イベント情報
トップページイベント情報 > [3/24]おかがみふれあいまつりが開催されました

[3/24]おかがみふれあいまつりが開催されました

2013年03月24日(日)

 2013年3月24日(日)に岡上子ども文化センター、老人いこいの家、麻生市民館岡上分館を会場として、「おかがみふれあいまつり」が開催され、和光大学の学生たちも企画参加しました。
 当日は薄い雲が空を覆っていましたが、雨も降らず、晴れ間がのぞく春らしい天候に恵まれました。

 P1140094.JPGのサムネール画像

 和光大学・かわ道楽の学生たちは普段の活動を紹介したパネルにホトケドジョウの水槽展示と、ホトケドジョウとホタルの紙芝居上演をしました。

 P1140244.JPGのサムネール画像  P1140082.JPGのサムネール画像
 ▲かわ道楽の展示ブースと紙芝居の様子です。

   昨年度「おかがみふれあいまつり」に初参加した気仙大島被災地支援グループ 「大島椿愛たい組」は、ホルモンタコ焼きという、タコの代わりの味噌で 味付 けをしたホルモンを入れた現地のB級グルメを振る舞いました。  
 この利益は大島の復興支援金となります。

 P1140033.JPGのサムネール画像   P1140104.JPGのサムネール画像
 ▲大島椿愛たい組のホルモンタコ焼き販売の様子です。

   今年初参加の、和光大学大道芸サークルWAPはステージの上で3人の学生が大道芸を披露しました。
 彼らは以前に岡上西町会の敬老祝賀会の余興で出演したことがきっかけで、今回のふれあいまつりにもリクエストがあり、共生センターた仲介を行いました。

 P1140179.JPGのサムネール画像  P1140195.JPGのサムネール画像
 ▲大道芸サークルWAPの演技の様子です。中華独楽やジャグリングを披露しました。

 ふれあいまつりでは、子どもから年配の方まで岡上に住む幅広い層の人たちが訪れ、交流を深める場として盛況のうちに一日を過ごすことができました。
 地域・流域教師センターでは、今回のイベントのように地域の学生の連携を図る活動に尽力しています。