イベント情報
トップページイベント情報 > 【5/8】「第21回 鶴見川源流祭」が開催されました。

【5/8】「第21回 鶴見川源流祭」が開催されました。

2011年05月11日(水)

 5月8日(日)に都立小山田緑地公園みはらし広場にて、TRネット20周年記念「第21回鶴見川源流祭」~流域防災・保水の森から再出発~が開催されました!!


▲「源流祭」横断幕(左) 会場設営(右)

 「源流ウォッチング」も同時開催され、和光大学身体環境共生学科の合同プロゼミも源流の泉をめぐる源流谷戸を青空のもと気持ちよく歩く事ができました。

 その頃、ウォッチングのゴールで、源流祭会場となるみはらし広場では、横断幕やのぼりを設置し、テントが立ち上がったころには、少しずつブースもそろい始め、最後にはインディアンテントが揃い、いよいよお祭りの雰囲気が高まります。

     
  ▲駐車場班はトランシーバーを使いながら交通整理(左) ウォッチング参加者到着(右)

 ウォッチング参加者の皆さんが、源流祭会場に到着し、とうとう開会宣言がなされます。その後、主催者挨拶、共催者挨拶と続きます。
 共催者となっている当センターからも、堂前雅史センター長(和光大学 身体環境共生学科)が挨拶を行いました。

     
  ▲センター長挨拶(左) ツルちゃんも聞いてます(右)

 その後は、司会者が回りながら各ブースの紹介が行われました。もちろん、今年も地域・流域共生センターもブースを頂き、センターの紹介と和光大学・かわ道楽の紹介パネルを展示させていただきました。

 そして、司会にツル・バクちゃん、ウォッチング、会場設営、駐車場の交通整理などなど、今回の源流祭でも和光大学生は大活躍でした!


▲バクちゃんも登場!(左) みんなで仲良くお昼ご飯(右)

 サプライズイベントでは、白井貴子さんをお招きし、和光大学生も加わって大合唱!学生がこの日のために作ったザリガニうちわを片手に、会場一体で歌を歌いました☆


▲ザリガニのうちわが踊っています(左) 会場となったみはらし広場からの景色(右)

 最後には、会場を町田市立小山田小学校体育館に移し、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング20周年記念シンポジウムが開かれ、過去から現在までを振り返り、そして今後の展望についての意見交換と親睦を深めました。

 晴天に恵まれ、楽しく、気持ちの良い「源流祭」でした。

------------------------------------------------------------------------------------

 主 催:NPO法人鶴見川源流ネットワーク
 共 催:鶴見川源流ネットワーク、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング、町田市、鶴見川流域水協議会(国土交通省関東地方整備局 京浜河川事務所,東京都,神奈川県,横浜市,川崎市,稲城市,町田市)、東京都南多摩東部建設事務所、公益財団法人東京都公園協会小山田緑地管理所、連携・鶴見川流域ネットワーキング、NPO法人流域自然研究会、いるか丘陵ネットワーク、和光大学 地域・流域共生センター、小山田小学校