イベント情報
トップページイベント情報 > [10/13] 「鶴見川流域クリーンアップ作戦2013」が開催されました

[10/13] 「鶴見川流域クリーンアップ作戦2013」が開催されました

2013年10月13日(日)
 

 10月13日(日)に、「鶴見川流域クリーンアップ作戦2013」が大正橋スロープ付近でも開催されました。
 鶴見川クリーンアップ作戦は、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング(通称・TRネット)等が主催となり、源流から河口まで広く鶴見川水 系で行われ、鶴見川を綺麗にするだけでなく、鶴見川に親しみを持ってもらおうという目的のもとで1994年にスタートしたものです。
 例年、大正橋会場は和光大学・かわ道楽と和光大学地域・流域共生センターが実施団体として参加してきました。 

   当日の空は青。雲ひとつない晴天に恵まれ、気温も初夏のように温かく、川で活動するには絶好の日和となり、12名の学生たちがクリーンアップに参加しました。

 P1190692.JPGのサムネール画像  P1190706.JPGのサムネール画像
 ▲「鶴見川クリーンアップ作戦2013」の大正橋スロープ付近実施団体責任者の堂前雅史当センター長(和光大学身体環境共生学科教授)の挨拶からクリーンアップ作戦が始まります。  写真右では1年生たちが参加者に向けてのセーフティートークを行いました。

 前半のゴミ拾いでは川に投げ捨てられた空き缶やたばこの吸い殻、流れ着いた消火器などを拾い、またセイタカアワダチソウといった外来植物の駆除を行いました。

 P1190726.JPGのサムネール画像  P1190759.JPGのサムネール画像
 ▲ゴミ拾いの様子です。参加者全員で頑張った甲斐もあって、たくさんのゴミが集まりました。

 そして、ゴミ拾いが終わると恒例のお楽しみ企画である魚捕りが始まります。
学生たちはタモ網を振るって川で泳ぐ魚影を追いかけたり、投網を打ってタモ網では捕まえられない大物を狙っていました。

 P1190814.JPGのサムネール画像  P1190785.JPGのサムネール画像
 ▲魚捕りの様子です

   魚とりが終わり大正橋スロープに上がると、捕まえた魚の解説です。
 その様子を見て、近所にお住まいの方やたまたま近くを通った道往く方たちが集まって、鶴見川に生息する魚についての話しに耳を傾けていました。

 P1190836.JPGのサムネール画像  P1190849.JPGのサムネール画像
 ▲捕まえた魚と、お魚解説の様子です。

    大正橋スロープ付近で実施された「鶴見川流域クリーンアップ作戦2013」はけが人も出ず最後まで楽しんでもらい、今年も大成功でした。

 地域・流域共生センターでは、今回のクリーンアップ作戦だけでなく、様々なかたちでTRネットと協力をして、鶴見川流域での活動を支援しています。

 P1190855.JPGのサムネール画像