イベント情報
トップページイベント情報 > 「里山フォーラムin麻生」が開催されました。

「里山フォーラムin麻生」が開催されました。

2013年03月15日(金)

 2013年3月9日(土)に麻生市民館にて「里山フォーラムin麻生」が開催され、 例年通りに和光大学・かわ道楽と地域・流域共生センター がパネル出展し、ま た今年は心理教育学科の中村美香さんの卒論発表もパネル出展しました。  「里山フォーラムin麻生」では、麻生区で活動する多くの市民団体が集い交流 する場で、参加した学生たちは自分たちの活動を紹介すると同時 に、同じ地域 で活躍する市民団体の方々と交流を深めていたました。

   P3092964.JPGのサムネール画像  P3092965.JPGのサムネール画像
 ▲和光大学・かわ道楽と地域・流域共生センターのパネルブースです。

 P3092977.JPGのサムネール画像  P3092994.JPGのサムネール画像
 フォーラムの様子(右)と、開会挨拶では里山フォーラムin麻生の代表である堂前雅史教授(現代い人間学部身体環境共生学科)が壇上に立ちました。

   また続いてのパネルディスカッション「いのちを見つめて―足元からの生物多 様性」では、、川崎市環境局環境調整課の方から川崎市の生物多様 性の取り組 みの話、堂前教授から身近な生物多様性について、市民から川崎市内の現場の話 があり、それらをうけて討議が行われました。

 P3093013.JPGのサムネール画像  IMG_0605.jpgのサムネール画像
 ▲講演の様子です

 プログラムの最後に「わたしのまちのホッとする風景写真展」の表彰が行わ れ、和光大学の野中浩一教授(現代人間学部身体環境共生学科)の鶴 見川のカ ワセミを題材とした作品が見事「ホッと賞」を受賞しました。

  892390_336573613131069_1739955890_o.jpgのサムネール画像
 ▲野中浩一教授の作品「小さなダイブ」です。カワセミが魚目掛けて川に飛び込む瞬間が見事に写されています。