イベント情報
トップページイベント情報 > イベント報告一覧 > 【12/25】プロジェクト・WETin和光大学が開催されました。

【12/25】プロジェクト・WETin和光大学が開催されました。

2015年01月09日(金)

 2014年12月25日(木)に、和光大学にて「プロジェクトWETエデュケーター講習会 in 和光大学」が開催されました。プロジェクトWETとは水の性質を利用した国際環境教育プログラムです。エデュケーター講習会は例年NPO法人鶴見川流域ネットワーキングから講師の方をお招きし、地域・流域共生センターが主催している指導者講習会です。今年は学生6名と一般参加の方3名の計9名が参加しました。この講習会は「地域・流域プログラム」の単位として換算されます。
aDSC05914.jpg
▲開会の挨拶

 講師の方の挨拶と主催者挨拶が終わると、さっそくアクティビティが始まります。まずは参加者の緊張を和らげるためのアイスブレイクとして、「水の惑星」 と呼ばれるアクティビティが行われました。参加者は円になってビニール製の地球儀を投げ合い、親指にぶつかった場所が海か陸地なのかを統計し、地球上の水と陸地の割合を測りました。本来は水の割合が多くなるはずが、今回は計測回数が少なかったので陸の方が多くなるというイレギュラーな展開でしたが、ずっとやっていると地球上の陸域と水域の比率に近づくという仕組みです。
aDSC05942.jpg
▲アイスブレイクの様子

 他にも、地球上の水循環を模擬体験することのできる「驚異水の旅」や、「水のオリンピック」など水の性質を利用したアクティビティで楽しみながら 指導者としての心得を学びました。講義の後半では3つの班に分かれて自分たちが指導者となり、短い時間の中でどんなアクティビティをするのか話し合いながらアクティビティを行いました。
aDSC05965.jpg aDSC06041.jpg
▲アクティビティの様子

 予定されていた全てのアクティビティの指導法の講習が終了し、講習会に参加した方たちには修了証が授与され、新たに和光大学から9名の新たなエデュケーターが誕生しました。
aDSC06108.jpg aDSC06152.jpg
▲アクティビティ発表の様子(左) 新たなエデュケーターの皆さん(右)

 今後は彼らの一層の活躍が期待されます。今回の講習は財団法人・河川財団とNPO法人鶴見川流域ネットワーキングのご協力の下に実施されました。