるようなところに留まっていることが多いです。

 これからの季節、出会える機会が多いと思うので外に出られた際は探してみてください!
他にも多くの冬鳥が見られるのでそちらも出会えたらご報告いたします!

 それでは今回はここまで!次回は我が家の生きものを紹介します!ではノシ

  

投稿者 yoshinobori : 14:14 | コメント (0) | トラックバック (0)