イベント情報
トップページイベント情報 > 【12/25.26】プロジェクトWET&WILDエデュケーター講習会を開催しました。(報告)

【12/25.26】プロジェクトWET&WILDエデュケーター講習会を開催しました。(報告)

2019年01月24日(木)

 2018年12月25日(火)にプロジェクトWET(ウェット)エデュケーター講習会を、26日(水)にプロジェクトWILD(ワイルド)エデュケーター講習会を学内で開催しました。エデュケーターとは一般指導者のことで、国際的な資格です。例年、後期通常授業が一段落するこの時期に、地域・流域共生フォーラムが講習会を主催しています。

 プロジェクトWETは、水に関する学びを通じて、より良い環境のために行動できる人材育成を目指した国際環境教育プログラムです。英語のWETには「濡れた、濡らす」といった意味がありますが、Water Education for Teachers(教師向け水教育)の頭文字でもあります。今年は5名の参加があり、本学堂前教授が講師を務めました。

 まずは緊張を和らげるためのアイスブレイクとして「水の惑星」 と呼ばれるアクティビティを行いました。アクティビティとは30分程度の体験的な学習の単位で、これらプログラムの特色となっています。参加者が輪になってビニール製地球儀を投げ合い、受け取った右手親指が触れているのが海か陸地かを確認しながらやり取りを繰り返していくうちに、地球の海陸比が理解できる仕組みです。
あIMG_6716.jpg あIMG_6727.jpg
▲アイスブレイクの様子

 これに続き、地球上の水循環を模擬体験することのできる「驚異 水の旅」や、「水のオリンピック」など水の性質を利用したアクティビティを通じて 指導者としての心得を楽しく学びました。講義後半では3班に分かれてお互いに指導者役となり、与えられた短い時間の中で相談しながら模擬アクティビティを実践しました。



あIMG_6732.jpg あIMG_6826.jpg
あIMG_6833.jpg あIMG_6858.jpg
▲アクティビティの様子

 翌日のプロジェクトWILDも、国際環境教育プログラムです。こちらはアクティビティを通じて野生生物の生態や習性を学び、環境にやさしい行動を起こさせることを目的としています。例年同様に、(一般財団法人)公園財団の講師をお招きしました。今年は5名の参加者が熱心に受講しました。

 様々な昆虫の幼虫と成虫の画像がランダムに並べられ、正しい組み合わせを当てるアクティビティ。これをアレンジしてアメリカの大統領の若い時と現在の写真で正しい組み合わせを当てるもの。小瓶の匂いを覚えて同じ匂いを辿るアクティビティでは、サケが自分の生まれ育った川に匂いを覚えて帰ってくる習性を体験。人によって一発で正解に行ける人もいれば検討違いな場所に行ってしまう人もいて、盛り上がりました。
IMG_6866.JPG IMG_6874.JPG
IMG_6919.JPG IMG_6938.JPG
▲アクティビティの様子。

 これらの資格を得ると、分厚いテキストに満載されているアクティビティを自分なりに工夫しながら、幼稚園児から18歳までの子どもたちを指導することが出来るようになります。両日とも無事に講習会が終わると、受講学生には修了証が授与されました。資格を得た学生諸君の、今後の活躍に期待しています。
IMG_6956.JPG
▲新たなエデュケーターのみなさん。

 なお次年度も、この時期に講習会を予定しています。在学中に資格を得たい学生は、手帳に書いておきましょう。市民受講も可能です。委細については地域・流域共生フォーラムにお問い合わせください。