新着一覧
トップページ新着一覧 > 植生調査が行われました

植生調査が行われました

2012年05月16日(水)

 5月2日・5月16日に植生調査が行われました。
 この植生調査は「和光大学 かわ道楽」の学生が中心となって、大学の構内に自生する希少植物の保護を目的として、植生状況や個体数を把握するために行っているものです。

 IMG_5631.jpgのサムネール画像  IMG_5062.jpgのサムネール画像  

 また、「地域・流域プログラム」の履修登録者が「流域環境士」の資格を習得するために必要なもので、植生調査に参加することで足もとにある環境共生の重要さに気がついてもらうことを狙いとしています。
 地域・流域プログラムの履修者の他にもかわ道楽の新入生が多く参加するため、調査に入る前に経験者が初参加の学生に、調査の際に他の植物を踏み荒らさない等の注意事項や調査方法のレクチャーを徹底して行います。

 IMG_5079.jpgのサムネール画像  IMG_5066.jpgのサムネール画像 

 初回の植生調査は山に入り、調査対象の植物の一株一株に目印を付けていきます。
 毎年目印の色を変えることで、年ごとの個体数の増減を正確に把握することができます。

 IMG_5650.jpgのサムネール画像  IMG_5688.jpgのサムネール画像

   二回目の植生調査の対象は日陰を好んで自生する植物のため、参加者が生い茂る笹をかき分けながら行いました。

 このような植生調査は毎年行われ、蓄積されたデーターは学生が執筆する助成金論文の重要な資料となります。