活動ブログ
トップページ > 活動ブログ
最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ

トラツグミを求めて・・・(後編) ~いつか会える日まで!~  

2020年2月20日(木)|活動報告

 タイトルでネタバレが発生する!なんて展開は最近見なくなったような気がする
齋藤(兄)です。

はい、記事のタイトルにあります通りトラツグミには会えませんでした・・・。
理由はトラツグミがよく出るとされる場所で伸びすぎた木の剪定作業の最中で
野鳥観察どころではなかったため、他の場所も探してみましたが、いませんでした・・・。

 時期もギリギリでしたし、仮に剪定作業がなかったとしても厳しかったと思います・・・。
その後、リードがされていない犬に追いかけられるという赤〇不二夫の漫画のような
展開も経験しました・・・。後で飼い主さんが犬を回収し事なきを得ました。

 犬を飼った経験がないので、分かりませんがリードって外すもんなんでしょうか?
自分は誰かに飛びついて怪我させたらと思うと無理ですね・・・。

(´・ω・`)おっかない!

 お目当ての鳥に会えず、犬に追われる1日となったわけですがそれでも
さすがは鶴見川源流部!たくさんの鳥を見ることができましたので
今回はお目当て以外で出会えた鳥たちを紹介します!

 IMG_9781.JPG トップバッターはキツツキ!と思ったらヒヨドリでした・・・。
幹の周りをウロウロする様子はキツツキのようでした。自然度がある公園や庭などで
見かける普通種。食いしん坊で木の実や虫となんでも食べます。
色んな鳥と食べ物の取り合いをする様子が見られます。

 IMG_9788.JPG ダイサギがお出まし!大きいのでダイサギ。小さい種類のコサギと中間サイズのチュウサギという種類も
いますが鶴見川流域でチュウサギはまだ見たことがありません。
聞いた話ではチュウサギは昆虫を食べるので田んぼや畑で見られると聞きます。

鶴見川で見られるサギ類は主にコサギ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギの4種ですね。
IMG_9799.JPG ジョウビタキもたくさん見られました。この場所は毎年見れるので
行ってみたら案の定でした。毎年オスなのでもしかしたら毎年同じ個体なのかも?
バードウォッチングのベテランは個体ごとに識別ができるそうですが
私はまだその境地には届かないですね~・・・。

 IMG_9809.JPG ヤブの中から現れたのはキジバト!恐らくペアでしょうか?
駅前のドバトのように大きな群れで動くことはあまりなく
基本的に単独ないしはペアで行動します。

 いつもピッタリくっついて行動する姿はハトでありながらさながらオシドリ夫婦の
ようであります。

 IMG_9801.JPG そして最後は・・・これは・・・トラツグミ!?と思いきや、普通のツグミでした・・・。
最後の最後まで運に恵まれなかった野鳥観察でしたが
それでもこれだけ見れましたし、これはこれでオチとしてはいいのかな?ということで
ここらでお開き!次回は何を紹介しようか検討中ですが
ほったらかしになってる我が家のカブトムシの様子でも見てみたいと思います。

 ではノシ
 

投稿者 yoshinobori : 14:06
この記事へのコメント
コメントを書く

名前

メールアドレス(半角英数)

URL(半角英数)
 保存しますか?

コメント