新着一覧
トップページ新着一覧 > 地域・流域共生センターとかわ道楽が水マス推進サポーター認定

地域・流域共生センターとかわ道楽が水マス推進サポーター認定

2011年03月08日(火)

 3月7日、鶴見川流域水マスタープラン推進サポーター認定式が、鶴見川流域センター(横浜市港北区)であり、和光大学からは地域・流域共生センターと和光大学・かわ道楽が「平成22年度水マス推進サポーター」の認定を受けました。

 この制度は、治水、水質向上、自然・環境保全等を通じた地域の防災・環境文化の育成に貢献した団体を認定するものです。認定式を通じて、一人でやっている小さな農園から大企業まで、鶴見川流域の企業、商店、学校、同好会、市民団体、町会などさまざまな市民セクターが鶴見川の流域文化創造を通じて繋がっていることが実感されました。

 和光大学からは、地域・流域共生センターの堂前センター長が出席し、国土交通省京浜河川事務所の元永所長から認定証をいただきました。

 和光大学から、地域・流域共生センターと和光大学・かわ道楽の両者が認定されたことにより、教育GPにおける教職員の取り組みと、自然保護等の学生の取り組みが両方ともそれぞれに社会的評価を受けたことになります。

 今後も、教職員と学生の力が両輪となって、鶴見川流域社会文化の創造にむけて活躍することが楽しみです。