新着一覧
トップページ新着一覧 > [2/13]「岡上ふれあいフェスティバル」にて「和光大学・かわ道楽」が発表のお手伝いをしました。

[2/13]「岡上ふれあいフェスティバル」にて「和光大学・かわ道楽」が発表のお手伝いをしました。

2010年02月16日(火)

 2月13日(土)に岡上小学校の小学生たちが生活科や総合的な学習の時間に学んできたことを発表する場として「岡上ふれあいフェスティバル」が開催されました。


▲どんな魚が水槽に入るのか、みんな興味津々

 そのなかで小学4年生の「ゴーゴー鶴見川」の発表にて、和光大学・かわ道楽の学生と地域・流域共生センターから出張水族館を展示し、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの方々と一緒に小学生のお魚解説のフォローをしました。


▲解説もします(左)
 和光大学生も見に来ました(右)


 ホトケドジョウをはじめ、オイカワやテナガエビ等10種以上の魚たちを展示しました。小学校の子どもたちも大喜び。発表を見に来る方々に、展示されている魚についての解説もしっかりとしていました。保護者の方々も展示されている魚たちが全て鶴見川に住んでいることを知って驚かれていました。


▲小学生手作りのお魚解説図鑑、魚の特徴がとても分かりやすかったです。

 小学生たちの発表も、クイズ形式や体験型発表と工夫を凝らしたものばかり、和光大学生たちも楽しそうにブースを回っていました。
 「つるみ川のいいところ・わるいところ・アイデアグループ」の発表は紙芝居形式で"つるみ川のいいところ"では「和光大学・かわ道楽」も登場しました。

 小雪がパラつく天候の中、どのブースも人で賑わい大盛り上がり、和光大学生と岡上小学生の交流が一段と深まった「岡上ふれあいフェスティバル」となりました。


▲体育館で頂いた「みそきゅうかんてん」のおいしさに感動!!