イベント情報
トップページイベント情報 > 【3/5】「夢討論会2011」が開催されました。

【3/5】「夢討論会2011」が開催されました。

2011年03月10日(木)

 3月5日(土)に和光大学J401教室にて、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング主催、和光大学 地域・流域共生センター共催の「夢討論会2011」が開催されました。

 「夢討論会2011」は、鶴見川やその流域を題材として総合学習・教科学習に取り組んでいる学校に、学習の内容やその成果を発表をしていただき、参加者のみなさんが意見交換・情報交換をしながら交流を深めていくフォーラムです。


▲夢討論会開会(左) 堂前センター長による共催者挨拶(右)

 当日は、川崎市立岡上小学校、川崎市立東柿生小学校、横浜市立黒須田小学校、横浜市立日吉南小学校の4校に参加していただきました。


▲司会者とツルさんバクくん登場!(左) 岡上小学校の発表(右)


▲岡上小学校の学習のお世話をしたかわ道楽学生から発表に対するコメントも(左) 開校以来4年連続出場の黒須田小学校(右)


▲100名を超える子どもたちから発表がありました

 どの小学校も、1年間の成果を上手にまとめていて、とても勉強になる発表ばかりでした。そして、鶴見川の歌を作って発表してくれる小学校も多く、賑やかで楽しい発表となりました。

 また、子どもたち、他の小学校の発表をしっかりと聞き、発表後の意見交換時にはとても多くの手が上がり、活気がありました。

 午後は鶴見川流域のあちらこちらで活動している「バクの流域こども探検隊」の活動報告があり、その後「和光大学・かわ道楽」からの活動報告がありました。


▲和光大学・かわ道楽の発表(左) 慶應義塾大学・日吉丸の発表(右)


▲ツルさんバクくんのパフォーマンスは大盛り上がり(左) 鶴見川流域学習の1年間を振り返ります(右)

 かわ道楽の発表では、かわ道楽が普段、岡上をフィールドとして活動していることや地域・流域のお祭りやイベントに参加していること。その他、岡上周辺で見られる生き物やその生きものの生態をクイズ形式で発表。子どもたちから大反響の発表となりました。

   
▲最後は参加した児童の皆さんに賞状授与(左)

 その他、会場スタッフとしても和光大学・かわ道楽の学生が大活躍。
 今年も大成功の「夢討論会2011」でした。