イベント情報
トップページイベント情報 > 【8/15】麻生文化協会主催の「夏休み親子教室」(報告)

【8/15】麻生文化協会主催の「夏休み親子教室」(報告)

2018年09月05日(水)

  8月15日(水)、麻生区文化協会主催、川崎市・川崎市教育委員会共催による「夏休み親子教室 鶴見川と生き物」が開催されました。このイベントでは、和光大学の通学路の途中にある大正橋付近で、川のゴミを拾うクリーンアップと、生きもの調査を行いました。親子連れ約10名が参加しました。
あIMG_5940.jpg あIMG_5948.jpg
▲開会の様子(左)とセーフティトークの様子(右)

 開会挨拶のあと、和光大学・かわ道楽の学生が安全に川に入るためのセーフティトークを行い、まずは生きもの調査。タモ網や投網を用 いてオイカワやヨシノボリ、ヌマエビや、トンボのヤゴ数種を観察できました。これらの生きものについて、和光大学・かわ道楽学生の「生きもの博士」が解説しました。参加者からは身近な生きものの、初めて知る習性や特徴に驚きの声が上がりました。クリーンアップではここ最近の台風の影響もあってかほとんどゴミが落ちておらず、あっという間に終わってしまいましたので残りの時間は魚捕りの続きを行いました。
あIMG_5952.jpg あIMG_5958.jpg
▲学生による投網の実演(左)と魚捕りの様子(右)

 このイベントは、例年、川崎市麻生区文化協会から和光大学・かわ道楽が依頼されて開催しているもので、今年で4回目となります。6名の学生が参加しました。来年も天候に恵まれると良いですね。
あIMG_5967.jpg