新着一覧
トップページ新着一覧 > 【7/5】岡上小学校の学習支援のお手伝いをしました!

【7/5】岡上小学校の学習支援のお手伝いをしました!

2011年07月12日(火)

 川崎市立岡上小学校4年生の流域学習のお手伝いをしてきました。

 NPO法人TRネットからの講師の補助講師として、和光大学から4名の学生(うち2名は流域環境士!)が参加しました。

 場所は和光大学の近く、鶴見川開戸親水広場で、岡上小学校4年生2クラス約50名が先生方と一緒に到着。TRネットからの講師の説明を終えてから、1組の子どもたちは川の中へ、2組の子どもたちは川辺の散策に、それぞれ誘います。

 2回シリーズの第1回目の今日は、子どもたちには体験だけをしてもらい、あえて講師から知識は与えず、自分たちで課題を発見してもおうというのが、岡上小学校流。



 川の中班は、ライフジャケットを着用してもらってから、飛び石を渡ってもらい、滝壺にペットボトルを入れて川の流れを見せたり、川の中を歩いて水圧を経験、川底の石を観察してもらったりしました。

 川辺班は、上から川の中の魚を観察してもらうと魚群を発見!「なんだろう!」と声が上がります。集めた笹の葉で笹舟を作ってもらい、笹舟流しをしてもらうと、川の流れのありように夢中になってくれました。



 以上が終わると、1組2組が班を交代。

 11時半頃に終了、子どもたちは川の楽しさと不思議さを胸に懐いて帰って行きました。

 今回は、鳥も亀も見られなくて、ちょっと残念でしたが、ケガも熱中症もなくみんな楽しく学習ができて何よりでした。

 子どもたちは、今回の授業で持った興味・関心に沿って学習してから、次回の授業で再び鶴見川を訪ねてくれます。どんな課題を懐いて鶴見川に来てくれるのか。また和光大学の学生がお手伝いします。