イベント情報
トップページイベント情報 > 【3/4】刈払機取扱い講習会が開催されました

【3/4】刈払機取扱い講習会が開催されました

2013年03月05日(火)

 2013年3月4日(月)に、和光大学にて「刈払機取扱い講習会」が開催されました。
 この講習会では刈払機の安全な取扱い方を学び、受講者たちに野外活動や援農などの分野での活動の幅を広げてもらう事を目的としたもので、NPO法人「鶴見川流域ネットワーク」から講師の方をお招きして毎年行われているものです。

 今年は5人の学生が受講し、刈払機の安全な取扱いについて学びました。

   IMG_0414.jpgのサムネール画像
 ▲まずは座学で刈払機の構造や注意事項を、機器を使って学習していきます。

 実習は和光大学の裏にある「岡上和光山(逢坂山)」で行いますが、実際に山に入り刈払機を使用する前に、刈払機の特徴や構造を座学の復習をしながらしっかりと確認し、エンジンの動作確認をしていきます。

 IMG_0433.jpgのサムネール画像  IMG_0471.jpgのサムネール画像
 ▲刈払機の刃を取り外して罅や歪みがないか確認したら、ハンドスターターを引いてエンジンに火を入れます。

 動作確認が済んだら和光山に入り草を刈ります。
 大気を響かせるようなエンジン音や腕に伝播してくる振動に腰が引けていましたが、半日の講習を終えるころには受講生たちは慣れてくると次第に進んで草の茂みに向かって行っていました。

 IMG_0549.jpgのサムネール画像  IMG_0556.jpgのサムネール画像
 ▲刈払機の実習の様子です。

 刈払機は大変便利である反面、扱い方を間違えると大変な事故に繋がる凶器となってしいますが、正しく使用するとこれほど力強い味方はいません。
 今回の講習では刈払機を取り扱う際に適切で安全な使用法を学んだことで、受講生たちは今後いっそうに活動の場が広がることでしょう。

 IMG_0566.jpgのサムネール画像